記事ID31415のサムネイル画像

漫画の概念をも変えた天才漫画家、手塚治虫の作品をご紹介します

没後数十年が経過しながらも、その作品が未だ愛され続けている漫画家の手塚治虫さん。その作品達は当時の日本漫画の概念をも変え、様々なジャンルに影響を与えたんだとか・・・今回はそんな手塚治虫さんが残した作品の数々をまとめてみました!

あなたはどれくらい知ってる?漫画の神様、手塚治虫の作品たち

「鉄腕アトム」「ブラック・ジャック」「ジャングル大帝」「リボンの騎士」・・・数々の人気作品を世に送り出し、マンガの神様とも呼ばれる手塚治虫。あなたはそんな彼の作品をいくつご存知ですか?

今回は彼が生み出した素晴らしい作品の数々をいくつかご紹介します。

手塚治虫プロフィール

作品まとめの前に、手塚治虫さんのプロフィールを紹介!

これが手塚治虫さんの画像!
作品の他に、漫画家=ベレー帽というイメージを生みだしました。

手塚治虫

生年月日 1928年11月3日
出身地 大阪府豊中市
兄弟 3人兄弟(長男)

開放的な家庭で、小さいときからマンガやアニメに触れながら育った彼。昆虫好きでも有名で、治虫と虫をつけたのはその影響から。

彼はマンガの神様とも言われています。それはヒット作を世に生み出したというだけではありません。日本の漫画と言うものの概念を変え、新しい表現やストーリーで漫画を確立し、今でも皆に愛され続ける魅力的な芸術作品にしました。

彼の作品は漫画だけに影響を与えたわけではありません。文学、映画等様々なジャンルに影響を与えたのです。特にTVアニメは漫画への功績と同じくらい、影響を与えたと言われています。

偉大な漫画家、手塚治虫さんの生み出した作品、キャラクターは膨大な数。それではここからそんな彼が生み出した作品を少しご紹介しましょう。

ちょっぴり大人向けな手塚治虫の作品

手塚治虫さんの作品について、まとめていきましょう!まずは彼が生み出したちょっと大人向けな作品から。意外かもしれませんが彼の作品にはグロテスクなものや内容が難しいものが多く、メッセージ性も強いものになっています。それは子供向けでも共通していますが、ここでは特に大人向けのものをご紹介します。

ブラック・ジャック

手塚治虫さんの代表作的作品ですね。無免許の闇医者であるブラック・ジャックが、法外な金額を要求しながらも、死の危機にさらされた患者をその天才的な腕で奇跡的に助けるお話です。

助手であるピノコも彼が命を助けています。だからピノコはブラック・ジャックが大好きなのです。しかし彼のやり方は医学界的には認められないそのやり方で、医師達からは存在すら否定されています。しかし彼の元には最後の望みを託した人々がいつもやってきます。

未だにファンを増やし続けるブラック・ジャック。彼の作品の中で一番好きという方も多いのでは?

七色いんこ

手塚治虫さんのアンチヒーロー作品!七色いんこは素人ながら誰にでも、どんな役にでもなれる代役専門の天才役者です。しかしその実態はその変装技術を武器に働く泥棒。観客から盗みを働くのを観客や劇団に見逃すことを条件に舞台へ立っています。

そんな彼を追うのは女刑事の千里万里子。彼女は彼に恋しながらもずっと七色いんこを追い続けます。そしていんこにも劣らぬ演技力を持つ彼の犬、玉サブローも絡み世界中を舞台にいろんな名作劇のパロディも織り交ぜてストーリは進みます。

ブラック・ジャックなどと比べると知名度こそ劣りますが、この作品が一番好きだという方も多く、手塚治虫さんの代表作の一つといっても過言ではありません。

火の鳥

手塚治虫さんのライフワーク的作品で複数のお話から構成されています。その為、火の鳥がキーとなる短編集ととらえても良いですし、人類の誕生から終焉までを描いた壮大な物語ととらえることもできます。

「未来編」では人類の終焉を描きます。しかしこれは最終回ではなく、人類の誕生を描いた「黎明編」へとつながります。その為、最初に読んでも最後に読んでも話がつながると言った面白い構想で、基本的に短編の為、そのシリーズの順番さえ守れば何編から読んでも物語はつながります。

「手塚治虫の最高傑作」との声も高く、未だにファンの多い作品です。死ぬまでに読みたい漫画にも何度も選ばれるまさに名作中の名作。

アドルフに告ぐ

手塚治虫さんのシリアスな歴史もの。舞台は第二次世界大戦当時の日本とドイツ。アドルフの名前をもつ3人の男の運命を描いています。1936年、ベルリンオリンピックの取材でドイツにきていた峠草平は、留学中の弟が殺されたことを知ります。

一体なぜ弟は殺されなければならなかったのか、彼が調べると弟はかのアドルフ・ヒットラーの秘密を握っていたことがわかります。それはヒットラーにユダヤ人の血が流れていたという秘密でした。弟はそれを文書にし、日本へ送ったから殺されたのです。

手塚治虫さんはこの作品に並々ならぬ情熱を燃やしていたそうです。映画やアニメ化などされていないものの舞台で何度か演じられている隠れた名作です。

どろろ

手塚治虫さん屈指のホラー漫画です。戦国武将に仕える醍醐景光は、天下を取るという野望をかなえるため、まだ母親のお腹の中にいた自分の子供である百鬼丸の体の48か所を魔物に奪わせました。当然体の48か所がない状態で生まれた百鬼丸は川に捨てられてしまいます。

時は流れ何とか生き延びた百鬼丸は少年になっていました魔物を一匹倒すと奪われた体が戻ってくると知った彼は魔物を倒しながら旅をします。その途中で知り合った泥棒のどろろと行動お一緒にするようになります。彼らの行くところには死霊や妖怪が集まってきます。果たして百鬼丸は体をすべて取り戻すことができるのでしょうか?

魔物を追って旅をする物語なので、当然恐ろしい存在の魔物たちが次々と出てきます。その為ホラーが怖い方はあまりお勧めしません。しかし設定がとても面白いので怖くても大丈夫という方はぜひ読んでみてください。

家族で楽しめる手塚治虫の作品達

それではここから、手塚治虫さんの子供向け作品についてみていきましょう。とはいえメッセージ性が高いものも多く、大人でも楽しむことができます。アニメの歴史に偉大な功績を残したものも多いんですよ!

鉄腕アトム

手塚治虫作品人気ナンバーワン!子供向けではありますが、実は根本的な設定はちょっと暗いんです。舞台は21世紀。天馬博士は息子の事故死に心を痛めていました。彼は息子の飛雄そっくりのロボットを作り心から愛しましたが、成長しないことに腹を立てサーカスに売り飛ばしてしまいます。

サーカスでアトムと名付けられた彼はそこで働かされます。しかし新しい科学省長官のお茶の水博士がロボットにも人権を認めるよう働きかけ、彼は自由の身に。お茶の水博士は彼にロボットの両親を作り普通の子と同じ生活をさせてやります。しかし事件が起こるとそのパワーを武器に彼は敵と戦うのです。

ハリウッドでも映画化され、世界的にも有名なアトム。一話一話はとても子供向けなのですが、こういった誕生の秘密等は大人向けも多く手掛ける手塚治虫さんらしい話といっても良いかもしれませんね。

ふしぎなメルモ

ちょっぴりセクシーな手塚治虫さんの人気作品です。メルモのお母さんはまだ幼いメルモと弟のトトオを残し、交通事故で死んでしまいます。しかしお母さんは神様に頼んで年齢を変えられるキャンディ、ミラクル・キャンディをもらってメルモに渡します。

キャンディの種類は2種類飲めば10歳若返る赤いキャンディと、反対に10歳年をとる青いキャンディ。食べ方を変えると動物に変身することもできるこのキャンディを使って、メルモは弟のトトオと一緒に困難を乗り越えていくのです。

女性に人気のある作品だそうです。子供の性教育の役割も担うこの漫画は実際に男女の違いや仕組みなども紹介してくれます。その為ちょっぴりセクシーですが、性教育を学ぶ年頃の子供にこそ見てほしい作品といっても良いかもしれません。

海のトリトン

主人公トリトンは海の支配者、ポセイドン一族に殺された人魚の生き残りでした。人間に育てられたトリトンは、やがて海へ帰り、イルカのルカーに見守られながら成長します。ある日実は生き残っていた人魚のピピ子と出会います。

二人は結婚し7人の子供を授かりますが、ポセイドン一族に見つかり罠にはめられてしまいます。人間の敵にされてしまったトリトンはポセイドンと戦う事を誓います。

アニメブームの先駆けと言われています。声優ブームもこの作品からと言われており、現在のアニメブームにおいて重要な作品であると言われています。原作とアニメでは結末が違いますが、どちらも衝撃的です。

三つ目がとおる

中学2年生の写楽保介はまるで幼い子供のように純粋な心を持っています。特徴は額の大きなバンソウコウ。実は彼、三つ目族の子孫で不思議な力を持っているんです。そのバンソウコウがはがれると、その下から第三の目があらわれ、普段からは想像もつかないほど恐ろしい超能力を発揮する悪魔のような三つ目人間になってしまいます。

彼は、クラスメートの男まさりな女の子・和登千代子を相棒に、古代遺跡や財宝にからむ謎に次々と巻きこまれ、その度にその能力で事件を解決するのです。

こちらも何度も映像化された手塚治虫さんの人気作品です。ミステリーではありますが、どろろほど恐ろしい話ではないので子供でもわくわくしながら見ることができる代表作の一つです。

ジャングル大帝

みんなが知っている手塚治虫さんのまさに代表作です。白いライオン、パンジャとその子レオを中心にしてジャングルをはじめとする大自然で繰り広げられる弱肉強食の生存競争や、言葉を覚え人間とて劣り合おうとする描写などもある、人間と動物とのかかわりなどを描いた大河ドラマです。

実は日本で初めてのカラーテレビアニメになったのはこのジャングル大帝。手塚さんの死後も映像作品が作られていますが、意外とその結末は悲しいもの。子供向けでも明るいばかりではないのが手塚治虫さんらしいと言えますね。

アメリカでも「キンバ・ザ・ホワイト・ライオン」というタイトルで大人気だったそうです。いい作品は国を超えても受け入れられるものなんですね。

リボンの騎士

天使のいたずらで男の子の心を持って生まれてきた、プリンセスサファイヤ。しかし世継ぎがいない王様は彼女を王子として育てました。ところがそんなサファイヤの正体を暴こうと、大臣たちはあの手この手で罠を仕掛けます。

男の子の心と正しい心を持つサファイヤはそんな悪を放っておけず、サファイヤに男の子の心を入れた張本人、チンクとともに、王国を守るため正義の剣を振るのです。

アニメーションになった少女アニメはこのリボンの騎士が初めてでした。当時の少女たちはきっと心をときめかせながらこのアニメを見ていたことでしょう。

24時間テレビでも手塚治虫のアニメを放送していた

夏の終わり、恒例となっている24時間テレビ。この24時間テレビでは昔、2時間のアニメを放送する時間帯がありました。初回から第13回までと24時間テレビの歴史からみると短い期間でしたが、そのうちなんと11作は手塚治虫さんの作品でした。

放送作品

「100万年地球の旅 バンダーブック」「海底超特急マリンエクスプレス」「フウムーン」「ブレーメン4 地獄の中の天使たち」「タイムスリップ10000年プライム・ローズ」「大自然の魔獣バギ」「悪魔島のプリンス三つ目がとおる」「銀河探査2100年 ボーダープラネット」「手塚治虫物語 ぼくは孫悟空」

24時間テレビで取り上げられるほど、どれもメッセージ性が高い名作でした。残念ながら現在その枠は廃止されてしまったようです。いつかその枠が戻ることを信じて待っていましょう。

手塚治虫作品は永遠です!

いかがでしたか?

こんなにもたくさんの作品を遺した手塚治虫さん。本人のすごさも、作品の面白さも、永遠に語り継がれることでしょう!

気になる作品があればぜひ手に取って実際に作品に触れてみてくださいね。きっとその世界に引き込まれることでしょう!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ