記事ID147723のサムネイル画像

藤井フミヤの息子・藤井弘輝アナの結婚相手は誰?嫁の写真や画像は?

藤井フミヤの息子としても知られるフジテレビアナウンサー・藤井弘輝。彼が結婚したといいますが、結婚相手は一体誰なのでしょうか。嫁の画像などは出回っているのでしょうか。そこで今回は、藤井弘輝の結婚相手について迫ってみたいと思います。また、彼の学歴などもご紹介します。

藤井弘輝のプロフィール

  • 本名(ふりがな/愛称):藤井弘輝(ふじいこうき/)
  • 所属事務所:フジテレビ
  • 生年月日:1991年10月18日
  • 現在年齢:29歳
  • 出身地:東京都
  • 血液型:B型
  • 身長:不明
  • 体重:不明
  • 活動内容:アナウンサー
  • 家族構成:両親、妹

フジテレビ入社

藤井弘輝は、2016年にフジテレビに入社しました。アナウンススクールについては、大学3年生の頃に通ったテレビ朝日アスクの出身でもあります。なおテレビ朝日アスクは、2015年8月からは寺崎貴司アナウンサーがゼネラルマネージャーに就任しています。

父親は藤井フミヤ

藤井弘輝の父親は、元チェッカーズの藤井フミヤです。父親譲りに歌が上手であり歌声が似ていると評判となっています。ただ、父親の歌は滅多に聞かないのだといいます。その理由は、『父の声をイヤホンで聴くのは恥ずかしい』とのことです。

しかし、ものまね番組では、チェッカーズの『ジュリアに傷心』を歌ったことがありました。

結婚していて相手の写真もある?

藤井弘輝も、29歳となっています。では、彼は結婚しているのでしょうか。藤井弘輝の結婚や嫁について迫ってみたいと思います。

2020年6月17日に結婚

藤井弘輝は、2020年6月17日に一般女性と結婚しました。2021年8月現在では、結婚1周年を過ぎたところとなるでしょう。なお、父親の藤井フミヤと同じジューンブライドとなりました。

結婚相手は誰?

相手の女性はフジテレビに勤務する年上女性であり、帰国子女のお嬢様であるといわれています。嫁の父親は、『フジパシフィックミュージック』の社長である上原徹だという噂もあります。上原徹は、以前はフジテレビ社員であり『夜のヒットスタジオ』等の敏腕ディレクターだったのです。

海外アーティストの担当として、ポール・マッカートニーなどといった名立たるアーティストの生中継も成功させていたといいます。

妻の画像はある?

藤井弘輝の嫁は、どういった女性なのか画像が見たいという方もいるでしょう。しかし一般女性ということもあり、嫁の画像は出回っていません。

妻との馴れ初め

嫁との馴れ初めは、はっきりと分かっていません。とはいえ、同じフジテレビ勤務ということで交流があった可能性があります。また、妻の父親とされる上原徹が過去に『夜のヒットスタジオ』を手掛けていたことがありますし、父親はミュージシャンである藤井フミヤとも面識があると考えられます。

藤井弘輝の学歴はどんなもの?

有名人の息子でもある藤井弘輝ですが、どういった学校で学んだのでしょうか。続いては、藤井弘輝の学歴について見ていきたいと思います。

小学校は成城学園初等学校

藤井弘輝は小学校は成城学園初等学校を卒業していて、中学校まではエスカレーターで進学しています。私立の共学校でもあります。

中学校は成城学園

中学校は、先述の通りに成城学園初等学校からエスカレーターで成城学園中学校に進学しました。偏差値は64であり、やや難関校となっています。都内でも指折りの“お坊ちゃん校”としても知られる学校です。卒業生には、森山直太朗や及川光博などがいます。

なお藤井弘輝は、中学校の頃に『フジファブリック』や『くるり』といったアーティストが好きだったといいます。

慶応義塾ニューヨーク学院卒業

高校は、系列校となる成城学園高校には進学しませんでした。藤井弘輝が進学したのは、慶応義塾ニューヨーク学院です。アメリカのニューヨークに所在する4年制の高校となっていて、卒業をすれば日本とアメリカ両国の高校の卒業資格を取得することができるという特色があります。

年間の学費は400万円以上となり高額ではありますが、卒業生は系列の慶應義塾大学に進学することが可能です。高校では寮生活をしていて、バンドも組んでいたといいます。

慶応義塾大学の出身

藤井弘輝は、20歳で慶應義塾ニューヨーク学院から内部進学し、慶応義塾大学文学部を卒業しています。20歳で大学に入学した理由は、高校が4年制であったことと卒業時期が9月だった点にありました。大学時代にイベントの司会を担当したことがあり、それもありアナウンサーを目指した可能性があるでしょう。

藤井弘輝の母親は誰?

藤井弘輝の父親が藤井フミヤであることは有名ですが、母親はどういった女性なのでしょうか。また、藤井弘輝の両親の馴れ初めはどういったものだったのかについて、迫ってみたいと思います。

母親は藤井まち子

藤井弘輝の母親は一般人ではありますが、”藤井(旧姓・都渡?)まち子”という名前は判明しています。また、母親の実家は老舗書店である『菊竹金文堂』を経営しています。この『菊竹金文堂』は、福岡県内で有名であり創業から150年以上経っていることが特徴です。

学生時代からの仲!

藤井弘輝の両親は中学時代の同級生であり、高校から付き合っていました。ダンスパーティーで友人の同級生として紹介されたことで、藤井フミヤが一目惚れをしたといいます。

結婚を反対され

両親の結婚前、母親・藤井まち子側の父親に結婚を反対されていたといいます。そこで父親・藤井フミヤは芋版で版画の立派な年賀状を作り彼女に送ったのです。デザインを凝らした獅子舞の版画だったといいます。彼女はとても感動し、後々まで年賀状を大切にしていてました。

この年賀状がきっかけで、藤井まち子の父親も交際を許してくれました。

1990年6月29日に挙式

両親のプロポーズは、車の炎上がきっかけでした。ある時、藤井フミヤは当時彼女であった藤井まち子と共に、自身の親を羽田空港まで車で迎えに行きました。すると、道中でアクセルが効かなくなってしまい煙まで出始めたのです。それだけでなく、道路上で車は炎上してしまいました。

恐らく、両親を出迎えて車に乗せた後のことであると考えられます。そこにはたまたま記者もいたため、女性や両親と一緒にいたことから結婚するのかと思われてしまったのでした。その翌日には報道陣が自宅に詰めかけ、囲まれる騒ぎとなったのです。

チェッカーズとして人気絶頂にあり、彼女の存在はひた隠しにしてきた藤井フミヤでしたが、観念して彼女に『結婚するか』とプロポーズをしたといいます。交際を始めてから10年程が経っていました。

藤井弘輝の評判はどんな感じ?

ここで、藤井弘輝の評判について見ていきたいと思います。藤井弘輝にはどういった評判があるのでしょうか。

「お父さん」と呼ぶ

例え普段は“お父さん”と呼んでいたとしても、公の場などでは“父”などと呼ぶのが一般的かもしれません。しかし藤井弘輝は、公の場で父親のことを“お父さんが”と言ったのです。タレントがトークの際に“お父さん”ということはあるでしょう。

 

藤井弘輝はアナウンサーですし、その点は“父が”というべきだったと言われています。この出来事に関して、『マナーがなっていない』などと叩かれてしまいました。

藤井弘輝は親の七光り?

藤井弘輝は、『コネ入社』や『親の七光り』との噂があります。彼は入社1年目で『めざましテレビ』にレギュラー出演した点もあり、そうしたところが気に入らない人もいた模様です。

評価している人もいる!

色々と言われる藤井弘輝ですが、フジテレビ局内でも評価をしている人はいます。藤井弘輝はアナウンス技術も定着してきていますし、期待の若手アナウンサーとして活躍しているのです。

藤井弘輝を最近見ない?

藤井弘輝を最近見かけないという話も聞かれます。藤井弘輝には一体何があったのでしょうか。見かけなくなったと噂をされる真相について、見てみましょう。

出演数が減少

藤井弘輝はアナウンサーですが、フジテレビの社員ですしテレビ出演以外の内部の仕事なども行っている可能性があります。干されたわけではなく、出演本数が減少したとも考えられるでしょう。

週に一度『めざましテレビ』出演中!

藤井弘輝は、水曜日に『めざましテレビ』に出演しています。週に一度、水曜日に『めざましテレビ』を観ると、元気な藤井弘輝の姿を見られる可能性があるでしょう。

出演が減った理由を推測

藤井弘輝の出演が減った理由についは、番組で爪痕を残せなかったためという見方もあります。また、“藤井フミヤの息子”というネームバリューが現在の若い人には響かなかったのではないかとの憶測もあります。80年代頃においては、藤井フミヤ擁するチェッカーズは爆発的な人気でした。

しかし、現在の若い方はそのことを知らない世代も増えてきたのかもしれません。“藤井フミヤの息子”と言われてもピンと来ない方もいる可能性もあります。

藤井弘輝の結婚相手はフジテレビ社員!

藤井弘輝が結婚した相手は、彼と同じフジテレビに勤務する年上一般女性です。かつて『夜のヒットスタジオ』を手掛けていた、敏腕ディレクター・上原徹の娘ではないかとの噂もあります。嫁は一般人ですし、画像などは出回っていないでしょう。

結婚をして家庭を築いている藤井弘輝ですが、これからますますの活躍が期待されます。

藤井弘輝の関連記事

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ