記事ID145970のサムネイル画像

ジェイク・ギレンホールの年齢身長プロフィールは?出演作や恋愛、現在の彼女と結婚も?

様々な役を的確にこなしカメレオン俳優やハズレ作品がないとまで言われるハリウッドの人気俳優ジェイク・ギレンホール。そんな彼の歴代の彼女や現在の彼女とは?現在の彼女とは結婚も考えてる?歴代の出演作にも触れながら紹介していきます!

ジェイク・ギレンホールのプロフィール

  • 本名:Jacob Benjamin Gyllenhaal(ジェイコブ・ベンジャミン・ギレンホール)
  • 生年月日:1980年12月19日
  • 現在年齢:39歳
  • 出身地:アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
  • 身長:182cm
  • 活動内容:俳優
  • 家族構成:父(スティーヴン・ギレンホール:監督)・母(ナオミ・フォナー/2009年ステーヴンと離婚)・姉(マギー・ギレンホール)

父は貴族で母はユダヤ人

ジェイク・ギレンホールさんの父は映画監督のステイーブン・ギレンホールさん、母は脚本家のナオミ・フォナーさんです。スティーブンさんはスウェーデンの貴族ギレンホールファミリーの子孫で、母のナオミさんはユダヤ人でエリート一家のようです。

 

スティーヴンさんの監督作は「暴力天使」(85年・出演:テイタム・オニール)、「秘密」(92年 出演:ジェレミー・アイアンズ)「欲望」(93年 出演:デブラ・ウインガー)などがあり、「メンタリスト」などテレビドラマも手掛けています。

 

ナオミさんの脚本作には、「旅立ちの時」(88年 出演:リバー・フェニックス)「綴り字のシーズン」(05年 出演:リチャード・ギア)などがあります。

姉は女優のマギー・ギレンホール

ジェイクさんの姉マギー・ギレンホールさんは、1977年11月16日生まれで、ジェイクさんとは3歳離れています。父スティーヴンさんの監督作「秘密」(92年)でスクリーンデビューしました。

 

マギーさんは自傷癖のある秘書を演じた「セレクタリー」(02年)で注目を浴び、「モナリザ・スマイル」(03年)「ダークナイト」(08年)「クレイジー・ハート」(09年)他、ハリウッド大作からインディペンデント作品まで数々の作品に出演しています。

ジェイク・ギレンホールの生い立ちについて

ジェイク・ギレンホールさんは、1991年に「シティ・スリッカーズ」で映画デビューしました。1993年には、父の監督作「欲望」に姉のマギーさんと共に出演しています。

 

ジェイクさんは1998年にロサンゼルスのハーバート・ウレストレイクを卒業後、コロンビア大学に進学しました。大学では東部の宗教と哲学を学んでいたそうです。その頃に出演した「遠い空の向こうに」(99年)でインディペンデント・スピリット賞主演男優賞候補となりました。

 

在学中も映画に出演しましたが、2002年にジェイクさんは俳優一本に絞ることに決め、2年間通った大学を中退しました。芸能一家で育っただけに、学生生活より演技への情熱のほうが強かったのかもしれません。

ジェイク・ギレンホールの代表作とは?

初主演作「遠い空の向こうに」の演技で批評家たちの髙い評価を受け、一躍ハリウッド注目の存在となったジェイク・ギレンホールさん。2001年にはカルトムービー「ドニー・ダーコ」で屈折した主人公の心情を見事に演じ切り、若手実力派としての評価を確固なものし、次々と話題作に出演するようになりました。

 

そんなジェイク・ギレンホールさんの代表作を幾つか紹介しましょう。

実話映画「遠い空の向こうに」(1999年)

NASAのロケット・エンジニアになったホーマー・ヒッカムの自伝を映画化したもので、ジェイク・ギレンホールさんは主人公の高校生ホーマーを演じました。

 

人類初の人工衛星スプートニクが打ち上げられ、夜空に美しい軌跡を描くのを見た炭鉱町に住むホーマーが級友たちとロケット作りに情熱を注ぐ姿を描いた作品で、全米ヒューマニズム賞を受賞しました。

ラブストーリー「ラブ&ドラッグ」(2010年)

90年代の医薬品業界の実態を綴りベストセラーとなった若手営業マンの手記をベースにしたハートフル・ヒューマン・コメディ。ジェイク・ギレンホールさんは大手製薬会社に勤めるお調子物のセールスマンを演じました。

 

「ブロークバック・マウンテン」に続いてアン・ハサウェイさんと共演した作品で、アンさんは若年性パーキンソン病を患う女性を演じています。

 

セールスマンのジェイミーは病院でマギーと知り合い彼女に惹かれます。でもマギーは病気を理由に恋愛関係を避けますが、体だけという約束で交際が始まりますが…。

アカデミー賞ノミネート「ナイトクローラー」(2014年)

事件や事故現場のスクープ映像を撮りテレビ局に売る報道パパラッチとなった男が、刺激的な映像を求めるあまりモラルのタガが外れていく様を描いたピカレスク・サスペンス・ドラマ。アカデミー賞脚本賞にノミネートされました。

 

ジェイク・ギレンホールさんは、誰よりもショッキングな映像を撮ろうとするフリーランスのニュース・カメラマンの男ルーに扮し、鬼気迫るハイテンションな演技を披露しています。

最新作「ゴールデン・リバー」(2019年)

ゴールドラッシュに沸くアメリカ西部を舞台に、殺し屋兄弟たちと彼らに狙われる科学者が織りなす人間模様を描いた異色西部劇ロードー・ムービー。主演は「ロブスター」のジョン・C・ライリーと「ジョーカー」のホアキン・フェニックス。

 

ジェイク・ギレンホールさんは、殺し屋兄弟の連絡係ジョン役で、脇の役柄ですが科学者と懇意になり、強い薬品のせいで重傷を負い銃で自害してしまう男を好演し深い印象を残します。

カメレオン俳優ジェイク・ギレンホールの代表的キャラ

平凡な人間から狂気をはらんだ人間まで、様々なキャラクターを縦横無尽にこなしカメレオン俳優とも呼ばれるジェイク・ギレンホールさん。そんな彼の代表的なキャラクターを紹介しましょう。

6か月かけた肉体改造「サウスポー」(2015年)

ジェイク・ギレンホールさんは「サウスポー」で、どん底から這い上がる元世界チャンピオンのボクサーを演じるために、6か月間に及ぶハードな肉体改造を行い、21kg増量し鍛え上げられた肉体美を作り上げました。

 

実地訓練を受けてリアリティを追求した「エンド・オブ・ウォッチ」(2012年)」

ジェイク・ギレンホールさんは、ロサンゼルスの銃犯罪多発地区サウス・セントラルを担当するパトロール警官を演じるために、実地の警官たちに同行し撮影前から実際の訓練を受けたそうです。

 

それだけに警官の過酷な日々をリアリティ満点に演じ、緊張感たっぷりの作品に仕上がっています。

人気シリーズのキャラ「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」(2019年)

ジェイク・ギレンホールさんは、マーベル・コミックのヒーロー映画「スパイダーマン」シリーズの最新作で、異次元からやって来た謎のヒーロー、ミステリオことクエンティン・ベックを演じました。

 

クライマックスで、ピーター・パーカーことスパイダーマンと壮烈なバトルを繰り広げますが、ジェイクさんはヒーロー作品でも抜群の存在感を見せています。

ジェイク・ギレンホールの歴代の彼女とは?現在の彼女とは結婚も!?

ジェイク・ギレンホールさんは人気イケメン俳優だけに、今まで数々の女優や歌手などとの熱愛が報じられてきました。そんなジェイクさんと熱愛で話題になった女性たちを紹介しましょう。

シンガーソングライターのジェニー・ルイス

ジェイク・ギレンホールさんは、2001年にシンガーソングライターのジェニー・ルイスさんと交際していました。現在も友人関係が続いていて、ジェイクさんはジェニーさんの音楽のファンなのだそうです。

 

ジェニー・ルイスさんは、1976年1月8日生まれでジェイクさんより年上。シンガーソングライターだけでなく映画「スウィート・ロード」「あのころ僕らは」など女優としても活躍しています。

女優のキルステン・ダンスト

ジェイク・ギレンホールさんは、姉のマギーさんの紹介がきっかけでキルステン・ダンストさんと2002年9月頃から交際を始めました。2人は同居もしていましたが約2年で破局してしまいました。

 

キルステン・ダンストさんは、1982年4月30日に生まれで、「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」(94年)の演技で注目を浴びました。その後「スパイダーマン」シリーズや「メランコリア」など演技派女優として数々の作品に出演しています。

女優のリース・ウィザースプーン

ジェイク・ギレンホールさんは、「レンディション(国家誘拐)」(07年・日本未公開)の共演がきっかけでリース・ウィザースプーンさんと2007年から2年間交際していました。

 

リース・ウィザースプーンさんは、1976年3月22日生まれで、「マン・イン・ザ・ムーン」(91年)で映画デビューし、主演作「キューティ・ブロンド」(91年)が全米大ヒットしトップスターとなりました。「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」でアカデミー賞主演女優賞を受賞した実力派です。

シンガーソングライターのテイラー・スウィフト

ジェイク・ギレンホールさんは、2010年秋から2011年春ごろまで短期間ですがシンガーソングライターのテイラー・スウィフトさんと交際していました。

 

テイラー・スウィフトさんは、1989年12月13日生まれで、日本でも人気が高いシンガーです。アルバム「Fearless」でグラミー賞最優秀アルバム賞を最年少で受賞しています。映画やTVドラマにも出演していて、最近の出演作はミュージカル映画「キャッツ」(19年)です。

代表曲「We Are Never Ever Getting Back Together」のMVのモデルとなった?

テイラー・スウィフトさんは、恋愛関係になった相手を歌詞に登場させることがファンの間でよく知られているそうです。そんなテイラーさんが2012年に発表した曲「We are never ever getting back Together(私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない)」のミュージックビデオに、ジェイク・ギレンホールさんそっくりの男性が登場しました。

 

まるで、テイラーさんがジェイクさんとの破局のシーンを再現しているようなミュージックビデオです。

モデルのアリッサ・ミラー

ジェイク・グレンホールさんは、モデルのアリッサ・ミラーさんと2013年6月頃から交際を始めました。でも同年12月か2014年春ごろまでに破局し、交際は短期間だったようです。

 

アリッサ・ミラーさんは、1989年7月4日生まれで、ヴォーグ、エルなどのファッションショーに登場した国際的なファッションモデルです。

現在の彼女はモデルの「ジャンヌ・カドゥー」

ジェイク・ギレンホールさんは、2019年の「スパーダーマン:ファー・フロム・ホーム」のプレミアに2018年からデートを重ねていたフランス人モデルのジャンヌ・カドゥーさんを伴って登場しました。

 

ジャンヌさんはジェイクさんより16歳も年下ですが、どうも真剣交際らしくジェイクさんは家族にもジャンヌさんを紹介し、一緒に休暇にも行ったそうです。

 

結婚する可能性について

今まで何人もの女性との熱愛が噂されたジェイク・ギレンホールさん。最近のインタビューで「いつか父親になりたい」と語り、家庭を持ちたい思いを匂せているそうで、ひょっとしたら結婚する日が近いのかもしれません。

 

新婦となるのが現在の彼女ジャンヌ・カドゥーさんかどうかは分かりませんが。

カメレオン俳優として突っ走るジェイク・ギレンホールの愛を勝ち取るのは誰!?

確かな演技力でどんな役柄にも臆せず挑むジェイク・ギレンホールさん。2020年以降も、脳腫瘍患者と偽る男を演じる新作ドラマや同性愛について描くミュージカル映画への出演が予定されています。

 

今後も、演技に磨きをかけ映画ファンを楽しませてほしいものです。また、女性遍歴にもそろそろ終止符を打ち、温かい家庭を築いてほしいものですね。はたして誰が妻の座を射止めるのか!気になりますね。

関連記事をチェック

関連する記事

この記事に関する記事

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ