記事ID69414のサムネイル画像

大人気ドラマ「医龍」シリーズの、「医龍2」のキャストまとめです!

今回は4シーズンも放送された大人気の「医龍シリーズ」、「医龍2」の豪華キャストをご紹介します!メインキャストはあまり変わりませんが、各シーズンごとにサブキャストの変更があります。「医龍2」に出演した豪華キャストは一体どんな方なのでしょうか?

大人気ドラマ『医龍2』は医療と金がテーマ!

「医龍2」の正式な名称は『医龍-Team Medical Dragon-』です。日本の医療を題材とした漫画が原作のテレビドラマシリーズです。シーズン4までありますが、原作のストーリーを使用しているのはシーズン1のみで、それ以降は完全なオリジナルストーリーとなっています。

「医龍2」は2007年10月11日から12月20日まで放送されました。シーズン1とは異なり、「医療と金」をテーマにしたストーリーになっており、日本の医療の深刻な現状を題材に、主人公の朝田が倒産寸前の病院で新しい「チームドラゴン」を結成しようと新たなる戦いに挑む姿を描いています。

ドラマ『医龍2』のメインキャスト&登場人物

ここから「医龍2」のメインキャストのご紹介です。坂口憲二さんをはじめ、それぞれがドラマで主演を務められるほどの豪華キャストが集まっています!

朝田龍太郎役:坂口憲二さん

坂口憲二さんが演じる朝田龍太郎は10%の成功率の手術を100%にするほど腕前を持つ医者です。しかしながらMSAP(万人の為の医師団)に派遣され、世界各国の危険地域で医師として勤務していた時、撤退の教授命令を無視したことで医師会を追放され、最終的には町金融に追われる生活を送るほどに落ちぶれます。

そんな落ちぶれていた朝田龍太郎に目を付けたのが稲森いずみさん演じる加藤昌。この加藤昌との出会いからチームドラゴンを結成するまでに至ります。

加藤晶役:稲森いずみさん

稲森いずみさんが演じる加藤昌は35歳という若さで助教授になるほどの実力の持ち主。また野心も相当に持っており、教授選に勝ち自分が教授になるために医師会を事実上追放されていた朝田龍太郎をスカウトし、バチスタ手術に参加させます。この2人の出会いから医龍、そしてチームドラゴンは始まりました。

伊集院登役:小池 徹平さん

小池徹平演じる伊集院登は第1期の時はまだ研修医でしたが、研修医というまだ医局の権威体制に染まっていないところ、そしてその真面目な性格が朝田から気に入られチームドラゴンに入ることになりました。

第2期では立派な外科医となり、朝田の手術のスピードについていくほどに成長したようです!

荒瀬門次役:阿部サダヲさん

阿部貞夫さん演じる荒瀬門次は患者の体重や体温を瞬時に判断できる天才麻酔医です。しかしながら第1期では自分の名誉のために人体実験まがいの非人道的行為に協力したという暗い過去があり、人間不信に陥っていました。

そんな時、朝田龍太郎が荒瀬の知り合いの女性を救ったことで人間不信が解消されチームドラゴン入りを果たしました。

藤吉圭介役:佐々木蔵之介さん

佐々木蔵之介さんが演じる藤吉圭介さんは心臓疾患を患っておりペースメーカーをつけて生活をしています。また娘も心臓病を患っており、その心臓病から朝田が娘を救ってくれたことからチームドラゴンに入ることに。チームドラゴン内では治療計画を立てる治療コーディネーターとして活躍しています。

里原ミキ役:水川あさみさん

水川あさみさん演じる里原ミキはチームドラゴンに最初に入った看護師の女性です。朝田と水原は互いを信じあっており、里原ミキがオペアシスタントを務める時は朝田との見事なコンビネーションを見せてくれます。

外山誠二役:高橋一生さん

高橋一生が演じる外山誠二は性格に難はあるものの、かなりの実力をもつ若手外科医です。外山の性格に難があるのはエリート一家の3男坊として生まれたものの父や兄に認められないでいる現状に焦りを感じていたことから来ていたようです。

朝田に対してはライバル心をむき出しにしていましたが、最後には朝田の能力を認めチームドラゴン入りを果たしました。

野口賢雄役:岸部一徳さん

岸辺一徳さんが演じる野口賢雄さんは医療を金を稼ぐものしてしか考えておらず、チームドラゴンも金稼ぎの道具として利用しようと画策してきます。第2期では片岡一美と協力をし朝田達、チームドラゴンの前に立ちはだかります。

片岡一美役:内田有紀さん

内田有紀さん演じる片岡一美は第2期の舞台となる北洋病院を経営している外資系投資会社「イーグル・パートナーズ」のメンバーで、チームドラゴンが再結成するきっかけをつくった人物です。

片岡自身過去に医学部に通っていたのだが、患者のために奔走した父の死がきっかけで中退し、医療を金を稼ぐためのものとして考えるようになったという悲しい過去の持ち主。

ドラマ『医龍2』のその他のキャスト&登場人物

ここからはメインキャストではありませんが、ストーリーにかかせないサブキャストのご紹介をしていきたいと思います!

鬼頭笙子役:夏木マリさん

夏木マリさん演じる鬼頭笙子は救急治療室の責任者でその実力は朝田の折り紙付き。医龍2では、院長になり「チーム鬼頭」を結成し、数多くの手術を成功させます。

木原 毅彦役:池田鉄洋さん

池田鉄洋さん演じる木原毅彦はチームドラゴンのメンバーではないものの、「チームドラゴンのサポーター」を自称する人物で朝田のオペの助手をするなどしてチームドラゴンの助けになってくれています。

霧島軍司役:北村一輝さん

北村一輝さん演じる霧島軍司は第1期では朝田のライバルでしたが医龍2では朝田との信頼関係を修復しており、最終回では鬼頭の要請を受けて患者の危機を救います。

松平幸太朗役:佐藤二朗さん

佐藤二郎さん演じる松平幸太郎は過去に西南大学医学部付属病院消化器外科のエースとまで言われる人物だったのですが、エースの重圧に耐えられず論文を改ざんしてしまいます。

その後は朝から晩まで飲んだくれる最低の医者になり下がったのですが、朝田からの誘いで酒を完全に絶ち、医者として手術室に舞い戻りました。

小高七海役:大塚寧々さん

大塚寧々さん演じる小高七海さんは荒瀬が「朝田のスピードに付いていけるのは俺とお前だけ」と一目置くほどの麻酔科です。自分のせいで息子が半身不随になったことで、第一線からは退いていたのですが、朝田に息子を救われたことでチームドラゴン入りを果たします。

善田秀樹役:志賀 廣太郎さん

志賀廣太郎さん演じる善田秀樹は北洋病院の院長で、金を第一とする野口とは違い患者を第一に考える医療を志しています。野口とは学生時代同期だったという過去を持ちます。

野村博人役:中村靖日さん

中村靖日さん演じる野村博人は、外科医に医療ミスの責任を押し付けられた過去があり、対人恐怖症になった悲しい過去の持ち主です。しかしながら朝田や伊集院の励ましによって過去を完全に断ち切りチームドラゴン入りを果たします。

以上、「医龍2」のメイン・サブキャストのご紹介でした。
とっても豪華キャストですね!皆さん、ドラマではどのような役を演じるのか観てみたくなりますね。

ドラマ『医龍2』のあらすじ&最終回

ここまで医龍2に登場しているキャストの方々を紹介してきましたが、今回は医龍2の簡単なあらすじと最終回で朝田達はどうなったのかをご紹介していきたいと思います!

『医龍2』のあらすじ

第1期と違い医龍2は「医療と金」をテーマにした完全オリジナルストーリーです。経営不振に陥った明真大学付属病院と北洋病院を舞台にしており、倒産寸前の病院で朝田龍太郎とチームドラゴンの姿が描かれています。

『医龍2』の最終回

最終回では新旧チームドラゴンが一堂に会し、日本発となる心臓移植と生体肝移植の同時手術を成功させます。その後朝田は再び海外に渡り海外NGOとしての活動を再開します。

ドラマ『医龍2』の続編は?

そして「医龍」は全部でシーズン4作となっており、「医龍2」と比べて続編ではキャストも若干変更がありますので、少しだけご紹介します。

『医龍3』のキャストとあらすじ

「医龍3」では今までのメインキャストに加えて、遠藤憲一さん、谷村美月さん、初音映莉子さん、増田修一朗さんらがサブキャストとして出演されます。医龍3では「医療の国際化と外科医の存在意義」がテーマとして描かれています。

『医龍4』のキャストとあらすじ

「医龍4」では今までのメインキャストに加えて平幹二朗さん、キムラ緑子さん、三浦葵さん、阿達由香さん、塩田宇宙さん、高橋克典さん、柄本佑さんらがサブキャストとして出演されます。医龍4では朝田の恩師、桜井修三が院長を務める桜井総合病院の立て直しを図る朝田とチームドラゴンの様子が描かれます。

『医龍5』が放送される可能性は低い

医龍シリーズで朝田龍太郎役を演じた坂口憲二さんですが特発性大腿骨頭壊死症という国が指定する難病に苦しめられているようです。この病気のため坂口憲二さんは無期限で芸能活動を休止しており、朝田龍太郎のキャストが変更されない限り、医龍5の実現は当分叶わないでしょう...。

ドラマ『医龍2』は今でも大人気!

ここまで医龍2や医龍シリーズについて見てきましたがいかがだったでしょうか。医龍2は医龍シリーズの中でも一番の人気といっても過言ではない作品なので、ぜひもう一度懐かしみながら見てみてはいかがでしょうか!

関連記事はこちら!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ