記事ID146711のサムネイル画像

    フラワースタイリストへ転身⁉大河内奈々子の現在(2021)は?

    2004年に放送された昼ドラ「牡丹と薔薇」で大ブレイクした女優の大河内奈々子さん。テレビで最近見かけなくった理由は、フラワースタイリストに転身したから?今回は、大河内奈々子さんの現在の活動、病気の真相、新庄剛志さんとの関係についてご紹介していきたいと思います。

    大河内奈々子のプロフィール

    ・本名(ふりがな):大河内 奈々子(おおこうち ななこ)

    ・所属事務所:プラチナムプロダクション

    ・生年月日:1977年6月5日

    ・現在年齢:43歳

    ・出身地:東京都

    ・血液型:A型

    ・身長:168 cm

    ・活動内容:女優

    15歳で雑誌「seventeen」の専属モデルに

    大河内奈々子さんは、15歳の頃から雑誌「seventeen」の専属モデルをしていました。そして、1996年に井筒和幸監督、主演ナインティナインの映画「岸和田少年愚連隊」で女優デビューを果たしました。

     

    その後、『恋のバカンス(1997年、日本テレビ)』でテレビドラマデビューを果たすと、 『ギャルボーイ!(1997年、テレビ朝日』で主演も努めます。

     

    大河ドラマ「葵 徳川三代(2000年、NHK)』にも、千姫 役で出演するなど、着実に女優としてのキャリアを重ねていきました。

     

    後に詳しく紹介しますが、主演を務めた『牡丹と薔薇(2004年、東海テレビ)』が代表作になるのではないでしょうか。 

    大河内奈々子の病気の真相

    もともとスレンダーだった大河内奈々子さんですが、テレビ出演した際に、昼ドラに出演していた頃よりも更に痩せたことで、病気や癌ではないかと心配されていたがする声があがりました。

     

    しかし、病気ではなく元々痩せやすい体質だと大河内奈々子さんが番組で話していました。

    大河内奈々子の現在は?

    最近、テレビで顔を見る機会がぐっと減っているように思われる大河内奈々子さんですが、現在はなにをされているのでしょうか。詳しく見ていこうと思います

    現在はフラワースタイリストとして活動

    大河内奈々子さんは、中学生の頃からお花を習っており、フラワーアレンジのワークショップにも通っていたそうです。

     

    そして、もっとしっかり勉強したいなと思いつつも、忙しくてなかなか時間が取れなかった中、31歳で子供を出産し、子育てで少し女優業を離れる時間が生まれたときに『15歳からずっとモデル、女優をやってきたけど、この先もこれでいいのかな、自分にしかできないことを探りたいな』と思い、好きだったお花を本格的に勉強しようと決めたのだそうです。

     

    そして、フラワースタイリストを目指し36歳の時に専門学校に入学し、2年通い、卒業後は花屋で3年間経験を積みました。

     

    朝は3時に起きて競りに行って花を仕入れ、その後ずっとお店に立って、花束を作って売っての生活を続け、辛いことも多かったけれど、お客さんが喜んでくれた時の感動が頑張る原動力となったそうです。

     

    そして、2015年にはフラワースタイリストとして独立しました。

     

    花屋「bloom」を開業

    大河内奈々子さんは、花屋「bloom」の名前でオンラインショップを開業しており、こちらから注文することができます。

     

    お店を構えられたらよかったんだけれど、花って生ものなのでリスクも高いし、家庭もあるし、毎日対応するのは難しいので、まずはオンラインショップから始めようと思い至ったのだそうです。

     

    また、WorkShopも開催しており、募集の情報なども掲載されています。

    大河内奈々子のYouTubeチャンネル

    大河内奈々子さんは、更新はあまりされていませんが、フラワーアレジメントや現在住んでいる湘南を散策する動画をYouTubeに投稿しています。

     

    初回は「ハーブの寄せ植え」が簡単に紹介されていて、「現在の日常ではなかなか砂を触ることができないので、寄せ植え前にお子さんと土に触れてもらい、少し遊んでもらえるといいなと思います」と呼びかけています。

    芸能活動を徐々に再開

    芸能人を引退したわけではない大河内奈々子さんですが、花の勉強と芸能の両立は難しいと考え、芸能の仕事はほぼ休業状態でした。

     

    しかし、花の勉強もひと段落しつつあり、新しい事務所に所属したこともあり、そこからバラエティ番組などへの出演も増えているそうです。

     

    大河内奈々子さんは、今後、女優業やモデル、バラエティなど芸能活動を増やしていきたいとコメントしています。

    大河内奈々子のインスタグラム

    大河内奈々子さんは、インスタグラムのアカウントを公開しており、フラワースタイリストとしての仕事の写真や、プライベートの写真などがアップされています。

    大河内奈々子の旦那!再婚していた?

    続いては、大河内奈々子さんの結婚について見ていこうと思います

    2006年11月に俳優と結婚

    大河内奈々子さんは、俳優、脚本家、演出家、映画監督の宅間孝行さんと2006年11月に結婚し、2008年に第一子である男児が誕生しました。

     

    二人の出会いは、大河内奈々子さんが、宅間孝行さんの主宰している劇団東京セレソンDXの公演を見に行ったことなのだそうです。

     

     

    2012年に離婚した理由とは

    二人は、2012年に離婚をお互いの所属事務所を通じて発表しました。

     

    離婚理由に関して、宅間孝行さんは離婚理由を「これからの生き方への考え方、価値観などにズレができ、お互いのより良き将来の為には別々の道を歩む事が最良の選択肢という結論に至った」と話しています。

     

    しかし、週刊誌などにスクープされたわけではありませんが、実際は、宅間孝行さんの女遊びが離婚原因ではないかと周囲の関係者からは噂されていたようです。

     

    結婚前から何人もの女優に手を出しており、大河内奈々子さんと結婚する直前まで別の女優さんと付き合っていたという噂もあります。

    2014年に一般男性と再婚

    離婚から2年後の2014年8月8日、大河内奈々子さんは、4歳年下のジムのインストラクターであった柏木星詩さんという一般人と再婚しました

     

    再婚を決意した理由の一つとして、息子さんがとてもなついていたという事があったそうです。

     

    旦那さんは現在、アウトリガーカヌーの選手やインストラクターを務めているそうです。

    大河内奈々子と新庄剛志の関係

    大河内奈々子さんの検索ワードに、元プロ野球選手の新庄剛さんの名前があがります。

     

    新庄剛志さんの元嫁の名前が大河内志保さんで、大河内奈々子さんと名前が似ているため勘違いされたり、大河内志保さんとの血縁関係が噂されたりしたようです。

     

    まったく関係はないようです。

    大河内奈々子出演の昼ドラ「牡丹と薔薇」とは?

    続いては、大河内奈々子さんの代表作とも言える、社会現象ともなった昼ドラ『牡丹と薔薇』について詳しく見ていこうと思います。

    大河内奈々子がブレイクした昼ドラ「牡丹と薔薇」

    2004年に放送された「牡丹と薔薇」では、大河内奈々子さんが過酷な人生を歩む「牡丹」役を演じ、ブレイクしました。

     

    ドラマは、金持ちの家の子として生まれた「牡丹」でしたが、父親の元恋人(鏡子)により、病院から誘拐され、鏡子の子供として育てられます。

     

    中学生に成長して、実の妹と知らず小沢真珠さん演じる香世と出会い、親友のようになるのですが、鏡子が香世の父親(ぼたんの父親でもある)と不倫していることを知って、絶交を言い渡します。

     

    その後、成人後に香世の家で家政婦として働くこととなったぼたんは、香世から想像を絶するいじめを受けるようになり・・・といった、過激なセリフと壮大な愛憎劇が話題となり続編が出るほどの人気ドラマでした。

    FODプレミアムで「牡丹と薔薇」が見れる!

    2021年9月30日までFODプレミアムで「牡丹と薔薇」を視聴することができます。

    薔薇役を演じた小沢真珠の現在

    牡丹と薔薇で過激な役を演じ、人気者となった小沢真珠さん。しばらくは、いじめ役の印象が強く、そのキャラクターでバラエティにもよく出演するようになりました。

     

    2014年1月31日に8歳年下の歯科医師と結婚し、現在は、6歳と4歳の娘がおり、芸能活動をしながら子育てに奮闘されています。

    女優の大河内奈々子はフラワースタイリストとしても活躍

    2004年に放送された昼ドラ「牡丹と薔薇」で大ブレイクした女優の大河内奈々子さんをご紹介してきました。

     

    最近、テレビで最近見かけなくった理由は、フラワースタイリストとして活躍されていたからでした。新しい事務所に移籍し、今後は女優業だけでなく、バラエティなどにも積極的に出演していく予定のようです。

     

    最後までお付き合いいただきありがとうございました。

    関連記事はこちら

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ