記事ID146747のサムネイル画像

櫻坂46齋藤冬優花は加藤史帆と同級生?高校時代ハマっていたものは?

2015年に欅坂46のメンバー入りを果たし、現在は改名した櫻坂46のメンバーとして活躍している齋藤冬優花さん。今回は、そんな齋藤冬優花さんが同じ坂道グループの加藤史帆さんと同級生という情報や、齋藤冬優花さんのダンス歴について紹介します。

齋藤冬優花のプロフィール

本名(ふりがな/愛称):齋藤冬優花(さいとうふゆか/ふーちゃん)
所属事務所:Seed & Flower合同会社
生年月日:1998年2月15日
現在年齢:22歳
出身地:東京都
血液型:O型
身長:158cm
体重:?
活動内容:欅坂46メンバー

2015年に欅坂46入りを果たす

齋藤冬優花は、8月21日、欅坂46第1期生オーディションに合格し、アイドルとしての活動をスタートさせました。

そして、2016年2月29日、欅坂46の1stシングル『サイレントマジョリティー』の選抜メンバーに選出されたことが発表されました。

2020年10月14日、齋藤冬優花がメンバーとして活動していた欅坂46は、櫻坂46として改名し、新たに活動を始めました。

長濱ねるや平手友梨奈との仲が話題

齋藤冬優花は、グループではダンス面で牽引するメンバーのひとりで、リーダー的存在だったことから、グループ内メンバーからも慕われており、特に欅坂46の元メンバー・長濱ねるや平手友梨奈と仲良しでした。

『欅って、書けない?』の、2017年12月17日の放送企画で、齋藤冬優花は、仲良しである長濱ねると、彼女が生まれ育った長崎県にある五島列島を旅行し、二人の仲の良さがうかがえました。

また、2018年7月19日に放送されたラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』(TOKYO FM)で齋藤冬優花は平手友梨奈と共演し、息の合ったやりとりを見せています。

齋藤冬優花はプロ意識が高い!

齋藤冬優花は、パフォーマンスへの意識が高く、イベントで失敗した際には、ひと目もはばからず号泣したそうです。

誰よりも責任感が強く、お客さん目線で物事を見ることができる齋藤冬優花は、メンバーからの信頼もとても厚いです。

事実、齋藤冬優花は、一期生の卒業のたびにメンバーへ向けて温かい言葉を綴ったブログを更新し、その温かい人柄でグループを支え続けたおかげで欅坂46がここまで成長できたのかもしれません。

齋藤冬優花と加藤史帆は同級生!仲は良かった?

ちまたでは、齋藤冬優花と日向坂46のメンバーである加藤史帆と同級生だったという噂があります。二人は本当に同級生だったのかどうかさっそく真相について確かめてみましょう。

加藤史帆のプロフィール

本名(ふりがな/愛称):加藤史帆(かとうしほ/かとし、としちゃん)
所属事務所:Seed & Flower合同会社
生年月日:1998年2月2日
現在年齢:22歳
出身地:東京都
血液型A型
身長:160cm
体重:?
活動内容:欅坂46メンバー、日向坂46のメンバー,「CanCam」専属モデル

齋藤冬優花と加藤史帆は同じ高校出身

齋藤冬優花と加藤史帆は同い年で、どちらも東京都立鷲宮高校出身ですから、学年も一緒で同級生だったことがわかります。

齋藤冬優花と加藤史帆が通った東京都立鷲宮高校偏差値は51と標準的な学校です。ここで齋藤冬優花はダンス部に所属し熱心にダンスを学ぶ一方、加藤史帆は帰宅部というとても対照的な二人でした。

高校時代の2人の仲は?

齋藤冬優花と加藤史帆は同じ高校出身ではありましたが、部活が同じだったというわけでもなく、高校の時は特に二人の間で接点はなく、話したこともなかったそうです。

実際のところ齋藤冬優花と加藤史帆は学校が同じという以外に特に共通点はなく、アイドルグループに入ってたまたま同じ学校であることがわかったという感じでしょうか。

現在の2人の仲は?

一部で齋藤冬優花と加藤史帆は不仲だという噂がファンの間で話題になっています。もともと同じ高校出身というだけで、性格もかなり違う二人ですから仲が良いというわけでもないというのは、当然のことなのかもしれません。

しかし、加藤史帆はインタビューで齋藤冬優花について「話してくれたり、ダンスを教えてくれたり優しい。とってもお肌がキレイ。ダンスが上手」と褒めていたり、齋藤冬優花のブログに加藤史帆が登場したりと、特に二人は不仲ではなさそうに思います。

齋藤冬優花はダンスが得意!

齋藤冬優花は欅坂46のメンバーの中でもダンスがうまく、常にプロ意識が強く持っている人でした。彼女のダンスについて詳しく見ていきましょう。

高校時代もダンスに熱中!

齋藤 冬優花 は小さい頃からヒップホップなどのダンスを習っていて、高校時代も強豪のダンス部に所属していたほどスキルもあり、ダンスに熱中していました。

欅坂46の中では、同じくダンスが高評価の平手友梨奈や鈴本美愉に勝るとも劣らないパフォーマンスを見せ、チームを牽引してきました。

齋藤 冬優花は、3rdシングル『二人セゾン』ではフロントを務めましたが、その他では端のポジションを務めることが多く、彼女のダンスにより、チームとして適度な締まりをもたらしています。

阿波踊りの連に入っていた!

齋藤 冬優花は、チアダンスやヒップホップ、バトンとさまざまなダンスを得意とする人物ですが、特に阿波おどりを得意としているようで、特技にも載せるほどです。

阿波踊りと言えばもちろん徳島で、400年の歴史があると言われています。齋藤 冬優花も、阿波おどりの連に入り、一年を通して練習し、かなり本格的に踊っていたようです。

「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃソンソン!」老若男女を虜にしてやまない阿波おどり。齋藤 冬優花もきっとこの威勢の良い踊りの魅力に取り憑かれてしまったのですね。

欅坂ダンス部でも華麗なダンスを披露!

2016年1月16・17日に開催された欅坂46年初イベント『新春!おもてなし会』で、齋藤 冬優花は、石森虹花、鈴本美愉、土生瑞穂、平手友梨奈らと共にダンス部に所属し、キレキレで激しいオリジナルのダンスを披露し、観客を沸かせました。

齋藤 冬優花は、このイベントで緊張しながらもステージをやり遂げ満足げな笑顔を振りまいていました。

齋藤冬優花は櫻坂46の不人気四天王?

ダンスがうまく、メンバーを牽引するリーダー的存在である藤冬優花は、ファンの間では不人気であるという噂があります。

噂の真相について早速詳しく検証していきましょう。

アイドルは人気に差が出る

齋藤冬優花が不人気であると言われる所以に握手会があります。

齋藤冬優花は、デビュー間もない頃から、欅坂46の8thシングル『黒い羊』の握手完売表までの成績は大体ワースト2位か3位で、いわゆる不人気メンバーだと言わざるを得ない結果です。

握手会などでは、メンバー間の人気がどうしても顕著に表れ、人気の差が目に見えてしまいます。

齋藤冬優花は不人気か

齋藤冬優花はダンスがうまいですが、うまいがゆえに熱心に他のメンバーに先生のごとく教える姿にファンからは反感を買ってしまったことがあるようです。

また、齋藤冬優花は雑誌のインタビュー記事で乃木坂46に対し「やっぱやる時はやるんだな」と先輩に対して少し失礼とも取れる発言をし、物議を醸しました。

ダンスも上手く、メンバーからの信頼も厚い齋藤冬優花ですが、その他に突出したものがないため、ファンからはあまり人気がないようです。

現・櫻坂46メンバーで人気が高いのは?

現・櫻坂46メンバーの中で人気が高いのは、ビジュアル担当でファッション誌のモデルも務める渡辺梨加や同じく167cmの長身を活かし、ファッション誌「non-no」でも活躍している渡邉理佐などが挙げられます。

また、グループのキャプテンで「ゆっかー」の愛称で親しまれている菅井友香なども人気が高いです。

皆1期生として加入し、メンバー思いでステージを牽引してきた人達で、ファンに人気が高いのも納得です。

不動の人気メンバーはやっぱりあの子

先ほど、現・櫻坂46メンバーの中で人気が高いメンバーをご紹介いたしましたが、不動の人気メンバーは、やはり2020年にグループを卒業した平手友梨奈となりますね。

平手友梨奈といえば、欅坂46のデビューシングル「サイレントマジョリティー」で14歳にして最年少でセンターを努め、何かを訴えるようにカメラを鋭い眼差しでカメラを睨みつけるパフォーマンスは観客を圧倒させました。

平手友梨奈は、欅坂46を脱退してからは女優業を中心として活動していて、2020年9月にはパリコレのオープニング映像にモデルとして参加され、話題を呼びました。

櫻坂46齋藤冬優花は加藤史帆と同級生?高校時代ハマっていたものは? まとめ

ダンスが誰よりもうまく活発がゆえに、その自由奔放な発言などで反感を買ってしまうことが多い齋藤冬優花。

しかし、彼女は誰よりも櫻坂46を愛していてプロ意識を持ってパフォーマンスに挑んでおり、もう少し評価されても良いような気がします。

今まで若さゆえに突っ走ってしまったところもありますが、年齢を重ねた今後の彼女にも期待したいですね。

櫻坂46齋藤冬優花は加藤史帆と同級生?高校時代ハマっていたものは?関連記事

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ