記事ID148636のサムネイル画像

ジャニーズ歴代グループのデビュー順を徹底紹介!今までに何組いる?

長きにわたり男性アイドルグループを次々に排出してきたジャニーズ事務所。これまでにデビューしたグループには、どういったものがあるのでしょうか。そこで今回は、ジャニーズ事務所の歴代グループを徹底紹介したいと思います。

歴代グループのデビュー順やデビュー曲①

ジャニーズ事務所は、1960年代に設立されて今日に至ります。長い年月の中で数々のグループが登場してきました。

ところで、グループのデビュー曲について、どのくらい記憶にあるでしょうか。今回は、各グループのデビュー曲にフォーカスを当てて紹介します。まずは、初代グループから1970年代について振り返ってみましょう。

ジャニーズ

記念すべきジャニーズ事務所で最初にデビューしたのが、あおい輝彦さんらを擁したジャニーズでした。実はジャニー喜多川さんが近所で野球を教えていた時のメンバー4人で構成されていたのです。

 

1964年12月に「若い涙」がデビューシングルとなり、1965年にNHKの紅白歌合戦にジャニーズ事務所初のグループとして出演し活躍していましたが、1967年に解散しています。

フォーリーブス

おりも政夫さんらを擁したフォーリーブスは、「オリビアの調べ」で1968年9月にデビュー。1970年にはブロマイドの売上が男性歌手部門の1位となりトップアイドルとなりました。

 

ジャニー喜多川さんとメリー喜多川さんによると、「フォーリーブスはメンバー内にエースを作らないというポリシーを持っていた」と語っています。

 

このため、ステージでは歌もダンスも特定のメンバーが目立つということがなく、その後に結成されたグループとは一線を画しているといわれています。

 

フォーリーブスは1978年に解散しましたが、2002年から2009年まで復活していました。

ジュニア・スペシャル

1974年に結成されたジュニア・スペシャルは1975年2月21日に「ベルサイユのばら」でデビューを果たしました。

 

その後メンバーは、1978年7月に「VIP」として再デビューしたことでジュニア・スペシャルは消滅しています。

リトル・ギャング

1975年7月25日に「アイラブ・ユー」でデビューしたリトル・ギャングはシングルを2枚とアルバム1枚をリリースした後に僅か1年で解散。

 

元メンバーの松原秀樹さんはベーシストとして、曽我泰久さんはソロのシンガー兼ミュージカル俳優として活躍しています。

VIP

1978年7月21日に「南十字星」でデビューを果たしました。VIPは男女混合のグループというジャニーズ事務所としてはかなり珍しいグループ。1979年に解散しています。

歴代グループのデビュー順やデビュー曲②

1980年代はアイドル全盛期と呼ばれた時代で、男女共にアイドルの文化が花開いた時代です。現在も現役の芸能人として活動するメンバーも。

そんな昭和後期から平成初期までを駆け抜けたグループを見ていきましょう。

シブがき隊

1982年5月5日に「NAI-NAI16」でデビューを果たしたシブがき隊は、この当時「~トリオ」という名前の3人グループが乱立していた時代。

 

ジャニー喜多川さんが目立たせるための奇策として考案したのは、敢えてグループ名の末尾に「隊」を付けたというもの。こういった戦略が功を奏しシブがき隊は売れっ子になりました。

 

1988年8月に開催されたコンサートで解散を宣言し、同年11月に代々木第一体育館でのコンサートをもって解散。現在のメンバーは、各々の分野活躍しています。

イーグルス

イーグルスは、1983年3月25日に「走れ!ゴーインBOY/イーグルサムのマーチ」でデビュー。平均年齢が14.4歳でキャッチフレーズは「ジャニーズ事務所の秘蔵っ子」です。

 

デビューした後も先輩歌手の田原俊彦さんや、シブがき隊などのバックダンサーとしても活動していました。

 

人気メンバーだった中村繫之さんがNHKの「レッツゴーヤング」のレギュラーにソロで出演するようになったことで、グループは自然消滅しています。

THE GOOD-BYE

1983年に結成されたTHE GOOD-BYEは、野村義男さんのバックバンドとして結成されたグループ。当時は「ヨッちゃんBAND」名義でしたが、デビュー時にグループ名の変更なされたのです。

 

同年9月1日に「きまぐれ One Way Boy」でデビューを果たしましたが1990年に活動を休止。

 

その後2003年にデビュー20周年を記念し、活動を再開。現在も非定期でコンサートを行っています。

少年隊

少年隊は、1985年12月12日に「仮面舞踏会」で鮮烈なデビューを果たしました。1986年の紅白歌合戦に出場してから8年連続で出場したという記録を持っています。

 

現在、錦織一清さんと植草克秀さんはジャニーズ事務所を退所していますが、グループは解散していません。

 

東山紀之さんは事務所に残っていて、俳優としてドラマや映画にと多忙な生活を送っています。

光GENJI

1987年8月19日に「STAR LIGHT」でデビューした光GENJIは、当時のジャニーズ事務所史上最高のヒット作品となり、社会現象を巻き起こしました。

 

1988年のオリコン年間ランキングは1位~3位までを光GENJIが占め、同年リリースした「パラダイス銀河」がレコード大賞を受賞。

 

しかし、1990年以降はメンバーの脱退により「光GENJI SUPER5」にグループ名を変更。1995年には完全に解散しています。

男闘呼組

1988年8月24日に「DAYBREAK」でデビューした男闘呼組は、これまでのジャニーズ事務所のグループにはない、ロック路線が特徴的。

 

独自路線を歩むも、1993年に解散しました。現在は岡本健一さんのみが事務所に所属しています。

歴代グループのデビュー順やデビュー曲③

1990年代にデビューしたグループのデビュー曲を紹介します。この年代からは、芸能人として様々な形でテレビなどのメディアに登場しているメンバーも多いことから、ご存知の方も多いかもしれません。

忍者

忍者は「お祭り忍者」で1990年8月22日にデビュー。1980年代後半から続くアイドルブームにマッチしたグループとして売り出されていました。

 

しかし、アイドルブームが去ると、2名のメンバーが脱退したりと形を変えながら活動を継続していたのですが1997年に解散しています。

SMAP

1991年9月1日に「Can’t Stop!!−LOVING−」でデビューしたSMAP。この時期、アイドル低迷期であったことから、シングルチャートは低迷するなど苦労した時期があったのです。

 

この状況を打破したのが、新たなマネージャーの飯島三智さん。これまで敬遠してきたバラエティ番組やお笑い番組にも出演し、本職顔負けの芸人ぶりが却って親しみが湧き人気に繋がることに。

 

バラエティも歌でも実力を発揮し、次第に国民的なアイドルとして立場を確立。メンバーの森且行さんの脱退を経て2016年に解散しています。

TOKIO

1994年9月21日にデビューしたTOKIOのデビュー曲は「LOVE YOU ONLY」です。SMAPに続き、バラエティ番組でお茶の間の人気を博しました。

 

これまでに長瀬智也さん、山口達也さん、小島啓さんの3人の脱退がありましたが、現在もグループ活動を継続しています。

V6

1995年に開催されたバレーボールワールドカップのイメージキャラクターとして結成されたのがV6です。デビューシングルは「MUSIC FOR THE PEOPLE」で、同年11月1日にデビュー。

 

2021年11月1日の幕張メッセでのコンサートをもって、解散し26年間の歴史に幕を降ろしました。

KinKi Kids

Kinki Kidsは1997年7月21日に「硝子の少年」でデビュー。ジャニーズ事務所にとっては初めてのデュオで、初の関西出身グループです。

 

2022年現在も活動を継続中で3月には「高純度 romance」をリリース。2人共、日頃はソロの活動を行い、それぞれの強みを活かしています。

嵐は1999年11月3日に「A・RA・SHI」でデビュー。2020年にグループは活動を休止し現在に至ります。なるべくメンバー全員で揃って仕事をすることをしないようにしているのだとか。

 

これまでジャニーズ事務所はストリーミング配信を行っていませんでしたが、2019年10月に嵐の代表楽曲で初挑戦。翌年には全アルバムの楽曲が配信されています。

歴代グループのデビュー順やデビュー曲④

多くのメンバー、元メンバーの年齢は、20代後半から30代多いのが2000年代のデビュー組ではないでしょうか。どんなグループがあるのか見ていきましょう。

タッキー&翼

タッキー&翼は、2002年9月11日にアルバム「Hatachi」でデビュー。2人はデビュー前に海外公演も行っていました。2人はジャニーズJr.のリーダー格という、肝いりのデュオだったのです。

 

2017年9月3日に、デビュー15周年目前に、話し合いの上活動を一旦休止することを発表。その後活動を再開することなく2018年に解散しています。

 

滝沢秀明さんは、ジャニーズ事務所の副社長兼ジャニーズアイランドの社長に就任。今井翼さんは事務所を退所しています。

NEWS

NEWSは、2003年11月7日に「NEWSニッポン」でデビュー。当初は山下智久さんを中心とした9人のメンバーが所属していましたが、様々な理由で脱退が続き現在は3人で活動しています。

関ジャニ∞

メンバー全員が関西出身の関ジャニ∞は、関西出身のグループとしては、ジャニーズ事務所2組目のグループです。

 

2004年9月22日に「浪速いろは節」でデビュー。その名の通り8人編成でしたが、3人が脱退し現在は5人で活動を継続しています。

KAT-TUN

メンバー6人の頭文字を取って付けたグループ名のKAT-TUNは、2006年3月22日に「Real Face」でデビュー。

 

結成当初からアイドルという型にはまらない、個性的なグループとして知られてきました。メンバーは3人が脱退し、3人で活動を継続しています。

Hey!Say!JUMP

2007年11月14日に、「Ultra Music Power」でデビューしたHey!Say!JUMPはメンバー全員が平成生れ。

 

メンバー2人が脱退し8人で活動していますが、2022年1月29日に八乙女光さんが突発性難聴により活動休止を発表しました。

歴代グループのデビュー順やデビュー曲⑤

2010年代にデビューを果たしたグループは、デビューまで長い期間下積みを経験したグループが出ています。

また、正統派の美形アイドルが多く誕生したこともこの世代の特徴ではないでしょうか。

NYC

2010年4月7日に「勇気100%」でデビューを果たしたNYCは、山田涼介さんなど、期間限定前提で結成されたグループ。

 

2013年以降は、アイドル雑誌からはグループ名が消えて活動も行っていないことから実質解散状態であるようです。

Kis-My-Ft2

Kis-My-Ft2は2005年に結成されました。これまで嵐やKAT-TUNなど先輩グループのバックダンサーを努めたり、得意なローラスケートパフォーマンスを行うなど、長い下積み期間を積んできました。

 

2011年8月10日に「Everybody Go」で結成から6年でやっとデビューを果たしたのです。脱退したメンバーは1人いますが、現在7人で活動しています。

Sexy Zone

Sexy Zoneは、「セクゾ」や「sz」などの愛称で親しまれる5人グループ。2011年11月16日に「Sexy Zone」でデビュー。この楽曲は初登場1位を記録し、話題に。

 

現在も活動を継続しているのですが、マリウス葉さんは、2020年12月2日から体調不良で、休止中です。

A.B.C.-Z

A.B.C.-Zは2012年2月1日にDVD「Za ABC~5stars~」でデビュー。実はジャニーズ事務所でDVDでデビューというのは初の試みだったのです。

 

メンバー全員がバク宙が出来るというアクロバティックなグループなので、その良さはDVDでも充分伝わる、という意図があったのだとか。現在も5人で活動しています。

ジャニーズWEST

ジャニーズWESTは2014年4月23日に「ええじゃないか」でデビュー。現在も7人で活動を継続しています。

King&Prince

キンプリの愛称で親しまれるKing&Princeが「Mr.King vs Mr.Prince」として結成されたのは2015年のこと。デビュー最有力と言われながらも中々叶わずマスコミからも「デビュー打ち止め」と囁かれることに。

 

その後グループ名はKing&Princeとなり、2018年5月23日に、『シンデレラガール』で念願のデビューを果たしています。


ジャニー喜多川さんが生涯最後に送り出したグループとなりました。そして、2021年に岩橋玄樹さんがグループを脱退し5人で活動中です。

歴代グループのデビュー順やデビュー曲⑥

コロナ禍に入った2020年以降、近年デビューを果たしたグループのデビュー曲を見ていきましょう。この年代は、滝沢秀明さんが新たなグループを世に送り出しています。

Snow Man

2020年1月22日に、「D.D./Imitation Rain 」でデビュー。発売初日に77.3万枚を売り上げてオリコンデイリーランキングで初登場1位、発売3日目では累計109万枚を売り上げてミリオンを達成しています。

SixTONES

上記のSnow Manと同日にデビューしたSixTONESが結成されたのは2015年5月1日のこと。実は、その前身となるグループとしては2011年から活動していたのです。

 

こういった長い下積みがあったことから、メンバーは事務所を辞めることを真剣に検討した結果、ジャニー喜多川さんに「1曲だけでもいいから6人でやらせてほしい」と直訴したことで結成に至りました。

 

結成5年の年月を経てようやく2020年1月22日にSnow Manと同日、同作品の「D.D./Imitation Rain」でデビューを果たしています。

なにわ男子

なにわ男子は2021年11月12日に「初心LOVE」でデビュー。2022年4月27日には2枚目のシングル「The Answer/サチアレ」をリリースしています。

解散しているグループは何がある?

これまでジャニーズ事務所では、結成してデビューしたグループが多数あるのですが、グループの累計数と、解散数が何組あるのかを見ていきましょう。

これまでにデビューしたのは何組?

これまでにデビューしたジャニーズ事務所のグループは31組。ジャニーズ事務所が設立されたのが1962年なので、2022年現在は設立60周年ということになります。

解散してしまったグループは何組?

解散したグループやユニットは15組。人気のグループでも年齢が上がってくると解散したり活動を休止したりする傾向があるのでこれは、仕方のないことなのかもしれません。

半数が解散してしまっている

国民的なアイドルとして知られるSMAPは2016年の大晦日をもって惜しまれながら解散したことが大々的にメディアで報道されました。

 

しかし、SMAPより前にデビューしたグループも少年隊を除いてほぼ解散しています。

ジャニーズ歴代グループの約半数は解散していた!

ジャニーズ事務所は、1962年に設立され初代社長のジャニー喜多川さんが見出した、あおい輝彦さんらを擁したジャニーズの4人が「ジャニーズ」でデビューしたのがはじまり。これまでのデビュー順に歴代グループをカウントしていくと31組です。

 

年代毎にデビューしたグループを見ていくと、その時代における戦略が見て取れる興味深いデータとなっています。歴代グループの約半数にあたる15組が解散。

 

活動している期間が長い少年隊もグループは存続していますが、ソロでの活動が増えているためか3人での活動が行われていません。

 

2020年以降は、滝沢秀明さんが新たなグループを世に送り出しています。今後彼らがどんな活躍をしていくのか、まだデビューしていないグループについても注目していきましょう。

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ