記事ID15458のサムネイル画像

【マジで!?】相川七瀬のデビュー秘話!!謎の夫ってどんな人!?

90年代半ばから歌手デビューし、一世を風靡した『ロックの女神』こと、相川七瀬さん。20年経った今でもあの美貌と歌唱力は衰えることなく、多くのファンを魅了します。そこで気になるのが相川七瀬さんの夫ですよね。相川七瀬さんを虜にした謎の夫ってどんな人なのかいろいろ調べてみました。

相川七瀬ってどんな人?

プロフィール

本名:佐伯 美咲(さえきみさ)
生年月日:1975年2月16日(40歳)
出身地:大阪市東淀川区
身長:157㌢
体重:39㌔
血液型:AB型
学歴:大阪府立北淀高等学校中退
ジャンル:ロック、J-POP

出典:http://ja.wikipedia.org

相川七瀬さんは1995年に、『夢みる少女じゃいられない』でデビューし、大ヒットしました。それまでの経緯が興味深かったので、書いてみました。衝撃のデビューから遡ること5年前の1990年、相川七瀬さんが当時15歳の時にソニー主催のオーディションを受けましたが、結果は不合格でした。え?合格じゃないの?・・・実は違うんです。ではなぜ落とされたのか、ただの音痴じゃない知られざる真実が隠されていました。相川七瀬さんのプロデューサーである織田哲郎氏に直接聞いてみましょう。オイオイ(笑)

相川七瀬さんとの出会い

織田氏:1990年、大阪で開かれたあるオーディションに審査員として行ったときに出会いました。まだ相川七瀬が中学3年生の時だった。実はそのオーディションでトップバッターが相川七瀬だった。

出典:http://www.aspect.co.jp

相川七瀬さんを最初見た印象は?

織田氏:なかなか強烈だったよ。眉間にシワ寄せて、ジーっと審査員席を睨み付けてガンたれてた。しかも審査員の手元に用意された履歴書の写真と名前が別人のものでね。どうやら相川七瀬の友達がオーディションを受ける予定で、その付き添いか何かで一緒に来ることになってたらしいんだけど、その子が急に来られなくなって、責任感じて代役としてその場にいたらしい。とにかく愛敬のなさは半端じゃなかった。

出典:http://www.aspect.co.jp

オーディション受けたのが、ただの飛び入りだったんですね・・・責任感じて代役で受けたとはいえ、他人の履歴書でしかもガンたれながら(笑)

相川七瀬さんの第一印象は?

織田氏:なんだこいつ?って感じ。普通オーディションっていうと、笑顔で明るさやハツラツさをアピールするんだけど真逆だね。工藤静香の曲を大声でかなり投げやりに歌って帰っていった。

出典:http://www.aspect.co.jp

当時の工藤静香さんのヒット曲といえば『嵐の素顔』 あの歌を大声で投げやりに歌って去ったとしたらまさしく嵐!いくら当時ヤンキーだったとはいえ・・・ありえない(笑)

オーディションの結果は?

織田氏:もちろん落ちた。他の審査員には何の印象も残らなかったようだね。ただ瞳に凄く力があったし、俺のなかで妙に引っかかるものを感じてね。

出典:http://www.aspect.co.jp

不合格だった理由もこれなら納得です!

再会のきっかけは?

織田氏:そのオーディションから半年くらい経った後、今までになかったようなロックがやりたいと思って、いろいろ構想を練ってたら相川七瀬の存在を思い出した。それで俺から連絡取って会いに行ったんだよ。相川七瀬が高1の時。その時も俺を睨み付けて、あっさりと断わってね。その時は「じゃあ音楽やってみたくなったら連絡してよ」そんな感じで俺の連絡先だけ渡して帰ってきたんだ。それから何ヶ月か経って、今度は相川七瀬から連絡がきた。学校辞めてプラプラしてたみたい。そんな時に音楽をやってみたいという気持ちが湧いてきたらしい。

出典:http://www.aspect.co.jp

相川七瀬さん、高校中退するまでは音楽やる気全くなかったんですね。ちなみに相川七瀬さんから連絡したのは17歳の時。

夢みる少女時代はヤンキーだった?

当時1歳
目がクリっとしてて
可愛いですよね。

当時小学6年生
ごく普通の女の子です。

中学時代の相川七瀬さんは、実はイジメられてたこともあったそうです。いかにも?ってイメージで気も強そうな感じの相川七瀬さんからは想像つきませんね。その頃は少数の人としか交流せず、1人で読書してることが多かったようです。中2の時に両親が離婚。イジメが原因で登校拒否になる。

出典:https://www.youtube.com

どれほどの程度だったのか不明ですが、中学時代の写真は見つかりませんでした。

不登校ながらも高校に進学するも生徒のほとんどがヤンキーで、その影響受けた相川七瀬さんは数々の伝説を残しました。

閲覧注意!
相川七瀬さんの武勇伝に興味のない方は飛ばしましょう。

高校時代、仲良かった同級生が続々中退して友人が減っていく中、先生に「ここにいてもあなたのプラスになるとは思えない。やりたいことを見つけた方がいい」と言われて退学を決意。

出典:https://www.youtube.com

辞めてからプラプラしながらも音楽の道に進む決意を固め、今度こそ自ら織田哲郎氏に連絡取って、地元でアルバイトしながらボイストレーニングを開始したんですね。その後の経緯はインタビューの続きをお聞きしましょう(笑)

デビューまでの長い年月は?上京したのはいつ?

織田氏:再会してから2、3年は俺と連絡を取りながら、相川七瀬は大阪のガソリンスタンドでバイトしながら、ボイストレーニングの先生についてレッスンを受けていた。俺は彼女にひたすら詞を書かせました。その頃から相川七瀬が書いたレポート用紙何百枚という詞の束は今でも全部取ってあるよ。その後彼女が18歳になってから、一人で東京へ来た。それからデモテープを作りながら、相川七瀬というアーティストのイメージを固めていったんです。

出典:http://www.aspect.co.jp

織田氏:不安だったと思うよ。当時18歳の相川七瀬には東京に一人も知り合いがいなかったし。今考えてみると、よくお互い相手を信じてきって、みっちりコンビを組んで、あそこまでやれたなって思うよ。周囲は誰一人売れるって思っていなかったけど。でもこいつならやれるだろうと俺は信じていたし。とにかく人間がロックしていたからね。気合入ってるし、何でもキチンとやったし、ホント良く頑張ったと思うよ。

出典:http://www.aspect.co.jp

歌手になる夢への決意からデビューに至るまでの実質3年間、相当な努力されてたんですね。周囲のそんな冷たい反応とは裏腹に、相川七瀬さんはロックの女神と呼ばれるくらい大ブレイクします。

相川七瀬の芸能活動~現在

1995年11月、織田のプロデュースによる「夢見る少女じゃいられない」でエイベックスのmotorodレーベルから歌手デビュー。相川七瀬をトータルプロデュースするにあたり、織田はそれまでの「前向きなガール・ポップ」に対して「前向きじゃないダークなロック」を全面に打ち出した。

1996年、ファーストアルバム「Red」をリリース。オリコンのアルバムチャート初登場で一位、現在までに280万枚を超すダブル・ミリオンヒットを記録している。年末には第47回NHK紅白歌合戦に初出場、「夢見る少女じゃいられない」を披露した。

1997年、7月にアルバム「paraDOX」発売、この作品もオリコン初登場一位獲得、現在までに180万枚を売り上げている。自身初の全国コンサートツアー“Live Emotion '97”20公演を敢行、チケットは発売後1時間でソールドアウトになり、6万5千人を動員、最終の9月9日 - 10日には日本武道館で公演。デビューからわずか1年10か月での日本武道館ライブであった。同年も紅白出場が有力視されたが、アルバムジャケットの海外撮影と日程が重なったことなどから見送られた。

1998年、7月にアルバム「crimson」(このアルバムもオリコン初登場1位)を発表後、全国で40公演の“Live Emotion '98 crimson”コンサートを行なった。10月、最終の大阪城ホール公演が終って間もなく髪の毛をばっさりと切り、一人で約2か月、ドイツに旅行。

1999年、トレードマークだった赤いロングヘアーを金髪のショートヘアに変え、“第2期相川七瀬”と銘打ってベスト・アルバム「ID」をリリース。同アルバムは第12回日本ゴールドディスク大賞「ベスト・ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞。「FOXTROT」を製作中、年末年始にかけ雑誌取材のためカナダ旅行。

2000年にはプロデューサーを布袋寅泰に変え、それまでとは異なる曲調のロックを歌うようになった。2月から5月にかけて全国ツアーライブ“Live Emotion 2000 "FOXTROT"”(32公演、ラストは沖縄)。8月12日には台北市の西門町で予告無しのゲリラライブを敢行、雨天にもかかわらず3000人を集めた(MTVのイベントに参加した際のエピソード)。

2001年、シングル2枚同時発売。自身の誕生日でもある2月16日に一般男性と入籍[2]。その後もスタジオ作業は継続し、出産直前まで制作に携わった、各方面で活躍するミュージシャンとのコラボレーションによる初のバラードアルバムミニアルバム「The Last Quarter」を発表。9月、第一子となる男児を出産[2]。また音楽活動以外でも、2002年7月に小学館より絵本「ぼくはくじら」を発表。12月にも絵本の第二弾「くじらサンタ」を発表する。

2003年、デビュー以来共にしてきた織田のプロデュースを離れ、新たに岡野ハジメをプロデュースに迎える。出産後、ほぼ2年振りのライブハウスツアー「THE GIG '03 LIVE IT NOW」により全国のファンに向け相川七瀬"完全復活"を印象付けた。 12月31日は、ナガシマスパーランドにて初のカウントダウンライブを行う。この頃、前世療法で自身が深く癒されたことをきっかけに、独学でセラピーに関する勉強をして、11月にはイギリスの団体からカラーセラピストの最高位免許「ティーチャーレベル3」を当時最年少で取得。翌年には、セラピーや占星術に関連する学校を設立するなど、多方面に進出。

2004年2月には、2年半振りのアルバム「7 seven」をリリース。同月22日にNHKホールで行なわれた「日中友好歌謡祭」に出演、「愛ノ詩 -マジェンタレイン-」を歌う様子が中国でも実況された。3月にはカラーセラピー本「恋のダイス&ルーレット」と不思議体験を綴った「バリコワ」を出版。また、5月8日からは、約4年振りとなる全国ホールツアー「Live Emotion "7 seven"」を、7月から毎年恒例のライブTOUR AIKAWA NANASE "7 seven" THE GIG '04を行う。7月には、イギリスやアイルランドでジェニファー・エリソン(Jennifer Ellison)による相川の「バイバイ」をカバーした“Bye Bye Boy”がヒット。イギリスのチャートでは13位となった。9月にはライブのDVD「Live Emotion 2004 SEVEN」をリリース。11月8日にデビュー10年目となる。12月31日は長崎ハウステンボスにて、2回目のカウントダウンライブを行う。

2005年、2月に自らプロデュースしたアルバム「THE FIRST QUARTER」発表。フュージョン系のマイルドなサウンドが中心。テレビドラマ『87%』にレギュラー出演(ドラマ出演は初めて)。この年から「七瀬の日」と題して7月7日にSHIBUYA-AXでライブを毎年開催。サポートメンバーにはPATAや真矢、D.I.E.、CRAZY COOL JOE、マーティ・フリードマンらが参加。11月11日に韓国の釜山で第2回アジア・ソング・フェスティバルに出演。アルバム「R.U.O.K?!」は韓国、香港でも発売された。年末には、翌年から全国展開する洋服ブランド「VAL VALENZA」の春夏イメージキャラクターを委嘱され、ファッション雑誌の広告、各店舗で1日店長などを務めた。この年から年末ライブをキリスト品川教会グローリアチャペルで行う。

2006年、1月1日にライブアルバム「7.7.7.」(DVD,CD2枚の3枚組)発売。6月にはシンガポールで第20回“Singapore Arts Festival”に出演、7月に台湾で“Formoz Festival 2006”に出演などアジア地域でも活動を行う。

2007年、妊娠9か月の時期もライブを普通に敢行し、後で助産師に叱られたという。9月9日、自宅出産で無事に第2子となる男児を出産。この頃から音楽雑誌の他に、主婦・子育てをする母親を対象とする育児雑誌にも活動の場を広げ、インタビューが掲載されるようになる。

2008年5月、2年振りの新曲「PRISM」が限定配信リリースされた。

2009年2月、4年ぶりのアルバム「REBORN」をリリース。とともに、自身初となるクラブツアー「AIKAWA NANASE CLUB TOUR '09 REBORN -STYLE-」を2月16日から3月3日まで全国7箇所で行う。8月25日にはパチンコ台「CR相川七瀬〜時空の翼〜(藤商事)」が発表される。9月に小説「ダリア」(書籍でも)発売。11月に、久々に織田哲郎作品のシングル「tAttoo」発売。

2010年、2月16日に渋谷のduo music exchangeにてバースデイライブを行なった。同日,デビュー15周年ベスト・アルバム「ROCK or DIE」を発売。9月29日,アルバム「稲垣潤一 / 男と女3-TWO HEARTS TWO VOICES-」の冒頭でデュエット「愛がとまらない」を発表。11月3日にライブDVD「AIKAWA NANASE Live Emotion 999」をリリース。12月8日にガールズバンド「Rockstar Steady」としてDVDシングル「Fine Fine Day」を発売。

2010年、2月16日に、渋谷のduo music exchangeにてバースデイライブを行なった。同日、「Rockstar Steady」としてアルバム「Gossip」を発売。

2012年9月18日、難産ながらも無事、第3子となる女児を出産

2013年2月16日、ソロとしては4年ぶりのオリジナル・アルバム「今事記」をリリース

出典:http://ja.wikipedia.org

相川七瀬の恋心を掴んだ夫ってどんな人?

夫のプロフィール

本名:不明
生年月日:不明(15歳年上の55歳)
出身地:茨城県鹿嶋市
職業:不明(噂では広告代理店)

残念ながら、一般人ということで2001年結婚当初からこれまでトーク番組でもインタビューでもブログでも、夫の名前、職業、顔など特定されそうな情報はいっさい明かされていません。代わりに子供たちはオープンなので親子でバラエティー番組でてますね。

相川七瀬の夫は外国人?

相川七瀬さんは2001年に現在の夫となる、一般人の男性と結婚しました。その男性との間に3人の子供をもうけています。で、その夫となる男性が外国人という噂がネット上では流れています。しかし、実際は夫は茨城県出身の純日本人だそうです。
では、なぜそのような噂が流れたのでしょうか。
あるテレビ番組で、相川七瀬さんのお子さんが出演したのですが、その顔立ちが彫りが深く、ハーフみたいだったそうで、子供はハーフなのではないか という噂が流れました。
相川七瀬さんは純日本人ですから、子供がハーフということは、子どもたちの父親、つまり相川七瀬さんの夫が外国人なのでは、という噂につながったようです。たしかにお子さんの顔立ちはハーフっぽいですね。ただ、相川七瀬さん自身の顔立ちがハーフっぽいので、それが遺伝したのかもしれませんね。

出典:http://blog.sokko-next.com

芸能人で外国人またはハーフに見える人といえば?ピンとくるのがこの方、自称インド人、ヒラインド・ケンこと平井堅さん。相川七瀬さんと同じく大阪出身の純日本人です。もし一般人女性が平井堅さんと結婚して子供ができたら、奥さんハーフかも?ってなるんでしょうか

相川七瀬の夫画像はどれ?

ん~。違う!歳は近そうだけど織田哲さんは夫じゃない!

おねぇ過ぎるお坊さん。夫ちゃうな~

う~ん。。。デレデレしてる夫?
にしては相川七瀬さんがよそよそしいからこれもパス!

お~?なんだか夫の雰囲気でてるね~
って稲垣さんか・・・

相川七瀬さんの夫で画像検索しても、誰一人パパラッチしてません(笑)t夫と子供たちと家族全員で出掛けたりしないのでしょうか?ますます謎が深まる夫ですね。

夫の職業は?

相川七瀬さんの夫の職業は一時期、広告代理店の会社員という噂が流れてましたが、真相はどうなんでしょうか。あながち本当なのかもしれませんよ?そもそも噂というのは、ネタとして面白おかしく広めてるだけのように思われがちですが、なんのメリットもありませんよね?そういう噂を立てる人っていうのは、関係者である可能性も充分考えられます。例えば、夫を知る同僚だったり友人だったり親族だったりがつい、口を滑らせたけど、機転利かせた相川七瀬さんが、違うよただの噂だよと、真実を覆い隠すみたいな。
他にも、夫は音楽関係者という噂も流れてましたが、『広告代理店の会社員』のほうがリアルな感じします。まあ、噂を信じる信じないは個人の自由ですが。

小堺さんですら、夫について聞き出せなかった様子

出典:http://laughy.jp

相川七瀬の子供たち

長男のキオくんー2001/9月生まれの13歳。相川七瀬さん似でイケメンですね。こうしてみると母子共にハーフに見えません?

次男のリオくんー2007/9/9生まれの7歳。この写真もまたハーフっぽくて相川七瀬さんに似てるけど・・

あ、純日本人ですね。キオくんは父親似かな?こんな顔立ちの一般人男性、普通にいますよね。

名前は公表されてませんが長女ー2012/9/18生まれで2歳。なんと子供全員が9月生まれなんです。偶然じゃない何かがありそうですね~

夫との離婚、騒動の発端は?

夫は相川七瀬さんにベタ惚れのようで、何をやっても許してしまうとか。それで、夜遊びがすぎて離婚騒動の引き金になったようです。

出典:http://www.unique-harmony.info

わかりやすくまとめると相川七瀬さんの夫は、茨城県出身の55歳、一般人で優しい、相川七瀬さん自身「夫は駆け込み寺」というくらい頼りがいのある人で、相川七瀬さんと同様、人望が厚いのでは?と思います。そして何よりも夫は、相川七瀬さんが沈黙を保つほどに愛されてる。じゃなければご近所さんも、友人も、会社の同僚もそりゃ大騒ぎですよね。この夫婦だからこそ長きに渡り秘密を守られてるんじゃないでしょうか?これからも引き続き、発展とご活躍に期待しましょう。

最後に、夫が当時釘付けになったであろうこのデビューソングをどうぞ

パワフルでかっこいいですね。そりゃ夫に限らず相川七瀬ファンの男性陣なら誰だってベタ惚れだ~!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ