記事ID148026のサムネイル画像

    シモヘイヘは最強スナイパー!?顔の歪みや伝説とは?映画がある?

    シモヘイヘはソビエト軍との戦争で活躍したフィンランドの兵士です。天才的なスナイパーとも言われ、ソビエト軍からも「白い死神」として恐れられていました。シモヘイヘの顔の歪みの原因や彼の生い立ちや戦後の人生・驚きの伝説についても紹介します。

    天才スナイパー・シモヘイヘとは?

    シモヘイヘはフィンランドの天才的なスナイパーとして活躍し、多くの伝説や逸話を残しました。圧倒的に不利だったソビエトとの戦争で、フィンランドが講和に持ち込めたのはシモヘイヘの活躍も大きかったと言われています。シモヘイヘの経歴や生い立ち、伝説などをご紹介します。

    ソビエト軍との戦争で活躍したフィンランドの軍人

    シモヘイヘは、1905年生まれのフィンランドの軍人です。フィンランドとソビエト連邦との戦争で活躍した英雄で、スナイパーとして史上最多の確認戦果記録を残しています。そのため、人類史上最強のスナイパーとも呼ばれています。

    ソビエト軍からは「白い死神」と呼ばれた

    シモヘイヘは、1939年から1940年にかけて行われた冬戦争でスナイパーとして活躍しました。シモヘイヘは国防陸軍第12師団第34連隊第6中隊に所属し、純白のギリースーツを身に着けて狙撃を行いました。

     

    ギリースーツは迷彩服の一種ですが、平均気温-20℃から-40℃の極寒の地では迷彩服も白かったのです。真っ白な姿で正確無比な狙撃を行うシモヘイヘは、「白い死神」・「災いをなす者」と呼ばれソビエト軍から恐れられました。

    戦後は猟師として余生を過ごす

    シモヘイヘは、終戦後に、第一級自由十字褒章とコッラー十字章を受勲しました。加えて異例の5階級特進を果たし、兵長から少尉になっています。そのまま退役したシモヘイヘは猟師に戻り、猟犬のブリーダーもしながら残りの人生を過ごしました

     

    退役後は主にヘラジカを対象にした猟を行っています。シモヘイヘは、2002年にロシアとの国境線近くの町・ルオコラハティで96歳で亡くなりました国営放送が発表した「最も偉大なフィンランド人ランキング」では74位に入っています。

    シモヘイヘの生い立ちや人生

    シモヘイヘは、どのような人生を送ったのでしょうか?シモヘイヘの生い立ちや軍に入った経緯、人柄についてもご紹介します。

    現在のロシアとの国境近くで生まれる

    シモヘイヘは、フィンランドにある小さな町ラウトヤルヴィで生まれましたラウトヤルヴィは、現在のロシアとの国境近くに位置しています。ラウトヤルヴィ出身の著名人は、クロスカウントリースキのオリンピック金メダリストマルヤ=リーサ・キルヴェスニエミも知られています。

     

    軍人になる前のシモヘイヘは、猟師と農家を兼業していました。主にケワタガモの猟をしていたといいます。農家の昼休憩では、多くの男性が昼寝をしていました。しかし、シモヘイヘは空砲を使っていつも狙撃の練習をしていたそうです。

    20歳で民兵組織に参加

    フィンランドには、15か月の兵役義務がありました。シモヘイヘは、20歳の時にフィンランド陸軍に入隊します。この頃に、民兵組織の白衛軍にも加入したと言われています。第1自転車大隊で新兵として訓練されたモヘイヘは下士官学校に入り、兵長となります。

     

    兵長となった後は第2自動車大隊に入隊し、兵役期間の後は予備役として民間防衛隊に入っています。シモヘイヘは射撃の大会に多数参加し、多くのトロフィーを部屋に飾るほどの腕前でした。

     

    シモヘイヘは、軍に入る前から狙撃の腕は一流だったと言われています。その技術は軍の訓練よりも、猟師としての経験の中で身に着けたようです。

    生涯独身だった

    シモヘイヘは結婚することはなく、生涯独身だったことが分かっています。シモヘイヘは自分の銃のことを嫁と発言したこともあり、銃をとても大切にしていたようです。

    物静かで目立つのが嫌い?

    シモヘイヘは、非常に物静かで口数の少ない人だったと言われています。上官がやって来た際にも、「シモです」あるいは「ヘイヘ兵長です」と答えるだけでほとんど話しませんでした。晩年にはインタビューを受けていますが、聞かれたこと以外には答えていません。

     

    写真を撮る際は、基本的に人の後ろに隠れるか、後列で目立たないようにしていました。博物館に所蔵された写真には、「自分の姿は切っても構わない」と書かれた直筆の手紙が添えられています。

     

    これらのことから、目立つのが嫌いで恥ずかしがり屋だったのではないかとも言われています。

    シモヘイヘの驚きの伝説とは?

    シモヘイヘは、訓練時代や戦争中にいくつもの信じがたい伝説を残しています。シモヘイヘの伝説的なエピソードについてまとめました。

    世界最高記録の542名射殺

    シモヘイヘは、狙撃で殺害した人数が542人という世界最高記録を残しています。505人とされる場合もありますが、これらの数字は確認戦果がカウントされた公式記録です。実際には未確認の戦果も多数あり、実際の人数は800人以上とも言われています。

     

    また、シモヘイヘは狙撃だけでなく、サブマシンガンの名手でもありました。200人以上をサブマシンで殺害したという記録もあり、実際の人数は狙撃で殺害した人数を超えるという推測もあります。

     

    これらの記録は約100日間に行われたもので、シモヘイヘの圧倒的な戦果がわかります。

    銃にスコープを付けなかった

    シモヘイヘは、スコープを使わずに狙撃を行っていたという衝撃の事実があります。ライフルで狙撃を行う際は、スコープを使って標的を拡大するのが一般的です。シモヘイヘの使用したモシンナガンは、3.5倍から4倍のスコープを付けることができました。

     

    しかし、シモヘイヘは銃に付けられた鉄製の照星と照門だけで、狙いをつけて狙撃を行っていました。スコープ使用せずに300m以内の敵兵の頭部をほぼ100%の確率で撃ち抜き、最長で450m以上の距離から狙撃を成功させています。

     

    レンズの光が反射して敵に見つかることや射撃姿勢が崩れることを嫌って、スコープを付けなかったそうです。敵兵のスコープの光に気づき、実際に撃退したという話も残っています。

    1分間で16発的中

    シモヘイヘは、狙撃訓練課程で150mの距離から1分間に16発的中させたという逸話を残しています。シモヘイヘが使用していたモシンナガンは、ボルトアクション式のライフルで球の装填・排出は手動です。

     

    16発撃つためには最低3回のクリップ給弾が必要で、その時間を含めて16発を1分で的中させたことになります。シモヘイヘは身長152cmとかなり小柄な人物でしたが、120cm以上あるモシンナガンを手足のように操ったと言われています。

    シモヘイヘを題材にした映画はある?

    伝説のスナイパーシモヘイヘを題材にした映画はあるのでしょうか?残念ながらシモヘイヘを元にした映画はありません。ただし、2012年にシモヘイヘを扱った「白い死神」という単行本が発売されています。

     

    神々と人類の代表のバトルを描いた漫画「終末のワルキューレ」にも、シモヘイヘは人類代表の1人として登場します。

    シモヘイヘの顔の歪みの原因は?

    現在残されているシモヘイヘの写真は、かなり顔が歪んでいるものも残っています。なぜ、シモヘイヘの顔は歪んでしまったのでしょうか?シモヘイヘの顔が歪んでしまった理由などをまとめました。

    終戦1週間前に顎を打ちぬかれる

    非常に多くのソビエト兵士を殺害したシモヘイヘの脅威は、ソビエト軍でも有名になっていました。シモヘイヘの対策として、カウンタースナイパーの配置や大砲による砲撃が行われるようになります。

     

    冬戦争が終結する1週間前の1940年3月6日に、シモヘイヘはソビエト軍兵士の銃撃で顎を撃ち抜かれる重傷を負います。友軍に救出された際には、シモヘイヘは意識不明の状態でした。銃撃の傷は生涯消えることはなく、そのせいで顔が歪んでしまったのです。

    負傷して1週間後に意識回復

    シモヘイヘを収容した兵士は「彼の頭は半分なくなっていた」と発言しており、彼の傷が大変酷いものだったことがわかります。軍の小舟で病院へ搬送されましたが、出血がひどく窒息する可能性もあったといいます。そのため、最初は仰向けだったのに。途中からうつ伏せの状態で運ばれました。

     

    何とか一命はとりとめましたが、仲間にはシモヘイヘは戦死したと伝えられました。病院で葬儀が行われている最中に、シモヘイヘが生きていることがわかったそうです。負傷から1週間後にシモヘイヘは意識を取り戻します

     

    意識が戻った時にはモスクワで講和条約が結ばれており、冬戦争は終結していました。

    手術により戦場へは復帰できず

    シモヘイヘの傷は重かったため、何度も手術を受けることになりました。1941年6月25からソビエトとフィンランドの間で継続戦争が始まり、この戦争は1944年の9月29日まで続くことになります。

     

    シモヘイヘは継続戦争への参戦を望んでいたそうですが、度重なる手術のせいで復帰することはできませんでした。ただし、退役後は猟師に戻っているので、銃を撃てなくなったわけではないようです。

    今後もシモヘイヘの記録が更新されないことを祈って

    伝説のスナイパー「シモヘイヘ」についてご紹介しました。近年はシモヘイヘを扱った動画も増え、その伝説もより知られるようになりました。漫画やライトノベルなど、シモヘイヘを扱った作品も増えています。

     

    とはいえその伝説は戦争の中で生まれたもので、シモヘイヘ本人も人を銃殺することを望んでいたわけではないでしょう。今後もシモヘイヘの狙撃人数の記録が更新されないことを願います。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ