記事ID148919のサムネイル画像

ノーマン・リーダスが殿堂入り!若い頃からの経歴・代表作や結婚・子供は!

俳優や写真家など多彩なノーマン・リーダス。ハリウッド殿堂入りしたという彼は、どういった経歴を持っているのでしょうか。そこで今回は、ノーマン・リーダスの経歴や代表作について迫ってみたいと思います。また、彼の結婚や子供についてもお伝えします。

ノーマン・リーダスのプロフィール

  • 本名:ノーマン・マーク・リーダス(Norman Mark Reedus)
  • 生年月日:1969年1月6日
  • 現在年齢:54歳
  • 出身地:アメリカ合衆国フロリダ州
  • 身長:178cm
  • 活動内容:俳優、モデル、写真家、声優、ディレクター

多岐にわたる活動

ノーマン・リーダスさんは、俳優としてだけでなく、写真家やモデル、声優、ディレクターなど多岐にわたって活動してきました。

日本での生活の経験もある

ノーマン・リーダスさんの父はシチリア島出身で母はイギリス人だそうです。幼い頃に両親は離婚したそうで、母子家庭で育ちました。

 

ノーマンさんが17歳の時に母の仕事の都合により日本に移り、千葉県習志野市で生活していた時期があります。ノーマンさんは、日本では富士山登山したり、原宿キディランドに足げく通っていたらしいです。

殿堂入りしている!

ノーマン・リーダスさんは、ハリウッドの観光名所のひとつとして有名なハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム(ハリウッドの殿堂)の星形プレートに名前が刻まれました。

 

ハリウッドの殿堂には、マリリン・モンローやエルヴィス・プレスリーなど2500以上の名前が刻まれていて、ハリウッドで成功したといえる象徴ともなっており、ノーマンさんも成功の証しをゲットしたわけです。

 

年齢や身長

ノーマン・リーダスさんは、1969年1月6日生まれですから、現在54歳です。身長は178cmで、体重や血液型などは不明です。

若い頃からの経歴はどうなっている?

俳優、モデル、写真家と多彩な活動を続けるノーマン・リーダスさんですが、そんな彼の若い頃からの経歴がどうなっているのかを調べてみました。

舞台出演がきっかけで俳優となる

ノーマン・リーダスさんは、ロサンゼルスでハーレーダビッドソンの店で働きながら画家&写真家として活動していた時、画材資金のために出演した舞台がきっかけとなり、俳優活動を開始したそうです。

『処刑人』などで注目を集める

ノーマン・リーダスさんは、インディペンデント映画などに出演して演技の経験を積み、SFホラー『ミミック』(1997年)の小さな役でメジャー映画デビューしました。

 

その後、バイオレンス・アクション『処刑人』(1999年)アクション・ホラー『ブレイド2』(2002年)などで注目を集めるようになりました。

プラダなどのモデルを務める

ノーマン・リーダスさんは、1997年にプラダのモデルを務め、2000年から2004年までダーバンのモデルを務めました。他にGap、H&M、リーバイスのモデルを務めたらしいですが、ノーマンさん自身、モデル業はあまり好きではなかったようです。

ノーマン・リーダスの代表作は何がある?

ノーマン・リーダスさんは、アクションやサスペンス、それにホラー系の作品によく出ていますが、そんな彼の代表作にどんな作品があるのか調べてみました。

映画『処刑人』シリーズ

法で裁けぬ悪人たちを制裁する兄弟を描いたバイオレンス・アクション『処刑人』(1999年)でノーマン・リーダスさんは主人公の双子の一人を演じました。双子のもう一人を演じたのはテレビシリーズ『インディ・ジョーン/若き日の大冒険』のショーン・パトリック・フラナリーさん。

 

映画はカルト的人気となり、2009年に続編『処刑人II』が同じ監督&出演者で作られました。

映画『ゴシップ』

『ゴシップ』(2000年)は、噂が広がるメカニズムを実験しようとした男女3人の大学生が、お高くとまったカップルをターゲットにする学園サスペンス。ノーマン・リーダスさんは、3人組の1人を演じています。共演は、ケイト・ハドソンさん、ジェームズ・マースデンさん。

映画『ブレイド2』

ノーマン・リーダスさんは、アクション・ホラー・シリーズのヒット作『ブレイド2』(2002年)で、ヴァンパイア・ハンターのブレイド(ウェズリー・スナイプスさん)の相方スカッド役を演じました。

ドラマ『ウォーキング・デッド』

ノーマン・リーダスさんは、2010年に放送が始まり、2022年まで続いたグラフィック・ノベルが原作のテレビドラマ『ウォーキング・デッド』で、主要人物の一人、血の気の多いタフガイのダリル・ディクソン役を演じ人気を博しました。

 

ダリル・ディクソンは、グラフィック・ノベルには存在しないキャラでしたが、メルル・ディクソン役でオーディションを受けたノーマンさんのためにメルルの弟という設定で出演することになったそうです。

 

ノーマン・リーダスは結婚しているの?

ナイスガイのノーマン・リーダスさんだけに、ファッションモデルや映画女優など美女たちとの恋の噂もいろいろありました。そんなノーマンさんが交際した女性のことを調べてみました。

婚姻歴はこれまでにない

ノーマン・リーダスさんには、交際期間が長かった女性はいましたが、これまでに一度も婚姻歴はないようです。交際女性との間に子供が誕生したこともありますが、それでも結婚には至りませんでした。

ヘレナ・クリステンセンと長く交際

ノーマン・リーダスさんは、1998年から2003年まで、ファッションモデルのヘレナ・クリステンセンさんと交際していました。6年ほど交際は続きましたが、2003年に別れました。

●ヘレナ・クリステンセンのプロフィール

  • 本名:ヘレナ・クリステンセン(Helena Christensen)
  • 生年月日:1968年12月25日
  • 現在年齢:54歳
  • 出身地:デンマーク・コペンハーゲン
  • 身長:178cm(公称サイズ・時期不明)

 

ヘレナさんは、18歳でミス・ユニバース・デンマークに選ばれたことがきっかけでフランス・パリに移り住みモデル業を始めました。

 

1990年代を代表するスーパー・モデルの一人で、ジャンニ・ヴェルサーチさんから“世界でもっとも美しい身体を持った女性”との評を受けたことがあります。現在は、写真家として作品を発表したり、DJとして活動。ファッション雑誌「NYRON」の編集も手掛けているそうです。

現在はダイアン・クルーガーと交際

ノーマン・リーダスさんは、現在は女優でファッションモデルのダイアン・クルーガーさんと交際しています。ダイアンさんとは2015年の映画『Sky』で共演したことで知り合ったらしいです。

●ダイアン・クルーガーのプロフィール

  • 本名:ディアーネ・ハイトクリューガー(Diane Heidkruger)
  • 生年月日:1976年7月15日
  • 現在年齢:46歳
  • 出身地:西ドイツ・ニーダザクセン州

 

ダイアンさんは、当初はバレリーナを志していましたがケガで断念。その後ドイツでモデルとして活躍し、パリに移り住み演劇学校で演技を学び、優秀な成績の評価を得ました。

 

2002年にデニス・ホッパー主演の『ターゲット』で映画デビュー。2004年の『トロイ』でハリウッドに進出し、2009年の『イングロリアス・バスターズ』で全米映画俳優組合賞助演女優賞にノミネートされました。

 

2017年にドイツ映画『女は二度決断する』で第70回カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞しました。

2017年に街中でのキスで発覚

ノーマン・リーダスさんとダイアン・クルーガーさんの交際は、2017年3月にニューヨークの街中で2人がキスしている姿を撮られたことで発覚しました。

婚約したとの報道

2021年の夏に、ノーマン・リーダスさんとダイアン・クルーガーさんが婚約したとの報道がありましたが、2人とも婚約についてコメントを発表しておらず、実際に婚約したのかどうかは不明です。

ノーマン・リダースには子供がいる?

ノーマン・リーダスさんは婚姻歴はありませんが、交際した女性との間に子供はいるそうです。そんなノーマンさんの子供について調べてみました。

1999年に息子が誕生

ノーマン・リーダスさんは、1991年にヘレナ・クリステンセンさんとの間に息子を授かりました。名前は、ミンガス・ルシアン・リーダスさんです。ノーマンさんとヘレナさんは2003年に別れましたが、破局後も友好な関係だそうです。

2018年に高校を卒業

ミンガスさんは、2017年にニューヨーク・ファッションウィークでカルバン・クラインのモデルとしてランウェイ・デビューしました。2018年に高校を卒業し、2020年には、ロンドン・ファッションウィークでトミー・ヒルフィガーのモデルを務めました。

ダイアンとの間に娘が誕生

ノーマン・リーダスさんとダイアン・クルーガーさんの間に、2018年に娘が誕生しました。名前などは公表されていませんでしたが、2022年に娘の名前がノヴァ・テネシーだと明かしました。

今後の活動が気になるノーマン・リーダス

ハリウッドの殿堂入りを果たしたノーマン・リーダスさん。私生活でも、ダイアン・クルーガーさんと婚約の報道があったり、何かと動向が注目されているノーマンさんですが、これからどんな活躍を見せるのか、気になりますねぇ!

関連記事をチェック

関連する記事

この記事に関する記事

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ