記事ID147905のサムネイル画像

    宜保愛子は最強の霊能力者!?伝説や名言がある?弟子や現在は?

    昭和から平成にかけて有名となった最強の霊能力者・宜保愛子。様々なテレビにも出演していましたが、彼女の残した伝説などとは一体どういったものだったのでしょうか。また、冝保愛子の現在についても迫ってみたいと思います。

    宜保愛子とは誰?

    みなさんは、宜保愛子(ぎぼあいこ)さんという人をご存じでしょうか?この人は誰も持ちえなかった力を持っているということでテレビで話題になった人です。それではまず、宜保愛子さんがどんな人なのかについて振り返ってみましょう。

    伝説の最強霊能力者

    宜保愛子さんとは、1980年代にテレビで活躍した稀代の霊能者です。霊能力があるとして活躍し多くの信望者を生んだことから"伝説の最強霊能者"とも言われています。また、心霊に関する多くの著書を手掛けた作家でもあり、ベストセラーも多く出版しました。

    英語が堪能

    霊能者として知名度を上げた宜保愛子さんですが、もともとは外国人も働く会社のОLとしては働いていて、結婚後は家計を助けるために英語塾を開講していました。英語の先生をしていたこともあり、英語が堪能で、イスラエルの超能力者であるユリ・ゲラーと会話した時には通訳を通さずに直接話をしていたこともありました。

    普段は二男一女を持つ母親

    霊能力があるといっても普段は一般家庭の主婦であった宜保愛子さん。旦那さんは一般の人なので詳しい情報はありませんが、人が良すぎて知人の借金を肩代わりしたことから生活が苦しかったといわれています。また、二男一女の母親でもあり、息子の一人は医者をしているという噂もあります。

    6歳で霊能力を自覚

    宜保愛子さんは、左目に火箸が落ちたことから失明になりかけ、1年ほど闘病生活を余儀なくされていたといいます。しかし、視力は回復せず、結局はほとんど見えなくなってしまったのだそうです。

    宜保愛子さんが自分に霊能力があると感じたのは6歳の頃で、蔵が燃える風景や自殺した人が飛び込む風景などが見えたり、車にひかれた弟の身体から魂が抜けて上がるのが見えたのだそうです。

     

     

    宜保愛子とはどんな経歴?

    宜保愛子さんはどのようにして有名になり、力を発揮してきたのでしょうか。宜保愛子さんが人気となった番組や、その後の様子についてみていきましょう。

    1961年のテレビ出演をきっかけに人気に

    宜保愛子さんが一躍有名になったのは1961年のこと。テレビに出演し霊能力を披露したところ注目が集まり、その珍しさから多くの講演会でひっぱりだこになりました。

    『あなたの知らない世界』出演

    多くの講演会を開催していて宜保愛子さんがさらに知名度を上げたのは、1970年代の中頃から放送された日本テレビ番組「あなたの知らない世界」への出演。このテレビ番組は一般視聴者から寄せらせた怪奇現象の体験談を再現ドラマにするというもの。それを宜保愛子さんや霊能力に強い新倉イワオさんが分析し解説する番組でした。

     

    また、女性週刊誌「女性自身」では有名人との対談連載なども行い、たちまち時の人となったのです。

     

     

    批判を浴びるようになる

    それが1993年ころには、宜保愛子さんの霊能力に対して疑問を持つ物理学者の大槻義彦氏などが意見するようになり、女性誌からは批判を浴びるようになりました。

    テレビから遠ざかる

    さらに、ちょうどその頃、1995年に問題となったオウム真理教事件の影響もあり、宜保愛子さんが出演していたようなオカルト的な放送についても批判が集まるようになり、出演回数が激減。約5年の間テレビ界から遠ざかっていました。

    最後のテレビ出演

    その後、2001年から2003年まではフジテレビのバラエティ番組「力の限りゴーゴゴー!!」に出演した宜保愛子さん。「力合わせてゴーゴゴー宜保スペシャル強力版」に出演して話題になりましたが、これが最後のテレビ出演となっています。

    伝説の霊能力者と呼ばれる理由がある?

    さまざまな批判がありながらも、伝説の霊能力者と呼ばれている宜保愛子さん。それは、宜保愛子さんの言葉を信じていた人も多くいたからです。それでは、宜保愛子さんが伝説の霊能力者といわれている理由についてみていきましょう。

    ある女性の相談を受けた

    宜保愛子さんが伝説の霊能力者と呼ばれたきっかけは、番組内で一般女性の相談を受けたときでした。「家族が次々と病気になる原因を教えてほしいという」というその女性の悩みに向き合うために女性の守護霊と話したということ。

     

    聞いていない事まで言い当てた!

    すると宜保愛子さんは、女性が宜保愛子さんや視聴者に明らかにしていなかったことを次々にズバリと言い当てていったのです。それには、相談者の女性もびっくり。これが宜保愛子さんが伝説の霊能力者といわれたきっかけですが、そのほかにも多くの驚く伝説を残しています。

     

     

     

    守護霊の種類で温度が異なる

    宜保愛子さんは守護霊と対談するときにはその温度を感じるのだそうです。体温ほどの温かさを感じれば生きている人の守護霊が、何も温度を感じなければ亡くなった人の守護霊がついているのだとか。こういった霊感を使って守護霊と交信するため誰も知らないことを言い当てることができるといいます。

    宜保愛子には名言がある?

    テレビでは数々の信じられない発言をして世間を驚かせてきた宜保愛子さん。そんな宜保愛子さんの名言や残していた遺言についてみていきましょう。

    宜保愛子に名言はないが予言をしていた?

    宜保愛子さんは霊能能力を使って、さまざまな予言をしていたのでは?といわれています。その理由は、宜保愛子さんについてネットで調べると"名言"や"予言"というワードが出てくるためです。

     

    しかし、これは宜保愛子さんの能力について興味がある人が名言があるのでは?予言もしていたのでは?と調べているためで、実際に宜保愛子さんがメディアで名言を残していたり、予言をしていたということはないようです。

    遺言は残っている

    宜保愛子さんの遺言として「限りなくひっそりと静かに旅立ちたい」というものが残っています。これは、「言霊.in」のサイトに載っていてますが、宜保愛子さんが霊界へ旅立つときに叶えたい願いだったのかもしれません。

    宜保愛子には弟子がいる?

    信じられない力を持っていたとされる宜保愛子さんですが、実は弟子がいたといわれています。それはどんな人なのでしょう。または、現在活動はしているのでしょうか。宜保愛子さんの弟子といわれている人物についてご紹介します。

    弟子はクレオパトラ美月

    宜保愛子さんには弟子がいました。それは、クレオパトラ美月さんという人です。クレオパトラ美月さんは宜保愛子さんが開講していた塾に通っていましたが、小さい頃から不思議な体験をしていたため、除霊の仕方や浄化の仕方なども教わっていたといいます。また、宜保愛子さんの事務所で4年勤務していたという経験もあります。

    クレオパトラ美月はどんな人?

    クレオパトラ美月さんは、公式サイトによると”カリスマ霊能師”“日本霊能者連盟の数少ない認定鑑定師”といった紹介がされています。また、"占い鑑定士・心理カウンセラー"といった肩書もあるようです。

     

    横浜で生まれ、師匠は宜保愛子さんのほか、紫清澄・ユリ、ゲラー・ジャン、スピラーと記載されています。ユリゲラーにはサイキックパワーを学んでいるそうです。

    扱う占いは色々

    クレオパトラ美月さんが行っているのは宜保愛子さんが行っていた霊視とは違い、占いや鑑定が主な方法となっています。鑑定は、対面鑑定、電話鑑定となっていて、パトラ数秘術、霊感タロット、四柱推命、サイキック、西洋占星術、透視、前世占いなどをしているようです。

    宜保愛子の予言の通りに渡米

    クレオパトラ美月さんは、宜保愛子さんに予言を受け、将来は英語や数学に関係する職業に就き、外国に行くといわれていたようです。実際に、クレオパトラ美月さんは、米国人と結婚したことでアメリカに渡っています。

     

    メディアでは、予言をしていなかった宜保愛子さんですが、愛弟子のクレオパトラ美月さんには予言を授けていたようです。

    テレビで一世を風靡し、一躍時の人となった宜保愛子さん。現在はどんな様子なのでしょう。宜保愛子さんの現在についてみていきましょう。

    2003年5月6日に死去

    宜保愛子さんは2003年5月6日に亡くなっています。当時の年齢は71歳でした。しかし、宜保愛子さんは、2003年までフジテレビのバラエティ番組「力の限りゴーゴゴー!!」に出演していたことから突然の悲報に不思議がる人もいました。

    死因は胃癌

    宜保愛子さんの死因は胃癌でした。また、葬儀は、宜保愛子さんの「限りなくひっそりと静かに旅立ちたい」との希望もあってか密葬が行われたようです。

    大槻義彦も追悼

    宜保愛子さんが批判されるきっかけともなった物理学者の大槻義彦氏は宜保愛子さんについて、「霊感商法等により露骨な金儲けを行うような事は一切なかったところは評価できる。私は彼女の霊的現象について疑義を持っていろいろと批判、検証はしたが、彼女の人間性や人柄までは否定するつもりは一切なかった。」と追悼していたということです。

    死因は“かもめ荘の霊障”だった?

    宜保愛子さんの死因としては、実はもう一つの噂があります。それは、「かもめ荘の霊障」です。かもめ荘とは島根県出雲市にある心霊スポットなのですが、宜保愛子さんですら霊視ができないほど強い霊気かあったといわれています。

     

    そのため、宜保愛子さんの死因は、もしかするとその霊たちの仕業なのか?といわれているのです。

     

    ちなみに、「霊障(れいしょう)」とは、霊が憑いたり霊気にあたることによって心身に不調をきたすことを指します。

    語り継がれる伝説の霊能力者・宜保愛子

    テレビ登場し、驚きの発言により多くの人に衝撃を与えた宜保愛子さん。そのため、一躍有名になりましたが批判などもあり辛い時期を過ごしたこともあったようです。

     

    死因は胃癌といわれていますが、未だにかもめ荘の霊の仕業などという噂もありますし、今でも謎が多くあります。生前は多くの人に多大な影響を与えた宜保愛子さん。ご冥福をお祈りいたします。

    関連記事をチェック

    宜保愛子は現在どうしている?

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ