記事ID19163のサムネイル画像

【現在何してる?】あの問題児、押尾学、密かに出所していた!

今から数年前、数々の問題ある行動や言動で世間を騒がせた押尾学。
とある事件がキッカケで押尾学は実刑判決を受けたのだが、
現在、押尾学が出所しているとの情報が!そんな押尾学は現在何をしているのか?
押尾学の現在の様子などを画像付きでお伝えします!

現在何してる?押尾学のプロフィール

押尾学

誕生日1978年5月6日(37歳)
星座おうし座
出身地東京都
性別男
血液型A型

出典:http://talent.yahoo.co.jp

押尾 学(おしお まなぶ、1978年〈昭和53年〉5月6日 - )は、
日本の元俳優、元歌手。

出典:http://ja.wikipedia.org

公称身長184cm、体重78kg。

出典:https://ja.wikipedia.org

元俳優ということは現在の押尾学は一般人ということでしょうか?

元妻は女優の矢田亜希子。

出典:https://ja.wikipedia.org

当時の押尾学と矢田亜希子

押尾学の、この映像は現在も強く印象に残っている場面です。

現在の押尾学について重要ポイントとなる事件とは?

現在、出所した押尾学は、何故逮捕され、懲役に行ったのか?
その事件について振り返りたいと思います。

現在を語る上で外せない、押尾学事件とは?

「押尾学事件」(おしおまなぶじけん)は、2009年に発覚した、
俳優(当時)・押尾学が起こした事件。

出典:https://ja.wikipedia.org

2009年8月2日、押尾学が合成麻薬MDMAを服用したとして
同年8月3日に麻薬取締法違反で逮捕される事件が発生した。

出典:https://ja.wikipedia.org

その際、六本木ヒルズのマンションの部屋で
押尾と一緒にMDMAを使用したホステスの女性が全裸で死亡していた

出典:https://ja.wikipedia.org

野口美佳

事件現場の部屋の名義が押尾の知人である
ピーチ・ジョン代表取締役社長の野口美佳であったことなどにより、
スキャンダラスな観点から報道がなされた。

出典:https://ja.wikipedia.org

現在を語る上で外せない、押尾学事件:判決

服役期間は本件とMDMA服用事件を合わせて最長で3年6か月となり、
押尾学事件は全て法的措置が完了したこととなる。

出典:https://ja.wikipedia.org

実刑判決を言い渡されたことにより、
実質上芸能界から永久追放されるという屈辱を味わうことになった。

出典:https://ja.wikipedia.org

ここまで芸能人が大きな事件を起こした事は現在に至るまで
押尾学以外にもいないのではないでしょうか?
そんな押尾学ですが出所後の現在の様子がネット上に流出し話題になっています。
はたして、現在の押尾学の様子は?

出所した現在の押尾学の画像を公開します!

裁判当時、遺族に謝罪すらしなかったという押尾学。
現在は罪を反省し更生したのでしょうか?

それでは現在の押尾学の様子をご覧ください。

現在の押尾学画像①

現在の押尾学画像②

現在の押尾学画像③

現在の押尾学画像④

現在の押尾学画像⑤

いかがですか?
これが現在の押尾学の様子です。
画像だけでは現在の押尾学について判断できませんが
現在の様子を見た人達は、どう思ったのでしょうか?

現在の押尾学を見た世間の反応は?

全く反省してないな

出典:http://girlschannel.net

なんか写真だけ見ると反省してないように見えるなwww

出典:http://girlschannel.net

うわー、、終わってる

出典:http://girlschannel.net

え、なにこれ?
またやるわ。

出典:http://girlschannel.net

またいつか同じこと繰り返しそう。

出典:http://girlschannel.net

この写真見る限りでは、、、また捕まりそう。

出典:http://girlschannel.net

現在の押尾学の様子を見た人達からは
反省していないのでは?との意見が圧倒的ですね。

現在の押尾学は真人間になれたのだろうか?

押尾学は、あれだけ大きな事件を起こしたのですから
現在の様子を見ても良い印象を持つ人は少ないと思います。
現在の押尾学は芸能界復帰の話などは聞かれませんが、
暴露本出版の可能性があるようです。
ですが、現在の押尾学がするべきことは、まずは過去をシッカリと反省し、
生まれ変わることでしょうね。
遊んでいる写真が流出しているようでは印象は悪いままだと思います。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ