記事ID40530のサムネイル画像

浜田雅功の高校時代が凄まじい…!その高校生活の実態とは??

人気お笑いコンビダウンタウンのツッコミとして有名な浜田雅功さん。そんな浜田雅功さんの高校時代をご存知でしょうか…?浜田雅功さんの高校生活を同じ高校に通っていたという人気芸人・今田耕司さんの証言などを交えながら紹介していきます!!

【この記事は2020/03/10に更新しました。】

高校時代が気になる~~!!芸人浜田雅功さんのプロフィール

浜田雅功

浜田雅功(はまだ まさとし)
誕生日 1963年5月11日
ニックネーム はまちゃん
血液型 A型

日本のお笑い芸人、漫才師、司会者、俳優、歌手、声優であり、お笑いコンビ・ダウンタウンのツッコミ担当。1982年に小学生時代からの幼馴染である相方の松本人志と共に若手タレント養成所「吉本総合芸能学院(NSC)」第1期生として入所。妻はタレントの小川菜摘、長男はロックバンドOKAMOTO'Sのハマ・オカモトである。

浜田雅功の奥さん・小川菜摘さん

浜田雅功さんはタレントの小川菜摘さんと1989年にご結婚されています。10月8日で結婚30周年になることを日頃から小川さんを支えているスタッフの人たちにお祝いしてもらったとSNSにアップしていました。

結婚30周年は、真珠婚というらしく「真珠婚おめでとうございます」とデザートプレートをいただいたそうです。

浜田雅功の息子・OKAMOTO'S ハマオカモト

浜田雅功の息子・ハマオカモト

浜田雅功さんはタレントの小川菜摘さん1989年にご結婚されています。10月8日で結婚30周年になることを日頃から小川さんを支えているスタッフの人たちにお祝いしてもらったとSNSにアップしていました。


結婚30周年は、真珠婚というらしく「真珠婚おめでとうございます」とデザートプレートをいただいたそうです。

浜田雅功の息子・ハマオカモトが所属するOKAMOTO'Sの曲が、こちら!

OKAMOTO'S 『Dance With Me』

浜田雅功さんの出身高校は?

高校時代の浜田雅功の画像

浜田雅功さんは、日生学園第二高等学校出身のようです。

浜田雅功さんが卒業した"日生学園第二高等学校"てどんな学校?

三重県津市白山町八対野に本籍を構える学校法人。1990年代まで、過激なスパルタ教育を行っていたことでも有名な学校です。住み込みで働く先生と共に全寮制生活をする学校でもあります。

しかし、学内での暴力や謎の不審死などが相次ぎました。また、1985年には教師によって荒れた校内の写真が週刊誌に掲載され、社会的問題としてメディアに大きく取り上げられました。

水曜日と日曜日以外は、朝4時起床

ほぼ毎朝4時に起床し、掃除や洗顔などの心行を15分で澄ませると、集団登校や校歌斉唱、点呼等様々な決まりがあります。

1フロアには1年生から3年生までがごちゃまぜで生活するので、下級生は上級生に相当気を遣わなければなりません。

上級生のお茶汲みや選択はもちろん、食事の際は上級生がお箸をつけるまで下級生は食べてはいけません。

日生学園第二高等学校の学園生活の動画がこちら!

日生学園第二高等学校の学園生活

1979年、三重県にある当時全寮制の日生学園高等学校(現在は桜丘高等学校)に入学し、2年次に開校にともない移動した全寮制の日生学園第二高等学校(現在は青山高等学校)を卒業。

出典:https://ja.wikipedia.org

なんだか物々しい雰囲気の高校ですね…。
浜田雅功さんはこの高校で3年間、寮生活をされました。なんと浜田雅功さんは最後には副寮長にまで出世したそうです。

芸人が語る、浜田雅功さんの高校伝説

それでは、浜田雅功さんの高校時代をよく知る芸人の証言を見ていきましょう!!

後輩・今田耕司

浜田雅功と同じく、日生学園第二高等学校に通っていた今田耕司

浜田雅功さんの後輩芸人である今田耕司さんは、実は浜田雅功さんと同じ高校出身なんです!
今田さんは凄まじすぎる高校生活に耐え切れず、脱走して高校を退学したんだそうな…。

今田は、あまりに過酷な学校生活に耐えきれず、1年生の秋、脱走を決意。見つかると「すっげぇ怖いんで」計画を綿密にたてて実行した。

出典:http://irorio.jp

今回、今田は「トイレ掃除は、便器を素手で磨かされる。それは伝統でしたね。学校の掃除係とか、そうでしょ?素手でしょ?違います?」と語っていた。浜田は、「汚れとかも、爪で削って落としたり」と、代々、そのような掃除方法を強いられていたことを明かした。

出典:http://numbers2007.blog123.fc2.com

また、浜田雅功に関しては、「浜田さんは、副学寮長。副学寮長っていえば、僕らからしたら、凄い人ですから」と言い、「浜田さんの場合は、学校出て、吉本に入ってから、それを僕にやってましたからね。風邪薬買ってくるので間違ったら、思いっきりドツかれたんですよ」と、卒業してからも、その片鱗を覗かせていたそうだ。

出典:http://numbers2007.blog123.fc2.com

相方・松本人志

浜田雅功さんの相方、松本さんもその過酷な高校生活エピソードにはタジタジのご様子。

松本は「浜田さんは、そこを卒業してるって言うのがスゴイ」と感心し、「浜田も1回脱走した」ことを語った。

出典:http://irorio.jp

何度も脱走し、相方である­松ちゃん(松本人志)の家に逃げ込んでいたそうです。
松本さん曰く、浜田は死にそうだったとか。

出典:http://matome.naver.jp

当時の浜田は、隔離された状態で、外部からの情報は入って来ず、世の中のことを全く知らなかったそうだ。
唯一の情報源は、月1回坊主頭に刈る時、下に敷くための「新聞紙」だったそうで、夏休みに帰って来ても「なんや、まっつん、歯磨き粉が3色になってるぞ!(アクアフレッシュ)」とか「歌手で、顔黒く塗ってるヤツがおるぞ(シャネルズ)」と、いちいちビックリしていたと松本は語った。

出典:http://irorio.jp

話だけ聞くとまるで監獄のよう!!本当に凄まじい高校生活だったようです。
さすがの浜田雅功さんであっても厳しい高校生活に耐え切れず何度も脱走していたんですね!

浜田雅功さんの高校生活について、世間の反応は…?

刑務所か

出典:http://gossip1.net

何でそんな監獄みたいな高校に通うことになるんだ地元に行ける高校がなかったのか。

出典:http://jacklog.doorblog.jp

よく松ちゃんが刑務所みたいだったってネタにしてるけど、
下手したら刑務所よりヒドイかも。

出典:http://girlschannel.net

肯定的な意見もあるもよう!

ここまでやれとは言わないけど、今の学校とか親もすぐクレームつけるし、それを笠に着てガキも調子付くから常識や他人の痛みも解らん奴が多いわ
それだけ厳しかったこそ浜ちゃんも成功してるって事じゃない?

出典:http://girlschannel.net

やはり世間の人から見ても浜田雅功さんの高校の厳しさは凄まじいようですね!
高校ではなく刑務所のようだという声が多いですが、本当にそう思います。
しかし一方では、その厳しさゆえに浜田雅功さんが芸人として大成したのでは?という声もありますね。

浜田雅功さんと同じ高校の出身者

浜田雅功

意外にも浜田雅功さんや今田耕司さんの他にも同じ高校の出身者が多くいるようです!

山口賢一(プロボクサー)

名前:山口賢一
生年月日: 1980年6月10日(39歳)
出身地:大阪府大阪市
スタイル:右ボクサーファイター

千葉和彦(プロサッカー選手)

名前:千葉和彦
生年月日:1985年6月21日(34歳)
出身地:北海道岩見沢市
所属チーム:名古屋グランパス

浜田雅功さんの出身高校の現在

その厳しさゆえに多くの脱走者を出したという浜田雅功さんが卒業した日生学園高校の現在はどのような様子なのでしょうか?

現在は、グローバル教育を重視した『青山高等学校』となっています。

1991年度(平成3年度)前後までスパルタ教育を行っていた。桜丘高等学校では、2000年代後半より国公立大学や難関私立大学合格を目指す取り組みも始められ、2012年度には本格的な国公立大、難関私大及び医歯薬系大学合格に向けたコースが設立された 2015年4月に各校に完全分離された。

出典:https://ja.wikipedia.org

スパルタ教育を経験した浜田雅功さんからみて、「普通の学校」

浜田雅功

こうした同校の厳しい教育方針は、約30年以上前のもの。現在は校風も大きく変わり、浜田いわく「普通の学校」だという。

出典:http://news.livedoor.com

どうやら浜田雅功さんが高校生であった頃と比べると教育方針が見直されたようで本当に良かったですね…!
本当に厳しい高校生活だったようですが、最終的にはその高校で副寮長をつとめ、見事卒業を果たした浜田雅功さんの現在に至るまでのリーダーシップはこの高校生活で培われたのかもしれませんね。

高校で養われたリーダーシップ!浜田雅功さんのこれから

以上、浜田雅功さんの高校時代について様々なエピソードと共に追って来ましたが、いかがでしたでしょうか?
過酷な高校生活を生き抜いた浜田雅功さん。そんな浜田雅功さんが厳しい芸能界の最前線を今でも走り続けているのは、高校生活で培った不屈の精神とリーダーシップのおかげなのかもしれません。
これからも変わらず相方の松本さんと共にお笑い界を盛り上げていってほしいですね!!

関連記事はこちらから!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ