記事ID147307のサムネイル画像

クールスモーキングって?メリットとデメリットは?

クールスモーキングという言葉をご存知ですか?クールスモーキングはゆっくりと煙草本来の味を楽しむ口腔喫煙のことです。クールスモーキングはメリットだけでなくデメリットもある?名前の意味や正しいクールスモーキングのやり方まで詳しく解説します!

クールスモーキングとは?

クールスモーキングは最近注目されているたばこの吸い方ですが、どんな吸い方なのでしょうか?クールスモーキングの楽しみ方や言葉の意味などについてまとめました。

煙草をゆっくり吸うタバコの楽しみ方

クールスモーキングはタバコの吸い方の1つで、ゆっくりと時間をかけて楽しむ方法です。ゆっくり吸うと一度に吸い込む空気の量は少なくなります。空気の量が減ることで燃焼温度も下がり、熱で飛んでしまう煙草本来の香りや風味をじっくりと味わえます

 

煙の温度も下がり、タバコの煙を減らす効果もあります。1本のタバコをじっくり味わうので、1日に吸うタバコの数が少なくなりやすいです。昔からあった吸い方ではなく、数年前から知られるようになりました。

クールスモーキングの意味や由来

クールスモークキングの「クール」は、冷たいを表す英語の「cool」から来ています。温度を低温に抑えて吸う意味で、クールが使われています。英語のcoolはかっこいいという意味でも使われます。しかし、クールスモーキングにかっこいいという意味はありません

 

あくまで冷たいという意味から派生して、温度を抑えるという意味で使われています。クールスモーキングはタバコを美味しく吸うために、科学的根拠に基づいて考えられました。温度を抑えて吸うため、結果として煙の量が少なくなります。

口腔喫煙の点でふかし煙草と同じ

普通の吸い方は煙を肺の中まで吸い込みますが、クールスモーキングはタバコの煙を肺の中に入れずに口の中で味わいます。ふかしは葉巻やパイプを吸う時の基本で、口の中で煙を楽しみます。クールスモーキングは口内喫煙という点ではふかし煙草と同じです。

 

ただし、ふかし煙草は大量の煙が出ますが、クールスモーキングはできるだけ煙が出ないようにして楽します。

クールスモーキングのメリット

クールスモーキングは温度を抑えて吸うことで、煙の量が少なくなる、たばこ本来の風味を楽しめるなどのさまざまなメリットがあります。クールスモーキングのメリットをまとめました。

温度を低く抑えるので煙が少ない

クールスモーキングは、ゆっくりと時間をかけて空気を吸い込みます。空気をゆっくり吸い込むことでタバコが激しく燃えることはなく、燃焼温度も下がります。そのため、タバコから出る煙の量が減るのがメリットの1つです。

 

口の中で味わう点はふかし煙草と同じですが、ふかし煙草は煙を速く吸い込みます。早く吸うことがふかし煙草とゆっくり吸い込むクールスモーキングとの違いです。

 

ふかし煙草は大量の煙を出すので副流煙の害が心配されますが、クールスモーキングは時間をかけて吸うことで副流煙も少なくなります。

煙草本来の風味を味わえる

クールスモーキングは普通の吸い方と比べて、タバコ本来の風味を味わう吸い方です。普通の吸い方は肺に煙を入れてニコチンを吸収するので、満足感はあります。しかし、タバコの風味をじっくり味わうことはできません。

 

クールスモーキングは、口の中で時間をかけて煙を味わいます。舌の味覚で煙の味や風味を楽しむことができ、香りも肺喫煙よりも堪能できます。タバコ本来の風味をじっくり味わいたい人におすすめです。

アイコス(IQOS)でも使える

電子タバコのアイコスにタバコをつけても、クールスモーキングを楽しむことができます。アイコスは煙草の葉をカートリッジを300度前後に加熱することで蒸気を出し、蒸気を吸いこむことでタバコを楽しみます。

 

アイコスは煙を出さずにタバコを味わうことができ、吸う間隔が空くところもクールスモーキングに似ています。 アイコスは電子タバコの中では高温の部類ですが、クールスモーキングの適温に近い温度です。そのため、クールスモーキングを楽しみやすいともいえます。

 

アイコスはタバコ1本吸うのに平均で3分ほどかかります。クールスモーキングを行うことで、アイコスで1本吸う時間を伸ばすこともできます。

クールスモーキングのデメリット

クールスモーキングには様々なメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。クールスモーキングのデメリットについてまとめました。

鼻が痛くなることもある

クールスモーキングのデメリットの1つとして鼻が痛くなることが挙げられます。クールスモーキングは口の中でゆっくりと煙を味わいます。呼吸は鼻で行うことになりますが、その際に煙が鼻の方に流れていきます。口からだけでなく鼻からも煙が出るので、鼻が痛くなります。

 

ゆっくりと吸い込んで煙が出ないようにするなど工夫することで鼻が痛くならないようにできますが、うまく吸わないと鼻が痛くなりやすいです。

肺喫煙者にとっては邪道

元々タバコはふかして楽しむものでしたが、肺喫煙が長年の主流になっています。そのため、肺に煙を入れないふかしタバコは邪道・ダサいと感じる人もいるようです。ふかしタバコに近いクールスモーキングも、邪道・ダサいと言われる場合があります。

 

クールスモーキングはニコチンが体に吸収されないので健康的な吸い方とも言われますが、健康を気にするなら吸わないほうが良いという意見もあります。

肺喫煙者にとっては物足りない

肺喫煙者やヘビースモーカーには、クールスモーキングの吸い方は物足りないと感じることが多いです。肺喫煙は取り込むニコチンの量が多くなります。また、肺喫煙者は隙間時間でもタバコを吸うのが普通で、1日に平均1箱消費すると言われています。

 

クールスモーキングは、タバコの量が少なくなるのでどうしても肺喫煙者には物足りなく感じてしまうのです。肺喫煙に慣れている人がクールスモーキングに移行するのは難しいので、意識の切り替えと努力が必要になります。

クールスモーキングのやり方・吸い方

クールスモーキングは、ゆっくり吸うことで煙を少なくします。しかし、正しいやり方を意識しないと、なかなか煙の少ない吸い方にはなりません。クールスモーキングに向いたタバコや正しい吸い方のコツをまとめました。

両切り煙草が向いている

まずはクールスモーキングに向いているタバコをご紹介します。クールスモーキングをするには、タールが10以上でフィルターが付いていない両切り煙草が向いていますフィルターを通すと味が薄くなってしまうので、味を楽しむクールスモーキングの良さがわかりにくいです。

 

ただし、いきなり両切り煙草は敷居が高いと感じるかもしれません。最初は自分の好きな銘柄でクールスモーキングを初めてみて、少しずつ試すのも良いでしょう。

煙草は浅めにくわえる

クールスモーキングをする際は、タバコを深くくわえるのではなく浅めにくわえることが大切です。深くくわえると吸い込む力が強くなって燃焼温度が上がりやすいですが、浅く柔らかくくわえることで燃焼温度を抑えることができます。

 

両切り煙草を使う場合は唇で濡らさないように、より注意深く浅くくわえるようにします。火をつける際はタバコに直接火が触れないようにして、少し遠くから吸い込む力でじわじわと煙が出るようにします。この方法なら最初に吸い込む際の温度を最も低く抑えられます。

熱々のスープを飲むように吸う

クールスモーキングで息を吸い込むコツは、熱々のスープ飲むように吸うことです。クールスモーキングは燃焼速度を抑えるために、ゆっくりと少しずつ息を吸い込みます。そのためには熱々のスープを飲む時のように火傷に気を付けて、少しずつ口にする感覚を意識します。

 

燃焼温度を抑えるためにも火種は小さく抑える必要があります。1回に吸い込む時間は1秒未満に抑えて、ゆっくり少しずつ吸いましょう。吸い込んだ煙はすぐに外に出さないで、舌の上を転がすような意識で味わうようにします。

 

煙を外に出す際は口を閉じ気味にして、優しく息を吐くことでより深い味わいになります。

正しいクールスモーキングをしているサインとは?

クールスモーキングをきちん行うのは難しいですが、正しくできているか判断する目安もあります。正しいクールスモーキングをしている際のサインについてまとめました。

煙がほとんど出ない

クールスモーキングが正しくできているか判断するサインの1つは、煙がほとんど出ないことです。タバコから煙が出ないと不自然に感じるかもしれませんが、正しくクールスモーキングできていれば煙の量は非常に少なくなります。

 

煙の量が多い場合は、ふかしがうまくできていない証拠です。時間をかけてゆっくりと吸い込む必要があるので簡単にはできませんが、少しずつゆっくり吸い込むことを意識しましょう。

甘みや風味を感じられる

クールスモーキングがうまくできていれば、口の中に甘みや風味を感じることができます。ゆっくりと時間をかけて吸い込み、口の中で味わえばタバコの甘みを楽しめます。煙管(キセル)やパイプのような感覚で、煙を楽しんでみましょう。

 

煙を肺の中まで吸い込まなくても、口腔喫煙で微量のニコチンを取ることはできます。タバコの煙で甘みが感じられることは、クールスモーキングやふかしがきちんとできているサインなので見逃さないようにしましょう。

クールスモーキングなら煙草本来の味が楽しめる

クールスモーキングは、ゆっくり吸って口の中で煙を味わうことでたばこ本来の風味が楽しめる吸い方です。肺に吸い込まないので満足できないという人もいますが、クールスモーキングのやり方を覚えることでタバコの楽しみ方の幅も広がります。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ