記事ID149201のサムネイル画像

上口耕平の結婚相手は元星組トップ娘役の妃海風!馴れ初めは舞台共演

舞台を中心に活躍する俳優の上口耕平さん。幼少期から始めたダンスでは受賞歴もあるほどの腕前で、宝塚歌劇団の振付師を担当したこともあるとか。そんな上口耕平さんが2022年に結婚を発表しました。結婚相手との馴れ初めや子供についても紹介します。気になる人は最後までぜひ内容を確認してみてください。

上口耕平の結婚相手は!?

舞台を中心に活躍する俳優の上口耕平さん。

幼少期から始めたダンスでは受賞歴もあるほどの腕前で、宝塚歌劇団の振付師を担当したこともあるとか。

 

そんな上口耕平さんが2022年に元タカラジェンヌの妃海風さんとの結婚を発表しました。

結婚相手との馴れ初めや子供についても紹介します。

 

気になる人はぜひ内容を確認してみてください。

上口耕平さんの結婚相手は元星組トップ娘役の妃海風さん

上口耕平さんは、2022年7月に妃海風さんと結婚を発表しました。上口耕平さん37歳、妃海風さん33歳でした。

 

▶上口耕平さん事務所公式サイトでのコメント

ご報告

私事ではございますが、このたび、上口耕平は妃海風さんと入籍いたしました。

これからも感謝の気持ちを大切に、何事にも真摯に向き合い、挑戦を続けていきます。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます

 

▶妃海風さん公式インスタグラムでのコメント

いつも応援してくださっている皆様 お世話になっている皆様へ . . この度、私、妃海風は 俳優 上口耕平さんと入籍致しました事を、 ご報告させていただきます。 . . 皆様に温かく支えていただいたお陰で、今日まで笑顔でお仕事を続けてくることが出来ましたこと、心から感謝しております。 . . 今後は少し、ゆっくりとしたペースになると思いますが、 引き続き、宜しくお願いいたします。 . . 妃海風

上口耕平さん&妃海風さんのプロフィール紹介

続いては、上口耕平さんと妃海風さんのプロフィールや経歴などを詳しく見ていこうと思います。

港耕平としてドラマ「ごくせん」に出演していた

  • 本名(ふりがな/愛称):上口 耕平(うえぐち こうへい/)
  • 所属事務所: ジャンクション
  • 生年月日: 1985年4月6日
  • 現在年齢:38歳
  • 出身地:和歌山県
  • 血液型:A型
  • 身長:175センチ
  • 体重:-
  • 活動内容:俳優、ダンサー
  • 家屋構成:妃海風(配偶者)

上口耕平さんは、和歌山県出身ですが、高校入学と同時に上京され、高校は明治学院高校、大学は学習院大学文学部日本語日本文学科を卒業されています。

 

幼いころからダンスをされており、小学生の頃、ダンススタジオの先生がマイケル・ジャクソンの映像を見せてくれ、ダンスに夢中になったそうです。

 

高校在学中には全国規模のダンスコンテストで入賞した経験をお持ちです。

 

2002年、17歳の時に、テレビドラマ『ごくせん』レギュラーで俳優デビューをされており、大学時代は学業に専念されていました。

 

しかし、知り合いの振付師から、ミュージカルの振り付けをするからオーディションを受けてみない?と声をかけられ、ダンサーとして出演すると、凄く楽しかったそうです。

 

そこからミュージカルに、益々興味を持ち始めて、以降は舞台を中心に活躍されている俳優です。

 

そのため、舞台ファンの間では知られていた人でしたが、一般的な認知度はあまりなかったため、妃海風さんと結婚した際、「上口耕平って誰」と思う人が多かったようです。

花の95期生の妃海風さん!歌・ダンス・芝居の三拍子揃い

  • 本名(ふりがな/愛称):中村優香(なかむらゆうか/)
  • 所属事務所: ジーアールプロモーション
  • 生年月日: 11989年4月12日
  • 現在年齢:34歳
  • 出身地:大阪府吹田市
  • 血液型:B型
  • 身長:164センチ
  • 体重:-
  • 活動内容:女優・歌手
  • 家屋構成:上口耕平(配偶者)

妃海風さんは、小学生の頃から宝塚歌劇団が大好きだったそうです。そんな妃海風さんが、宝塚音楽学校の受験を決めたのは、高校2年生の時であり、そこからバレエレッスンや声楽を習い始めて、1年間の猛レッスンをしたそうです。

 

そして、一発で宝塚音楽学校に合格されます。

 

2009年、宝塚歌劇団に95期生として入団すると、歌・ダンス・芝居の三拍子揃いの実力派として注目を集め、北翔海莉さんの相手役として2015年5月11日付で星組トップ娘役に就任しています。

 

花の95期生と呼ばれるこの代は、数多くのトップ役を輩出しています。宝塚5組のうちの3組のトップ娘役を95期生(月組・愛希れいか/星組・妃海風/宙組・実咲凜音)が務めていた時期があり、現在、3組のトップ男役を95期生(花組・柚香光/月組・月城かなと/星組・礼真琴)が努めています。

 

妃海風さんは、2016年11月20日に宝塚歌劇団を退団し、退団後は舞台を中心に活躍されている女優です。

上口耕平さんと妃海風さんの馴れ初めは舞台「道」

続いては、上口耕平さんと妃海風さんの馴れ初めなどについて詳しく見ていこうと思います。

草なぎ剛主演の音楽舞台「道」で共演

1954年製作・公開のイタリア映画でフェデリコ・フェリーニ監督作品『道』が、日本では初めて舞台化され、2018年12月に草彅剛さん主演で上演されました。

 

この作品に、上口耕平さんと妃海風さんが出演しており、この作品での共演がきっかけで、交際が始まったそうです。

 

この舞台は、2018年12月8日~28日の公演期間中、計3日の休園を除いてほぼ毎日上演されていました。稽古の期間から上演が終わるまで、ほとんど同じ時間を過ごしていたことで、お互いを知るには十分だったのかもしれませんね。

 

▶あらすじ

純粋無垢なジェルソミーナは、貧困に喘ぐ家族のために粗暴な大道芸人ザンパノに買われ、芸の助手としてオート三輪で旅に出た。その途中で2人が参加したサーカス一座の綱渡り芸人イル・マットは、希望を失ったジェルソミーナに芸を教え、助言を与える。しかし旧知の仲のイル・マットとザンパノはことあるごとに対立し、ある日とうとう警察沙汰になってしまい……。

いつから交際していたのか

交際期間を調べてみましたが、2人とも熱愛報道は全くなく、交際について言及したこともないようで、交際期間は不明です。

「道」の公演期間は2018年12月からスタートしているので、その頃からと計算すると、いちばん長くて3年半ほど交際しての結婚となったと予想できます。

 

上口耕平さんは、和歌山県出身で、妃海風さんは大阪府出身なので、地元が同じ関西という共通点も二人の距離を縮めるのに一役買ったかもしれませんね。

上口耕平さん&妃海風さんに子供はいる?予定は?

2022年7月、上口耕平さんは舞台や音楽劇が、妃海風さんは「千と千尋の神隠し」の舞台が終わったところで、ようやく落ち着いて結婚発表ができたという状況でした。

 

結婚発表後、2人の口から子供について語られたことはなく、2人が子供を望んでいるのかどうかは分かりません。

 

妃海風さんは結婚後はゆっくり仕事を続けていきたいとコメントしている事もあるので、おめでたい報告もあるかもしれませんね。

元宝塚歌劇団である妃海風さんの実家はお金持ち?

上口耕平さんと妃海風さんの結婚は、格差婚とも言われているようで、その理由を調べてみると、妃海風さんが元タカラジェンヌであるからというところにあるようです。

 

宝塚音楽学校の入学のために、いくつものレッスンを受け費用がかさむ為、宝塚音楽学校に入学する生徒の実家は裕福というイメージが一般的には、ついています。

 

実際、妃海風さんは、幼いころからバレエを習っていたそうですが、それは母親が妃海風さんの姿勢と内股を治すために習わせていたんだそうです。

 

妃海風さんは、普通高校に通いながら、宝塚音楽学校への入学試験を受けており、アイスクリームを販売するバイトをしていたという情報もあり、普通の一般的な家庭出身と考えられます。

上口耕平さんの最新の活動は?出演舞台を紹介

続いては、上口耕平さんの最新の活動、出演舞台を紹介していきます。

「ながされ・る君へ〜足利尊氏太変記〜」

2023年12月28~31日に上演される舞台「ながされ・る君へ〜足利尊氏太変記〜」に出演されます。

 

世界に誇れる「日本人」そして「日本の歴史」を面白可笑しくシュールに上演してきたシリーズで、“面白おかしく、そしてなんとなく歴史が学べる舞台公演“として人気を博し、演劇界の新ジャンルとして、「祭シリーズ」という名で定着しています。

 

今年は、朝廷が南北に分かれる混迷の時代を描いた軍記『太平記』をモチーフに、朝廷と幕府の覇権争いに巻き込まれる武士たちの奮闘を描きます。主人公は源氏の血を引く足利尊氏。時代の大きな波や、周囲の圧に翻弄され、流され、それでも自分らしく生き抜いた足利尊氏の想いを描く壮大なミュージカル。


日本全土を巻き込んだ史上最悪の兄弟喧嘩“観応の擾乱”はなぜ起きたのか?激動の時代を駆け抜けた男たちの歴史ロマンが描かれます。

 

上口耕平さんは、鎌倉時代末期からを演じます。

年末の恒例る・ひまわり×明治座の「祭シリーズ」

年末の風物詩として親しまれている、る・ひまわり×明治座による「芝居、ミュージカル、時代劇、ショー、コント、2.5次元、殺陣、アイドル、歴史、キャラクター、うちわにペンライト、小劇場、ダンス、ネタ、花道にフライング」を詰め込んだエンターテイメント全部盛りの二部構成「祭シリーズ」。

 

この祭シリーズは、歴史がなんとなく学べるとお茶の間で評判のあのゆる~いバラエティ番組『戦国鍋TV~なんとなく歴史が学べる映像』の舞台版として2011年に誕生し、続いてきた人気歴史時代劇シリーズです。
 
 
忠臣蔵、源義経、阿弖流為、武田信玄、本能寺の変など、歴史的にも有名な人物や物語をテーマに、分かりやすく、面白おかしく、笑って、泣いて、そして学べる日本の歴史エンターテインメント時代劇で、史実に忠実ながらも「もしあの時こんなことがあったら」という歴史の「もしも」に着目し、新たな「もしかしたら」の歴史を入れ込むなど、独特なオリジナルとなっています。
 
  • 2011年 1月 新春戦国鍋祭 ~あんまり近づきすぎると斬られちゃうよ~
  • 2011年 12月 大江戸鍋祭 ~あんまりはしゃぎ過ぎると討たれちゃうよ~
  • 2013年 1月 ドリームジャンボ宝ぶね ~けっしてお咎めくださいますな~
  • 2013年 12月 末明治座る・フェア ~年末だよ!みんな集合!!~
  • 2014年 12月 聖★明治座 るの祭典 ~あんまりカブると怒られちゃうよ~
  • 2015年12月 2016年1月 晦日明治座 納める祭 ~あんまり歌うと攻められちゃうよ~
  • 2017年12月 2018年1月 ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭~あんまりやりすぎるとつかまえちゃうよ~
  • 2018年12月 2019年1月 歳が暮れ・るYO 明治座大合戦祭
  • 2019年 12月 明治座の変 麒麟にの・る
  • 2020年 12月 忠臣蔵 討ち入・る祭
  • 2021年 12月 シンる・ひま オリジナ・る ミュージカ・る「明治座で逆風に帆を張・る!!」
  • 2022年 12月 笑う門には福来・る祭『明治座でどうな・る家康』

現在も活躍中の宝塚出身女優

続いては、宝塚歌劇団出身で現在も活躍されている女優をご紹介していきます。

首席で入学したエリート!天海祐希さん

  • 本名(ふりがな):中野 祐里(なかの ゆり)
  • 所属事務所:研音
  • 生年月日:1967年8月8日
  • 現在年齢:56歳
  • 出身地:東京都台東区東上野
  • 血液型:O型
  • 身長:171cm
  • 活動内容:女優

 

天海祐希さんは、1987年に73期生として宝塚歌劇団に入団し、雪組公演『宝塚をどり賛歌/サマルカンドの赤いばら』で初舞台を踏みました。

 

初舞台から7年後(正式には6年半)には月組トップスターに就任し、史上最速ペースでトップに就任したことから、大地真央さんを上回る男役と言われたそうです。

 

宝塚歌劇団を退団後は、テレビドラマ、映画、テレビCMなど多方面で活躍されています。

真矢ミキ

  • 本名(ふりがな):西島 美季(にしじま みき)
  • 所属事務所:オスカープロモーション
  • 生年月日:1964年1月31日
  • 現在年齢:59歳
  • 出身地:大阪府豊中市
  • 血液型:O型
  • 身長:166cm
  • 活動内容:女優

 

1981年、67期生として宝塚歌劇団に入団すると、初舞台当初から注目を集め、1995年『エデンの東』で花組トップスターに就任しました。

 

長髪のヘアスタイルやナチュラルな舞台メイク、独特の着こなしなどで、それまで男役の概念を覆し、宝塚に新しい風を積極的に吹きこみヅカの革命児と呼ばれました。

 

退団直前には、つんく♂さんプロデュースによる日本武道館でのソロコンサートの開催、篠山紀信さん撮影による写真集も出版され、絶大なる人気を誇っていた事がよく分かります。

 

決して、歌やダンスがダントツで上手かったと評される訳では無い真矢ミキさんですが、そんなものよりも圧倒的なオーラ、カリスマ性があったと今でも語り継がれているようです。

 

宝塚歌劇団を退団後は、女優として多くのドラマ、映画に出演されています。

2年半でトップに上り詰めた!黒木瞳さん

  • 芸名(ふりがな):黒木瞳(くろきひとみ)
  • 所属事務所:ポエムカンパニーリミテッド
  • 生年月日: 1960年10月5日
  • 現在年齢:63歳
  • 出身地:福岡県八女市
  • 血液型:A型
  • 身長: 163 cm
  • 体重:非公開
  • 活動内容:女優、タレント、歌手、映画監督
  • 家族構成:夫・娘

 

黒木瞳さんは、1981年、宝塚歌劇団に月組の娘役として入団し、男役・娘役通じて史上最速となる入団2年目で、大地真央さんの相手役として『情熱のバルセロナ』で娘役トップに就任しました。

 

1985年に大地真央さんの退団に合わせて宝塚を退団し、その後は、女優として多くのドラマや映画に出演されています。

上口耕平さん結婚後も舞台で人気!最新情報をチェック

舞台を中心に活躍し、2022年に元タカラジェンヌの妃海風さんとの結婚を発表した、俳優の上口耕平さんについてご紹介してきました。

 

舞台を中心に活躍されてお、2023年だけでも6本の舞台に出演されています。

 

ご結婚され、さらなる活躍に期待したいですね。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ