アウトローのカリスマ【瓜田 純士】のやばすぎる伝説とは!?

現在は作家として活躍する瓜田 純士。彼は『アウトローのカリスマ』『元アウトローのカリスマ』と呼ばれる伝説の男。あの関東連合やヤクザとも関わりを持つとも言われているアウトロー、幼少期から現在までを瓜田 純士の経歴と数々の伝説を紹介していきたいと思います。

伝説のアウトロー【瓜田 純士】

瓜田純士とは『アウトロー』『元アウトローカリスマ』と呼ばれる伝説の男。現在は作家活動をメインにしているが、その過去は波乱万丈な人生を送ってきた伝説の男と呼ばれています。

アウトローな人々の憧れの的で『ウリラー』と呼ばれるファンもいるほどの人気。そんな彼の気になるエピソードや伝説などをピックアップして紹介しいていきましょう。

瓜田純士さんについて

瓜田純士さんのプロフィール

瓜田 純士(うりた じゅんし)

1979年12月4日生まれ

東京都新宿区歌舞伎町出身

 

瓜田純士の幼少期

瓜田 純士は、父親は暴走族『ブラックエンペラー』の2代目総長『遠藤』氏と特攻服を着た母親の間に次男として生まれる。中学生で初めて和彫り龍を入れたのが始まりになります。

少年のころから暴れていて、中学1年生で他校と喧嘩ばかりしていました。体格がよくて喧嘩が強く現在の関東連合のOB『松嶋 重』の代わりにタイマンをはっていて、関東連合のリーダーとも、この頃から交友が始まりました。

きっかけは、関東連合のリーダーの母校に殴り込みに行って意気投合!一緒に遊ぶほどの仲になったのですが、陰口をたたいたことがバレて12時間ものヤキを入れられてしまったことも・・・中学時代から不良として有名だったそうです。

瓜田純士さんのその後は?

中学卒業後は親友と共に土建業で半年間働いたのち暴力団へ入団。16歳で極東会桜成会長谷川組に加入し、18歳では若頭補佐という出世頭でした。

その後、ガチンコファイトクラブ生 襲撃事件を起こしたり、覚醒剤の使用などで逮捕されています。その他の瓜田 純士さんの事件や伝説はこの後紹介していきます。

瓜田 純士のアウトロー伝説&経歴

瓜田純士のアウトロー① 中学生時代から覚醒剤を使用

伝説と言えそうなエピソード。瓜田 純士は16歳頃から指定暴力団に加入し、傷害・覚醒剤の使用(所持)で度々逮捕。その数12回を超えるほど・・・暴力団には10年間ほど加入していました。

瓜田純士のアウトロー② 多国籍バウンサー組織『供攻社』を設立

自身で他行バウンサー組織『供攻社』を設立し、ピーク時には60名を超える在日韓国人・中国人・日系ブラジル人・亜系黒人が在籍していたといいます。

後に芸能プロダクション『ニートロウ』に所属。ブログなどを通じて自身の暴力行為について記述しています。『タトゥーナビ』で『僕の心は顔面タトゥー』を連載したのもこの頃です。

瓜田純士のアウトロー③ ガチンコファイトクラブ生・襲撃事件

長谷川組が仕切るカラオケ店で、網野・藤野・平の3人が度を過ぎて騒いでいるところを注意した瓜田氏。そこに藤野が突っかかり、キレた彼はビール瓶で頭をカチ割り割れた瓶を使って腕や肩を刺してしまいました。

藤野はプロテストを断念せざるを得なくなり、その後はヤクザとの話し合いにより謝罪・見舞いをして和解が成立しています。

瓜田純士のアウトロー④ 刑務所に拘留

刑務所へ入った理由は、覚醒剤を使用してローソンで倒れて現行犯逮捕。『覚せい剤取締法違反』で懲役2年4か月の刑を受けています。

瓜田純士のアウトロー⑤ 自殺未遂!?

2008年~2012年は自主映画製作や出版・格闘技イベントに参加しました。その時の映画製作費用は、なんと1000円だそう! この頃に知り合った北海道の風俗嬢に告白し、フラれた瓜田氏は女性の前で切腹をしています。フラれた女性の目の前で切腹とは、ある意味伝説ともいえる所業ではないでしょうか。

瓜田純士のアウトロー⑥ バンド活動×顔面タトゥー

2011年の8月頃にバンド活動を始めヒップホップグループ『society』を結成し、デビュー間近で解散してしまいます。顔面タトゥーをいれたのもこの頃です。その後はソロ活動をスタートしていきます。

瓜田純士のアウトロー⑦ 総合格闘家として活動

2008年に格闘技大会『THE OUTSIDER』のセミファイナルでTKO勝ち!その後『THE OUTSIDER 第弐戦』にて大谷 大谷匡弘と対戦し敗北し、地下格闘技イベント『喧王』Zepp Osakaに参戦しています。招待戦スペシャルワンマッチでチョコボール金山と対戦して判定負けになったこともあります。

その後も『ムエローク Japan 2009 ~最大最強のムエタイ祭り~』で元ルンピニー・スタジアム認定ライト級王者チャンデー・ソーパランタレーとの2分2Rのエキシビションマッチや『新宿アースダム ~KING OF TATTOO LIVE~』にも参加していたそうです。

瓜田純士のアウトロー⑧ 新宿で自殺未遂!?

伝説になってもおかしくない?大都市東京の公共施設にて堂々の自殺未遂を図っています。2009年の6月28日、新宿駅ルミネエスト新宿内のブティックで自傷行為を行いニュースになりました。

他にも吉野家で居合わせた同性愛カップルに暴行して、インターネット上で炎上するなどの事件を起こしたのもこの頃です。

瓜田純士のアウトロー⑨ 石元 太一グループ暴行事件

2012年の6月に関東連合のリーダー『石元 太一』の仲間数人に集団暴行を受け重症を負ってしまいます。石元 太一は海老蔵事件やその他の事件にも関与している実業家で、藤井リナ・亡くなった上原 美優さんの元彼でもある人物です。

瓜田純士のアウトロー⑩ 刃物男襲撃事件

当時、人気ブロガーだった彼は14日の夜に刃物を持った男に襲撃され重傷を負ってしまいます。千葉市美浜区の駐車場で6~7人が殴り合いのケンカになり、犯人は現場から逃走と当時はニュースにもなる事件になりました。

一緒にいた友人も刺されていて、友人は生死の境を彷徨う重症だったそう。ネットニュースでも話題になった有名な事件です。

瓜田純士のアウトロー⑪ タレントの姉を脅迫!

2012年3月27日にバンド仲間を脅迫したとして、警視庁田無警察署に逮捕されています。相手はタレントのJOYさんの姉でモデルの『ソフィア』さん。

「芸能界から消えろ、 弟がどうなっても知らないぞ」「家族や事務所ごと潰してやる」などと言って脅したそうです。当時は格闘家・俳優を名乗っていました。

瓜田純士のアウトロー⑫ アイドルの母と結婚

2014年に、元アイドリング!!!のメンバー30号『清久レイア』の母と再婚しています。再婚後は瓜田麗子と1匹の猫『セブン』と共に幸せな生活を送っているのが奥さんのインスタグラムの写真からも伝わってきます。

瓜田純士のアウトロー⑬ 関東連合との繋がり

アウトローの代表といえるグループ『関東連合』。その関東連合の中心人物と、中学時代から大人になるまで関係を持っていた瓜田 純士・・・その為、関東連合の事件を扱ったニュースでは彼の名前が挙がることも多々ありました。

瓜田 純士と言えば・・・全身タトゥー!!

迫力満載!瓜田純士の全身タトゥー

瓜田 純士の特徴といえば、全身タトゥー!見た目からして伝説の男と言える、全身には顔だけでなく右腕・背中・腹・左脚の4個所にもそれぞれ龍の刺青があるそうです。

瓜田純士の格闘家として活動後

現役ヤクザ・モデル・総合格闘家・音楽家~作家まで

格闘家として活動後、引退した彼はブログなどを始めにちゃんねるなどで人気者に♪しかし、元々のアウトローさが災いして様々な事件に巻き込まれ、重傷を負うなどの事件に巻き込まれてしまいます。

現役のヤクザでモデルの仕事も!?

ヤクザ時代、自作ブランドのモデルでもあった瓜田 純士は現役ヤクザのまま『タトゥーバースト』の表紙を飾ることもありました。写真は力也さんのモデルとして撮られたものです。

モデルの他にも映画製作や俳優(自作品の)・ミュージシャン・格闘家などの経歴を経て現在は作家として執筆活動をしています。

ブロガーとしても活動していて、2チャンネルでも『2チャンネルのアイドル』とも呼ばれ親しまれている彼。半端じゃないことを表す『パネェ』を広げたのも彼がきっかけだそうです。

瓜田 純士の意外な一面・・・ギャップ萌え!?

二度の結婚と現在の奥さん

瓜田 純士は2度の結婚を経験しています。1度目は明美さんという女性で、2度目が現在の奥さん麗子さん。夫婦間は円満そうで、インスタグラムなども幸せな写真が更新中♪アウトローや、伝説の男とは思えないほどほのぼのとした写真が印象的ですね。

飼い猫の『セブン』ちゃんにメロメロ♡

彼の大切なものは、奥さんだけでなくペットの猫『セブン』ちゃん。もとは奥さんが飼いたいと言ったようです。今では愛猫の前でメロメロになるほど溺愛♡こういうギャップのあるところも、瓜田 純士の人気の秘密なのかもしれません。

見た目によらず、フレンドリー!

全身タトゥーの見た目が半端ない瓜田氏。伝説のある男と言われていますが、性格は意外にもフレンドリー♪気軽に話したり写真も撮ってくれるとか。その見た目とのギャップがさらにファンにはたまらないのでしょう。

伝説の男『瓜田 純士』本も出版!

作家『瓜田 純士』

ウリラーはもちろん、ファンとしては気になる瓜田氏の出版した本もあります。作家として活動する彼は、伝説や経験・考えなどをもとにアウトローのカリスマとして様々な内容の本を執筆しています。

『遺書』

購入はこちら

ファンはもちろん、伝説の男『アウトローのカリスマ』『元アウトローのカリスマ』瓜田 純士を知りたい人は読んでみる価値アリの内容になっています。

『ドブネズミのバラード』

購入はこちら

伝説の男『瓜田 純士』は永遠に!

アウトローのカリスマと呼ばれ、現在もファンから絶大な人気を誇る瓜田 純士。彼の人気はその見た目や強さだけでなく、フレンドリーな性格やきさくな態度なども関係しているのかもしれません。

ミュージシャン・モデル・格闘家などをこなし、現在も作家活動を中心に活躍する瓜田 純士・・・その伝説は、アウトローやファンの間でこれからも受け継がれていくのではないでしょうか。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ