記事ID19736のサムネイル画像

数ある作品の中から、特におすすめの90年代のアニメをご紹介します!

数々のアニメが放送された90年代。なかには90年代の放送開始から現在も放送されているアニメもあります!そんな子どもから大人まで幅広い年代に愛されている90年代のアニメのあらすじや登場人物、世間の反応などアニメについての情報をまとめてみました!

90年代に放送されたおすすめのアニメ①ふしぎの海のナディア

『ふしぎの海のナディア』は、NHKにて1990年4月13日から1991年4月12日にかけて、金曜日19:30-20:00に放送されたテレビアニメ。全39話です。

90年代のアニメ①「ふしぎの海のナディア」あらすじ

時は、1889年。花の都パリでは、万国博覧会が華やかに開催されていた。世界中の科学や文化の粋が集まったそのイベントに、人々は来たるべき20世紀、科学万能の時代の到来を予感し、夢見ていた…。そんな科学の進歩は地球を急激に狭くしつつあったが、まだまだ未知なるロマンと冒険があふれた時代でもあった。
そんな中、世界中の海で謎の巨大生物“海獣”が出没し人々を恐怖に陥れていた。その海獣によって父親が行方不明になってしまった発明好きの少年・ジャンは、万国博覧会の会場で謎の少女・ナディアに出会う。ナディアに一目ぼれしたジャンは、ひょんなことからナディアとともに冒険へと旅立つことに――。
彼らを待ちうける運命とはいったい?

出典:http://www.amazon.co.jp

90年代のアニメ①「ふしぎの海のナディア」登場人物:ナディア・ラ・アルウォール

本作の主人公。褐色の肌と藍色の髪の少女。髪型はショートボブ。1875年5月31日生まれ(第35話で判明)で物語開始時点で14歳。一人称は「あたし」。自分の出自を知らないままサーカスで育ったため、アクロバティックな身体能力を発揮する。サーカスの看板スターであり、舞台では「ジャングルの舞姫、ナディア」と芸名が紹介されていた。親と生き別れた時に預けられた宝石“ブルーウォーター”によって数奇な運命にジャンと共に巻き込まれていく。血液型A型。身長155cm。体重43kg。B/W/H:79/58/83。足のサイズ22.5cm。指輪のサイズ7号。特技は一輪車、玉乗り、水泳。他に猛獣使いや、空中ブランコといった高所での演技も披露している。

出典:https://ja.wikipedia.org

90年代のアニメ①「ふしぎの海のナディア」登場人物:ジャン・ロック・ラルティーグ

もう1人の主人公。発明好きなフランス人の少年。14歳、しし座のO型。一人称「僕」。ル・アーヴルに叔母夫婦と住んでいた。トンボ眼鏡と蝶ネクタイがトレードマーク。海で行方不明になった父で商船エリーゼ・ル・アーブル号の船長(ラウル・ロック・ラルティーグ)を、自分が作った飛行機で探したいと思っている。叔父と万国博覧会に賑わうパリの都に行き、ナディアと出会ったことで物語は始まる。主要人物では唯一全放送回で台詞が存在する。
いつかナディアを自作の飛行機に乗せ、彼女の故郷であるアフリカまで連れて行くことを目標にする。自力でプロペラ式航空機を発明し、後に更にそれを改良。最後は、パルスジェット機の模型まで開発した。

出典:https://ja.wikipedia.org

90年代のアニメ①「ふしぎの海のナディア」登場人物:マリー・エン・カールスバーグ

そばかすが目立つ4歳の少女。1885年4月10日、フランス、マルセイユ生まれ。一人称は「マリー」。登場話は第5-37,最終話。
物心つく前に大西洋にあるベルデ諸島マハルに移住してきた。父はネオアトランティスに占領されたマハルの火力発電所の技師。ネオアトランティスの支配に反対し脱走を図った両親らが殺害され、1人だけ生き残ったところをナディアたちと出会い、行動を共にする。ナディアら周りの人物のいがみあいから気苦労が絶えず、精神年齢はかなり高い。その一方で、勉強嫌いの一面を持つなど子供らしい一面を見せることもある。グランディスやサンソンからの入れ知恵によってませた発言をすることも。大人の女性に「おばさん」と呼んで当事者を困惑させることもある。

出典:https://ja.wikipedia.org

90年代のアニメ①「ふしぎの海のナディア」登場人物:キング

ナディアが連れているオスの白ライオン(実際は白っぽい灰色)の子ども。マリーの登場後は彼女とコンビで行動することが多い。
人語をある程度解し、簡単な算数もできる。コメディパートでは2足歩行を披露し、島編に入ると釣り竿を持って魚釣りもするなど、徐々にライオン離れした、人間に近い行動を取るようになった。周囲からは頻繁にネコと間違えられており、実際に鳴き声もネコのようである。

出典:https://ja.wikipedia.org

90年代のアニメ①「ふしぎの海のナディア」登場人物:グランディス一味

一味のキャラクター造形は、庵野のアイデアで、タイムボカンシリーズにおける三悪パターンの変形版。その例として、女性をリーダーにして男2人という構成は三悪と同じだが、オリジナルでは痩せたメカ担当と太った怪力担当だったのに対し、本作では逆となっている。序盤はナディアとジャンの前に現れ、いつも失敗する三悪と同じような悪人だったが、中盤以降は彼らに協力する仲間になった。

出典:http://ja.wikipedia.org

90年代のアニメ①「ふしぎの海のナディア」のオープニングはどんな曲?

オープニングテーマは森川美穂さんの「ブルーウォーター」という曲です!曲を聴いていると、アニメのシーンが思い浮かんできますね。

アニメ「ふしぎの海のナディア」に対する世間の反応とは?

原作(海底二万マイル)未読。
最初はポップな感じの物語だったのに、まさかあんなにシリアスになるとは‥‥。
監督が庵野氏だということで爆破などの作画や演出は90年代なのに流石。
それに、キャラクターが物語が進むにつれてドンドン変化していって面白かった。

出典:http://www.animesachi.com

子供の頃、ワクワクしながらみて、ナディアににた色黒の女の子を好きになった思い出があります(笑)思い出補正が強いかもしれません、かなり高得点をつけます。

悪名高い後半の島編ですが、キャラクターがイキイキとしていて、感情移入がより深まったので、私は大好きです。op.edも大好きです!

出典:http://www.animesachi.com

90年代に放送されたおすすめのアニメ②まじかる☆タルるートくん

『まじかる☆タルるートくん』は、江川達也による日本の漫画作品、およびそれを原作としたアニメ作品。『週刊少年ジャンプ』にて1988年49号から1992年40号まで連載。単行本は全21巻、ワイド版全16巻、集英社文庫全14巻。また、1991年にVジャンプで『まじかる☆たるるくん』のタイトルで読み切りの4コマ漫画作品も書かれています!

90年代のアニメ②「まじかる☆タルるートくん」あらすじ

魔法使いのタルるートと江戸城本丸のダブル主人公が繰り広げるギャグ漫画である。主人公の江戸城本丸は勉強・運動ともに得意ではなく、そのうえスケベを絵に描いたようなダメ小学生。ある時、絵本作家の父の部屋にある大魔法百科の魔法陣より偶然魔法使いのもう一人の主人公であるタルるートを召喚した。本丸はタルるートの魔法を悪用してイタズラを繰り返したり騒動を巻き起こす。不敵なライバルキャラである原子力(はらこ つとむ)と幾度となく対決する。原子と本丸の「○○で勝負だ!」はこの作品の名物の一つであり、原子との勝負に勝つためにタルるートの魔法で特訓をし、本丸は次第に成長していく。ボクシング、相撲、サッカー、水泳等、本丸は気合と根性でつらい特訓をこなし、ついには南野小学校支配を目論む座剣邪寧蔵を倒すために魔法なしの山籠りの特訓で拳法まで体得し、南野小を守るための大バトルを繰り広げる。またエッチな描写が多いのも特徴の1つ。

出典:https://ja.wikipedia.org

90年代のアニメ②「まじかる☆タルるートくん」登場人物:タルるート

江戸城本丸によって召喚された自称・大魔法使い(本当は魔法が下手の落ちこぼれ)。この作品のダブル主人公の一人である。名前の由来は「足るを知る」である。(DVDスペシャルブックレットより)外見・精神面は幼児であるが実際の年齢は不詳であり、人間でないために実の年齢が本丸より年上である可能性が1話 - 2話にかけて見ることが出来る。たこ焼きが大好物。特に松五郎の焼くたこ焼きには目がない。魔法界の落ちこぼれ故に魔法の有効時間はわずか10分だけである。「ほんとにこまったんが〜」の呪文によって召喚される。

出典:https://ja.wikipedia.org

90年代のアニメ②「まじかる☆タルるートくん」登場人物:江戸城本丸(えどじょう ほんまる)

この作品のダブル主人公の一人。学業成績はクラスの最下層で運動も苦手、そのうえスケベという筋金入りのダメ小学生。2月3日生まれ。父方の祖母が外国人のクォーターで、青色の髪をしている。タルるートの事を「タル」と呼び、親友となる。タルほどではないが本丸もかなりのタコ焼き好きである。
作品初期はいじめられっ子で、じゃば夫や是清、原子、伊知川達からはいじめや嫌がらせを頻繁に受けている。それが原因でなかなか自分の思い通りにならないせいか、割合すぐ感情的になる傾向があり、声を荒げて彼等と喧嘩をしたり、様々なトラブルを起こすこともあった。じゃば夫たちのいじめなどが原因で小4までは学校を休みがちだった。

出典:https://ja.wikipedia.org

90年代のアニメ②「まじかる☆タルるートくん」登場人物:河合伊代菜(かわい いよな)

本丸の同級生。名前の由来は「可愛いよな」である(単行本の人物紹介より)。クラスのアイドル的存在。11月23日生まれ。アニメ版のみの設定で血液型はB型。大金持ちの家に生まれたお嬢様で豪邸に住んでいる。小学生とは思えないほど、発育が良い。学業成績は優秀で運動も得意。女子バレーボール部に所属し、スパイカーを担当。細身に似合わず意外に怪力の持ち主でもあり、パニック状態に陥ったり、喜びの余り興奮すると、本丸達を気絶させてしまう程、締め上げてしまう事も。

出典:https://ja.wikipedia.org

90年代のアニメ②「まじかる☆タルるートくん」登場人物:ミモラ

タルるートの同級生。魔法の幼稚園時代にタルるートと知り合う。魔法の幼稚園時代の給食の時間に、大嫌いな、たこ焼(アニメ版ではニンジン)が出るも、担任の先生が給食を残さないように呼びかけていたため、泣きそうになって困惑していたが、タルるートがミモラがよそ見をしている隙をついて給食を食べてしまう。ミモラは嫌いなものをばれないように食べてくれたうえに、そのあとも何気なく振る舞うタルるートを見て、惚れてしまう(実際はミモラの目を盗んで盗み食いをしただけである)。タルるートのことは大好きだが、たこ焼きは大嫌い。魔法の有効期間は30分。「ほんとにもんが~」の呪文によって現れる。

出典:https://ja.wikipedia.org

90年代のアニメ②「まじかる☆タルるートくん」登場人物:原子力(はらこ つとむ)

5年生の時に本丸のクラスに転校してきた男。アニメ版では転校して来た際に大規模なパレードを行った。名前の由来は「原子力(げんしりょく)」である(単行本人物紹介より)。日本中の電気を管理する原子電力会社の社長の息子(アニメ版では原子財閥総帥の息子という設定で“原子財閥の御曹司”と触れ回ることが多い)。原子力(げんしりょく)推進委員会・児童向広報企画室長。伊代菜以上に早熟で、大人びた長身と老けた顔をしている。作中で老け顔を指摘されることも多い。

出典:https://ja.wikipedia.org

90年代のアニメ②「まじかる☆タルるートくん」オープニングはどんな曲?

アニメ「まじかる☆タルるートくん」に対する世間の反応とは?

偶然ある呪文で本丸が魔法の本からタルるートを呼び出し
「友達になってください」という願いで物語は始まる
笑いあり、感動あり、熱血あり、お色気ありのたのしいアニメです。
昔の先生は怖かった、本丸のヘタレぶり、それでもいくつもの原子力との
試合での魔法の特訓で成長していく本丸。河合伊代奈へのアプローチが見物です。

出典:http://www.amazon.co.jp

このアニメはとにかく笑えます。作者の江川先生のギャグセンスが炸裂しています。いろんな話のパターンがありますが、その1つの不敵なライバルキャラである原子力と本丸との「○○で勝負だ!」はこの作品の名物であり、真剣勝負の中にも笑えるギャグが入っています。また、本丸がひそかに好きな伊知川累はとにかく意地悪だけど、それは本丸への恋愛感情の裏返し。伊知川の台詞はとくにギャグセンスが高く意地悪な中にどこか憎めないかわいさがあります。

出典:http://www.amazon.co.jp

久しぶりに改めて読みなおすと、マンガとしてのうまさに驚きました。第1話から絵もうまくコマ割りもいいですね。 タルるート君もかわいい。 そして、最終巻に近づくにつれてキャラクターの絵が全然違っているのもおもしろかったです。

出典:https://comic.k-manga.jp

90年代に放送されたおすすめのアニメ③美少女戦士セーラームーン

90年代のアニメ③「美少女戦士セーラームーン」あらすじ

TOKYOの十番町に住む少女月野うさぎは、少しドジで泣き虫なごく普通の中学2年生(初登場時)。ある日、うさぎは額に三日月の模様を持ち人間の言葉を話す不思議な黒猫ルナと出会ったことがきっかけで、愛と正義のセーラー服美少女戦士「セーラームーン」に変身し、街を襲う妖魔を倒していき、街の平和を守っていくこととなる。初めは敵との戦いに苦戦していたうさぎだったが、彼女の危機をたびたび救う謎の紳士・タキシード仮面の存在や、次々と現れる仲間のセーラー戦士に助けられながら妖魔退治を順調に続けていった。

出典:https://ja.wikipedia.org

90年代のアニメ③「美少女戦士セーラームーン」登場人物:月野うさぎ(セーラームーン)

月野うさぎ(つきの うさぎ)
主人公。中学2年生(初登場時)。毛先を垂らした状態のお団子頭が特徴。ひょんなことからルナと出会い、セーラームーンに変身する。月の光を操る力を持つ。

出典:https://ja.wikipedia.org

90年代のアニメ③「美少女戦士セーラームーン」登場人物:水野亜美(セーラーマーキュリー)

水野亜美(みずの あみ)
IQ300の天才で、セーラー戦士たちのブレーン。やや癖のあるボブヘアが特徴。セーラーマーキュリーに変身する。氷や水を操る力を持つ。

出典:https://ja.wikipedia.org

90年代のアニメ③「美少女戦士セーラームーン」登場人物:火野レイ(セーラーマーズ)

火野レイ(ひの レイ)
火川神社の巫女を務める霊感少女。長い黒髪が特徴。セーラーマーズに変身する。炎や霊感を操る力を持つ。

出典:https://ja.wikipedia.org

90年代のアニメ③「美少女戦士セーラームーン」登場人物:木野まこと(セーラージュピター)

木野まこと(きの まこと)
メンバー一の長身と、怪力の持ち主。癖のある髪をポニーテールにしているのが特徴。セーラージュピターに変身する。雷や植物を操る力を持つ。

出典:https://ja.wikipedia.org

90年代のアニメ③「美少女戦士セーラームーン」登場人物:愛野美奈子(セーラーヴィーナス)

愛野美奈子(あいの みなこ)
「セーラーV」として、セーラームーンより先に活動していた。長い髪を赤いリボンで結っているのが特徴。セーラーヴィーナスに変身する。光と愛を操る力を持つ。

出典:https://ja.wikipedia.org

90年代のアニメ③「美少女戦士セーラームーン」登場人物:地場衛(タキシード仮面)

90年代のアニメ③「美少女戦士セーラームーン」のオープニングはどんな曲?

アニメ「「美少女戦士セーラームーン」に対する世間の反応とは?

セーラームーンは幼稚園の頃から大好きでした。
結構忘れてしまっていたので、こんなに面白くてドキドキしてしまう漫画だったのかと、びっくりしました!!
なかなか難しく奥深いマンガなので、大人になった今読んだ方がより楽しめたのかもしれません。

出典:http://www.amazon.co.jp

今の少女たちにも、ぜひお勧めしたい漫画です。 見た目は華やかですが、テーマは一貫して芯が通り堅実。大人なってからもまた違った視点で読ませてくれた事に感心してしまいました。 物語は少女らしい甘やかさを持ちつつ、切ない展開。しかし温かな優しさこそが尊く、それが友情や恋を育んでゆくことを教えてくれます。 辛くても必ず立ち上がる女の子たちのバイタリティある姿は、大人になった少女だった人たちをも、きらきらと励ましてくれるはずです。 センスの良さ、大人っぽさも魅力的。少女漫画の宝石、と言いたいくらい、素敵な作品だと思います。

出典:http://www.amazon.co.jp

アニメのセーラームーンしか知らない方は今一度読んでみると面白いですよ!アニメと原作の違いなど見比べると楽しいです。
時代は変わっても色あせない女の子のための名作だと思います。
最近だとプリキュアがメジャーですが、元祖戦う女の子といえばセーラームーンでしょ!

出典:http://www.amazon.co.jp

90年代に放送されたおすすめのアニメ④幽☆遊☆白書

『週刊少年ジャンプ』1990年51号から1994年32号にかけて連載された作品です!
1993年、第39回小学館漫画賞受賞。
1992年にはフジテレビ系列にてテレビアニメ化もされ高視聴率を記録しました。

90年代のアニメ「幽☆遊☆白書」あらすじ

ある日、道路に飛び出した子どもを庇った幽助は、交通事故に遭い死んでしまう。
しかし、蛍子や桑原の協力もあり、霊界から与えられた試練を乗り越えた幽助は見事復活。
生き返った幽助は、霊界探偵としてさまざまな難事件を解決していくことになる。
そんななか、盗賊をしていた蔵馬と飛影が幽助になんとなく感化され、仲間になる。

出典:http://wikiwiki.jp

90年代のアニメ「幽☆遊☆白書」登場人物:浦飯幽助

初登場時14歳、A型。皿屋敷中学2年生。未成年であるのにもかかわらず、喫煙・飲酒・ギャンブル(特にパチンコ)、または万引き・かつあげなどの犯罪行為をする不良少年。

出典:https://ja.wikipedia.org

霊界探偵になって以降は、人を惹きつける気のいい人柄が目立つようになり、桑原和真や蔵馬・飛影を始めとする様々なライバル・敵と戦いを通して友情を結ぶ。正義感が強く、弱い立場の人間や一生懸命な人に何かと世話を焼き、仲間がやられた時や外道に対しては自らを奮い立たせる。バトルを心の底から楽しみ、対戦相手や観戦者にも、憎しみやしがらみを乗り越え勝負を楽しませる戦いをする。

出典:https://ja.wikipedia.org

90年代のアニメ「幽☆遊☆白書」登場人物:桑原和真

皿屋敷中学2年(魔界の扉編からは3年)自称・浦飯幽助の永遠のライバルであり、浦飯チームのムードメーカー。幽助に会う度にケンカを売り、いつもボコボコになりながらも挑戦を続けている。幽助との対戦成績は、0勝156敗(第1話)。劇中で幽助には一度もケンカでは勝てなかったが、幽助を騙すことは上手い。身長は暗黒武術会の時点で180cm以上あり、194cmである自身の父親と並んだ際も差はあまりなかった。熱くなりやすく喧嘩っ早いが、犯罪を非常に嫌い、人一倍仲間想いで、情に脆い性格。

出典:https://ja.wikipedia.org

90年代のアニメ「幽☆遊☆白書」登場人物:蔵馬

正体は魔界でも有名な宝具専門の盗賊で何百年も生きた狐が妖力をもった妖狐だった。霊界の特別防衛隊に瀕死の重傷を負わされ、人間の胎児に憑依融合、南野秀一(みなみの しゅういち)として生きる。妖怪や霊界関係者にはその後も蔵馬と呼ばれている。

出典:https://ja.wikipedia.org

90年代のアニメ「幽☆遊☆白書」登場人物:飛影

浦飯幽助の戦友。元は魔界でも名を馳せた盗賊。雪菜の双子の兄。額に後天的に身につけた第三の眼・邪眼があり、炎の妖術と剣術を使う。 作者はメインキャラ4人の中で彼のみを子供と説明している[1]が、実年齢は不明。双子の雪菜が分裂期を迎えていないことから、少なくとも100歳には達しておらず、A級妖怪になったのが5歳であり、蔵馬と出会ってから幽助と出会うまで1年の時間経過があることから、最低でも6歳は超えている。身長は池乃めだかくらい[2]と形容される程小柄。

出典:https://ja.wikipedia.org

90年代のアニメ「幽☆遊☆白書」登場人物:幻海

人体に宿る霊力を活用する武術「霊光波動拳」の高名な使い手で、浦飯幽助の師匠。桑原和真と同じく霊力を操る人間。70歳前後の様子で、生涯独身。厳格で覇気も凄まじいが、思いやりもある人物。若返った時は幽助たちを始め、人間を憎む妖怪たちですら見惚れる程の美女だった。視力は6.0で、読唇術を心得ている。流行ものには結構敏感らしく、TVゲームが得意

出典:https://ja.wikipedia.org

アニメ「幽☆遊☆白書」に対する世間の反応とは?

キャラに嫌みがない、主人公は不良設定だけどそんなに悪いヤツではない
女性キャラは結構可愛い
最初期のストーリーはとても丁寧でいい話が多い
バトルに路線変更してからは展開が面白く、名言も多い
巻数で言えば短い方なのに内容が濃い

出典:http://sakuhindb.com

アニメ版に続いて漫画版もレビュー。漫画の方は結構大人な雰囲気があって、印象が大分違います。
やはり幽助、桑原、火影、蔵馬の主要キャラ4人が全員かっこいいですね。アニメ同様桑原が好きです。
バトルの描写もかなり読みやすくて尚且つ緊迫感が半端ないから凄い。泉水編の黒の章のくだりは人間という生き物について深く考えさせられました。
悪い点は魔界統一トーナメントを途中で投げた事。嫌々描かせられてたとはいえ、もう少し描いてほしかった。
漫画とアニメ、両方最高でした。

出典:http://sakuhindb.com

精神面まで深く掘り下げた各キャラクターの魅力。連載時と大人になってからの自分の読み取り方も異なり、ただ表面的なバトル漫画とは一線を画する手腕に改めて脱帽する。
初期のストーリーも主人公の人柄を表すもので、不可欠な要素だと感じさせてくれる。

出典:http://sakuhindb.com

90年代に放送されたおすすめのアニメ⑤ちびまる子ちゃん

第1期は、1990年1月7日から1992年9月27日にかけて放送。
第2期は、1995年1月8日より現在も放送中の作品です!

90年代のアニメ「ちびまる子ちゃん」あらすじ

本作品は、1974年から1975年の昭和50年代初期に、静岡県清水市(現、静岡県静岡市清水区)の入江地区で少女時代を過ごした、作者のさくらももこの投影である小学校3年生の「ちびまる子ちゃん」が、家族、友達とともに繰り広げる日常生活を描いた、笑いあり、涙ありのコメディである。アニメ第2期の初期以降に時代設定を当時の現代である1990年代前半に変更したが[要出典]、後に元の時代設定に戻している

出典:https://ja.wikipedia.org

90年代のアニメ「ちびまる子ちゃん」登場人物:さくらももこ

本作の主人公。作者自身がモデル。1965年5月8日土曜日(予定より10日早く生まれたらしい)の晴れた日の昼に生まれた[5]。A型、牡牛座。9歳の小学校3年生。愛称は「まる子(まるこ)」「まるちゃん」(1年のころは「ももこ」と呼ばれていた)。由来は、ちびだから「ちび」、丸顔だから「まる」、そして女の子だから、「子」・「ちゃん」をつけて「ちびまる子ちゃん」になったらしい

出典:https://ja.wikipedia.org

90年代のアニメ「ちびまる子ちゃん」登場人物:さくら 友蔵

まる子の一番の理解者で、どんな時でもまる子の味方。昔からのん気で穏やかな気質で、大体いつもぼんやりと過ごしている。まる子を溺愛しており、まる子のトンチンカンな行動に協力しては他の家族に怒られたり呆れられたりしている。脳天気なおトボけじいさんで、家族と話している時に変な発言をして空気を止めたりすることが多々ある。まる子に負けず劣らずのうっかり屋でもあり、一度まる子が運動会の応援の旗を作った際に、オリンピックの応援と勘違いして旗に「ガンバレ日本」と書き加えてしまっている

出典:https://ja.wikipedia.org

90年代のアニメ「ちびまる子ちゃん」登場人物:穂波 たまえ

眼鏡をかけていて、髪型は三つ編みのおさげである。アニメ版の服装は、まる子が赤や黄などの服装であるのに対し、青や緑などの服装(例えば、水色のシャツに紺色のスカートの組合わせなど)で描かれることが多い。
優しく女の子らしい性格であり、まる子や自分の父親を諌めるなどとてもしっかりしている。その優しさから、嫌なことでも頼まれると断れないことも多いが、しつこく写真を撮る父には厳しく接して怒鳴ることも多い。1週間以内に「エリーゼのために」を弾けるようにならなければならなかったまる子に、厳しく指導したこともある

出典:https://ja.wikipedia.org

90年代のアニメ「ちびまる子ちゃん」登場人物:花輪 和彦

家庭環境が影響してか外国かぶれの傾向があり、語尾に「ベイビ~」とつけることが口癖。また、話しながら右に流れる独特のつっぱりヘアーを右手でかき上げる癖もある。ゆったりとした穏やかな平和主義者で、つかみどころのない独特の雰囲気を持っており、何にも束縛されない自由人である[23]。キザな性格だが、紳士的で誰にでも分け隔てなく親切な為モテる。お坊ちゃまでありながら世話焼きで面倒見も良く頼もしいので、まる子はじめクラスメートから頼られることも多い。

出典:https://ja.wikipedia.org

90年代のアニメ「ちびまる子ちゃん」登場人物:丸尾 末男

学級委員になることに命を懸けているエキセントリックな少年。地道な努力家であり、非常に真面目で成績優秀(本人曰く「歌と運動以外ならなんでもできる」[127])。常に敬語で喋り、一人称は「ワタクシ」で口癖は「ズバリ、○○○でしょう」。よく「ヒェ~」などと絶叫している。極端なマザコンでもあり、母親のことを「かあさま」と呼んでいる。一年生にムンクの叫びに似ていると笑われたことがある

出典:https://ja.wikipedia.org

ちびまる子ちゃんの曲といえばこの曲!

ちびまる子ちゃんのオープニング、エンディング曲はたくさんありますが、中でも一番有名なのはこの曲ではないでしょうか☆

90年代のアニメは他にもたくさんあります!

いかがでしたか?
90年代に放送された数々のアニメの中から、特におすすめの5作品についてご紹介しました!皆様がご存知のアニメも多かったのではないでしょうか。
漫画が原作になっている井に目も多く、気になったものは漫画とアニメ両方見比べてみるのもオススメです!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ