記事ID147429のサムネイル画像

キッコーマンが烏龍茶を販売って本当?どんなデザイン?味は?

キッコーマンといえば醤油や豆乳飲料が有名ですが、実は烏龍茶の販売も行っていました。しかも、そのキッコーマン製の烏龍茶の存在を広めたのは元モーニング娘。の飯田圭織さんだったのです。今回は、キッコーマンの烏龍茶についての情報を紹介します。

キッコーマンが烏龍茶を販売していた!

キッコーマンといえば世界的な醤油メーカーですが、烏龍茶を販売していたこともあります。キッコーマンの情報やキッコーマンの烏龍茶についてまとめました。

キッコーマンといえば醤油

キッコーマンは醤油のメーカとして有名で、醤油を使用したつゆやタレ、ポン酢などを主力として販売する調味料や加工食品の大手企業です。第二次世界大戦前から醤油を世界展開しており、現在は100ヶ国以上に醤油を販売しています。

 

醤油の世界シェアは50%で、特にアメリカでの醤油シェアは55%と非常に高いです。海外で最も醤油を販売しているメーカーと言って問題ないでしょう。ちなみに、日本での醤油シェアは30%で国内1位です。

 

醤油のメーカといえば、キッコーマンを真っ先に思い浮かべる人も多いでしょう。そんなキッコーマンですが、烏龍茶も販売していました。

キッコーマンの烏龍茶はどんな見た目?

キッコーマンの烏龍茶は、どのようなパッケージデザインで売られていたのでしょうか?キッコーマンの烏龍茶は、主に大型のペットボトルに入れられて販売されていました。キッコーマンの烏龍茶のペットボトルは薄いグリーンのラベルが貼られており、中央には「キッコーマン」と記載されています。

 

ただし、実際にペットボトルを見た人は、ラベルは白と証言しているので、写真は変色している可能性があります。「キッコーマン烏龍茶」と入れてGoogleで検索すると、キッコーマンの烏龍茶のペットボトルの画像が表示されます。

 

実は、烏龍茶で検索しただけで、検索候補にキッコーマンが表示されます。それだけでなく画像検索では、キッコーマンの烏龍茶のペットボトルの画像まで小さく表示されており、キッコーマンの烏龍茶について検索する人が非常に多いことがわかります。

業務用のみで一般は購入できない?

キッコーマンの烏龍茶は基本的に業務用のペットボトルで販売されており、一般にはほとんど流通していなかったと言われています。一般の人も飲むことは出来ましたが、直接ペットボトルを購入することはできませんでした。

 

キッコーマンの烏龍茶を購入したお店が、コップに入れて提供したものを飲むことしかできなかったようです。自動販売機や小売店で350ml缶の烏龍茶も販売されていたようですが、流通はわずかだったと言われています。

 

ペットボトルは業務用なので価格は不明ですが、缶入りの烏龍茶は88円で購入できたという情報があります。

味が気になるがすでに生産終了

キッコーマンの烏龍茶がどんな味なのか気になる人も多いでしょう。残念ながらキッコーマンの烏龍茶は10年以上前に生産終了しており、現在は飲むことができません。缶入りの烏龍茶が販売されていたという情報も、2008年頃のことだそうです。

 

当時キッコーマンは、烏龍茶以外にも緑茶やはと麦茶なども販売していましたが全て生産終了しています。キッコーマンの烏龍茶の味に関する評判は、ほとんどわかりませんが、「キッコーマンの烏龍茶が生産終了して泣く」というツイートもあり、ファンはいたようです。

Amazonなど通販での販売は?

キッコーマンの烏龍茶は、Amazonなどの通販で販売されていたのでしょうか?Amazonは業務用の商品や飲料を扱っている場合もあるので、キッコーマンの烏龍茶を販売していた可能性はあります。

 

しかし、10年以上前にメーカーでの生産終了しているので、現在はAmazonでも販売はされていません。過去にAmazonに販売ページがあったかもしれませんが、あったとしても既に削除されている可能性が高いです。

キッコーマンの烏龍茶以外のおすすめ飲料

醤油のメーカーとして有名なキッコーマンですが、醤油以外の大豆製品として豆乳の販売にも力を入れています。キッコーマンが販売する烏龍茶以外のおすすめ飲料についてご紹介します。

キッコーマン・調製豆乳

キッコーマンの調整豆乳は1977年に初めて販売された豆乳飲料で、現在でも日本の調整豆乳の定番の1つです。元々は、当時紀文グループの子会社であった紀文フードケミファから販売されていましたが、販売元がキッコーマンの子会社になったことでキッコーマンの豆乳として販売されています。

 

キッコーマンの調整豆乳の中では最もポピュラーなタイプで、大豆の青臭さを抑えることで無調整よりも飲みやすくなっています。無調整の豆乳が苦手な人は、この調整豆乳から飲み始めると良いというレビューもあります。

キッコーマン・おいしい無調整豆乳

キッコーマンの美味しい無調整豆乳は、水と大豆のみで作られており、味を整えるための他の原料は使われていません。カナダ産の非遺伝子組み換え丸大豆を使用しており、良質なタンパク質やレシチンやイソフラボンなどを摂ることができます。

 

無調整豆乳では最も飲みやすいという声もあり、調整されていない豆乳が飲みたいという人におすすめです。モンドセレクション金賞連続受賞の無調整豆乳です。

キッコーマン・豆乳飲料紅茶

キッコーマンの豆乳飲料紅茶は、紅茶をブレンドしたロイヤルミルクティー風の調整豆乳です。アールグレイの香りが豊かで、カテキンやポリフェノールなど紅茶の成分と大豆の成分を同時に摂ることが出来ます。豆乳飲料の中でも人気が高い商品で、ミルクティーが好きな人におすすめです。

キッコーマン・豆乳飲料ココア

キッコーマンの豆乳飲料ココアは、ココアをブレンドした調整豆乳です。ココアのポリフェノールが摂取できるだけでなく、カルシウムの吸収を促進するビタミンDも摂れます。西アフリカ産のカカオ豆から作られたココアパウダーを使用しています。ココア風味の豆乳が飲みたい人におすすめです。

キッコーマン・ソイラテ

キッコーマンのソイラテは、2021年に販売されたばかりの新しい豆乳飲料です。作り立ての豆乳に、アラビカ種コーヒー豆で自家抽出したコーヒーを合わせています。キッコーマンの豆乳飲料には麦芽コーヒーなどがありましたが、全く新しいコーヒーの味がする豆乳飲料です。

 

豆乳というよりも普通のコーヒー飲料に近い味という意見が多く、豆乳が苦手な人でも飲みやすい味になっています。

キッコーマンの烏龍茶を有名にしたのは飯田圭織?

キッコーマンの烏龍茶に関してご紹介してきましたが、なぜ業務用中心で販売されたキッコーマンの烏龍茶がここまで有名なのでしょうか?実はキッコーマンの烏龍茶が有名になったのは、モーニング娘。の元メンバーである飯田圭織さんのバスツアーが原因と言われています。

 

キッコーマンの烏龍茶を有名にした飯田圭織さんのバスツアーについてまとめました。

飯田圭織のバスツアーで烏龍茶が登場

キッコーマンの烏龍茶が有名になった飯田圭織さんのバスツアーとはどんなものだったのでしょうか?キッコーマンの烏龍茶を有名にしたのは2007年7月7日に開催された「飯田圭織・前田有紀の”大人の七夕祭り”日帰りバス旅行」です。

 

このバスツアーの飲み物として出されたことで、キッコーマンのウーロン茶は有名になってしまいました。参加費は19,800円のバスツアーでしたが、その内容が事件というほどひどいものだったのです。

飯田圭織のバスツアーがもはや事件!

飯田圭織さんのバスツアーの衝撃は、ツアーの前日に飯田圭織さんが結婚と妊娠を発表されたことに始まります。一緒に旅行に行くアイドルが前日に結婚発表という展開に、ファンは衝撃を受けました。キャンセルが続出と思われましたが、参加費が高額なためキャンセルは少なかったそうです。

 

実際のバスツアーも問題だらけで、食事のバーベキューは1人当たり肉1枚とソーセージ1本で非常に貧相だったと言われています。500円のビールが別売りで、バナナを2本食べた参加者が、スタッフに文句を言われてトラブルになったという話も残っています。

 

食後は巨大迷路を楽しむイベントがありましたが、時間が押していたせいで脱出できない参加者を置き去りにしてバスが出発したと言われています。食事は、言われているよりはもう少しまともだったという話もありますが、このバスツアーは、もはや事件として現在でも悪い意味で語り継がれています

ファンはキッコーマンの烏龍茶がトラウマに

飯田圭織さんのバスツアーのエピソードは、大げさに風潮されている部分もあると言われていますが、ファンにとってはあまりにひどい仕打ちだったと言われています。食事のテーブルには、8人用としてキッコーマンの烏龍茶の1.5Lペットボトルが1本だけ置かれていたといいます。

 

8人用の飲み物としては、あまりに少ないうえに、有料のビール以外に他の飲み物はなかったといいます。キッコーマンの烏龍茶が、レアだったせいで印象が強くなり、キッコーマンの烏龍茶はファンにとってバスツアーのトラウマになってしまったと言われています。

飯田圭織のバスツアーは2chでも話題に

飯田圭織のバスツアーは、ツアー前日から2chで祭りになり、バスツアー参加者がリアルタイムで書き込みをするなど、盛り上がっていました。10年たってもバスツアーの衝撃は風化しておらず、現在でもネットで度々話題になっています。

 

2021年1月27には当時のバスツアーの参加者が、Twitterにキッコーマンの烏龍茶の写真などを投稿して盛り上がりを見せました。バナナは余っていたなどのツイートもあり、バスツアーの内容は、実際よりもかなり悪く言われている可能性もありそうです。

 

いずれにせよ、現在でも話題になることから、このバスツアーの影響力が非常に大きかったことがわかります。

伝説となったキッコーマンの烏龍茶

キッコーマンの烏龍茶についてご紹介しました。不名誉だともいえることで知名度が高くなってしまったキッコーマンの烏龍茶ですが、烏龍茶そのものに問題があったわけではありません。飲んでみたいという人も多いですが、残念ながら販売終了しています。

 

ただ、キッコーマンは醤油だけでなく、豆乳や野菜ジュースなどの飲料を販売しています。今後、キッコーマンの烏龍茶が販売されることもあるかもしれません。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ