記事ID148738のサムネイル画像

    脊山麻理子アナの年齢身長プロフィールは?経歴や結婚は?不倫も?

    元日テレアナであり現在はフリーアナウンサーである脊山麻理子。彼女のプロフィールはどうなっているのでしょうか。そこで今回は、脊山麻理子の年齢や身長といったプロフィールについて迫ってみたいと思います。また、彼女の経歴や結婚、不倫などもお伝えします。

    脊山麻理子のプロフィール

    • 本名(ふりがな/愛称):脊山麻理子(せやま まりこ/セヤマリ)
    • 所属事務所:株式会社shabell
    • 生年月日:1980年4月8日
    • 現在年齢:42歳
    • 出身地:東京都文京区
    • 血液型:B型
    • 身長:165cm
    • 活動内容:タレント、グラビアアイドル

    元日テレアナのフリーアナウンサー

    脊山麻理子さんは、元日テレのアナウンサーで、退社後は、フリーアナウンサーとして、また、グラビアアイドルや女優として活動しています。

     

    どちらかというと、バラエティ番組への出演が多い印象ではないでしょうか。

    年齢は42歳

    1980年4月8日生まれであり、現在、42歳です。

     

    1980年生まれの芸能人は、山口 紗弥加さん、山田 まりやさん、優香さん、広末 涼子さん、小池 栄子さんなどがいらっしゃいます。

     

    皆さん、40歳を超えているようには見えない若さを保っていらっしゃいますよね。

    身長やスリーサイズ

    身長は166センチあり、スリーサイズは84.1 - 77.2 - 88.9であると公表されています。

     

    40代の女性の平均身長が、157.9センチですので、高身長にあたるのではないでしょうか。

    脊山麻理子はどんな経歴?

    続いては、脊山麻理子さんの経歴についてご紹介していきます。

    日本テレビに入社

    脊山麻理子さんは、2000年に慶應義塾大学の環境情報学部に入学し、在学中の2002年には1ヶ月、メキシコに短期留学をしています。

     

    そして、大学卒業後の2004年に日本テレビにアナウンサーとして入社しました。バラエティ番組を中心に出演していましたが、2009年にはアナウンス部を離れてコンテンツ事業部に異動になっています。

     

    コンテンツ事業部に異動になったのは、アナウンサーにむいていないという上層部の判断だと言われているようです。

     

    また、日本テレビでアナウンサーだった頃は、イジメられたことがあったと告白しており、あまり他のアナウンサーと上手くいっていなかったようです。

    日本テレビを退社

    2010年2月9日に、日本テレビを退社し、その後、フリーアナウンサーに転身しました。

     

    後述しますが、結婚をしたタイミングでの退社であり、なによりも、コンテンツ事業部に異動になったことが理由と言われています。

    事務所を移籍

    日テレを退社し、フリーアナウンサーとなった脊山麻理子さんですが、バラエティや、グラビア、女優などさまざまな事をやっています。

     

    YouTubeチャンネルも開設し、いろいろな格好をしてみたり、手料理を披露して見たり、露出の多い格好のものもあります。

     

    また、2010年~アーキテクト、2013年~ホリプロ、2020年~ジョックロック株式会社、2022年~株式会社shabellと、所属事務所を転々としています。

    脊山麻理子は結婚している?

    続いては、脊山麻理子さんの結婚歴についてご紹介していきます。

    2009年12月30日に結婚

    脊山麻理子さんは、2009年12月30日に結婚しています。相手は、一般男性で、鋼鉄系の商社に勤めている会社員でした。

     

    2人の出会いは、電車で痴漢にあった脊山麻理子さんが自分で痴漢を捕まえようとした際、一緒に痴漢を取り押さえた人が、元旦那さんだったと言われています。

     

    しかし、痴漢を取り押さえた時は、既に二人は付き合っていたという噂もあり、この事に関して詳しく語られていないので、どちらだったのかは分からないままでした。

    大学の同級生

    相手男性は大学時代の同級生であり、慶応義塾大学時代から交際していた可能性が考えられます。

    2015年7月に離婚

    幸せな結婚生活を送っているように見えたが、2012年頃から別居をしており、2013年頃からすでに2人は離婚に向けて話し合っていたようです。

     

    そして、2015年7月に離婚が成立しました離婚理由は「生活のすれ違い」とされており、脊山麻理子さんは結婚をしたタイミングで日本テレビを退社してフリーに転向し、多忙な日々を送っていました。

     

    一方、元夫も海外赴任が多かったようで、すれ違いの生活が続き、夫婦生活が破綻していってしまったのでしょうか。

     

    脊山麻理子さんは、離婚を発表した際、「ゆっくりと時間をかけて夫婦で話し合ってきましたが、お互いの考える幸せのために、別々の道を歩むことを決めました。」とコメントしています。

    脊山麻理子が不倫したのは本当?

    脊山麻理子さんはW不倫をスクープされたことがあります。本当の事だったのでしょうか、詳しく見てい行きましょう。

    2013年に不倫がスクープ

    2013年に、週刊誌のFRIDAYが脊山麻理子さんが妻子ある男性とW不倫していると報道しました。このころは、脊山麻理子さんはまだ離婚する前です。

    不倫相手は誰?

    脊山麻理子さんのW不倫の相手は広告会社に勤める男性で、共通の知人がいたことで知り合ったのだそうです。

     

    お互い既婚者であることを知ったうえで連絡先を好感し、不倫関係に至ったと言います。

    100万円の示談金

    メッセージや自撮り写真のやり取りをしていたことから相手男性の妻に不倫がバレます。不倫相手の妻が激怒し、脊山麻理子さんが妻に示談金として100万円を支払ったとされています。

     

    脊山麻理子さんは、不倫相手の妻に「不貞行為はない。おたくの旦那から誘われた」と発言し、激怒させたと言われています。

     

    自身も既婚者の立場であった脊山麻理子さんですので、本当にこういった発言をしたのであれば、どの口が言うかという状態ですね。

     

    このころ、脊山麻理子さんは旦那さんとの間で離婚に向けての話し合いがすでにされていたとされていますが、この不倫が原因で、財産分与や慰謝料の問題でこじれて、離婚が成立するのが遅れたとも言われています。

    脊山麻理子は現在どうしているの?

    続いては、最近、あまりテレビなどで見る機会が減ってきている印象の脊山麻理子さんの仕事やプライベートの話題などについて、ご紹介していきます。

    熱愛がフライデーされる

    2021年6月に熱愛がフライデーされました。

     

    脊山麻理子さんの知人の証言として掲載された情報によると、相手は17歳年下の男性で、2人は仕事を通じて知り合ったそうです。

     

    彼は地方の資産家の息子で、高校時代は地元で有名なサッカー選手だったというスポーツマン。今は脊山麻理子の自宅で半同棲状態であるとのことでした。

     

    フライデーでは、2人のデートの様子の写真が掲載されていました。

     

    その後、続報は報道されていないため、現在、交際が続いているのかは不明です。

    約2か月で10キロ減

    2022年2月25日に放送された『じっくり聞いタロウ〜スター近況㊙報告〜』で、ダイエット企画が放送されました。

     

    脊山麻理子さんは、2014年にグラビア写真集を発売して以降、10kg太ってしまっており、企画にチャレンジする事となりました。

     

    取材を受けたときの体重は64.4kgで、2カ月間で64.4キロから54.3キロと約10キロ減を達成したことが放送され、スタジオに水着姿で登場しました。

    写真集を発売

    2022年4月23日に、写真集『過去最高に「いいオンナ」』を発売しています。

     

    FRIDAYデジタル写真集で、『ダイエット企画で10kgの減量に成功した日テレアナ出身アラフォー美女を緊急撮り下ろし』とされています。

    脊山麻理子はアラフォーでグラビア現役

    元日テレアナであり現在はフリーアナウンサー、グラビア、バラエティ、女優として活躍している脊山麻理子さんについてご紹介してきました。

     

    日テレ退職後、結婚をした脊山麻理子さんでしたが、すれ違いにより離婚を経験しています。W不倫で騒がれたこともありましたが、その後も芸能活動を続けており、昨年には17歳年下彼氏の存在がスクープされました。

     

    フリーアナウンサーとなった直後は仕事も多かったようですが、徐々にメディアで見る機会が減っている印象ですが、42歳で写真集を発売するなど、まだまだ今後も、活躍されていくのではないでしょうか。

     

    最後までお付き合いいただきありがとうございました。

    関連記事はこちら

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ