記事ID148923のサムネイル画像

岡崎聡子の現在は?生い立ちや経歴・結婚や子供は?逮捕歴が14回?

体操選手としてオリンピックにも出場したことがある岡崎聡子。彼女の生い立ちや経歴はどの様なものなのでしょうか。そこで今回は、岡崎聡子の生い立ち経歴について迫ってみたいと思います。また彼女の結婚や子供、逮捕歴についてもご紹介します。

岡崎聡子のプロフィール

 

  • 本名(ふりがな/愛称):岡崎 聡子(おかざき さとこ/)
  • 所属事務所:-
  • 現在年齢:61歳
  • 出身地:東京都
  • 血液型:-
  • 身長:-
  • 体重:-
  • 活動内容:元体操選手・元タレント
  • 家族構成:?

 

 

元体操選手

岡崎聡子さんは、オリンピックにも出場した元体操選手です。

モントリオールオリンピックの体操競技に15歳で出場を果たしました。

怪我をしてしまい、引退した後はタレント活動も行っていました。

”和製コマネチ”

同世代であるナディア・コマネチにあやかり、”和製コマネチ”と呼ばれていた岡崎聡子さん。

整った顔をしていたのでタレントでも人気となりました。

岡崎聡子は現在どうしているの?

幼い頃から体操を続け夢のオリンピック出場を果たした岡崎聡子さんは現在どのような生活をしているのでしょうか?

タレント業は継続しているのでしょうか?プライベートは?

 

岡崎聡子さんの現在について調査いたしました。

タレント活動は引退

岡崎聡子さんは結婚をされています。

最初に結婚したのが1984年にデザイナーの男性でした。

子供が生まれたことで、タレント活動を引退し主婦として生活をしておりました。

14度目の逮捕

2019年に、岡崎聡子さんの覚醒剤使用が認められ、6年ぶり、14回目の逮捕となったことが話題となりました。

懲役3年4ヶ月の判決を受ける

ニュースでも大々的に取り上げられており、懲役3年4ヶ月の判決を受けました。

 

当時50代後半の岡崎聡子さん。

周囲のススメによって初めて薬物依存症を治療するための施設に入所をしたようです。

孫も生まれていた

岡崎聡子さんの息子が結婚をしており、孫も生まれれていたとのこと。

岡崎聡子さんは若くしておばあちゃんになっておられたのですね。

 

孫のためにも更生してほしいですね。

岡崎聡子の生い立ちはどうだった?

オリンピックで脚光を浴びた岡崎聡子さんですが、どのような生い立ちをお持ちになっているのでしょうか?

岡崎聡子さんの情報は少ないのですが、生い立ちをまとめました。

1961年に東京で生まれる

1961年に東京で生まれた岡崎聡子さん。

現在は61歳となっています。

 

小さい頃から体操を始めており、センスがあったそう。

親が『ぷちしゃぶ亭』を経営

岡崎聡子さんの親は、六本木で『ぷちしゃぶ亭』というしゃぶしゃぶ店を経営しているそうです。

写真などは見つかりませんでした。

 

子供に幼い頃から習い事をさせていたので、お金持ちだったのかもしれませんね。

営業していない可能姓

『ぷちしゃぶ亭』の情報が見受けられないため、現在は営業をしていない可能姓がります。

岡崎聡子さんが何度も捕まっているので、評判が悪くなり経営ができなくなったのかもしれませんね。

 

実際はどうなのか分かりかねます。

兄弟の情報が見受けられない

兄弟の情報は見受けられませんでした。

兄弟がいるのかは不明です。

 

当時は今より情報も少なかったので仕方ありませんが、岡崎聡子さんの家族について調査しきれませんでした…。

岡崎聡子はどんな経歴だったの?

岡崎聡子さんは若い頃体操選手で有名となりこれから素敵な人生を歩むはずと期待されておりました。

体操選手としてどのような成績を残していたのでしょうか?

調査いたしました。

種目別跳馬競技で優勝

國學院高等学校在学中の1975年、全日本体操競技選手権大会の種目別跳馬競技で優勝を飾った岡崎聡子さん。

その年の年齢は14歳。

岡崎聡子さんは若くしてスタートなりました。

NHK杯体操選手権

1976年に去年と同様、全日本体操競技選手権大会で優勝をしました。

さらに、NHK杯体操選手権にも出場を果たして優勝しました。

 

 

主な成績

  • 1975年:全日本体操競技選手権大会   跳馬優勝
  • 1976年:全日本体操競技選手権大会 総合・段違い平行棒・平均台優勝
  • 1976年:NHK杯体操選手権  優勝
  • 1977年:全日本体操競技選手権大会 ゆか・平均台優勝
  • 1977年:NHK杯体操選手権  優勝
  • 1978年:全日本体操競技選手権大会 ゆか優勝

 

モントリオール五輪に出場

素晴らしい成績を残していった岡崎聡子さんは体操競技で、モントリオール五輪に出場を果たしました。

その時の年齢はまだ15歳でした。

 

団体8位、個人総合30位の成績でした。

体操を引退

1979年に、残念ながら怪我をしてしまい体操競技を引退しております。

その後はタレント業で注目を浴びることになります。

 

結婚や子供はどうなっている?

1984年に結婚

1984年に、デザイナーの男性と結婚をしました。

 

旦那と子供と共に平穏に暮らしていましたが、1992年に旦那の仕事がうまくいかなくなり、経済的に逼迫する生活が待ち受けていたそうです。

マンションの家賃を1年半分滞納し家の中の全てのものが差し押さえとなり苦しい生活が続いたそうです。

 

その後、上手くいかなくてデザイナーの男性とは後に離婚をした模様です。

獄中結婚

岡崎聡子さんは獄中で再婚をしていたことが判明しております。

相手は、岡崎聡子さんが服役中に残念ながらガンで亡くなっていました。

 

さらに、2001年に出所した後で知り合った男性と同棲しています。

男性が絶えないのを見ると、岡崎聡子さんはモテモテだったのでしょうね。

2人の子供がいる

岡崎聡子さんは2人の子供を産んでいます。

第一子を妊娠中に、雑誌でマタニティーヌードを披露し話題となりました。

その時、妊娠9ヶ月だったようです。

岡崎聡子には逮捕歴がある?

岡崎聡子さんについて調査していくと、何度かの逮捕歴が判明しました。

一体どのようなことをして警察に捕まったのでしょうか?

 

岡崎聡子さんの逮捕歴についてまとめました。

オウム事件の余波で最初の逮捕

1995年に、検問で職務質問を受けた岡崎聡子さん。

その際に覚せい剤所持が発覚し最初の逮捕とつながってしまいました。

当時、オウム事件のための検問が敷かれていました。

14回の逮捕と6回の有罪

2019年までに14回覚せい剤で逮捕された岡崎聡子さん。

6回は有罪となっており、2019年10月4日の裁判において懲役3年4ヶ月の判決を下されています。

薬物に手を出したきっかけ

岡崎聡子さんはアメリカでエアロビクスのインストラクターの資格取得中に、軽い気持ちで遊び半分で手を出したそうです。

岡崎聡子が薬物にハマった理由

「私が最初に薬物を体験したのは、アメリカのロサンゼルスにエアロビクスの勉強に行っていた時でした。最初はアメリカにいる時だけ使っていました。コカインもやるようになりました。
 
そのうち日本でも、つきあっていたのが六本木の水商売の人だったこともあり、入手もできました。仕事が終わると一服、という感じで、アルコールと同じ感覚で使っていました。気持ちがパッと明るくなるし、活力も出る。もちろん性的な部分での快楽もありました。」
 
と、話していた岡崎聡子さん。

薬物がバレても影響がない生活をしていた

子供もいて交際相手もいた岡崎聡子さんですが、薬物はやめれなかったようです。

交際している男性について聞かれた岡崎聡子さんは、「自分の過去が相手にばれたとき、傷つかないような人間関係を選んでいました」と答えています。

 

いつでも切れるような相手としか付き合っていない様子でした。

交際相手も友人もきっとそうだったのでしょう。

清水健太郎よりも多い

薬物で何度も逮捕されているイメージがある俳優の清水健太郎さん

岡崎聡子さんの逮捕件数は、6回逮捕されている清水健太郎さんの倍以上となっていました。

 

ワイドショーなどで比較されることも多くなり、「清水VS 岡崎」とフリップで書かれることもしばしば…。

岡崎聡子は何度も薬物に手を出していた!現在は治療中!

体操選手としてオリンピックにも出場したことがある岡崎聡子さんについて調査いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

 

当時、和製コマネチと呼ばれ体操界で輝いていた岡崎聡子さん。

引退後もタレント業に進みその後は結婚をし幸せそうに暮らしていました。

ですが、薬物に手を染め何度も逮捕されています。

一度手を出したら抜け出せないのですね。

2019年に6年ぶり、14回目の逮捕となりニュースとなりました。

現在は息子が結婚し孫も産まれたそうなので、前向きに治療に励んでいるとのこと。

 

このニュースを最後にしてほしいですね。

応援しております。

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ