記事ID148920のサムネイル画像

奇才・福田雄一の学歴や経歴は?結婚や子供は?代表作・人気作品は?

様々な作品を世に送り出している、”コメディの奇才”である福田雄一。彼の学歴や経歴はどうなっているのでしょうか。そこで今回は、福田雄一の学歴や経歴について探ってみたいと思います。そして、彼の結婚や子供、代表作品についてお伝えします。

福田雄一のプロフィール

  • 本名(ふりがな/愛称):福田雄一(ふくだゆういち/)
  • 所属事務所:不明
  • 生年月日:1968年7月12日
  • 現在年齢:54歳
  • 出身地:栃木県小山市
  • 血液型:A型
  • 身長:不明
  • 体重:不明
  • 活動内容:劇作家、放送作家、映画監督など
  • 家族構成:妻、子供

”コメディの奇才”と称される

福田雄一は、コメディ作品を次から次へと誕生させています。そして、ムロツヨシや佐藤二朗といった個性あふれる俳優たちを起用したことで、”コメディの奇才”と称されています。

劇団『ブラボーカンパニー』の座長

福田雄一は、劇団『ブラボーカンパニー』の座長を務めています。劇団『ブラボーカンパニー』は1990年に、成城大学の演劇部を母体として旗揚げされました。当初より、コメディ路線の作品を発表しており、大学内の小劇場において5年間で18公演を行っています。1995年からは、活動の場を外部へと移しました。

福田雄一は、劇団『ブラボーカンパニー』において座長の他に、脚本や演出も手掛けています。

福田雄一はどんな学歴?

コメディ作品を得意とする福田雄一は、どういった学校で学んできたのでしょうか。続いては、福田雄一の学歴について迫ってみたいと思います。

小山市立第一小学校を卒業

福田雄一は、地元である栃木県小山市に所在する公立校・小山市立第一小学校を卒業しています。福田雄一の父親がお笑い好きだったといい、その影響で福田雄一自身もお笑いが好きな子供でした。小さな頃は、クレージーキャッツを見て育ったといいます。

 

小学生だった福田雄一は、学期末の度に行われていた学校のお楽しみ会で、毎回台本を書いていました。そして、5人から6人の友達を集めて台本のリハーサルを行い、クラスメイトの前でオリジナルのコントを披露していたのです。

小山市立小山中学校の出身

福田雄一は、小山市立小山中学校の出身です。福田雄一は中学生の頃からプロゴルファーを目指しており、その頃からゴルフ場の研修生として練習を積んでいます。後年のインタビューで福田雄一は、ゴルフのマスターズに出る夢を見るのだと語っています。その夢の中では、大抵優勝をしているのだといいます。

また中学生だった福田雄一は、直に教師から頼まれて全校生徒を前にしてコントを披露していたというエピソードがあるのです。

栃木高校を卒業

福田雄一は、男子校である栃木高校を卒業しています。栃木高校は進学校であり、偏差値67の難関校です。なお福田雄一は、栃木高校に一般受験で合格しており学力が高いことがうかがえます。

成城大学を卒業

福田雄一は、成城大学を卒業しました。なお高校時代の福田雄一は、ひたすらにゴルフに打ち込んでいます。高校を卒業したら、彼はプロゴルファーになろうと考えていました。しかし親から反対されたため大学に進学したのです。また大学も、ゴルフ部の特色を考慮して選びました。

当時から日大のゴルフ部が強かったものの、スパルタ式の練習を行う監督だったため受験を断念しています。そこで高校時代の教師に相談し成城大学を勧められたため、成城大学を受験したのでした。しかし1年生の頃には、一度栃木に帰っていたことがあり大学に5日間しか通っていないといいます。

栃木に帰っていたのは、大学のゴルフ部の説明会で部費が月12万円かかると聞かされたからでした。「(地元で)諦めがつくまでゴルフやらせてくれないか」と親に言い、大学ではなく栃木でゴルフをやるために帰っていた模様です。

福田雄一の経歴はどうなっている?

次に、福田雄一の経歴について迫ってみたいと思います。福田雄一はこれまでどの様な道のりを歩んできたのでしょうか。

劇団「ブラボーカンパニー」を旗揚げ

福田雄一が劇団『ブラボーカンパニー』の座長であることは先述しました。劇団『ブラボーカンパニー』は、1990年に旗揚げされています。同劇団は、佐藤正和や山本康弘、太田恭輔が創設メンバーとして名を連ねています。

日本テレワークに入社

その後、福田雄一は日本テレワークに入社しました。日本テレワークはテレビ番組の制作を手掛けるプロダクションであり、CMやビデオの制作も担っていました。なお日本テレワークは、2011年12月にネクステップに吸収合併されています。

福田雄一が日テレワークに入社したのは、「小山薫堂の台本も毎週読めて勉強になる」と田中経一(演出家、小説家)に言われたからでした。福田雄一はバイト先で、田中経一と出会ったとされています。なお、福田雄一が日テレワークで勤務していた期間は不明です。

フリーの放送作家に転身

その後、福田雄一はフリーの放送作家に転身しました。舞台も手掛けながらも、数々のバラエティ番組の構成に携わっています。例えば、『笑っていいとも!』や『SMAP×SMAP』、『いきなり黄金伝説』などの構成を手掛けていたのです。

『小山評定ふるさと大使』に任命

福田雄一は、2004年に故郷である栃木県小山(おやま)市の『小山評定ふるさと大使』に任命されました。『小山評定ふるさと大使』とは、小山市の文化や芸術、ブランドなどを全国に普及広報することを目的に委嘱される大使です。

『小山評定ふるさと大使』には他に、元競泳選手の荻野公介や俳優の石黒英雄などが委嘱されています。

『大洗にも星はふるなり』

2009年に、映画『大洗にも星はふるなり』で映画監督デビューしました。本作は福田雄一の戯曲であり、劇団『ブラボーカンパニー』で上演された作品です。2009年公開の映画版には、山田孝之や山本裕典らが出演しています。

福田雄一は結婚しているの?

ここで、福田雄一の結婚について迫ってみたいと思います。福田雄一は結婚をしていて、妻がいるのでしょうか。彼の私生活を覗いてみましょう。

嫁は久子

結婚した時期は不明となっていますが、福田雄一は既婚者だとされています。彼の妻の名前は、”久子”だという話があります。福田雄一と妻は、年齢が離れており”年の差夫婦”であるとの話もあるでしょう。福田雄一が30歳で、妻が大学3年生だった頃に結婚をしています。

 

その頃の福田雄一の月給は8万円ほどでした。それでも結婚をしたこともあり、妻の方が福田雄一に惚れていたという話があるでしょう。

嫁は”在宅やくざ”?

福田雄一は恐妻家であり、妻は豊田真由子元議員のような雰囲気を持っているといいます。また福田雄一は、妻のことを”在宅やくざ”と呼んでいるのです。例えば、妻には外面が良い反面家では暴言を吐くなどいった面があります。

そして、家事ができないことを言い訳にして福田雄一に暴言を吐くこともあるというのです。

家事は福田雄一が担当

妻は家事を一切せず、福田雄一が担当しています。妻は、福田雄一に対して「あんたが家事を全部するから私がダメになった」と言い訳するといいます。また、福田雄一の作品のキャスティングは、妻が担当しているという話もあるでしょう。

福田雄一には子供がいる?

福田雄一と妻の間には、子供がいるのでしょうか。続いては、福田雄一と妻の子供について迫ってみたいと思います。

2人の息子がいる

福田雄一と妻には、子供が2人いて2人とも男の子です。妻は”鬼嫁”だと言われているものの、家族で仲良く暮らしてきたのかもしれません。

長男は福田響志

福田雄一の長男は福田響志(なるし)といい、2000年1月7日生まれです。ちょうど2023年1月7日で23歳となったところです。

子役をしていた

長男の福田響志は、子役として活動をした経歴があり福田雄一の作品にも出演しています。子役としては、2006年の映画『デスノート』にニア役で出演しました。そして2009年から2013年まで、劇団四季の『ライオンキング』でヤングシンバを演じていたのです。

さらに2014年には、福田雄一が監督・演出を手掛けたミュージカル『フル・モンティ』にも福田響志がキャスティングされています。

福田響志の現在

福田響志は、14歳の頃からカリフォルニアに留学した経験があります。そしてニューヨークの大学で舞台演出を学んでいます。さらに幼い頃からのキッズダンサーの経験を活かし、17歳からはミュージカルの振り付けも行うようになりました。

19歳になると、福田響志は日本版ミュージカルの翻訳や訳詞も手掛けています。現在の福田響志は、役者に留まらず脚本や演出、振り付け、監督を担い映像作品を作成しています。また、父である福田雄一の助手として演出家の修行を行っているのです。

代表作・人気作品は何がある?

福田雄一の手掛けたドラマや映画には、どういった代表作・人気作品があるのでしょうか。最後に、福田雄一の代表作や人気作品について迫ってみたいと思います。

ドラマ『東京DOGS』

ドラマ『東京DOGS』は2009年に放送されました。小栗旬が主演を務めた、刑事ドラマとなっています。また本作は、月9枠では1988年の『君の瞳をタイホする!』以来22年ぶりの刑事ドラマでした。

ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズ

ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズは、テレビ東京系で放送されたドラマです。主演は、山田孝之が務めました。2011年の『勇者ヨシヒコと魔王の城』が第1作目であり、『勇者ヨシヒコと導かれし七人』が第3作目となっています。

2017年に開催された、『ヨシヒコフェス』発表の際にシリーズが完結することが正式に宣言されました。

ドラマ『コドモ警察』シリーズ

ドラマ『コドモ警察』シリーズは、TBS系列で2012年に放送されました。鈴木福が主演を務めており、『全体的に、大人をなめるな。』がキャッチコピーとなっています。2013年には、元Sexy Zoneのマリウス葉が主演を務めるスピンオフドラマ『コドモ警視』も放送されました。

ドラマ『今日から俺は!!』

『今日から俺は!!』は西森博之の漫画であり、2018年に福田雄一の脚本・演出によりテレビドラマ化されました。主人公の三橋貴志を、賀来賢人が演じています。小栗旬や山田孝之など、これまでに福田雄一の作品に出演経験のある俳優たちが、ゲスト出演している点が特徴です。

映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』

映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』は、くろわっがブログに執筆したエッセイ作品が原作の映画です。1970年代の田舎町を舞台として、地元の高校生と駐在さんの悪戯戦争が描かれた作品です。映画は、2008年に全国公開されました。

”駐在さん”を佐々木蔵之介が演じ、高校生の”ママチャリ”を市原隼人が演じています。

映画『銀魂』シリーズ

映画『銀魂』シリーズは、空知英秋の漫画が原作となっています。第1弾『銀魂』は、2017年に公開されました。第2弾は『銀魂2 掟は破るためにこそある』 というタイトルであり、2018年に公開されています。主人公の坂田銀時を小栗旬が演じ、志村新八役は菅田将暉が演じました。

映画『斉木楠雄のΨ難』

映画『斉木楠雄のΨ難』は、2017年10月21日に公開されています。文化祭編をベースとして、その他の原作のエピソードあるいは映画オリジナルも含められています。主人公・斉木 楠雄(さいきくすお)役は、山﨑賢人が演じました。

福田雄一は放送作家をしていた!

”コメディの奇才”と呼ばれ、数々のヒット作品を産み出してきた映画監督の福田雄一。彼は、プロゴルファーを目指していたほど、ゴルフに熱中していました。そしてゴルフをやるために、成城大学に進学しています。

その後は劇団を立ち上げたり、フリーの放送作家として活躍し、バラエティ番組などを手掛けています。私生活では30歳の頃に結婚をしており、2人の息子も誕生しているのです。福田雄一は恐妻家だという声もあるでしょう。彼にはこれからも、次々にヒット作品を制作していって欲しいものです。

福田雄一の関連記事

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ