記事ID50896のサムネイル画像

【俳優】佐藤浩市の妻はどんな人??妻が書いた手紙に涙した!?

俳優として多くのドラマや映画に出演している佐藤浩市。そんな佐藤浩市の妻はどんな人なのか?佐藤浩市の最初の妻はモデルだった!?佐藤浩市の現在の妻とは?妻の手紙に佐藤浩市が涙した!?など、佐藤浩市の妻について調べてみました。

妻は誰?佐藤浩市のプロフィール

佐藤浩市

1960年12月10日生まれ
東京都出身
テアトル・ド・ポッシュ所属

多摩芸術学園映画学科在籍中の1980年にNHK『続・続事件』でデビュー。翌年出演した映画『青春の門』でブルーリボン賞新人賞を受賞。

出典:https://ja.wikipedia.org

2012年4月、東北芸術工科大学の文芸学科客員教授に就任した。

出典:http://ja.wikipedia.org

父は俳優の三國連太郎。幼少時代、父が家出し母に育てられたため、父との間に確執があった。1986年の映画『人間の約束』で初共演するが、直接関わり合う場面は少なかった。2008年ANAの親子共演CMでは仲睦まじい姿を見せており、2009年に出演した『徹子の部屋』では父のことを「努力の人」と語っている。

出典:https://ja.wikipedia.org

佐藤浩市の妻とは?

佐藤浩市は1986年に
モデルの女性と結婚しましたが
3年後に離婚してしまいました。

その後、1993年に
現在の妻である女性と結婚しました。

現在の妻である女性は
広田亜矢子という人で舞台女優をしていましたが
現在は、活動していないようです。

妻の手紙に佐藤浩市が涙!

2015年に公開された映画「愛を積むひと」で
妻に先立たれる夫役を演じた佐藤浩市は
映画の舞台挨拶で自身の妻から手紙が送られました。

佐藤浩市(54)が20日、東京・丸の内ピカデリーで行われた主演映画「愛を積むひと」(朝原雄三監督)の初日舞台あいさつで、妻からの手紙に男泣きした。

出典:http://www.nikkansports.com

劇中で、主人公の篤史(佐藤)を残し、亡くなった妻良子(樋口可南子)が、死後のことを予見して、いくつもの手紙をしたためていた映画の内容を踏まえ、サプライズで披露された。

出典:http://www.nikkansports.com

樋口が涙ながらに手紙を朗読すると、佐藤も涙を流し、客席に背を向けて涙をぬぐった。娘役の北川景子(28)も、目に涙を浮かべた。

出典:http://www.nikkansports.com

佐藤浩市は妻からの手紙について
このように話しました。

佐藤は朗読が終わると、「暑いから、汗かいちゃってね。文字って、また違う気持ちの伝わり方がある。ありがたいもんだと思います」と、照れつつ妻に感謝した。

出典:http://www.nikkansports.com

そんなこの舞台挨拶には
佐藤浩市の妻も来ていたそうです。

妻がいる佐藤浩市についてネット上の声とは?

妻がいる佐藤浩市について
ネット上ではこのような声が聞かれています。

俳優の佐藤浩市さん、何方かと言えば嫌いだった。常にむすっとした印象で冷たい感じがしていた。でも違ったみたいだ…妻思いで心の温かい人だった。カッコイイなぁ

出典:http://twitter.com

佐藤浩市って父親あの方だしそういう役多いし一見女性遍歴派手に見えるけれど、とっても妻を大切にしてるんですよね…ンンンすき

出典:http://twitter.com

佐藤浩市が昔妻に言ったという「僕は一生あなたの味方です」という言葉が素敵すぎるんだ。

出典:http://twitter.com

佐藤浩市さんの妻からの手紙がすごく愛に溢れてて感動した…;;;素敵な夫婦だなぁ

出典:http://twitter.com

佐藤浩市の妻が佐藤浩市に送った手紙に朝から泣ける(@_@)

出典:http://twitter.com

普段こういう邦画ってなかなか観ないのだけど、初日舞台挨拶の映像で見た佐藤浩市の妻の手紙が素敵すぎてこれは映画館に行こうと思ったのでした。わたしも早く結婚してこんな夫婦関係を築きたい…

出典:https://twitter.com

佐藤浩市に想われる妻になりたい……羨ましい

出典:https://twitter.com

佐藤浩市かっこいい(≧∇≦*)
妻になりたい♡

出典:https://twitter.com

妻がいる佐藤浩市のこれから

多くのドラマや映画に
出演している佐藤浩市。

そんな佐藤浩市の
今後の活躍に目が離せませんね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ