記事ID33075のサムネイル画像

【暗殺教室】おすすめ!とにかく面白い!漫画家・松井優征作品まとめ

暗殺教室と言う作品をご存知ですか?暗殺教室は週刊少年ジャンプで連載中、2015年にアニメ化しており、とても面白いと話題の大人気作品です。暗殺教室以外にも作者松井優征は面白い漫画を生み出しています。暗殺教室と、それ以外の松井優征の面白い作品をご紹介します。

暗殺教室の生みの親、松井優征ってどんな人?

漫画家、松井優征とはどんな人物なのか

松井 優征(まつい ゆうせい)

職業:漫画家
誕生日:1979年1月31日
出身:埼玉県入間市
活動期間:2004年~

2001年 - 『ラビングデッド』で第51回天下一漫画賞審査員特別賞受賞。
2004年 - 『魔人探偵脳噛ネウロ』で第12回ジャンプ十二傑新人漫画賞準入選。同時に漫画家デビューを果たす。

出典:https://ja.wikipedia.org

2012年 - 『週刊少年ジャンプ』31号より『暗殺教室』を連載開始。
2015年 - 1月より『暗殺教室』がフジテレビ系列にてアニメ化される(- 2015年6月)(第1期)。

出典:https://ja.wikipedia.org

イラストレーター・石原豪人に影響を受けた毒のある画風、遠近法を故意に崩したパース取り、そしてそのような画面構成に引けをとらない、独自の世界観とキャラクターを扱う、ジャンプ作家の中でも際立ってアクの強い作風を持つ異能の漫画家。極めてオリジナリティーの強い作品を描くが、本人曰く、「トリッキーなことをやるのはベタを光らせるため」とのことで、根っこを見てみれば非常にジャンプらしい作品として成立している。

出典:http://dic.pixiv.net

デビュー作でもある『魔人探偵脳噛ネウロ』の最終巻に上記の写真が掲載され、『イケメン!』と話題になりました。
また、連載スタート時に「商品として責任のある終わらせ方」を目標としており、連載終了パターンを1巻、2巻、3巻、7巻、10巻、20巻分と考えてあったと言います。実際ジャンプ編集部でも「あれほど綺麗に終わらせられた作品は珍しい」と氷されたとのこと。

トリッキーで風刺の効いた作風は本来万人受けする物ではありませんが、それでも多くの人に「面白い!」と思わせた技量は目を見張る物があります。

とにかく面白いと話題!暗殺教室とはどんな漫画なのか

『魔人探偵脳噛ネウロ』の連載終了後、2012年から同掲載紙である週刊少年ジャンプで連載が始まった、『暗殺教室』。インパクトあるキャラクターと設定で、たちまち人気作品になりました。
2015年にはアニメ化もされ、スマホアプリやニンテンドー3DSでのゲーム化、実写映画化、SCRAP主催のリアル脱出ゲームとのコラボなど、多数のメディアミックス化も。

そんな、とても面白いと話題の暗殺教室について、簡単にまとめてみました。

ある日突然、進学校「椚ヶ丘中学校」の落ちこぼれ組・3年E組の元に防衛省の人間と、そして人間ではない謎の生物がやって来た。マッハ20で空を飛び、月の7割を破壊して常時三日月の状態にしてしまった危険な生物は「来年3月までに自分を殺せなければ地球を破壊する」ことを宣言したうえ、「椚ヶ丘中学校3年E組」の担任教師となることを希望した。

出典:https://ja.wikipedia.org

政府は戸惑いつつも、3年E組の生徒に「謎の生物の暗殺」を依頼。生徒たちは最初こそ戸惑うが、「成功報酬:100億円」のために殺る気を出す。

出典:https://ja.wikipedia.org

その生物=殺せんせー(ころせんせー)の存在とその目的を把握しているのは日本をはじめ各国の首脳陣といったほんの一部の人間のみで、「殺せんせーの存在や殺せんせーの暗殺に携わっていることを、家族を含めた第三者へ絶対に口外してはならない。口外した場合は“記憶消去処置”を施される」「殺せんせーは、3年E組の生徒に危害を加えてはいけない。ただし、その家族友人は対象外」などの様々な決まりの下に生徒達は殺せんせーを様々な手段で暗殺しようと試みるが、毎回殺せんせーの素早さと先の読めない行動で阻止され、逆に殺せんせーによる手入れを受けることになってしまう。

出典:https://ja.wikipedia.org

漫画やアニメで見ると本当に面白いのですが、引用だといまいち面白い感じが伝わりませんね…!
ですが本当に、子どもから大人まで誰が読んでも面白いと思える作品だと思いますので、まだ読んだ事のない人はぜひ読んでみる事をおすすめします!絶対面白いですから!

ネタバレなし!暗殺教室の【面白い】ポイント

とにかく面白い!と話題の『暗殺教室』。では一体暗殺教室のどんなところが面白いのか!?
暗殺教室の面白いと思うポイントをまとめてみました!

今までこんな面白い先生いなかった!『殺せんせー』(ころせんせー)

本作の主人公。本人は「名乗るような名前はない」と語っており、後述の通り「殺すことができない先生」という意味で、茅野が殺せんせーとニックネームをつけたことから、生徒からそう呼ばれるようになった。

出典:https://ja.wikipedia.org

丸顔で何本もの触手を持つ正体不明の生物で見た目はタコに近く、自画像もタコであり、自身もタコをネタにしたギャグを持っている。

出典:https://ja.wikipedia.org

巨乳好きであり、女子大生と仲良くなる妄想をするなど、一般的な成人男性のような性的嗜好をしている。

出典:https://ja.wikipedia.org

『触手』で『巨乳好き』で『先生』。キャラが立ちすぎです。
そんなヤバいほど面白いキャラクター『殺せんせー』、なんと政府から100億円の賞金をかけられた暗殺対象なのです。他にも、殺せんせーにはここには載せていない様々な面白い特徴がもりだくさん!

なぜかその暗殺対象である謎の触手生物が、学校の先生に……!?
殺せんせーがいかに面白いキャラクターであるかは、ぜひ『暗殺教室』でお確かめください!

『殺せんせー』の表情が面白い!

カラフルな『暗殺教室』単行本の表紙。集英社よりジャンプコミックスとして好評刊行されています。

上の画像は、暗殺教室の単行本の表紙です。
暗殺教室の単行本は毎回このような大胆なデザインで面白いので、単行本の発行がとても楽しみです。巻が進むにつれ、高級感のあるデザインになったり、モテカワなデザインになったりととても面白いです。

そして、この表紙の殺せんせー。暗殺教室作中でも多数登場する殺せんせーの『表情』なのです。そしてそれがとても面白い!
各表情に込められた感情を知りたい方は、ぜひ暗殺教室作中でお確かめください!

個性豊かな暗殺教室『キャラクター』が面白い!

殺せんせーの教え子である、椚ヶ丘中学校3年E組の個性豊かな生徒達。

暗殺教室は主役である殺せんせー以外にも、物語の舞台である『椚ヶ丘中学校3年E組』の個性ある生徒達や、その生徒を取り巻く先生たち、殺せんせーを狙う暗殺者、冷徹な学園長……など、多数の個性豊かな面白いキャラクターが登場します。

漫画ならではの凝った性格付けとキャラクター同士の絡み合いが面白い!そして目が離せないストーリー展開で、『暗殺教室』はあなたを虜にすること間違いなしです!

松井優征による、暗殺教室以外の面白い漫画

暗殺教室がとても人気の松井優征先生ですが、暗殺教室以外にもとても面白い漫画を描いていますので、ご紹介します!
下記でご紹介してるものの他にも面白い作品はありますが、今回は特に今現在も入手しやすい物のみをご紹介します。

魔人探偵脳噛ネウロ

主人公である『脳噛ネウロ』と『桂木弥子』

連載が終わった今でも根強い人気を誇る、暗殺教室作者のデビュー作品。
これまでの『探偵モノ』『グルメモノ』『ヒロイン像』のお約束をことごとく打ち壊した作風は話題になりました。

物語は、『謎』を食糧とする魔人・脳噛ネウロが、「謎」を求めて地上を訪れるところからスタートする。人間界で目立たず生活する為に桂木弥子を探偵役に仕立て上げ、影でその事件の「謎」を「喰べる」ことを目的とする。主役のネウロと弥子は共通して食に対するこだわりを持ち、本作には「グルメ」「食事」といったテーマが底辺に流れている。

出典:https://ja.wikipedia.org

作者自身が本作のジャンルは「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」であると1巻のコメントに書いている通り、事件解決における推理は往来の探偵もののような体裁をとっているが、その実はほとんど読者にヒントを与えず、魔人であるネウロは「魔界777ツ能力(どうぐ)」という特殊能力で捜査を行えるため、かなり強引に推理が進められる。推理には重きを置かず、代わりに突出したガジェットや荒唐無稽なトリック、犯人の異常な心理と奇怪なリアクションを大きな特徴とする。

出典:https://ja.wikipedia.org

殺された父親の葬式の日、魔界から謎を求めてやってきた脳噛ネウロと出会った高校生の少女。
父の事件をネウロが解決した後、そのままあれよあれよという間に、魔界探偵事務所を営む「女子高生探偵」に祭り上げられ、彼の人間界での活動のための奴r…もとい隠れ蓑として、多くの犯罪者と渡り合っていくことになった。

出典:http://dic.pixiv.net

ヒロインの桂木弥子。

見かけの細さからは想像もつかないほどの大食い娘。大食いの癖に量だけでなく質にもこだわる。

また、性格も見かけによらず豪胆で、ヤクザとも対等に渡りあう。肉体的にも異常なほど打たれ強い。

とにかく胸…もとい幸が薄いことに定評があり、筋金入りのドSであるネウロからメインヒロインにあるまじき羞恥を次々晒されている哀れな人。

出典:http://dic.pixiv.net

その未成熟…もとい小柄な体躯とは裏腹に異常なほどの大食い娘としても有名。大食いといえば週刊少年ジャンプの歴代作品主人公でも通例の設定だが、彼女の場合は一線を画しているといっても過言ではない。

出典:http://dic.pixiv.net

あと、スカートは鉄壁。逆さになっても下がらない。ある意味本作一番の「謎」。

出典:http://dic.pixiv.net

残念ながら、作中にパンチラはありません。

ネウロと弥子の関係性がよくわかる画像。
こんな感じで弥子は常にネウロに虐げられている……のだが?

暗殺教室を見て『面白い』と感じた方には特におすすめです。

離婚調停

『血界戦線』や『テガミバチ』、『ギャグマンガ日和』などで有名なジャンプスクエアにSUPREME読切シリーズとして掲載された。(2009年7月号)

舞台は乾いてパッサパサになった地球。果物売りの少女は、剣をずるずる引きずって歩くおじさんと出会います。
「資産運用に失敗して離婚調停中、財産分与の手続きをしている」と話す彼の正体とは……?

出典:http://laughy.jp

あの有名な『アーマードハイエース』が出てくるのは、この漫画だった!

良い意味でとても松井優征らしい、この作者にしか描けない面白い漫画だと思います。
『離婚調停』は『魔人探偵脳噛ネウロ』の最終巻である23巻に収録されていますので、ぜひ読んで見てください。

今後の展開が気になる【暗殺教室】

以上、暗殺教室の面白いポイントと、作者である松井優征さんの暗殺教室以外の作品をご紹介しました!いかがでしたか?

暗殺教室は、2016年1月よりフジテレビ系列にてテレビアニメの二期の放映が決定しています!今からとても楽しみですね!
また、漫画の方もまだ連載中ですので、これからまだまだ楽しめると思います!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ