記事ID148348のサムネイル画像

    「例のプール」とはどんな意味?元ネタや場所は?レンタルできる?

    あなたは「例のプール」という言葉を知っているでしょうか。そこで今回は、「例のプール」とはどういった意味があるのかについて、探ってみたいと思います。また、「例のプール」に石坂浩二が住んでいたという説についてもご紹介します。

    「例のプール」とは一体どんな意味?

    ネットで「例のプール」が話題になることは意外と多いですが、その意味がわからない人は少なくありません。「例のプール」とは一体どういう意味なのでしょうか?「例のプール」とはどんなプールなのかまとめました。

    例のプールとは撮影に使用されるプール

    「例のプール」とは、撮影に使用されることが多いプールです。泳ぐことはできますが貸しスタジオ内にある室内プールなので、遊ぶに行くようなプールとは異なります。一目で分かる特徴的な外見のプールなので、テレビ番組などで「例のプール」が登場すると話題になること多いです。

     

    貸しスタジオ内のプールなので撮影専用のプールではありませんが、さまざまな撮影に使われることで有名です。「例のプール」は、どんな撮影で使われているのでしょうか?

    avの撮影にも使用

    「例のプール」はさまざまな撮影に使われていますが、実写アダルトビデオ (AV)の撮影に多用されているプールとして知られています。「例のプール」は2004年頃からAV作品の撮影に利用されることが多くなり、多数の作品内に登場しています。

     

    AVをよく見る人の間では、早い段階で「例のプール」は有名になっていました。その後、2ちゃんねるやニコニコ動画で話題にされることも増えて、ネット上でも「例のプール」という言葉が定着していきました。

     

    そのため、AV撮影に使われるプールというイメージがありますが、実際はテレビドラマ・CM・バラエティー番組・アイドルのグラビア撮影にも良く利用されています。

    『ガッテン!』でも使用

    2019年1月9日放送のNHKの『ガッテン!』のVTRに「例のプール」が登場しました。NHKの撮影に「例のプール」が登場したことで、ネット上は大騒ぎになりました。「例のプール」は番組の冒頭で登場し、放送直後に5チャンネルやツイッターで話題にされています。

     

    「例のプール」がAV撮影に使われるイメージのある人にとっては、NHKの番組に登場したことはインパクトが強かったようです。 ただし、プライバシーの問題があるので、NHKの撮影に使われたのが本当に「例のプール」だったのかは明らかにされていません。

    中国製のゲームに「例のプール」が登場?

    2022年1月に公開された中国製のゲーム『昭和米国物語』のトレーラー映像に、例のプールが登場していると話題になりました。昭和米国物語は、日本によって国土の大半が買収された昭和66年のアメリカを舞台にしたアクションRPGです。

     

    アメリカと日本の文化が融合したユニークな風景の映像が流れる中で、「例のプール」にそっくりな映像が登場します。本当に真似をしたのか不明ですが、「例のプール」は海外でも有名なのかもしれません。

    「例のプール」の元ネタは何?

    さまざまな撮影に使用されている「例のプール」とは、そもそもどのようなプールなのでしょうか?例のプールを管理する会社やプールの特徴、サイズについてご紹介します。

    「Hanazono Room」の室内プール

    「例のプール」は、高級マンション風スタジオとして利用されている「Hanazono Room」の室内プールです。Hanazono Roomは、株式会社ピースタジオが運営するハウススタジオの1つで、公式サイトにはNo.136 Hanazono Room「例のプール」と記載されています。

     

    現在の名称になる前は、「花園マンションスタジオ」という名前でした。非常に有名になったためか、公式サイトでも「例のプール」をアピールしているようです。スタジオとなっているのはプールだけではなく、プールのある階の部屋全てがスタジオとして撮影に使用されています。

    開放感のあるプール

    「例のプール」は、片側の壁と天井側が全面的にガラス張りになっているのが特徴です。日光がガラスから差し込む開放感のあるプールで、壁と天井のガラスは全開する作りになっています。都心でも珍しいプールなので、見た人の印象に残るようです。

    コンパクトなプール

    「例のプール」は、高級マンションの部屋の一部なのでコンパクトなプールです。広さは横が6.6メートル、縦が3.3メートル、深さが1.2メートルで、レジャー用のプールと比べるとかなり小さいサイズになっています。

    「例のプール」はどこにある?

    都心にある言われている「例のプール」ですが、どこにあるのでしょうか?実は「例のプール」は貸しスタジオなので、所在地の番地まで公開されています。「例のプール」がどこにあるのかについてまとめました。

    「例のプール」は新宿にある!

    例のプールの所在地は新宿です。住所は「東京都新宿区新宿1丁目19-10」で、Googleマップなどの航空写真では、プールのガラス部分がビルの北東側にあるのが確認できます。

    『新宿御苑駅』から徒歩8分ほど

    「例のプール」は、新宿御苑前にあるビルの1室にあります。住所で検索すると、周辺施設から徒歩での移動時間が記載されたサイトが見つかります。サイトによって移動時間は異なりますが、最寄りの地下鉄・東京メトロ丸の内線の『新宿御苑前』駅から徒歩で2分~8分ほどの距離に位置しています。

    高級マンションの9階

    高級マンション風スタジオとして利用されている「例のプール」は、実際に新宿の高級マンションサンクレストの中に存在しています。株式会社ピースタジオは、サンクレストの9階から10階部分を貸しスタジオとして管理しています。

     

    「例のプール」は、サンクレストの9階にあります。 9階には「例のプール」以外にも、リビング・バーカウンターのあるラウンジ、10階にはカジノ風のプレイルーム・社長室・バルコニーなどがあります。

    「例のプール」は借りられるの?

    撮影用のスタジオとしてテレビ番組などで利用されている「例のプール」ですが、一般の人でも借りることはできるのでしょうか?「例のプール」を借りるための条件や料金などについてまとめました。

    誰でも借りることが可能

    撮影用として利用されることが多い「例のプール」ですが、貸しスタジオなので誰でも借りることができます撮影専用というわけではなく、ピースタジオの公式ツイッターによるとパーティープランも用意されているようです。プールは室温30度が維持された温水プールで、泳ぐこともできます。

     

    ただし、2020年の時点でAV撮影のためには借りることはできなくなっています。理由は撮影後に水の交換をするのが、大変だからだということです。プールエリアに飲食物を持ち込むことも禁止されています。

     

    プールの水が汚れた場合は、プールの水を入れ替える費用として追加料金5万円(税抜き)が請求されます。

    料金はどの程度?

    「例のプール」がある「Hanazono Room」は、「A room」と「B room」に分かれています。3時間パックで利用料金は45,000円~65,000円です。12時間パックで「A room」と「B room」の両方レンタルする場合が、最も高く21万円がかかります。

     

    撮影で借りる場合とパーティーで借りる場合は、別料金のようです。プールを借りる料金ではなく、部屋全体を借りる料金なので意外とリーズナブルと言われています。

    延長料金もあり

    「Hanazono Room」のレンタル料金は前振込み払いと後日払いが用意されていて、後日払いは5千円から3万円ほど高いです。延長料金もあり、1時間ごとに15,000円~20,000円が請求されます。また、プールの水中で撮影する場合は、別料金がかかるとも言われています。

    「例のプール」のtシャツが販売されている?

    ネタ的な意味で話題になることが多い「例のプール」ですが、「例のプール」をモチーフにしたTシャツまで販売されています。「例のプール」のTシャツに関する情報をまとめました。

    FREAK'S STOREで販売されていた

    国内セレクトショップのFREAK'S STOREは、オンラインストアで「例のプール」のTシャツを販売しています。このTシャツは、マルチクリエイターとして活動する「ヨネちゃん」こと米原康正さんが、「例のプール」をTシャツのデザインに落とし込んだアイテムです。

    カミカゼスタイルのtシャツ

    Amazonでは、『カミカゼスタイル(kamikazestyle) 【おふざけTシャツ】例のプール』が販売されています。カラーバリエーションは、イエロー・ゴールド・ピンク・ブルー・ホワイト・サファリの6種類です。サイズはXS・S・M・L・XLの5種類あります。

     

    カミカゼスタイルは秋葉原にショップがあるブランドで、バカTシャツ・ネタTシャツなどのユニークなTシャツを販売しています。アニメとのコラボTシャツも多いです。

    「例のプール」が仮面ライダーで使用された?

    「例のプール」はドラマの撮影にも使用されていますが、仮面ライダーの撮影にも使用されたことがわかっています。「例のプール」が仮面ライダーに登場した回の情報などをまとめました。

    『仮面ライダーW』に登場

    「例のプール」が仮面ライダーに初めて登場したのは、2009年9月に放送された『仮面ライダーW』です。仮面ライダーWは桐山漣さんの連続ドラマ初主演作で、菅田将暉さんが連続ドラマ初出演・初主演を果たした作品でもあります。 W主演の2人が、2人で1人の仮面ライダーに変身することでも話題になりました。

    使用されたのは33話

    「例のプール」が登場したのは、仮面ライダーWの第33話『Yの悲劇/きのうを探す女』です。作中に登場した不動産会社の社長が、泳いでいた自宅のプールが「例のプール」でした。わずかな時間しか登場しませんが、わかる人は「例のプール」だとすぐに気づいたようです。

    『仮面ライダーフォーゼ』にも登場

    例のプールは、2011年9月から放送された『仮面ライダーフォーゼ』にも登場しました。「例のプール」が登場したのは、第3話の『女・王・選・挙』です。仮面ライダーWで「例のプール」が登場した回の脚本を担当していた中島かずきさんは、仮面ライダーフォーゼではメインの脚本家です。

     

    もちろん、第3話の脚本も担当しているため、「例のプール」は確信犯的に使用したとも言われています。

    「例のプール」は石坂浩二の自宅だった?

    何かと話題になることが多い「例のプール」ですが、貸しスタジオになる前は石坂浩二さんの自宅のプールだったという都市伝説があります。都市伝説の真相と「例のプール」は誰の自宅だったのかについてまとめました。

    石坂浩二が「例のプール」に住んでいた?

    「例のプール」は現在貸しスタジオになっていますが、以前は石坂浩二さんと浅丘ルリ子さん夫婦が住んでいたという都市伝説があります。石坂浩二さんは、「例のプール」にロケに行ったさまざまな人から住んでいたのか質問されているそうです。

     

    「例のプール」のある場所は、高級マンションの一部が貸しスタジオになっています。そのため、元々は「例のプール」のある場所がマンションだったとしてもおかしくはありません。実はこの噂の真相について、石坂浩二さん本人がテレビで真相を明らかにしています。

    石坂浩二は否定

    2016年4月7日の『アウト×デラックスアウトスプリングSP』に、石坂浩二さんが出演した際にこの都市伝説は否定されています。マツコ・デラックスさんはオンエアできなくてもいいと前置きして、石坂浩二さんに「例のプール」に住んでいたのか質問しました。

     

    それに対して石坂浩二さんは嬉しそうに真相を話し始め、「間違いです」とはっきり否定しました。この後、石坂浩二さんは「例のプール」が元々誰のものだったか話始め、意外な真相が明らかになります。

    市川崑が住んでいた!

    石坂浩二さんは「例のプール」があった場所は元々は賃貸だったと説明し、自分ではなく映画監督の市川崑さんが住んでいたと説明しました。石坂浩二さんは、「例のプール」の下の階に住んでいたそうです。

     

    石坂浩二さんが「例のプール」の近くに住んでいたという話が、「例のプール」の持ち主だったという話になってしまったようです。 石坂浩二さんは、前日もとにかく明るい安村さんに「例のプール」に住んでいたのか聞かれたことも話していました。

     

    アウトデラックスの出演者は「例のプール」が何なのかわからない人もいましたが、マツコ・デラックスさんは「検索すればわかる」と説明していました。

    例のプールの本がある!

    ネット上で話題になることもある「例のプール」ですが、なんと解説本まで発売されています。「例のプール」の本についての情報をまとめました。

    2013年に発売

    「例のプール」を解説した本は、例のプール研究会が編集した単行本です。本のタイトルはそのまま『例のプール』となっています。内容はスタジオのプール以外の設備の写真や「例のプール」が登場する作品のレビューなどがあり、巻末には「例のプール」を使ったグラビアもあります。

     

    「例のプール」をかなり詳細に解説していますが、詳しい人からは物足りないという意見もあるようです。現在は売り切れの書店が多く、中古本でないと入手困難になっています。

    副読本まで存在!

    「例のプール」解説本には、副読本まで存在されています。タイトルは『例のプール単行本で写真撮り過ぎたから勢いで作った微妙に副読本』で、サークルツインテが同人誌として発行しています。

     

    「例のプール」解説本の制作に参加した林佑樹さんが、ページ数の関係で掲載できなかった大量の写真を利用した同人誌となっています。

    「例のプール」は今後どんな撮影に使われるのか?

    「例のプール」の意味や石坂浩二さんが住んでいたという説の真相などについてご紹介しました。大人向けビデオの撮影に使用されてきた「例のプール」ですが、今後は撮影に使われることはなさそうです。

     

    しかし、有名になった「例のプール」は、CM・YouTube動画・コスプレ撮影などにも利用されています。今後はより大勢の人が「例のプール」を目にする機会が増えるのかもしれません。

    関連記事はこちら

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ