記事ID146720のサムネイル画像

    まさに金言!名女優・メリル・ストリープの名言10選!

    ハリウッド女優の中でもトップレベルの人気を誇り、様々な映画賞を受賞しているメリル・ストリープさん。彼女はスピーチなどでも人の心に響く言葉を残しており、名言と呼ばれているセリフも多数存在しています。そこで今回は、そんなメリル・ストリープさんの名言を10選紹介します。

    メリル・ストリープのプロフィール

    • 本名:メアリー・ルイーズ・ストリープ
    • 生年月日:1949年6月22日
    • 現在年齢:71歳
    • 身長:168cm
    • 活動内容:女優
    • 家族構成:夫(彫刻家ドン・ガマー)、息子1人・娘3人

    大学卒業後に女優業をスタート

    メリル・ストリープさんは、イェール大学演劇大学院を卒業後、1975年にニューヨークに移り住み、舞台俳優としてキャリアをスタートさせました。「ヘンリー五世」「尺には尺を」など様々な舞台に出演しています。

     

    「尺には尺を」で共演したジョン・カザールさんと交際をはじめ婚約しましたが、1978年3月にジョンさんが肺ガンで亡くなり結婚に至りませんでした。

    私生活では4人の子を持つ母

    メリル・ストリープさんは、1978年9月30日彫刻家のドン・ガマーさんと結婚しました。ドンさんは、メリルさんの弟の友人だったそうで、彼女の引っ越しを手伝い、自分が留守の間、彼女を自分の部屋に泊まらせてあげたことで親しくなり、恋愛関係に発展したらしいです。

     

    ドンさんとの間に、4人の子供(息子1人、娘3人)をもうけ、長女のメイミーさんが2019年に男子を出産したことで、メリルさんはおばあちゃんなりました。

     

    長男のヘンリーさんはミュージシャン、長女のメイミーさんと次女のグレイスさんは女優、三女のルイーザさんはモデル&女優をしているそうです。

    メリル・ストリープは映画界のトップ女優!

    メリル・ストリープさんは、1997年にジェーン・フォンダさん主演の「ジュリア」で映画デビューしました。その後、数々の話題作に出演していますが、そんな彼女の映画賞の受賞歴などを調べてました。

    メリル・ストリープはアカデミー賞の常連

    メリル・ストリープさんは、1978年に出演した「ディア・ハンター」でアカデミー助演女優賞にノミネートされました。そして、翌年の1979年に出演した「クレイマー・クレイマー」でアカデミー助演女優賞を受賞しました。

     

    その後、1982年の「ソフィーの選択」でアカデミー賞主演女優賞を受賞し、その後、数々の作品で映画賞を受賞しています。特にアカデミー賞では、俳優としては史上最多となる21回ノミネートされていて、記録を更新しています。

    メリル・ストリープさんがアカデミー賞にノミネートされた主な作品は以下の映画です。

     

    • 「愛と哀しみの果て」(1985年)
    • 「マディソン郡の橋」(1995年)
    • 「ミュージック・オブ・ハート」(1999年)
    • 「ジュリー&ジュリア」(2009年)
    • 「イン・トゥ・ザ・ウッズ」(2014年)
    • 「マダム・フローレンス!夢見るふたり」(2016年)
    • 「ペンタゴン・ペーパーズ  最高機密文書」(2017年)

    サッチャーを演じて主演女優賞を受賞

    メリル・ストリープさんは、2011年の「マーガレット・サッチャー  鉄の女の涙」英国史上初の女性首相を演じ、「ソフィーの選択」に続く2度目のアカデミー賞主演女優賞を受賞しました。英国アカデミー賞主演女優賞も受賞しています。

    アン・ハサウェイと共演した「プラダを着た悪魔」も話題!

    メリル・ストリーさんは、2006年に公開された映画「プラダを着た悪魔」で、一流ファッション誌の編集長ミランダを演じました。無理難題を命じるミランダのアシスタント、アンドレア役はアン・ハサウェイさんです。

     

    映画は大ヒットし、悪魔のような編集長を演じたメリル・ストリープさんの演技が日本でも大きく話題になりました。メリルさんは、本作でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞・映画主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞しました。

    メリル・ストリープの名言をスピーチなどから10選

    メリル・ストリープさんは、授賞式やカレッジの入学式&卒業式などのスピーチやインタビューで数々の名言を残しています。そんなメリルさんの名言をピックアップしてみました。

    演技に対する名言

    メリル・ストリープさんは、2010年のバーナード・カレッジの卒業式で、「女性の演技」について語りました。

     

    女性は男性より演技が上手。なぜなら私たちは演じることが必須だから。

    自分より上の相手をうまく説得することは、サバイバル能力だからよ。

    女性はこうやって何千年も生き抜いてきた。」

    全ての人に響く名言

    メリル・ストリープさんが、2010年にバーナード・カレッジ卒業式でスピーチした言葉に、全ての人に響く名言があります。

     

    「別に有名になる必要はないの。

    あなたの母と父が、あなたのことを誇りに思うような存在になりなさい。

    怒りに満ちた名言

    メリル・ストリープさんは、2017年のゴールデン・グローブ賞授賞式で生涯功労賞(セシル・B・デミル賞)を受賞したとき、名指しを避けながらも、ドナルド・トランプ氏を批判し、今後のアメリカへの静かな怒りに満ちた長いスピーチを行ったことがあります。

     

    人を軽視した無礼は新たな無礼を呼びます。暴力は新たな暴力を誘発します。

    権力を持つ人が、他人を傷つけるためにその立場を利用し弱いものいじめをするなら、私たちはみんな負け、破滅してしまうのです。」

    夫からもらった言葉

    メリル・ストリープさんは、夫のドンさんから教わった教訓につて語ったことがあります。

    それは、やっていることをただ続けなくてはならい、というのだそうです。

     

    やり続けろ。始めることから始めるんだ。」とドンさんは言ったそうです。

    年齢を重ねることに対する名言

    メリル・ストリープさんは、2008年に雑誌「Good Housekeeping」のインタビューで人生の尊さについて名言を残しています。

     

    年をとることを受け入れましょう。人生は一度よ。

    そして大切な人が亡くなった時、一日一日がギフトだということに気付くの。

    体型に悩む人への名言

    メリル・ストリープさんは、2014年に行ったインディアナ大学でのスピーチで、体型に悩む若い女性に対して名言を残しています。

     

    「若い女性に言いたい、体重のことばかり気にしないで、と。

    女の子たちはそれに時間をかけ過ぎている。

    世の中にはもっといいことがたくさんあるのに。」

    新たなステップを踏み出す女性への名言

    メリル・ストリープさんは、2016年にペンシルベニア州フィラデルフィアで行われた民主党全国大会で演説し、名言を残しています。

     

    「何かの分野で最初の女性になるために必要なのは?

    それは気骨と気品です。

     

    メリルさんは、星条旗をモチーフにした服に身を包み、当時初の女性大統領候補となったヒラリー・クリントンさんを応援するために熱弁をふるいました。

    想像することに対する名言

    メリル・ストリープさんは、2015年に「モア」のミシェル・オバマさんと対談したことがあり、話の中で名言を残しています。

     

    “できないはずのことをしている自分”を想像するのはいいことだわ。

    メリル・ストリープの女優人生での名言

    メリル・ストリープさんは、2010年にバーナード・カレッジの卒業式でスピーチしたことがあり、女優としての光と影について名言を残しています。

     

    「セレブリティになることは、私に隠れることを教えてくれた。

    でも、俳優になることは、自分の魂をオープンにすることを教えてくれた。

     

    現在も第一線女優として活躍しているメリルならではの、含蓄のある言葉ですね。

    挑戦することに対する名言

    メリル・ストリープさんは、1983年にヴァッサー大学の入学式で、挑戦することに対する名言を残しています。

     

    仕事それ自体が報酬。

    もし難しい仕事を選べば、利子つきで返ってきます。

    たとえ他の誰もが興味を持たない仕事だとしても、私は挑戦したい。」

     

    メリルさんが、女優としての自分の仕事の取り組み方を語っていますが、挑戦を続けることで名女優としての地位を獲得できたのでしょうね。

    女優として挑戦を続けるメリル・ストリープ

    メリル・ストリープさんが、「マンマ・ミーア!」に続いて出演したミュージカル「ザ・プロム」が2020年12月に日本でも劇場限定公開され、NetFlixで配信されました。ニコール・キッドマンさんやジェームズ・コーデンさんが共演しています。

     

    現在撮影中らしいレオナルド・ディカプリオさん主演のNetFlix映画「ドント・ルック・アップ」では、アメリカ大統領を演じるそうです。70歳を過ぎても、精力的に女優業活動を続けるメリルさん。いつまでも、元気いっぱい女優を続けてほしいものですね。

    関連記事をチェック

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ