記事ID147091のサムネイル画像

元体操選手「和製コマネチ」小菅麻里の現在(2021)とは?

元日本代表体操選手の小菅麻里さんは史上最年少となる13歳で全日本選手権に優勝し、一躍お茶の間の人気者となりました。今回は、和製コマネチの愛称で親しまれた小菅麻里さんの現在や選手時代の経歴、現役選手時代のパワハラ騒動について調べてみました。

小菅麻里のプロフィール

 

  • 本名(ふりがな):小菅 麻里(こすげ まり)
  • 所属事務所:セント・フォース
  • 生年月日:1975年10月16日
  • 現在年齢:45歳
  • 出身地:東京都小平市
  • 血液型:-
  • 身長:151cm
  • 体重:-
  • 活動内容:元体操選手、元スポーツキャスター
  • 家族構成:既婚

 

 

3歳から体操を始め体操の才能が開花

3歳から体操を始めた小菅麻里さん。

幼い頃から体操を始めたのですね!

7歳で名門「朝日生命体操教室」に入会しています。

 

小学校6年生のときに出場した国際ジュニア選手権で、個人総合8位に入賞されています。

小菅麻里が史上最年少で全日本選手権初優勝!

1988年、史上最年少となる13歳で全日本選手権で初優勝をした小菅麻里さん。

その後、1992年まで5連覇を成し遂げ注目を浴びるようになりました。

 

藤村女子高に進学をし、高校1年生にして団体戦、個人総合、そして種目別(跳馬、段違い平行棒、平均台、ゆか)すべてを制覇するインターハイ完全優勝を成し遂げております。

高校3年のインターハイでは、団体優勝、個人総合優勝、種目別でも段違い平行棒とゆかで2冠を獲得しました。

才能があり、学生時代の小菅麻里さんは体操界では敵無し状態でしたね。

「和製コマネチ」「体操界のゴクミ」と呼ばれ人気に

小菅麻里さんの可愛らしい容姿と体操の才能が注目され、女優の後藤久美子さんやモスクワオリンピックで2つの金メダルを獲得したナディア・コマネチさんの名を引っ掛けて「和製コマネチ」や「体操界のゴクミ」と呼ばれるようになりました。

 

小菅麻里さんは一躍お茶の間の人気者になりました。

小菅麻里の現在(2021)は?

現役時代は大活躍をしていた小菅麻里さんですが、早めの引退をしています。

引退した後はどのような仕事をしていたのでしょうか?

そして現在の住まいはどこでしょうか?

 

小菅麻里さんの現在について調査致しました。

現役引退後はスポーツキャスターとして活躍

1995年に現役を引退した後はセントフォースに所属をすることになった小菅麻里さん。

小菅麻里さんは顔が整っており可愛いと評判があったので、多くの芸能事務所からのオファーを受けていたようです。

 

そこで2年間に及び、NNNニュースプラス1でスポーツキャスターを担当しておりました。

 

小菅麻里さんは、1998年9月にスポーツキャスターを辞めています。

小菅麻里はロサンゼルスで体操のコーチをしていた

キャスターを辞め2000年に渡米した小菅麻里さん。

 

ロサンゼルスで体操のコーチを務めました。

体操を子供達に教えていましたが、現在は小菅麻里さんはコーチを辞めています。

2011年に一般男性と結婚

2011年5月に結婚をした小菅麻里さん。

結婚相手はアメリカ在住の一般男性という情報がありました。

ですが詳しい情報はあまりなく、アメリカ人なのか日本人なのかは明らかにされていません。

現在は体操界から離れアメリカで生活

小菅麻里さんは、現在体操コーチを辞め、西海岸のワシントン州で主婦として生活しています。

子供がいるかどうかは明らかにされていませんが、結婚後に子供を授かっていたら子育てをしているのではないでしょうか。

 

仕事も辞めているので、小菅麻里さんは家庭を守っているのでしょう。

小菅麻里の波乱万丈な選手時代

幼い頃から体操を習い、次第に才能を開花していった小菅麻里さん。

学生時代の小菅麻里さんは最強で、同年代のなかで頭一つ抜き出ておりました。

誰も敵わないと言われるほどの実力を持っておりました。

 

ですが、タイミングがあまり良くなく結果的に波乱万丈の現役生活となってしまいました。

小菅麻里さんの体操選手としての記録をまとめました。

ソウルオリンピックは年齢制限で出場できず

小菅麻里さんは、史上最年少で全日本選手権を優勝し世間の注目が集まっていました。

 

1988年のソウルオリンピックでは、小菅麻里さんはまだ13歳でした。

オリンピックは15歳以上との年齢制限があった為、小菅麻里さんの年齢が達していないため出場できませんでした

「残念」「勿体無い」との声が世間で溢れました。

 

ウルオリンピックには、同クラブの先輩である真田マキ子さんや、信田美帆さんなどが選手として選ばれています。

全日本選手権5連覇の偉業を達成

ソウルオリンピックには出場できませんでしたが、全日本選手権では5連覇の偉業を達成しております。

小菅麻里さんは、体操界の絶対的エースとして君臨していました。

バルセロナオリンピックでは力を発揮できず

17歳の時に念願のバルセロナオリンピックに出場をした小菅麻里さん。

 

日本女子のエースとして挑みましたが、本来の力を発揮できずに個人総合で17位で終わってしまいました。

4年に1度のオリンピックなので、エースであっても体の状態や気持ちの状態などコントロールが難しいですよね。

アトランタオリンピックを前に20歳で引退

小菅麻里さんは、1995年のNHK杯で5度目の優勝を飾ります。

残念ながら同年の世界選手権の個人総合に出場できませんでした。

団体も怪我のため出場しておりません。

 

徐々に成績が低迷してしまい、翌年のアトランタオリンピックには出場せず、小菅麻里さんは20歳で引退をしました。

アトランタオリンピックに出場すると思われていたので、それを待たずに引退とは驚きでしたね。

小菅麻里は現役選手時代にパワハラを受けていた?

体操選手としてのびのびと成長していき素晴らしい成績を残していた小菅麻里さん。

ですが、学生時代にパワハラを受けていたとの噂がありました。

一体誰にパワハラを受けていたのでしょうか?

宮川紗江さんが訴えたあの人だった…?

その人はパワハラの常習犯で性格が歪んでいる?

 

など、小菅麻里さんのパワハラ問題について調査致しました。

塚原千恵子が小菅麻里にパワハラ?

小菅麻里さんは、塚原千恵子さんから指導を受けていました。

小菅麻里さんが高校時代にコーチを変えたことで仲がこじれてしまったことがあります。

その為、日本体育大学の推薦入試を受けさせて貰えなかったことや、現役引退後に日本でコーチをさせて貰えなかったことがあったと噂されておりました。

 

これが本当ならば最悪な事態ですよね。

小菅麻里さんは日本で体操を教えられなかったので渡米したのでしょうか?

小菅麻里さんが日本でコーチをしていたのなら、今より日本の体操が強くなっていたのかもしれませんね。残念です。

2018年に宮川紗江が塚原千恵子のパワハラを告発

2018年に体操選手の宮川紗江選手が小菅麻里さんのコーチだった塚原千恵子さんからパワハラを受けたと告発し話題となりました。

暴力を振るわれたことや「五輪に出られなくなる」などと圧力をかけられたと主張しておりました。

 

宮川紗江選手は訴え続けましたが、懲罰対象となるようなパワハラはなかったと認定されたと報告がありました。

この点について宮川紗江選手は「信じられない。何でこんな結論が出たんだろう」と、代理人を通じてコメントしておりました。

 

塚原千恵子さんってトラブルメーカーなのですかね…?

この話が本当なら小菅麻里さんにも相当の圧力をかけてたのではないでしょうか。

【宮川紗江さんのプロフィール】

 

  • 本名(ふりがな):宮川 紗江(みやかわ さえ)
  • 所属事務所:元・セインツ体操クラブ→現・高須クリニック
  • 生年月日:1999年9月10日 
  • 現在年齢:21歳
  • 出身地:東京都西東京市
  • 血液型:-
  • 身長:150cm
  • 体重:45kg
  • 活動内容:女子体操競技選手
  • 家族構成:-

小菅麻里は海外暮らし!結婚をして幸せに暮らしていた!

元日本代表体操選手の小菅麻里さんについて調査致しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

小菅麻里さんは、3歳から体操を始めすぐさまに才能を開花し、史上最年少となる13歳で全日本選手権で初優勝をしました。

本当に実力がある方で学生時代は誰も敵わない存在。

年齢制限に引っかかりソウルオリンピックに出場ができなかったものの、日本ではエースとして活躍を続けました。

バルセロナオリンピックに出場を決めましたが本領発揮出来ず、個人総合で17位でした。

その後20歳で現役を引退しております。

 

現役引退後はスポーツキャスターとして活動をし、体操のコーチをする為に渡米しておりました。

2011年にアメリカで結婚現在は専業主婦をしているとのこと。

これからも幸せに過ごして欲しいですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ