記事ID22896のサムネイル画像

    かっこいい?人気映画ハリーポッターの魔法についてまとめてみた!

    あの人気映画のハリーポッター。空前絶後の人気を博しました。
    そのハリーポッターの中には数々の魔法が出てきますね。
    その魔法にはどんなものがあるのでしょうか。
    あんな魔法やこんな魔法。
    今回はそんなハリーポッターの魔法について迫っていきます。

    ハリーポッターの魔法についてくわしくなろう!

    かっこいいハリーポッター。
    彼の手からも様々な魔法が出てきます。
    どんな魔法が出てくるのでしょうか。

    人気のハリーポッターシリーズ。
    ハリーポッターといえば魔法。
    魔法学校を舞台にした作品ですものね。
    当然数多くの魔法が出てきます。
    そんなハリーポッターシリーズの魔法について調べるまえに
    簡単にハリーポッターの世界についてみてみましょう。

    ハリーポッターってどんな作品だったっけ?

    人気のハリーポッターシリーズ!

    たくさんの魔法を詠唱するハリーポッターたち。
    たくさんの魔法を覚えるにはたくさんの苦労があったでしょう。
    苦労の末にすごい魔法が使えるようになるのです。

    『ハリー・ポッターシリーズ』(英:Harry Potter Series)は、イギリスの作家J・K・ローリングによる児童文学、ファンタジー小説。1990年代のイギリスを舞台に、魔法使いの少年ハリー・ポッターの学校生活や、ハリーの両親を殺害した張本人でもある強大な闇の魔法使いヴォルデモートとの、因縁と戦いを描いた物語。1巻で1年が経過する。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    ハリーポッターと魔法使いヴォルデモートとの戦いを描く作品。
    作品の中にはたくさんの魔法が登場し、世界観を形作ります。
    その魔法たちに観客は魅了されたことでしょう。
    ハリーポッターもたくさんの魔法を使います。

    ハリーポッターの原作は?

    ずらりと並んだ原作本。
    こうしてみるとなんだか魔法の本みたい、なんて。

    第1巻『ハリー・ポッターと賢者の石』がロンドンのブルームズベリー出版社から1997年に刊行されると、全く無名の新人による初作であるにもかかわらず、瞬く間に世界的ベストセラーになった。子供のみならず多数の大人にも愛読され、児童文学の枠を越えた人気作品として世界的な社会現象となった。2001年から8本のシリーズで公開された映画(2011年完結)も大きなヒットを記録。当初から全7巻の構想であり、最終巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』の原書が2007年7月21日に発売され、完結した。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    なんと完結まで十年間もかかったハリーポッターシリーズ。
    なかなか骨太な作品になっていますね。
    こんな作品群を書くことができた作者さんには頭が下がります。
    魔法もどうやって考え出したんでしょうか。
    その頭脳が欲しい。

    ハリーポッターの原作者は?

    こちらが作者のJ・K・ローリングさん。
    彼女の手から魅力的な作品が生み出されました。
    彼女はさしずめ物語の魔法使いでしょうか。

    J・K・ローリング(英: J.K. Rowling, 1965年7月31日 - )は、子供向けのファンタジー小説『ハリー・ポッターシリーズ』の作者として有名な、イギリスの児童文学作家。本名はジョアン・ローリング(英: Joanne Rowling)で、英国勲功章を受章したことを示す場合は、Joanne Rowling, OBEと書かれる。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    最初は無名だったローリングさんでしたが、ハリーポッターシリーズを書いて
    一躍有名になってしまいました。
    まるで魔法にかかったようですね。
    彼女自身が。

    年収約1億2500万ポンド(日本円で約182億円)は、「歴史上最も多くの報酬を得た作家」とされている。
    2003年5月、イギリスのお金持ちリストが発表され、ローリングがハリー・ポッターの本、映画、その他関連商品から手にした金額が560億円だったことがわかった。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    お、お金持ち。
    さすがにお金持ちですね。
    いったいこんなお金を持ったらどんな気持ちになるのでしょうか。
    想像もつきません。

    ざっとハリーポッターの作品についてみてきました。
    どうでしょう。魅力的な作品だと言うことが伝わったでしょうか?
    次はハリーポッターの作品内に登場する魔法について
    じっくり見ていきましょう。

    ハリーポッターの世界の個性的な魔法たち!

    ハリーポッターが放つ魔法。
    かなり強力そうです。
    彼のように自在に魔法を使えたらいいですなあ。

    これから実際にハリーポッターの作品内に出てきた魔法について
    見ていきましょう。
    いったいどんな魔法があったのでしょう。
    あ、これ知っている。
    これは知らなかった。
    そのように楽しんでいただけたら幸いです。

    アグアメンティ(水よ/水増し)

    水の魔法。
    夏なんかには最高かも。

    杖の先から水を噴出させる。反対呪文は「インセンディオ」。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    水の魔法ですね。
    飲み水がなくなったときに使いたい。
    あとシャワーとか。

    ウィンガーディアム・レビオーサ(浮遊せよ)

    どこまでも飛んでいけるかしら。

    「浮遊術」。ホグワーツでは1年生の「呪文学」で習う。
    呪文の発音がやや難しく、ロンは初めの頃よく発音を間違えて失敗していた。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    飛んでみたいですね。
    ハリーポッターもこの魔法を使って飛んだりしたのでしょう。
    ハリーポッターの中に出てくる魔法はどれも求心力がありますね。

    オブリビエイト(忘れよ)

    便利な魔法だ!

    忘却術」「記憶修正術」。対象の記憶を修正・消去する。術者の力量次第では、対象の持つ全ての記憶を消去することも可能。忘却術は強力な魔法使いなら破ることができる。
    魔法省魔法事故惨事部には、魔法を見てしまったマグルの記憶を修正することを仕事とする『忘却術士』が勤務している。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    魔法省魔法事故惨事部なんてものがあるんですね。
    いやあハリーポッターの世界観はしっかりしてますね。
    この細かい設定がハリーポッターの魅力でしょう。

    さて、まずは三つの魔法についてまとめました。
    どれも使ってみたくなるものですね。
    個人的には三つ目がものすごく欲しい。
    正直、これだけあれば上手くいけば世界制服できますよ。
    そうじゃなくても億万長者になれそうです。
    あくまで上手く使えばですが。

    使ってみたい!ハリーポッターのかっこいい魔法たち!

    今度はぜひとも使ってみたいかっこいい魔法についてみていきましょう。
    さて、どんな魔法があるのか。
    お楽しみに!

    プロテゴ・ホリビリス(恐ろしきものから守れ)

    「盾の呪文」。魔法を用いた攻撃に対してバリアを発生させ、魔法から身を護る。上から順に呪文の強度が拡大すると思われる。
    続けて言うことで「許されざる呪文」に対しても、効果があると思われる。護身として幅広く使える。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    かっこいいですねえ。
    バリア!
    昔やりませんでしたか?
    バリア!って。
    子供心をくすぐりますね。

    エクスペリアームス(武器よ去れ)

    「武装解除術」。紅の閃光を放ち、対象の持つ武器を強制的に吹き飛ばす。術の当て場所や連度次第で、武器を持つ人間も同時に吹き飛ばして気絶させたり、吹き飛ばした武器を自分の手元に来させることができる。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    ハリーが得意な呪文の一つです。
    なかなか便利ですね。
    武器の識別はどうやっておこなっているんでしょうか。

    エクスペクト・パトローナム(守護霊よ来たれ)

    「守護霊の呪文」。守護霊を創り出す。
    守護霊は銀白色で半透明。形状は術者によって異なり、基本的には実在の動物だが、魔法生物になる者もいる。守護霊を出現させることで吸魂鬼を追い払うことができるほか、熟練者になると守護霊に伝言を託すことも可能。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    いわずと知れた有名な呪文。
    私もやりました。
    「えくす…えすと…なんとかパトローム!」
    結局言えていませんでしたが。

    さて、ハリーポッターのかっこいい魔法。
    どうでしたでしょうか。
    皆さんも一度は真似をしたことがあるものばかりだったのでは?

    まとめ

    さて、ハリーポッターの魔法についてみてきました。
    皆さんも使いたくなりませんでしたか?
    私はなりました。
    特に忘却呪文。あと一つくらい魔法が使えればそれでいいです。
    組み合わせ次第では最強になるんじゃないか。
    皆さんも魔法について想像、いや妄想して楽しみましょう。
    これからもハリーポッターの世界は広がっていきます!

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ