記事ID20128のサムネイル画像

マルチタレントの中川翔子、父親はミュージシャン中川勝彦とのエピソードは?!

中川翔子さんといえば、マルチに活躍するタレントさんで有名ですね。
そんな中川翔子さんの父親は亡くなられた中川勝彦さん。
彼女の過去や家族は一体何をしていた人なのか?
中川翔子さんと母親と父親の仲良し家族エピソードもご紹介していきます♪

中川翔子の家族はいったいどんな家族??きになる中川翔子さんのプロフィール!

中川 翔子

誕生日1985年5月5日
星座おうし座
出身地東京
性別女
血液型A型
身長155cm

デビューのきっかけ2001年 ポポロガールオーディション
デビュー作品ポポローガールグランプリ受賞

中川翔子さんの家族:父はミュージシャンの中川勝彦さん

中川翔子さんの父は32歳の若さで白血病にて死去。

父:中川勝彦 

1962年(昭和37年)7月20日生まれ。東京都出身

30歳になったばかりの1992年9月に急性骨髄性白血病を発症し、闘病生活の後に一旦は回復して復帰したものの、1994年8月に白血病を再発させ、1994年9月17日、愛する妻とまだ幼い我が子(しようこ。後の翔子)を残してこの世を去り、その早世を惜しまれた。

会社社長の長男として誕生し、裕福な少年時代を過ごす。文京区立第六中学校卒業後1978年、慶應義塾高等学校に入学し、そこでバンド活動を始める。1980年の高校3年の時に、NHK「ヤングミュージックフェスティバル」に出場し、デビューのきっかけとなる。
慶應義塾大学進学後(後に中退)も映画『ねらわれた学園』や『転校生』などに出演し、人気を博す。『ねらわれた学園』では、薬師丸ひろ子の相手役オーディションで最終選考まで残った。

出典:https://ja.wikipedia.org

32歳という若さで白血病で亡くなった中川翔子さんのお父さんは、1980年代にミュージシャンや俳優として芸能界で活躍していました。

当時、ビジュアル系ミュージシャンとして当時有名な本田恭章さんと人気を二分するほどで、子供がいたことも公にはされていなかったために、中川翔子さんが中川勝彦さんの娘であることを公表したときは、かつてのファンには晴天のへきれきだったそうです。

出典:http://goppi.net

ご存じの方も多いでしょうが、中川翔子さんのマルチな才能は父親譲りなのかもしれませんね

中川翔子さんの家族はどんな人?

中川翔子さんの母親は美人で苦労人 そして今はコスプレ好き?

母:中川桂子

中川翔子さんと母娘というよりは姉妹みたいで素敵です

母親の中川桂子
年齢:自称29歳
ブラのサイズ:Gカップ
前職:ショーパブのママ(現在は不明)

出典:http://blog.livedoor.jp

中川翔子さんの母親は、とても個性的なかたですね。

LiLiCoが映画コメンテーターとして活躍する前には、車の中でホームレス生活を続けていた。彼女はその頃にショーパブで働いたこともあるが、その店のママは“しょこたん”こと中川翔子の母なのだ。当時ママだった中川桂子さんが、テレビ番組でLiLiCoとの出会いを語った。(中略)

当時、ママの店で働いていた子から「すごく可哀そうな子がいるからテレビを見て」と言われたのがきっかけだった。桂子さんは深夜番組に出ていた子(LiLiCo)が、“氷の中にある1万円札を舌で溶かしてゲットする”企画に挑戦するのを見たのである。桂子さんは「その子が一番真剣にやっているのを見て『これは可哀そうだ』と思い、一番高い時給で雇いました」と振り返る。車でホームレス生活を送るLiLiCoが、どれだけ救われたことだろう。(中略)

中川桂子さんはツイッターで「LiLiCoは車の中で生活しながら、私がやってたお店で5年も働いてくれました。本当に良かった。涙が止まりません」と祝福している。

桂子さんは「お店の3分の1はコスプレ衣装部屋だった」、「雪を1トン降らせたこともある。1回に10万円かかるのでいつも赤字だった」と当時の盛り上がりを話しており、LiLiCoはこの店で多くのものを学んだようだ。今のLiLiCoがあるのは、中川桂子さんのおかげといっても過言ではないだろう。

出典:http://blog.livedoor.jp

個性的な母親のようですが、人情のある素敵な方のようですね。
中川翔子さんの優しさは、母親譲りなんでしょうね。

中川翔子と家族の絆エピソード

父 中川勝彦さん亡き後の中川翔子さんも苦労人の母に育てられる

勝彦は、中川翔子が9歳の時に他界。それから翔子の母親は生活のため、銀座のクラブのママとして数年間懸命に働いた。「家事はしないし、ハチャメチャな母親。でも私の好きなことは何でもやらせてくれたし、友達に理解されない趣味の話もニコニコしながら聞いてくれた。」

出典:http://japan.techinsight.jp

父を亡くし寂しい思いをした中川翔子さんと母 桂子さんですが、
お母様の生きていくために、苦労をしてる姿が想像できますね。
女性の強さを感じさせられます

洋服を選べないしょこたんのために、ママが1週間分の下着から靴下まで全部をセットにして用意していたそうです。意外に、いいお母さん。

出典:http://matome.naver.jp

中川翔子さん素敵なお母様に育てられてんですね

中川翔子は父と趣味が遺伝する??

『中川翔子オフィシャルブログ』では、「深海魚」と題して見つけた父のノートを掲載した。「勝彦が深海魚のラフスケッチかいていた、あの時代から先取りされていた!」と彼女が驚いたのも無理はない。多趣味で知られる中川翔子は海洋生物にも関心があるのだ。

中川勝彦も深海魚に興味を持っていたことが分かり、彼女も「趣味は遺伝するのか? 深海魚について話したことないのに!」と不思議な絆を感じたのである。

出典:http://news.livedoor.com

中川翔子さんと父との絆は、亡くなられてもちゃんと繋がっている
そして父が生きてきた証が後に、娘に受け継がれているようで
素敵な話ですね。

漫画などに関する知識が深く、特に昔の特撮、1980年代アイドルソング、およびレトロゲームなどに詳しい。これは中川が大槻ケンヂと対談の際「父の影響」だと述べている。中川勝彦は、当時5歳の翔子に「これを読まないと大人になれない」と言い、『ゲゲゲの鬼太郎』と楳図かずおの『赤んぼ少女』をいきなり全巻買って与えたりするような父親で、娘から見てもいかがなものかと眉をひそめるほど、怪獣やホラー、漫画などを好んでいたというエピソードを明かしている。

出典:http://ja.wikipedia.org

中川翔子さんと言えば漫画に知識が深いですよね。
そして歌も唄われている中川翔子さん!
父親の全てを受け継いでいる気がしますね。

父は九歳の時に亡くなったから、思い出だって数えるほどしかない、でも病気になってからベッドでたくさん絵を描いていた姿が忘れられない。夕暮れのマジックタイムのブルーと紫の美しく悲しい空の絵。いまの自分のまま父と歌や猫や絵やいろんなこと話してみたい。

出典:http://matome.naver.jp

中川翔子さんが9歳の時に亡くなって、父、中川勝彦さんとの思い出は
悲しいですが、素敵な話ですね

中川翔子さん 父との思い出語る そして父 中川勝彦さんの歌声

中川翔子 幼少時代と父について語る

父と中川翔子さんの家族関係を、語っております

中川 勝彦 1994.2.19

中川翔子さんの父 中川勝彦さん
亡くなる数ヶ月前の歌です。
中川翔子さんの歌の才能や絵の才能は父から受け継いでいるようですね。

中川翔子さんの家族は愛情溢れる仲良し家族だった!

以上、中川翔子さんのご家族を紹介しました。
マルチな才能を持った父 中川勝彦さん
旦那さんを亡くされてから、苦労して中川翔子さんを育てた母 中川桂子さん

小さい頃は色んな辛いことや悲しい事を乗り越えて、マルチな才能を受け継いだ
中川翔子さんは、今後も色々と挑戦していくタレントさんでしょう。

中川翔子さん、その家族の皆さんのこれからにも目が話せませんね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ