記事ID148193のサムネイル画像

    スタンガンは通販できる?護身用のおすすめは?ドンキにも売ってる?

    襲ってきた相手を電気ショックにより数秒から数分の間、行動不能にするスタンガン。最近、護身用としてスタンガンを購入する人が増えてきているようです。スタンガンは人を気絶させたり、殺したりする威力はある?日本で販売しているおすすめのスタンガンも紹介します。

    スタンガンとは?

    最初に、スタンガンとは一体どういったものなのかについて迫ってみたいと思います。スタンガンを使用するとどうなるのかについても、見てみましょう。

    スタンガンの所持は違法?合法?

    スタンガンとは、相手に電気ショックを与えて身を守ることのできる防犯グッズです。スタンガンを使用すると筋肉を強制的に収縮させるため、襲ってきた相手はしばらく動けなくなります。日本においては、テーザーガンの場合は銃刀法違反となるため購入や所持が禁止させているでしょう。

    テーザーガン(テーザー銃)とは、アメリカのAXON社が製造している銃の型をしたスタンガンのことです。

     

    しかし、スタンガンは合法となっているので国内でも所持は禁止されていません。

    スタンガンで気絶することはある?

    もしスタンガンを使用したとしたら、相手は気絶をすることはあるのでしょうか。一般的に、スタンガンには人を死亡させる威力はありません。そのため、使用したとしても相手が気絶することもないでしょう。あくまでも、使用したその瞬間に体の自由が利かなくなるというのが、スタンガンの効果です。

    スタンガンは相手にどんな痛みを与える?

    ドラマや映画などで、スタンガンが使用されるシーンを見たことのある方もいるかもしれません。スタンガンを当てられると、その部分がビリビリとして鋭い痛みを感じます。この痛みにより相手は反射的に退くこともあり、戦意を喪失することもあるでしょう。

    相手は、数秒から数分ほど筋肉痛になった時のように体に怠さを覚え、動けなくなるのです。スタンガンの威力や放電した時間等の条件次第では、小さな火傷や水ぶくれができる可能性もあり得ます。それでも、後遺症は心配ありません。

    スタンガンは通販で購入できる?

    手軽な護身用となるスタンガンですが、通販で購入ができれば便利でしょう。では、スタンガンは通販で販売しているのでしょうか。続いては、スタンガンの購入方法についてご紹介します。

    スタンガンは種類により通販で購入できる

    スタンガンは、インターネット通販でも販売されています。Amazonでも、スタンガンを購入することが可能です。ただし、日本で流通しているスタンガンは携帯用のハンディタイプと大型警棒タイプとなっています。しかし、前述の通りにテーザー銃は違法ですので販売はされていません。

     

    日本では、携帯用のハンディタイプと大型警棒タイプのスタンガンを購入できることを、覚えておいてください。

    スタンガンを威力だけで選ぶことは間違い

    スタンガンを持つなら、できるだけ電圧の高い物の方が効き目があるのではないかと思う方もいるかもしれません。しかし、電圧だけではスタンガンの威力を判断することはできないのです。またスタンガンは死亡例はないとされますが、ハイパワースタンガンなど威力が高いものは殺傷能力もあります。

    そのため、護身用であれば安全性が高く信頼できる商品をしっかりと吟味してから選ぶことが大事です。

    ドンキにも売っている?

    激安の殿堂であるドン・キホーテでも、スタンガンは取り扱っています。以前はブラックコブラなどといったTMMスタンガンを扱っていました。しかし、ブラックコブラの一部が並行輸入品となっていたのです。それも、ブラックコブラの並行輸入品は実際には並行輸入品ですらなく、全くの別の商品です。

    納品した業者が、並行輸入品として偽りドン・キホーテに納品していたのでした。この点を受けて、ドン・キホーテでは並行輸入品のブラックコブラを全商品回収して、新たにTMM社から正規品を仕入れています。よって、現在はTMM社の正規品のスタンガンが手に入るということです。

    護身用におすすめのスタンガン3選

    続いては、護身用としておすすめできるスタンガンを3つご紹介します。どういったスタンガンが護身用としておすすめなのでしょうか。

    フラッシュライト型スタンガン

    護身用としては、フラッシュライト式スタンガンがおすすめです。片手で簡単に持つことができ、電池の残量が一目でわかる点が特徴となっています。スタンガンとフラッシュライトが一体化しているタイプですので、暗い場所で使用する際にも便利です。

    タイタン クエーサー プラス

    『タイタン クエーサー プラス』もおすすめのスタンガンです。小型で女性でも持ちやすいことから、女性が防犯目的で持ち歩くのにもぴったりです。また、値段が手頃という点も魅力の1つとなっています。

    UZI 小型スタンガン65万ボルト

    『UZI 小型スタンガン65万ボルト』は、専用ホルスター付きのためコンパクトであり持ちやすくなっています。スライド式の安全スイッチが付いているうえに、ボルト数においての種類が3種類ある点が特徴です。

    要注意!スタンガンが「軽犯罪法」に触れるとどうなる?

    スタンガンを所持する際には、取り扱いに要注意しなければいけません。特に『軽犯罪法』に抵触してしまう場合には注意する必要があります。さて、スタンガンが『軽犯罪法』に抵触するとどうなるのでしょうか。

    スタンガンが合法な範囲とは?

    まず、スタンガンが合法となる範囲はどの程度なのでしょうか。スタンガンは、購入することや所持することは合法となっています。また、自宅あるいは職場に置いておくことも違法ではありません。自宅や職場にスタンガンがあり、不法侵入された際に使用することは合法です。

     

    自分の身は守らなければいけないので、不審者から身を守るためにスタンガンを使用することはOKとなっているでしょう。

    スタンガンを身につけて外出は注意!

    ただし、スタンガンはどこへでも持ち歩いて良いというわけではありません。スタンガンを身につけて外出することは、法に触れる可能性があります。護身用としていたとしても、武器になり得るものを隠して携帯したとして、軽犯罪法1条2項に触れてしまう恐れがあるでしょう。

    スタンガンが押収されることも

    ストーカー被害に遭っており、安全のために護身用として持ち歩くのであれば、正当な理由として認められる可能性があります。しかし正当な理由がないのにスタンガンを携帯していたことが分かれば、警察により注意を受けスタンガンを押収されることがあります。

    もしくは、スタンガンを押収された上で検挙・起訴される可能性もあるでしょう。スタンガンを所持するとしたら、あくまで自宅などに護身用に備えておくのみにしておくようにしてください。

    スタンガンには仕様による種類があるの?

    最後に、スタンガンの種類について迫ってみたいと思います。スタンガンには仕様によって種類が分けられるのですが、どういった種類があるのでしょうか。

    電圧・威力による分類

    スタンガンは、電圧や威力による分類がされます。襲撃してきた相手に与える刺激は、電圧や威力が左右するものです。電圧は、基本的に威力にも繋がってくるものですが、異なるケースもあります。スタンガンを選ぶ際に強さを基準とするのであれば、特に重要となるのは威力でしょう。

    大きさや形状での分類

    スタンガンには、大まかな分類として電極を押し付けるハンディタイプと、電流が流れる警棒のような形をしたタイプがあります。また、この2種類にも段階があることを知っているでしょうか。例えばハンディタイプであれば、定番のレギュラータイプとコンパクトタイプ、ペンタイプがあります。

    そして警棒型であれば、ロングバトン、ショートバトンに分けられるのです。長いタイプと短いタイプがあるということです。

    規格や値段での分類

    スタンガンは規格や値段により分類することも可能です。スタンガンにも規格がありますが、購入する際には日本護身用品協会(JSDPA)が定める規格に沿った製品を選ぶ必要があります。また値段に関しては、スタンガンの威力といった性能に応じて変わってきます。

    性能が良いスタンガンほど、値段も高くなるということです。しっかりとした性能を持つスタンガンを所持したいのであれば、値段が高めの製品を選ぶのも1つの方法でしょう。

    スタンガンはドン・キホーテでも購入可能

    スタンガンは、Amazon等の通販でも購入することができます。また、ドン・キホーテでも手軽に購入することが可能です。スタンガンは自宅や職場に備えておくことは認められていますが、持ち歩くことはできません。その点は把握したうえでスタンガンを購入することが大事でしょう。

    スタンガンの関連記事

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ