記事ID148349のサムネイル画像

前田智徳が天才と呼ばれた理由は?残した伝説や名言とは?現在は?

『孤高の天才』の異名を持つ元プロ野球選手・前田智徳。彼が天才と呼ばれたのはどこに理由があったのでしょうか。そこで今回は、前田智徳が天才と呼ばれた理由や伝説、名言などについて迫ってみたいと思います。また、イチローとの逸話などもご紹介します。

前田智徳のプロフィール

本名(ふりがな):前田 智徳(まえだ とものり)

生年月日:1971年6月14日

現在年齢:50歳

出身地:熊本県玉名市

血液型:AB型

身長:176cm

体重:80kg

活動内容:野球解説者

家族構成:妻・西岡英美/長男・前田智徳/次男・前田智徳/長女・前田菜々子

広島カープに入団

1987年に熊本工業高校に入学した前田智徳さんは、計3回甲子園に出場します。3年生の年の甲子園大会後は、西武ライオンズを除く11球団が熊本工業に、前田智徳さんの自宅には8球団がスカウトに訪れています。

 

地元の福岡ダイエーホークスは、特に熱心で1989年のドラフトで上位指名を考えていたそうです。 しかし、実際はダイエーからは指名されることはなく、広島カープに4位で指名されて入団しました。

リーグ優勝に貢献

広島に入団した前田智徳さんは、1990年6月6日のヤクルトスワローズ戦で、公式戦初出場を果たします。初めての試合では、4打数2安打1打点を記録しました。走攻守が揃った外野手として、1991年よりレギュラーを獲得しました。

 

開幕戦は、プロ入り第1号となる先頭打者ホームランを放っています。先発落ちした試合もありましたが、6月には2番バッターに定着しました。129試合に出場してリーグ優勝にも貢献しています。

4年連続でゴールデングラブ賞受賞

打撃の天才というイメージの強い前田智徳さんですが、守備でも非常に高い評価を受けています。1991年から1994年まで、4年連続でゴールデングローブ賞を獲得しています。ゴールデングローブ賞は、そのポジションで最も卓越した守備力を持つ選手が受賞します。

 

19歳のゴールデングローブ賞受賞は、当時の最年少記録でした。1992年には外野手としてベストナインに選出され、1994年まで3年連続でベストナインに選ばれています。

右足アキレス腱断裂

プロ入りから順調にキャリアを積んできた前田智徳さんですが、1995年に右足アキレス腱を断裂する大怪我を負ってしまいます。この怪我は急激な肉体改造による体重増加が、原因と本人は語っています。

 

アキレス腱断裂は、前田智徳さんのプロ野球人生に影を落とすことになります。それでも1996年には復帰し、規定打席に到達して打率3割1分3厘を記録しました。2001年には右足アキレス腱の手術をしています。

野手キャプテンを務める

怪我の影響で休場も多くなった前田智徳さんですが、2005年には146試合すべてに先発出場を果たします。自己最多の172安打を達成し、打率3割1分9厘、32本塁打を記録します。2006年には野手キャプテンに指名され、史上40人目となる3000塁打を達成しました。

 

2007年は4年ぶりにシーズン打率が3割を切りますが、日本プロ野球で史上36人目となる通算2000本安打を達成しています。

一軍打撃コーチ補佐兼任と引退

2008年から前田智徳さんは先発出場が少なくなり、徐々に代打選任として出場するようになります。それでも、2軍に落ちることはありませんでした。2013年は選手と一軍打撃コーチ補佐を兼任することになります。

 

しかし、4月に右手首を骨折してしまいます。復帰を目指しましたが、2013年9月27日に現役引退を表明しました。

プロ通算成績

前田智徳さんのプロ通算成績は、2188試合出場7008打数2119安打295本塁打1112打点、打率3割2厘です。規定打席に達して、打率3割以上は11回もあります。立派な成績ですが、打撃タイトルを獲得したことはありませんでした。

 

プロ野球を代表する天才打者の通算成績としては、ぱっとしないと感じるかもしれません。とはいえ、プロ入り6年目にアキレス腱を断裂し、それを乗り越えての成績ですから非常に重みがあります

前田智徳はなぜ天才と呼ばれたの?

天才と呼ばれるプロ野球選手は、少なくありません。しかし、Googleで「プロ野球 天才」打ち込むとサジェストキーワードに表示されるのは「前田」という名前だけです。実際、前田智徳さんは、多くの選手から天才と評されています

イチローなどに“天才”と呼ばれた

前田智徳さんは、天才と呼ばれた選手や球界のレジェンドから天才と呼ばれています。安打製造機として有名なイチローさんは前田智徳さんを尊敬していて、前田智徳さんのことを「本当の天才」と呼んでいたそうです。

 

3度三冠王に輝いた落合博満さんは、バッティングに関して「真似していいのは前田だけ」と発言しています。ミスターこと長嶋茂雄も「彼は文句なしで天才」とコメントするなど、前田智徳さんは多くの選手から称賛されています。

ヒットをホームランにできず泣く

前田智徳さんはホームランにできる球を打ちそこなって、センター前ヒットになったことに悔し涙を流したエピソードが有名です。普通の選手ならヒットを打ったことを喜ぶのは普通ですが、前田智徳さんの意識の高さが良くわかります。

ファール打球が印象的

前田智徳さんは引退後のインタビューで、野球人生で一番印象的な打球について聞かれたことがあります。それに対する答えは、「ファールなら一度ある」というものでした。納得する打球を打ったことがほとんどないという事実もそうですが、印象的な打球がファールだというのが驚きです。

 

前田智徳さんの打撃に関するこだわりの強さと独自の価値観が伝わる答えでしょう。

前田智徳が残した伝説や名言がある?

前田智徳さんは、数々の伝説や名言と呼ばれる言葉を残しています。前田智徳さんの伝説や名言についてまとめました。

理想のバッティングと言われる

前田智徳さんのバッティングは多くの選手から称賛されていますが、バッティングフォームに関する伝説があります。前田智徳さんが入団した当初の監督山本浩二さんは、「ピッチャーに関係なく、全て自分のスイングでボールを処理している」「技術的には何も教えることがなかった」と発言しています。

 

バットを振る際は頭は動かずに首から下だけ回転しており、非常に安定していることがわかります。プロ野球の歴史の中でバッター理想とされる動作をほとんど網羅しているため、『理想のバッティング』としてプロの間で伝説になっています。

いや、来た球を打つんですよ

入団間もない頃、達川光男に「打席でどんな球を待っとるんや?」と聞かれた前田智徳さんは、「いや、来た球を打つんですよ」と答えています。この発言を聞いた達川光男さんは、「こいつは天才だ」と感心したようです。

もう前田智徳というバッターは死にました

右アキレス腱を断裂で1年ほどのリハビリ中に、「もう前田智徳というバッターは死にました」・「もう片方も切れて欲しい」と前田節が飛び出したことがあります。怪我を境に思うようなプレイができなくなったことで出た言葉ですが、理想の高い前田智徳さんだからこその発言でしょう。

打つ気にもならん

前田智徳さんは、オープン戦でバットも振らずに三球三振したことがあります。なぜバットを振らなかったのか聞かれて、「打つ気にもならん。あんな球プロの投げる球じゃない」と発言しています。この時の顔は、険しかったそうです。

 

こういった発言から、前田智徳さんは怖いと有名です。この時、投げたピッチャーは左投手とされていますが、誰なのかわかっていません。

狙わんでも打つところに価値がある

打撃について質問された前田智徳さんは、「狙ったら、誰でもある程度は打てますよ。狙わんでも打つところに価値がある」と答えたそうです。ヤマを張ったところに球が来たらある程度打てるのは当たり前、ヤマを張らなくても打てるのが名打者という意味だと言われています。

前田智徳は現在どうしている?

前田智徳さんは、現在どうしているのでしょうか?広島カープとの契約や野球解説者、タレント、意外なスポーツでの活躍などをまとめました。

広島球団とアドバイザー契約を締結

前田智徳さんは、引退間もない2013年12月26日に広島球団とアドバイザー契約を締結しました。グッズなど商品開発へのアドバイスや球団主催イベントに出演することが主な仕事ということです。前田智徳さんは、元選手としての立場と一ファンとしての立場の両方から役に立ちたいとコメントしていました。

野球解説者

前田智徳さんは、2014年から野球解説者としても活動しています。広島市に本社がある中国新聞の野球評論家、テレビ朝日の野球解説者などを担当しています。テレ朝スポーツYouTubeでは、「野球の話をするんじゃ!!」を担当しています。

タレント活動もしている

引退後の前田智徳さんは、タレントとしてテレビにも登場しています。現役の頃は武骨で気難しいイメージが強かったですが、スイーツ好きな一面を見せています。また、別人のようによく喋るようになったとして、昔からのファンを驚かせています。

 

元々スイーツ好きだったようですが、アキレス腱を断裂してからは怪我をしないために食事に気を使うようになったようです。対談では喋ることは、エネルギーを使うとも発言しています。

アマチュアゴルファー

前田智徳さんは、アマチュアゴルファーとしても活動しています。2021年には中国アマチュア選手権で4位に入賞し、日本アマチュアゴルフ選手権への出場権も獲得しました。ゴルフでも才能を発揮しているようです。

 

日本アマチュアゴルフ選手権の期間中に仕事が入っていたため、出場は未定となっていましたが最終的に出場しませんでした。

前田智徳とイチローの関係はどんなもの?

比較されることも多い前田智徳さんとイチローさんの関係はどんなものなのでしょうか?前田智徳さんとイチローさんの背番号に関するエピソードや2人の関係などについてまとめました。

イチローの憧れだった?

イチローさんの憧れの選手は、前田智徳さんだと言われています。イチローさんはプロ入り前に憧れの選手を聞かれた際に、日本のプロ野球では前田智徳さん、メジャーならケン・グリフィー・ジュニアさんの名前を挙げています。

51番は前田智徳の番号だった?

イチローさんの背番号といえば、51番が有名でしょう。実は背番号51は、カープに入団したばかりの前田智徳さんが付けていた背番号と同じです。プロ野球に入団したばかりの選手は、数字の大きな番号をつけられるが普通なので偶然かもしれません。

 

しかし、イチローさんが前田智徳さんにあやかって、同じ背番号にしてもらったのではないかというのは有名な話です。

ヤンキースでは31番

イチローさんはメジャーでも背番号51を付けていましたが、ヤンキースでは51番が欠番指定されていた為に選ぶことが出来ず、31番をつけています。31番は、前田智徳さんが51番の次につけた背番号でもあります。イチローさんは、31番をつけた理由を語っていませんが、どうしても前田智徳さんとの関連を考えてしまいます。

YouTubeでイチローとのことを語る

テレビ朝日の公式YouTubeチャンネル内『前田智徳 野球の話をするんじゃ!』で、前田智徳さんはイチローさんとの対面エピソードを語っています。イチローさんは初めてオールスターに出場した際に、笑顔で前田智徳さんに握手を求めています。

 

前田智徳さんが怪我から復帰した際のオールスターでは、「復帰おめでとうございます」と挨拶したそうです。それ以降、2人は会っていないということです。

前田智徳は引退したの?

既に引退した前田智徳さんですが、引退に関してもさまざまなエピソードがあります。前田智徳さんの引退に関するエピソードをまとめました。

2013年の引退

2013年4月23日のヤクルト戦で、前田智徳さんは左手首に投球を受け、左尺骨骨折で途中交代します。この後、乱闘騒ぎになり、退場者も出ています。復帰を目指してリハビリを行いますが、9月27日に今年限りでの引退を発表します。

 

10月3日のマツダスタジアムでの中日戦が引退試合となり、8回裏に代打として登場しました。ピッチャー頃でアウトとなりますが、9回はマツダスタジアムで初めての守備につきました。試合後には引退セレモニーが行われ、挨拶をしています。

引き際を考えていた

2000年にアキレス腱を断裂してから、思うようなプレーができなくなった前田智徳さんはずっと引き際を考えていたそうです。しかし、スタジアムの歓声や人気、グッズの売り上げなどもあり、引退を決心することはできませんでした。

 

球団側も広島の象徴のような選手を引退させようとはせず、前田智徳さんの扱いは破格の待遇でした。

引退グッズが販売

前田智徳さんの引退に際して、『引退記念グラフ』やクリアファイルセット、引退試合記念ポスターなどの引退記念グッズが販売されました。現在は、すべて売り切れていますが、一部のグッズは中古品にプレミア価格がついています。

前田智徳は対談している?

引退後の前田智徳さんは、さまざまな選手と対談しています。前田智徳さんの対談動画に関する情報をまとめました。

宮本慎也

YouTubeチャンネル『日本プロ野球名球会チャンネル』には、『【 宮本慎也 × 前田智徳 豪華レジェンド対談 】1歳差の 高校野球 PL学園 と 熊本工業 。2人の意外な関係が・・・。 < 日本 プロ野球 名球会 >』という対談の動画がアップされています。

 

前田智徳さんが現役の頃は、非常に無口だったことやお互いの息子が野球をしていることなどについて語っています。

川上憲伸

YouTubeチャンネル『川上憲伸 カットボールチャンネル』では、『【愛すべき広島市民】ホームなのにアウェイ?前田智徳を襲った赤の悲劇』で前田智徳さんと川上憲伸さんの対談が見られます。

 

前田智徳さんは広島市民球場が本拠地だった頃の思い出を語り、スライディングする小石で怪我したことを明かしています。

緒方耕一

『szymek obara』というYouTubeチャンネルで、『2013プロ野球489 前田智徳×緒方耕一対談 伝説を徹底検証』という動画がアップされていました。この動画は、熊本工業高校の先輩・後輩である緒方孝市さんと前田智徳さんの対談となっています。

 

ただ、『szymek obara』が著作権の問題で、アカウント停止になったので現在はこの動画を見ることはできません。

意外な形で活躍する前田智徳さん

前田智徳さんが天才と呼ばれた理由や伝説、現在の活動などについてまとめました。引退後の前田智徳さんはタレントとしても活躍しており、現役の頃からは想像もつかない姿を見せています。今後もさまざまな形で、前田智徳さんの活躍が見られそうです。

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ