記事ID148498のサムネイル画像

子役・ジュニアアイドル出身の有名人・芸能人・アーティストは?

テレビでは子役が必要ですし、ジュニアアイドルとしてDVDなどを発売するケースもあるでしょう。そこで今回は、かつて子役やジュニアアイドルとして活動をしていた経験を持つ、有名人を紹介します。どういった人たちが、子役・ジュニアアイドルをしていたのでしょうか。

子役やジュニアアイドルはどんなもの?

まずは、子役やジュニアアイドルについて迫ってみたいと思います。子役やジュニアアイドルとは一体どういったものなのでしょうか。子役とジュニアアイドルの違いについても触れてみましょう。

低年齢のアイドル

ジュニアアイドルとは、低年齢のグラビアアイドルもしくはアイドルのことです。具体的な年齢でいうと、おおむね15歳以下の中学生を指します。また、16歳や17歳程度のアイドルを指すこともあるでしょう。

チャイドルとの造語もできた

1990年頃に、フリーライターで作家の中森明夫により”チャイドル”という造語も作られました。チャイドルとは、”チャイルド”と”アイドル”を合わせた言葉です。

ジュニアアイドルと子役の違い

ジュニアアイドルは低年齢のグラビアアイドルやアイドルですが、子役との違いはどこにあるのでしょうか。ジュニアアイドルは、グラビアを中心にタレント活動をしています。一方の子役は俳優や女優として演技を行っているのです。映画やドラマ等に出演しているでしょう。

子役とジュニアアイドルは、活躍の場が異なるということになります。

きゃりーぱみゅぱみゅは水着DVDを出した?

中田ヤスタカのプロデュースで歌手活動もしてきたきゃりーぱみゅぱみゅ。実は、彼女も子供のころから活動をしていました。さて、きゃりーぱみゅぱみゅはどういった活動をしていたのでしょうか。

本名でジュニアアイドルをやっていた

きゃりーぱみゅぱみゅは、2009年に読者モデルとして活動を開始しています。原宿で撮影されたストリートスナップで、雑誌『KERA』に登場したのです。しかしその前には、本名である“竹村桐子(たけむらきりこ)”としてジュニアアイドルをやっていた時期があります。

12歳で水着DVDを出している?

きゃりーぱみゅぱみゅであると思われる人物が、12歳で水着のDVDを出しています。そのDVDは、“ロリオタ”がターゲットになっていると分かる構成になっているでしょう。

ファッションスナップにも登場

高校生の頃には、きゃりーぱみゅぱみゅがファッションスナップに登場して「可愛い」と話題になっていました。それだけ彼女は、注目を集める存在であったということかもしれません。

グラビアを否定

きゃりーぱみゅぱみゅ自身は、グラビアをやっていたことを否定しています。彼女は2016年4月15日に『ダウンタウンなう』に出演しましたが、「グラビア、やったことないですね」と言っていたのです。きゃりーぱみゅぱみゅにとっては、ジュニアアイドル時代は黒歴史となっている可能性があるでしょう。

大島優子は子役だった?

AKB48の人気メンバーだった大島優子は、子役をしていたことがありました。また、ジュニアアイドルとしての活動も行っていた模様です。では、大島優子は過去にどういった活動をしていたのでしょうか。

『週刊文春』で暴露される

2013年1月24日号の『週刊文春』に、『衝撃写真発掘!AKB大島優子 封印された『児童ポルノの過去』というタイトルの記事が掲載されました。記事タイトルだけでも、際どい内容が想像できるかもしれません。

7歳から子役をしていた

大島優子は、母親の勧めにより7歳だった1996年からセントラル劇団に所属しています。そして、子役として活動をしていました。例えば、1996年のドラマ『ラブの贈り物』に友達役で出演しています。また、『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜』の第4話に大林加代子役で出演しました。

この他、大島優子は子供の頃から多数のドラマや映画に出演して経験を積んでいるのです。

イメージDVDのリリース

紹介したい対象となる人や物のイメージを、映像化した“イメージビデオ”というものがあります。ジュニアアイドルとしての大島優子は、12歳の頃に『Growing up!』、14歳の頃には『adolescence』といったイメージDVDをリリースしました。

Doll's Voxに所属

AKB48のメンバーだったことでも有名な大島優子ですが、それ以前にもアイドル活動をしていました。大島優子は、2000年頃からジュニアアイドルとして活動をするようになりました。2006年に、高見沢俊彦(THE ALFEE)がプロデュースしたジュニアアイドルユニット『Doll's Vox』に所属していたのです。

このグループのメンバーは、総勢で25名いたとされているでしょう。なお大島優子は、こうした子役やジュニアアイドル時代も含めると芸歴が20年以上に上ります。

戸田恵梨香は小学生から活動?

NHKの朝ドラでもヒロインを演じるなど女優として活躍してきた戸田恵梨香ですが、彼女も子供の頃から芸能活動をしている1人です。では、戸田恵梨香はどういった活動をしていたのでしょうか。

小学生の頃から芸能界で活動

戸田恵梨香は、11歳だった小学5年生の頃に芸能界入りしています。彼女は、ドラマのNGシーンを放送するバラエティ番組を見て、撮影現場での役者たちの楽しそうな姿に惹かれたのでした。そして、この世界に惹かれるようになったとされているでしょう。

 

これを機に、両親が芸能事務所のオーディションを受けさせ、合格したことで芸能界に入っています。なお彼女は、2006年の映画『デスノート』の弥海砂(あまねみさ)役で注目されるまでは、イメージビデオや写真集をリリースしていました。

マニアの間にお宝となっている

戸田恵梨香は、2002年の『Sweet first DVD』や2004年の『妖精の泉〜陽だまりをかんじながら〜』などといったタイトルのイメージDVDを4本リリースしています。これらのイメージDVDは際どい水着姿も見られるため、マニアの間ではお宝となっているでしょう。

ジュニアアイドル時代の写真も出回っている

インターネットの掲示板では、『戸田恵梨香のジュニアアイドル時代が可愛すぎる』として当時の画像が投稿されています。掲示板には、『可愛い』や『透明感ある』などといったコメントが書かれているでしょう。

佐々木彩夏は夢を叶えた?

アイドルグループ・ももいろクローバーZの最年少として活躍している佐々木彩夏。彼女もジュニアアイドルをしていたといいますが、それは本当なのでしょうか。次に、佐々木彩夏のジュニアアイドル時代について探ってみたいと思います。

ジュネス企画にスカウトされる

佐々木彩夏は、小学1年生だった2003年にジュネス企画にスカウトされたことで、芸能界に入りました。テレビ東京の人気番組である『おはスタ』に、“おはキッズ”として2005年8月 から2007年9月までレギュラー出演しています。なお、小学5年生だった2007年にスターダストプロモーションに移籍しました。

『Very Little!』に登場

佐々木彩夏は、2004年発売のDVD『Very Little!』に加藤茜や神崎愛瑠と共に登場しています。また加藤茜、神崎愛瑠とは、写真集『プチエンジェル』でもコラボしています。

長澤まさみも子役で活躍していた?

『コンフィデンスマンJP』など様々な作品に出演し人気の女優である長澤まさみ。彼女も子役からスタートしていて長い経歴を持っていることを知っているでしょうか。続いては、長澤まさみの子役としての活躍や子供時代についてご紹介します。

東宝・シンデレラオーディションでデビュー

長澤まさみは12歳の時に、第5回東宝・シンデレラオーディションでグランプリを獲得したことにより、芸能界デビューしました。35,153人の中から、史上最年少でのグランプリ獲得となったのです。そして、2000年に公開された映画『クロスファイア』において、映画デビューを飾っています。

子役やモデルをしていた

長澤まさみは、デビューした後は大きくブレイクしたということはなかった模様です。しかし子役として経験を積んでいき、モデルとしても活動していました。彼女の初ドラマ出演は、2000年12月の『秘密~弁護士迫まり子の遺言作成ファイル』です。

また長澤まさみは、ティーン誌『ピチレモン』の専属モデルにもなっているでしょう。

中学2年生で上京

2001年に連続ドラマ『Pure Soul〜君が僕を忘れても〜』への初レギュラー出演が決まりました。これに合わせて、長澤まさみは中学2年生で上京をしています。そして、中野区立第九中学校(現・中野区立中野中学校)に進学しました。なお当初は、大塚ちひろ(現・大塚千弘)と2人で暮らしていたといいます。

映画『ロボコン』で新人俳優賞

2003年に公開された映画『ロボコン』で、長澤まさみは第27回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞しました。この映画が、彼女の初主演作品だった模様です。また、ゴジラシリーズ第27作『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』や、2004年の最終作『ゴジラ FINAL WARS』に、“小美人”役で出演しています。

この際には、東宝「シンデレラ」オーディションで審査員特別賞に選ばれた大塚ちひろと共演しました。

元サッカー日本代表・長澤和明の娘

長澤まさみの父親は、元サッカー日本代表である長澤和明です。長澤和明は、Jリーグに参入する前のジュビロ磐田(ヤマハ発動機サッカー部)の監督も務めた人物でもあります。そうしたこともあり、長澤まさみは父親の教え子でもある中山雅史とは幼少期より顔見知りであったとされているでしょう。

沢尻エリカは小学生で芸能界入りした?

世間を騒がせた女優・沢尻エリカも子供の頃から芸能界で活動をしています。彼女の子供のころの活動について見てみましょう。沢尻エリカは一体どういった活動を行っていたのでしょうか。

小学6年生で芸能界入り

沢尻エリカは、父親が日本人であり母親がアルジェリア系フランス人というハーフです。1986年生まれの彼女は、小学6年生だった1997年に芸能界デビューしました。彼女が芸能界デビューしたのは、安室奈美恵がきっかけだったといいます。

 

沢尻エリカは安室奈美恵が大好き過ぎて、芸能界に入ったら”安室奈美恵に会えるのだと勘違い”していたのでした。そして、事務所に履歴書を送り(証明写真ではなくプリクラを貼ったという)デビューすることになったのです。

 

彼女の最初の仕事は、漫画誌「りぼん」の懸賞ページのモデルでした。その後、雑誌「ニコラ」のモデルとなっています。

『ホットマン』で連ドラデビュー

沢尻エリカは、2003年に北海道文化放送30周年企画ドラマ『ノースポイント フレンズ』に出演しました。この際には、岩佐マミ役を演じテレビドラマに初めて出演しています。そして同年放送のドラマ『ホットマン』に秋川さつき役で出演しました。これが、沢尻エリカの連ドラ初出演となっています。

なお映画は、2004年に『問題のない私たち』で新谷麻綺役を演じ準主演を務めデビューしています。

『1リットルの涙』などでブレイク

沢尻エリカは、19歳で出演した映画『パッチギ!』や、ドラマ『1リットルの涙』などでブレイクしました。若くして女優としての才能が開花したということでしょう。

浜崎あゆみは福岡でスカウト?

アーティストとして一時代を築いた浜崎あゆみ。“女子高生に絶大な人気があった”というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、彼女はその前に様々な活動をしてきたことを知っているでしょうか。最後に、浜崎あゆみのブレイク前について迫ってみたいと思います。

地元・福岡でスカウトされる

1978年生まれの浜崎あゆみは、福岡県福岡市で生まれ育ちました。父親が蒸発したことで、母子家庭だったとされています。彼女は、地元である福岡で、小学生の頃にスカウトされたことにより芸能界入りしています。芸能界に入った当時は、浜崎くるみとして地元のポスターに掲載されるなどしていました。

例えば、福岡中央銀行のポスターあるいは地元商業広告に登場しています。

高校で上京する

その後に、浜崎あゆみは東京のサンミュージック(現・サンミュージックプロダクション)に紹介され、所属することになります。彼女は、高校進学を機に上京したのです。その頃には都営地下鉄浅草線浅草駅に、加藤晴彦と共にタレント養成所の広告に掲載されました。

そして、社会現象ともなった『未成年』などのドラマにも出演しています。

19歳で歌手デビュー

浜崎あゆみは、1998年に19歳で楽曲『poker face』で歌手デビューしました。その後は、”女子高生のカリスマ”と呼ばれるまでの人気を誇るようになっていきます。

あゆのサクセスストーリーがドラマに

2019年に、小松成美の執筆した『M 愛すべき人がいて』というノンフィクション小説が出版されました。これは、浜崎あゆみのデビュー秘話や恋愛模様が描かれた作品であり、執筆にあたり浜崎あゆみ自身にもインタビュー取材が行われたといいます。

この小説は、2020年に安斉かれん主演でドラマ化されました。

子役やジュニアアイドル出身者は色々いる!

子供の頃から芸能界に入り活動を続けてきたという有名人も少なくありません。子供の頃から子役やジュニアアイドルとして経験を積み、その後に女優や歌手として飛躍するケースも多数あるでしょう。個性溢れるアーティストであるきゃりーぱみゅぱみゅも、ジュニアアイドルでした。

また、戸田恵梨香や長澤まさみといった主役を務めるほどの女優たちも子役などの経験をしてきていたのです。今後も、子役やジュニアアイドルからトップ女優やアーティストは誕生するかもしれません。これからも、様々な才能が開花していくことが期待されるでしょう。

ジュニアアイドルの関連記事

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ