記事ID148644のサムネイル画像

    キム・ソヨンの身長年齢プロフィールは?結婚した旦那や子供は?現在は?

    子役としてデビューして現在まで数々のドラマに出演している韓国の女優「キム・ソヨン」。2017年には俳優のイ・サンウと結婚!2人は現在までおしどり夫婦として知られていますが、2人の出会いや馴れ初めは?2人に子供はいる?キム・ソヨンの出演作品についても紹介します。

    キム・ソヨンのプロフィール

    • 本名:キム・ソヨン
    • 所属事務所:J,WIDE COMPANY(ジェイワイドカンパニー)
    • 生年月日:1980年11月2日
    • 現在年齢:41歳
    • 出身地:ソウル江南
    • 血液型:O型
    • 身長:167cm
    • 体重:45kg
    • 活動内容:女優

    生い立ち

    キム・ソヨンさんはソウルで生まれ育ち、家族は父、母、それに2人の姉の5人家族です。3人姉妹の末っ子だったキムさんは、優しい性格で恥ずかしがり屋だったそうです。幼い頃は、両親が共稼ぎで姉たちともあまり遊ぶことがなく、1人でいることが多かったそうです。

     

    でも、小学校時代は担任の先生のお陰で徐々に変わっていき、学級委員長になったとか。

     

    そんなキムさんは、難関大学と言われる東国大学校を7年かけて卒業しました。

    子役としてデビュー

    キム・ソヨンさんは、1994年、中学2年の14歳の時に、テレビドラマ『恐竜先生』子役デビューしました。

     

    キムさんは、小学生の頃から女優になるのを夢見ていたそうです。美人コンテストで選ばれると演劇スクールの授業料が無料になると聞き、大会に出て2位になりました。それでスクールに通いはじめて2週間でドラマの助演が決まりました。

     

    撮影所に行ったときに監督の目に止まり、キムさんは助演から主演に抜擢されたそうです。ドラマ出演が決まると、1人でメイクボックスを持ってバスに乗り撮影現場まで通ったり、メイクも独学で学んだりと人一倍努力していたらしいです。

     

    また、『恐竜先生』では、中学2年生ながら高校生の役柄でしたが、最初は演技は簡単だと考え、遊び気分で撮影現場に通ったそうです。でも、ある寒い日に数人のスタッフがスタンバイしているのを見て、「ここで私がミスをすると、この人たちの苦労が飛んでしまうんだ」と責任感を抱き、それから演技が難しく感じるようになったそうです。

    ドラマ『アイリス』で、演技大賞人気賞を受賞

    キム・ソヨンさんは、デビュー後は次から次へと出演作品が続き、1998年のヒットドラマ『順風産婦人科』や『愛してる愛してる』で広く名前が知られるようになりました。

     

    2000年のドラマ『イヴのすべて』では、主人公をいじめる悪役を演じ、演技力で評価されましたが、役のイメージが定着しアンチが増えてしまったらしいです。でもキムさん自身は、テレビのインタビューで役柄について聞かれ「気に入っています。このように歓びを感じる役は初めて」と嬉しそうに答えたそうです。

     

    そんな彼女のイメージが変わる転機となったのが、2009年に放送され爆発的にヒットしたスパイアクションドラマ『IRIS-アイリス』(主演:イ・ビョンホン)。キムさんは、ミステリアスかつクールな北朝鮮工作員キム・ソンファを演じ、アクションもこなし、2009年KBS演技大賞人気賞を受賞しました。

    キム・ソヨンさんは、『IRIS-アイリス-』の翌年、2010年にドラマ『検事プリンセス』に出演し、前作とはガラリと変わったキャラを演じ、彼女の演技力が改めて評価されました。

     

    『検事プリンセス』では、キムさんはお嬢様育ちでワガママな言動が災いし、配属先で邪魔者扱いされる新人女性検事マ・ヘリ役を演じています。偶然出会った男性弁護士との関わりを通して、マ・ヘリは人間として成長していきますが…。

     

    共演は、パク・シフさん、ハン・ジョンスさん他。

    身長や体重は?

    キム・ソヨンさんの身長は167cmで体重は45kg。スリーサイズは、B32・W23・H32(インチ)、Cカップだそうです。スレンダーな体型で、着こなしもとても上手なようです。

    外見と性格にギャップがある!?

    キム・ソヨンさんは、見た目がクールビューティーで冷たくてきつい印象を持たれることが多いそうですが、外見と性格のギャップが大きい女優として知られているそうです。

     

    ドラマ『IRIS-アイリス-』で共演したイ・ビョンホンさんや女優のハン・ヘジンさん等が、彼女のことを、明るくてサバサバした性格だと話しています。マネージャーが一緒に働きたい芸能人トップ5に入ったこともあるくらいで、性格はとても良い女優さんのようです。

    キム・ソヨンの結婚相手について

    キム・ソヨンさんは俳優の男性と結婚しています。それが誰でどんな作品に出演しているのか?また2人の間に子供はいるのかなどを調べてみました。

    旦那は俳優の「イ・サンウ」

    キム・ソヨンさんと2017年6月9日に俳優のイ・サンウさんとソウル市内のウェディングホールで結婚式をあげました。家族や知人のみを招待した非公開の式でした。2人は所属事務所を通して「互いに配慮し、幸せで健康的な家庭を築き、生きていきます」とコメントを発表しています。

    旦那の代表作は?

    イ・サンウ プロフィール

    • 本名:イ・サンウ
    • 所属事務所:HM Entertainment
    • 生年月日:1980年2月13日
    • 現在年齢:42歳
    • 出身地:ソウル特別市
    • 血液型:O型
    • 身長:185cm
    • 体重:81kg
    • 活動内容:俳優

     

    イ・サンウさんは、2005年にテレビドラマ『18・29~妻が突然18歳!?』で俳優デビューし、2007年から2008年にかけて放送されたドラマ『糟糠の妻クラブ』の演技で、SBS演技大賞ニュースター賞を受賞しました。2012年にはドラマ『神々の晩餐』で、MBC演技大賞優秀演技賞を受賞しています。

     

    イさんは、週末放送のドラマに出演することが多かったそうで、「週末ドラマの皇太子」と呼ばれたことがあったそうです。

     

    イ・サンウさんの代表作には、『馬医』(2012年~2013年)『ハッピー・レストラン~家和萬事成~』(2016年)『一緒に暮らしませんか?』(2018年)『アンクル』(2021年~2022年)などがあります。

    2人に子供はいる?

    キム・ソヨンさんとイ・サンウさんの間に子供がいるという報道はなく、またキムさんが妊娠しているという話しもないので、まだ子供は授かっていないようです。

    2人はドラマで共演して出会った

    キム・ソヨンさんとイ・サンウさんは、ドラマの共演で出会ったそうですが、どんなドラマだったのか、また結婚後も共演してますが、そのドラマの題名などを調べてみました。

    2人の馴れ初めは?

    キム・ソヨンさんとイ・サンウさんは、2016年に放送された連続ドラマ『ハッピー・レストラン~家和萬事成~』で共演して出会ったと言われています。ドラマが終了した頃から交際がスタートしたらしく、約1ヶ月後に所属事務所を通して交際を認めました。

     

    でも、ドラマで共演する前に衣料ブランドの広告宣伝のときに共演したのが元々の出会いだったらしいです。そのとき、イさんは彼女が良い人だったので一緒にドラマで共演できたらいいなと思ったそうです。そして、共演が実現したわけです。

     

    交際のきっかけは、イさんが酔っぱらった勢いでキムさんの家に電話をかけ、一緒に飲んでいたタレントのチョン・チャヌさんが彼の代わりに告白してくれたことからだそうです。

     

    キムさんの理想のタイプは、「笑顔が可愛い人」だそうで、好きな芸能人はドラマ『ドリームハイ』のキム・スヒョンさんだとインタビューで答えたことがありました。イ・サンさんも笑顔が素敵ですよね。

    共演したドラマにはキスシーンも!

    キム・ソヨンさんとイ・サンウさんが共演したドラマは、中華レストラン「家事萬事成」を営むポン・サムボンと彼の息子や娘たちに起こる様々な問題を、家族で乗り越えようとするハートウォーミングストーリーです。

     

    キムさんは、有能な夫に嫁ぐが、最愛の息子を失ったことから姑とも上手くいかなくなった長女ヘリョンを演じています。イさんは、ヘリョンの息子の執刀医だった医師ジゴンを演じています。

     

    ドラマでは、偶然出会ったヘリョンとジゴンが、紆余曲折を経て愛し合うようになり結婚しますが、キスシーンがあったらしいです。

     

     

    2人は『ペントハウス2』でも共演

    2020年にスタートしたソウルの高級住宅地にそびえる100階建てのタワーマンションの住人達が繰り広げるラブサスペンスドラマ『ペントハウス』で、キム・ソヨンさんは元声楽科で芸術学校の人気講師チョン・ソジンを演じました。

     

    2021年の『ペントハウス2』の2話では、キムさんの夫イ・サンウさんが、記者役で特別出演しました。

    キム・ソヨンの現在(2022)は?

    40代のキム・ソヨンさんですが、現在も夫イ・サンウさんとの夫婦仲はいいのか?また女優活動は続けているのかなど、現在のキムさんのことを調べてみました。

    現在の年齢は?画像はある?

    キム・ソヨンさんは現在41歳ですが、ネットなどで彼女の現在の画像を見ても、とても41歳とは思えないくらいキレイです。

     

    彼女は、美しさをキープするためにスタイル管理に努力しているそうです。

     

    張りのある肌をキープするため休みの日は無条件に寝るそうで、皮膚科にも通っているらしいです。また、寝る前にアロエジェルを顔にたっぷり塗ってスリーピングパックのように活用するそうです。

     

    インナービューティーのため栄養サプリも細かく飲み、運動も欠かさないらしいです。

    現在も旦那とラブラブ

    キム・ソヨンさんとイ・サンウさん夫婦は、おしどり夫婦として知られていて、現在もとても仲が良いようです。

     

    2022年6月13日に、イさんが自身のインスタグラムで、妻のキムさんと一緒に自撮りしたバックハグの画像を投稿しましたが、イさんの胸にすっぽり入っているキムさんが明るい笑みを浮かべ、仲の良さが伺えます。

     

    この投稿に、「素敵なカップル」「とても見栄えが良い!」「甘すぎる」などのコメントが寄せられました。

    現在も女優として活躍

    キム・ソヨンさんは、最近は多くのドラマに出演しているわけではないですが、2021年には『ペントハウス3』など、現在も女優として活動しています。

    キム・ソヨンのドラマ・映画出演作3選

    数々のドラマに出演し、確かな演技力でファンを魅了する韓国女優キム・ソヨンさんの代表的なオススメのドラマや映画を幾つか紹介しましょう。

    ドラマ『ハッピー・レストラン~家和萬事成~』

    『ハッピー・レストラン~家和萬事成~』は、キム・ソヨンさんがイ・サンウさんと初共演したドラマです。

     

    レストラン「家和萬事成(カファマンサソン)」を舞台にした家族の愛と絆を描いた心温まる物語で、共演は、キム・ヨンチョルさん、イ・ピルモさん、チャン・インソプさん他。

     

    キム・ソヨンさんは、このドラマの演技が評価され、第5回APAN Star AwardsのTV長編ドラマ女性最優秀賞を受賞し、第9回コリアドラマフェスティバルでTV演技大賞とTV今年のスター賞を受賞しました。

     

    キムさん演じるヘリョンの元夫・ユ・ヒョンギを演じた共演のイ・ピルモさんも、APAN Star Awardsで男性優秀演技賞を受賞しています。

    ドラマ『ペントハウス』

    ドラマ『ペントハウス』シリーズは、「21世紀最高のマクチャンドラマ」としてファンを熱狂させた高視聴率をマークした話題作です。“マクチャンドラマ”とは、どん詰まりという意味合いからトンデモナイ状況に陥る韓流ならではのドラマを指すそうです。

     

    超高層マンションで暮らす人間たちのエグイ人間模様を描いたドラマで、キム・ソヨンさんは、相手を蹴落とし、人生の勝者になるためならどんなことでもいとわない狂気に満ちた稀代の悪女ソジンを演じています。

     

    キムさんは、ソジンを演じるに当たり、他の悪役俳優の映像を見て準備し、衣装は原色系にし、リップも主にレッドを使用したそうです。共演は、イ・ジアさん、ユジンさん、オム・ギジュンさん他。

     

    キムさんは、『ペントハウス』シリーズの演技が評価され、2021年に第57回百想芸術大賞・TV部門で女性最優秀演技賞を受賞しました。

    映画『セブンソード』

    キム・ソヨンさんは、2005年に香港のスピルバーグと呼ばれるツイ・ハーク監督の『セブンソード』に出演しました。

     

    物語は、清の時代の中国で、清朝の王が反抗勢力を一掃すべく、武術を習う者すべてを斬首刑にする“禁武令”を発し、それに対抗しようとする武術家が伝説の7本の剣と共に清の軍に立ち向かう武侠アクションです。

     

    キムさんは、武術家に助けられる美女リュイジュを演じました。共演は、レオン・ライさん、ドニー・イェンさん、スン・ホンレイさん他。

    キムさんは、映画出演は少ないですが、1997年に『チェンジ』、2012年に『GABI~国境の愛』(上画像)に出演しています。

     

    映画デビュー作の『チェンジ』は、落雷のショックで男の子と女の子が入れ替わってしまう韓国版『転校生』とも呼べる作品で、キムさんは外見は女の子だけど実は男の子という役を演じています。

     

    『GABI~国境の愛』は、1986年の朝鮮王朝の時代に、ロシア側と日本側のスパイとして宮廷に乗り込んだ元恋人同士の狂おしい愛を描いた時代劇ラブサスペンス。キムさんは、朝鮮初のバリスタとなったターニャを演じています。共演は、チュ・ジンモさん、パク・ヒスンさん他。

     

    2015年にはラブロマンス映画『今日の恋愛』に特別出演しました。この作品以降の出演作を調べましたが、出演映画はないようです。

    いつまでも仲睦ましいキム・ソヨンとイ・サンウ

    おしどり夫婦のキム・ソヨンさんとイ・サンウさん。インスタグラムでも、仲の良い夫婦の画像が投稿されています。まだ子供には恵まれていませんが、年齢的なこともありますし、ぼちぼち子作りに励むのでは?とも思われます。

     

    いずれにしろ、いつまでも仲良く手に手を取り合って暮らしていって欲しいものですね。

    関連記事をチェック

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ