記事ID147616のサムネイル画像

    室井佑月の夫・米山隆一が天才すぎると話題に!?経歴や馴れ初めは?

    50代同士の結婚をしたことで注目を集めたタレント・小説家の室井佑月さん。そのお相手である米山隆一氏が天才すぎる話題になっています。果たしてその経歴や学歴とは?また、2人の馴れ初めや室井佑月さんの現在の病状についてもご紹介します。

    室井佑月のプロフィール

    • 本名(ふりがな/愛称):非公開(/)
    • 所属事務所:オールラウンド
    • 生年月日:1970年2月27日
    • 現在年齢:51歳
    • 出身地:青森県八戸市
    • 血液型:B型
    • 身長:162センチ
    • 体重:不明
    • 活動内容:小説家、随筆家、タレント
    • 家族構成:夫、息子(元夫との間の子)

    小説家としてデビュー

    室井佑月は、1997年の小説新潮による「読者による『性の小説コンテスト』」に入選したことで、文筆活動を開始しました。これが、小説家・室井佑月のキャリアのスタートでしょう。

    ミス栃木など多くの経歴を保持

    室井佑月は、ミス栃木や渋谷区の『ミス公園通り』に選ばれたことがありました。そして、雑誌モデルやレースクイーン、女優、銀座にあるクラブのホステスなど様々に経験しています。

    タレントとしても活躍

    室井佑月は、過去に『ひるおび!』の木曜レギュラーを務めていました。また現在は、『バラいろダンディ』の水曜レギュラー、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』のレギュラー、『大竹まこと ゴールデンラジオ!』の金曜レギュラーなどを務めています。

    室井佑月の夫は米山隆一

    室井佑月の夫は、米山隆一といいます。続いては、米山隆一についてご紹介します。彼はどういった男性なのでしょうか。

    米山隆一のプロフィール

    • 本名(ふりがな/愛称):米山 隆一(よねやまりゅういち/)
    • 所属事務所:有限会社セイジロー代表取締役
    • 生年月日:1967年9月8日
    • 現在年齢:53歳
    • 出身地:新潟県北魚沼郡湯之谷村(現・魚沼市)
    • 血液型:不明
    • 身長:180センチ
    • 体重:76キロ
    • 活動内容:政治家、医師、医学者、弁護士
    • 家族構成:妻

    国籍は日本

    新潟県北魚沼郡湯之谷村(現在の魚沼市)に生まれているので、米山隆一の国籍は日本です。父親は自衛官だったといいます。また、元は“愛甲”という苗字であったものの、米山隆一が中学生の頃に父親が母親の実家に婿養子に入りました。これにより、家族で苗字が“愛甲”から“米山”に変更となっています。

    前新潟県知事

    米山隆一は、2016年10月から2018年4月まで新潟県知事を務めていました。任期を待たず、1年5か月ほどの知事としての活動となっています。

    室井佑月と米山隆一の馴れ初めは?

    次に、室井佑月と米山隆一の馴れ初めについて迫ってみたいと思います。室井佑月は、どの様にして米山隆一と結婚することになったのでしょうか。

    結婚したのは2020年5月

    2020年5月9日に、近日中に室井佑月と米山隆一が結婚すると報道されました。そして、2020年5月10日に米山隆一の出身地である新潟県魚沼市に婚姻届を提出しています。その後2021年4月18日に、新潟県長岡市の蒼紫神社で挙式しました。

     

    結婚式では、新型コロナウイルスの対策を徹底するために、参列者を15名の親族らのみとしたといいます。また、飲食を伴う披露宴は行われませんでした。

    最後まで添い遂げたい

    挙式後に、室井佑月は「最後まで添い遂げたい」と結婚生活に向けて決意を新たにしていました。なお、室井佑月と米山隆一の馴れ初めは、2019年10月頃に元経済産業省官僚・古賀茂明が、室井佑月を米山隆一に紹介したことがきっかけです。

    米山隆一の学歴・経歴がスゴイ!

    室井佑月の夫である米山隆一の、学歴や経歴が凄いことを知っているでしょうか。続いては、米山隆一の凄いといわれる学歴および経歴についてお伝えします。

    東京大学医学部医学学科卒業

    米山隆一は、灘高等学校から東京大学理科三類に進学後、東京大学医学部医学学科を卒業しました。そして1992年には医師免許を取得しています。

    医師免許を取得後

    医師免許取得後は、大学在学中に東大病院の放射線科で研修を受けてから、放射線医学総合研究所に3年ほど勤務しています。放射線治療を専門としていたものと考えられます。

    司法試験に合格

    1997年10月に司法試験に合格しました。司法試験にチャレンジしたのは、東大の寮にいた頃に法学部の学生が威張っていたことから、腹が立ったことがきっかけだったといいます。腹が立ち受験をして、合格してしまう点が凄いところでしょう。

    なお、司法修習を経た後の2011年に弁護士登録をしています。そして、『おおたか総合法律事務所』に現在も在籍中です。

    医学博士を取得

    米山隆一は、1998年に東京大学大学院経済学研究科を、そして2000年には東京大学大学院医学系研究科を、それぞれ単位取得した後に退学しています。その後、放射線医学総合研究所やハーバード大学付属のマサチューセッツ総合病院を経て、2003年に東京大学で医学博士を取得しました。

    14年間医師として勤務

    2005年より、東京大学先端科学技術研究センター医療政策人材養成講座の特任講師に就任しました。医師としては、約14年勤務しています。

    米山隆一は政治家としても活動

    医師として長く活動していた米山隆一ですが、政治家としても活動しています。さて、米山隆一は政治家としてどの様な活動をしてきたのでしょうか。

    2016年に新潟県知事に立候補

    2005年と2009年に、衆議院議員総選挙に自由民主党公認で出馬しています。その後に2016年には維新の党と民主党が合流したことにより、民進党の所属となりました。しかし2016年9月23日に民進党を離党し、無所属で新潟県知事選に立候補する意向を表明しています。

    新潟県知事に就任

    新潟県知事選挙は、選挙戦の終盤まで激戦が報じられていました。しかし、10月16日の投開票で、自由党県連代表・森裕子に約6万3千票差で勝利し、初当選しています。その後10月25日に新潟県庁に初登庁し、正式に新潟県知事へと就任しました。

    2018年4月27日県知事を辞任

    米山隆一は、2016年の援助交際が週刊文春で報じられることを受けて、2018年4月27日に新潟県知事を辞職しました。彼は、20代の女子大生と援助交際していたのです。在職期間は約1年半となり、歴代新潟県知事で最短となりました。

    米山隆一の援助交際の過去とは?

    続いては、先述している米山隆一の援助交際について深く掘り下げていきたいと思います。米山隆一はどの様なことをしていたというのでしょうか。

    2018年に援助交際していてた過去が発覚

    米山隆一が新潟県知事として奮闘していた2018年4月に、過去に出会い系サイトで知り合った20代の女子大生に金品を渡して援助交際をしていたことが明るみになりました。女性の気を引くために、金銭を渡していたといいます。

    また米山隆一は、「『少なくとも僕は好きでしたよ。相手も思ってくれてたと思う」とも言っていました。女性側は、当初3万円だった金額を4万円に上乗せさせ、週刊誌に売ったとされています。

    援助交際を認め辞任

    米山隆一は2018年4月18日の記者会見において、20018年当時から数えて3,4年前より絶え間なく複数の女性と金銭を伴うやりとりをしていたことを認めました。そして正式に、新潟県知事を辞職する考えを示し4月27日付で辞職しています。

    米山隆一の生い立ちは?

    米山隆一はどの様な生い立ちで育ったのか、気になる方もいるかもしれません。次に、米山隆一の生い立ちについて探ってみたいと思います。米山隆一は、どういった環境で育ったのでしょうか。

    肉屋の息子として誕生

    米山隆一は、新潟県北魚沼郡湯之谷村で営業する『セイジロー肉店』の息子として誕生しました。2019年頃までは、実家である『セイジロー肉店』の取締役として、名を連ねていたといいます。2020年の時点では、店舗の取締役は“米山ケイ子”となっているとされ、恐らく母親ではないかと推測できるでしょう。

     

    実家が精肉店であったことから、日常的に肉を食べており恵まれた体格となったことを、米山隆一本人が語っています。なお精肉店は、米山隆一の祖父が営んでいたものの自衛官をしていた米山隆一の父親に譲ったという話もあります。また、子供の頃から勉強ができたことから、地元では“神童”と呼ばれていました。

    高校は天才レベル

    米山隆一は、兵庫県神戸市に所在する難関校・灘高校を卒業しています。灘高校は偏差値が79であり、2018年高校偏差値において全国1位でした。天才といえるような生徒たちの集まる高校に通っていたのです。米山隆一の学力の高さが分かるでしょう。

    自慢の息子として育つ

    米山隆一の子供の頃は、勉強をしながらでも家の手伝いをしっかりと行っていたといいます。妹もいるともされていることから、妹の面倒も見ていた可能性があるでしょう。両親にとって米山隆一は、自慢の息子であったと考えられます。

    米山隆一のTwitterは炎上しやすい

    有名人の発言は注目されるものであり、Twitterが炎上してしまう有名人もいるものです。では、米山隆一の場合はどうでしょうか。米山隆一のTwitterについて迫ってみたいと思います。

    著名人の書き込みに反応し炎上

    米山隆一は橋下徹や百田尚樹らにTwitterで論争を繰り広げていました。新潟県知事時代にも、著名人の投稿に反応して『吐き気を催す』などと批判を展開していたのです。しかしながら、米山隆一が批判をした対象は新潟県とは無関係の投稿でした。

     

    これに対して、「県政に専念するべきだ」といった批判を受けています。しかし米山隆一は、「民主主義政治家として民主主義をきちんと機能させるのも職責の一つ」だとして相手にしていません。

    つるの剛士に言いがかり

    2020年に、つるの剛士が当時多発していた家畜や農産物の盗難被害についての農林水産省のツイートを引用し、自身も被害に遭ったことなどをTwitterで発言しました。つるの剛士は、栽培していたパクチーが日本語の分からない人物に盗られたのです。

    これに対し、米山隆一は突然“言いがかり”を付けたのです。米山隆一は、豚泥棒が外国人だという証拠はない、大量屠殺(とさつ)をする手段のない外国人がこれをやるのは困難だと反論しました。また同業者の可能性があり、外国人の犯罪かのように示唆してリツイートするのは極めて差別的だと言っています。

    この反論をきっかけに、大炎上にまで発展しました。つるの剛士は当時の安倍総理大臣を応援するツイートをしていて、米山隆一にとっては目の敵のような存在であるとされています。

    天才であるが「勘違いエリート」との異名も

    米山隆一は県知事時代に、知事中国出身の評論家・石平(せき へい)氏のツイートを猛烈に批判しました。それだけでなく、Twitter上で「吐き気を催すほど醜悪」などとも言ったにも関わらず、謝罪をしなかったのです。

    これにより、経歴の凄さから自分が正しいと信じて疑わない”勘違いエリート”だといわれています。

    米山隆一の昔の結婚歴は?

    ここで、米山隆一の昔の結婚について迫ってみたいと思います。米山隆一は53歳になりますが、これまでに結婚していたことはあるのでしょうか。米山隆一の恋愛事情について、見ていきましょう。

    室井佑月が初婚

    米山隆一は、室井佑月との結婚が初婚です。これまでに、結婚や離婚をしたことがありません。室井佑月と出会う前にも、結婚を諦めていたというわけではなく、長岡青年会議所主催の『婚活プロジェクト』に参加していたといいます。来賓というわけではなく、相手を探す参加者としてです。

    女性に対しての免疫が少ない

    米山隆一は、実家に彼女を連れてきたことがなかったという証言があります。米山隆一には姉や妹はいますが、女性に対しての免疫は少なかった可能性があるでしょう。女性問題などもありましたが、実際には米山隆一は奥手なのかもしれません。

    室井佑月は、そんな米山隆一にとってやっと出会えた女性であったものと考えられます。

    室井佑月の昔の結婚歴は?

    夫の米山隆一とは異なり、室井佑月には離婚歴があります。次に、室井佑月の昔の結婚についてお伝えしたいと思います。室井佑月はどの様な相手と結婚していたのでしょうか。また、子供はいるのでしょうか。

    1999年に高橋源一郎氏と結婚

    室井佑月は、29歳頃だった1999年に小説家の高橋源一郎と結婚しました。相手は、室井佑月より19歳年上であり、結婚時に高橋源一郎は48歳頃であったと考えられます。なお高橋源一郎は、5度の結婚歴と4度の離婚歴があります。室井佑月は4人目の妻ということになるでしょう。

     

    なお、室井佑月と高橋源一郎は不倫関係にあったといいます。これにより、高橋源一郎は前妻の小説家・谷川直子と離婚しました。

    息子を出産

    室井佑月は、2000年に長男を出産しています。名前は裕太といい、2021年には21歳になるものと考えられます。息子は、超進学校である愛媛県の愛光学園中学校・高等学校に進学した模様です。これは、母親の室井佑月がはっきりと断言したわけではありません。

    四国にある寮を備えた進学校と言っていたことから、推測され噂となっているものです。その後の2020年春の段階では、室井佑月と同居して浪人生活を送っていたとみられています。

    離婚原因は相手の不倫

    長男が生まれた翌年の2001年には、高橋源一郎と離婚しています。離婚の原因は、高橋源一郎が複数の女性と不倫していたことだとされています。この点は、『婦人公論』の2001年10月7日号に発表された手記に書かれていました。なお高橋源一郎は、室井佑月との離婚後の2003年に5人目の妻と再婚していています。

    息子が念願の大学に合格したと報道!

    2020年の段階では浪人生活を送っているとみられた息子ですが、念願の大学に合格したと2021年4月9日に報道されました。では、息子・裕太はどこの大学に進学したのでしょうか。

    東大を目指していた?

    室井佑月の息子は、東京大学を目指していたとの噂があります。また、目指したのは大阪大学ではないかとの話もあります。息子の通っていた高校は東京大学の合格者を多数輩出している、愛光学園です。それもあり、他の大学ではなく東京大学を目指していたとの見方があるのでしょう。

    なお、実際に息子が入学した大学については情報が見受けられません。ただ、2021年3月上旬の段階で入学金を払ったばかりとの話もあり、国立大学である可能性もあります。

    現在(2021)室井佑月の病気は?

    ここで、室井佑月の病気について見ていきたいと思います。室井佑月は何度も病に苦しめられてきたのです。さて、現在の状況はどうなのでしょうか。

    2005年膵臓に腫瘍が見つかる

    2005年に、室井佑月の膵臓に腫瘍が見つかりました。これにより、膵臓の3分の2と脾臓の摘出を行っています。当時、室井佑月は30代半ばほどであったでしょう。

    糖尿病を発症

    室井佑月は、膵臓の大部分を除去したことにより2011年に糖尿病を発症しました。膵臓の手術を受ける前に、将来的に糖尿病になると医師から告げられていたといいます。その点を気にせず日常生活を送っていた彼女は、術後3年の頃に食べても太らないことを周囲に指摘されました。

    そして、朝のめまいなど糖尿病の兆候が表れてきたことで、血糖値の検査を受け糖尿病が判明したのです。そして、日常的にインスリン注射をすることになりました。

    2019年・乳がんに

    2019年7月12日には、乳がんのステージIもしくはIIであることがスポーツニッポンで公表されました。室井佑月は過去に豊胸のために胸に生理食塩水を入れていたため、マンモグラフィーを受けられなかったといいます。そして2019年8月9日には、右乳房とリンパの一部摘出手術を受けました。

    この手術の際には、豊胸のために入れていた生理食塩水を400グラムが抜かれています。8月15日には、出演していたテレビ番組『ひるおび!』に復帰しました。

    体調不良で微熱

    室井佑月は、『大竹まこと ゴールデンラジオ』というラジオの金曜パートナーを務めています。彼女は2021年5月14日に番組を欠席したのでした。理由は、持病による微熱であり体調不良による欠席とされています。

    ピンチヒッターは、番組の放送開始当初の2007年5月から2010年4月までパートナーを務めていた六車奈々が務めました。なお番組の放送開始前には、室井佑月も『外に出てないからコロナじゃないと思うけど、一応、検査してからにする』と、番組欠席についてツイートしています。

    室井佑月の学歴はどんなもの?

    室井佑月の夫の凄い学歴については既にご紹介しました。ここで、室井佑月の学歴について迫ってみたいと思います。室井佑月はどの様な高校を卒業しているのでしょうか。

    中学では陸上部

    室井佑月がどこの中学校に通っていたかは不明です。ただ、インタビューでは公立学校に通っていたと話しています。また、陸上が得意であり800メートル走が速かったことから、陸上部に入部することになったといいます。ところが、すぐに辞めてしまいました。

     

    室井佑月本人が陸上をしたかったわけではなく、出席日数が足りなかったことから教師に勧められたため入部した模様です。なお、高校までの室井佑月は遅刻や欠席、早退が多く学校が嫌いでした。母親も彼女を甘やかしており、雨の日は風邪をひかないために登校しなくても良いと言っていたのです。

     

    室井佑月は勉強も嫌いでしたが、勉強をしなくても成績は良好であったとされています。

    栃木県立石橋高等学校卒業

    高校は、栃木県立石橋高等学校を卒業しています。同校は偏差値65という難関校でもあります。1924年に開校された公立高校であり、栃木県内ではハンドボール部や吹奏楽部の強豪としても知られる高校です。進学校ではありましたが、当時の室井佑月は成績が芳しくなかったといいます。

    高校時代には目標を見出すことがでず、度々学校をサボっていました。そのため、母親もその都度学校に呼び出されたのでした。室井佑月は後に学生時代を“暗黒時代”と述べており、体育の時間が特に嫌だったとか。体操着にゼッケンを付けて並ばされるのが嫌だったのです。

    大学には進学していない

    室井佑月は大学に進学をしていません。彼女は大学に進学せずに、前述のような様々な職業を経験しています。これらの経験が、執筆活動にも生かされているのかもしれません。

    米山隆一とは古賀茂明の紹介で出会い2020年に結婚!

    室井佑月は、2019年に元経済産業省官僚・古賀茂明の紹介により米山隆一と知り合い、2020年に結婚しました。米山隆一は東京大学医学部を卒業し医師免許を取得。大学在学中には司法試験にも合格しているという経歴の持ち主です。医師としては海外の病院などで14年間医師として勤務しています。

    さらには、新潟県知事にも就任しているという人物でもあるのです。子供の頃から“神童”といわれるほどであり、高校は難関校である灘高校を卒業しています。室井佑月は、その様な凄い経歴の男性と再婚したのでした。

    室井佑月の関連記事

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ