記事ID22813のサムネイル画像

【画像あり】人気映画ハリーポッターの名脇役、ロンの姿はいかに?

あの人気映画ハリーポッターには名脇役がいます。
その名もロン。皆さんもよくご存知ではないでしょうか。
名作ハリーポッターをハリーポッターたらしめるのは、主役だけでなくロンでもあるのです。
そんなロンの姿に迫ってみました!

これからロンをどんどん知っていこう!

かわいいロンです。

皆大好きハリーポッター。
そのシリーズにも出番が多いロン。
そんな彼のことを皆さんどれだけ知っているでしょうか。
ハリーポッターの友人ロンの実際の姿を知ったら驚くかも?
さて、ロンの姿に迫っていく前に軽く
ハリーポッターのことについておさらいしていきましょう。

あの人気映画、ハリーポッターシリーズとは?

ハリーポッターシリーズって?

かっこいいハリーポッター。
こんな姿でいかす笑みを向けられたら
女子はいちころでしょうかね?
羨ましい……

『ハリー・ポッターシリーズ』(英:Harry Potter Series)は、イギリスの作家J・K・ローリングによる児童文学、ファンタジー小説。1990年代のイギリスを舞台に、魔法使いの少年ハリー・ポッターの学校生活や、ハリーの両親を殺害した張本人でもある強大な闇の魔法使いヴォルデモートとの、因縁と戦いを描いた物語。1巻で1年が経過する。

出典:https://ja.wikipedia.org

やはり人気のハリーポッターシリーズ。
濃厚な世界観にて物語が展開していきます。
実際にこんな世界に行ってみたいと思う人たちも結構いるのでは?
それがハリーポッターの魅力でもありますね。

ハリーポッターの原作は?

ずらっと並んだハリーポッターシリーズ。
これだけあると壮観ですね。

第1巻『ハリー・ポッターと賢者の石』がロンドンのブルームズベリー出版社から1997年に刊行されると、全く無名の新人による初作であるにもかかわらず、瞬く間に世界的ベストセラーになった。子供のみならず多数の大人にも愛読され、児童文学の枠を越えた人気作品として世界的な社会現象となった。2001年から8本のシリーズで公開された映画(2011年完結)も大きなヒットを記録。当初から全7巻の構想であり、最終巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』の原書が2007年7月21日に発売され、完結した。

出典:https://ja.wikipedia.org

第一作『ハリー・ポッターと賢者の石』からなんと十年間の歳月を経て
物語は完結しています。
それだけの歳月、多くの人を楽しませた作品と言うのは
これまであったのでしょうか。
すごいことですね。

気になるハリーポッター作者の収入とは?

ハリーポッターシリーズ作者のJ・K・ローリングさんです。
いや、若々しいお姿!
惚れてまうやろお。

1997年に発売された途端、出版社側の予想を大きく上回り、『ハリー・ポッターと賢者の石』は驚異的な売り上げを記録。なんと世界140カ国で1千万部を超える販売実績を叩き出しました。

出典:http://d.hatena.ne.jp

その人気は日本でも変わらず、1999年に日本語版が発売されるや、たったのひと月で28万部、累計で500万部という、児童書では考えられないような凄まじい売り上げを記録したのです。最終的にシリーズ7作品の発行部数は、全世界で合計4億部というとてつもない超ベストセラーになりました。

出典:http://d.hatena.ne.jp

2002年のローリングさんの年収は1億2500万ポンド(約182億円)で、「歴史上最も多くの報酬を得た作家」と評されました。

出典:http://d.hatena.ne.jp

すごいですね。
いや、あれだけの人気シリーズを書いた作家さんの収入ですから
当然でしょう。
大金を手にするだけの資格はありますね。

さて、ハリーポッターのおさらいはできました。
次はいよいよロンの実際について迫っていきましょう。

ハリーポッターの人気者、ロンとは?

凛々しい表情のロンです。
決してかっこいいイメージは劇中には無いですが
この画像はなかなかイケメンですね。

ハリーポッターの作品に無くてはならない存在のロン。
そんな彼のことってどれくらいの人が知っているのでしょう。
この際、詳しく知っていきたいと思いませんか。
彼のことをちょっと調べてみましょう。

ロンの名前

ハリーポッターと睨めっこのロン。
こんな姿も愛らしいですね。

通称の「ロン」はファーストネーム「ロナルド」の愛称の1つである。 母親からは幼名である「ロニーちゃん(英: Ronnie)」と呼ばれたり、また双子の兄たちから「ロニー坊や(英: Ickle Ronniekins)」と呼ばれてからかわれることがある。 ミドルネームの「ビリウス」は亡くなったおじの名からつけられた。

出典:https://ja.wikipedia.org

ロンの本名はロナルドだったんですね。
しかしロニーちゃんと呼ばれるのはロン本人も
いやだったんではないでしょうか。

ロンの外見は?

つぶらな瞳で見つめるロン。
なかなかかわいいですね。

背が高く、ひょろっとしている。燃えそうな赤毛で、肌にはそばかすがある。また手と足が大きく、鼻が高い。瞳の色はブルー。

出典:https://ja.wikipedia.org

おなじみのロンの姿。
ロンは青い目をしていたのですね。
個人的に緑の目をしているのかと思っておりました。

ロンの経歴

遠くを見つめるロン。
なかなかかっこいいですね。
いいんじゃないロン?
いけてるんじゃないロン?

1980年3月1日、魔法族のウィーズリー家の六男として誕生。
1991年9月1日、キングズ・クロス駅でハリー・ポッターと初対面し、ホグワーツ特急内で意気投合する。その後、ホグワーツ魔法魔術学校に入学し、ハリー同様グリフィンドール寮生となる。

出典:https://ja.wikipedia.org

ハリーポッターと出合ったロンの姿を思い出します。
運命的な出会いでしたね。
これから物語りは始まっていくのです。
どんな作品でもパートナーの存在とは大きいものですね。

1997年3月1日、ハリー、ハーマイオニーと共に、ヴォルデモートの分霊箱を探す旅に出る。不満から一度は旅から離脱してしまうものの、後に合流し、最後まで戦い抜く。
7巻発売後に作者が明かしたところによると、本編終了後は魔法大臣となったキングズリー・シャックルボルトの依頼により魔法省の闇祓いとなった。

出典:https://ja.wikipedia.org

ロンは最後には立派な役人さんになるのですね。
ハリーポッターシリーズの中では結構なエリートって
ことなんじゃないでしょうか。
すごいぞ!ロン!

なんとハーマイオニーと結婚!

ハリーポッターの紅一点ハーマイオニーです。
彼女の存在にハリーポッターたちもたびたび
助けられていましたね。

ハーマイオニーと結婚し、娘ローズと息子ヒューゴを授かった。

出典:https://ja.wikipedia.org

なんと彼女と結婚してしまいましたか!
これは驚き。
ハリーポッターのベストカップルかも?

ロンはこんな人物だったんですね。
ハリーポッターの中でも人気のロンの実際が
結構わかりました。
それでは今度は彼を演じた役者さんについて
見ていきましょう。

ハリーポッターの綺羅星、ロンを演じた役者さんとは?

気になるロンの役者さん。
彼はどんな人物に演じられていたのでしょうか。

ロンを演じたのはルパート・グリント!

個性的な役を演じた彼。
成長してなかなか男前になっています。

本名 Rupert Alexander Lloyd Grint
別名義 ルパ、ループ
生年月日 1988年8月24日
出生地 イングランド ハートフォードシャー州ワットン・アト・ストーン
国籍 イギリス
身長 173cm

出典:https://ja.wikipedia.org

イギリスの俳優さんでした。
こんな俳優さんがロンを演じていたんですね。
なんか感慨深いです。

2004年にリチャード・ヘイル スクールを卒業。
趣味は一輪車、絵を描くこと、ゴルフ。

出典:https://ja.wikipedia.org

趣味もなかなかユニークですね。
なかなか優雅な感じがします。

さて、ロンの役者さんについてみてきました。
次は声優さんについてみていきましょう。
ハリーポッターシリーズを演じた役者さんは多数いらっしゃいます。
いったいどんな声優さんがロンの声を演じていたのでしょうか。

ハリーポッターの友人ロンを演じた声優とは?

ロンの声優は常盤祐貴さん

生年月日 1991年8月16日(24歳)
出生地 日本・兵庫県
血液型 O型
職業 俳優・声優
ジャンル テレビドラマ・吹き替え
活動期間 1998年 -

出典:https://ja.wikipedia.org

残念ながら画像はありませんでした。
しかしちゃんとした役者さんです。
個性的なロンを長い間演じた常盤さんに拍手です!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ハリーポッターの重要人物のロンについて
結構わかったと思います。
ロンはあんな役者さんに演じられていたんだ……
あんな声優さんが声をあてていたんだ……
そう思いを馳せて、再度映画を見てみるのもいいかもしれませんね。
これからもロンとハリーポッターシリーズをよろしくお願いします!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ