記事ID146569のサムネイル画像

パクリ炎上した銭湯絵師見習い、勝海麻衣とは?

モデルであり美人銭湯絵師として話題になっていた勝海麻衣さんですが、2019年に盗作疑惑で炎上してしまっていました。その後の勝海麻衣さんはどうしているのでしょうか。今回は、勝海麻衣さんの盗作疑惑や現在の活動について調査しました。

勝海麻衣のプロフィール

 

  • 本名(ふりがな):勝海麻衣(かつみ まい)

 

  • 所属事務所:フリーランス
  • 生年月日:1994年4月11日
  • 現在年齢:26歳
  • 出身地:東京都
  • 身長:168 cm
  • 活動内容:モデル、イラストレーター等

 

 

 

モデル兼銭湯絵師として新聞などで話題に!

勝海麻衣さんは、武蔵野美術大学在学中からモデルとして活動を始め、2017年にはモデルをしながら銭湯絵師を目指し、日本に3人いるペンキ絵師の1人、銭湯絵師の丸山清人さんに弟子入りしました。

 

見た目も美しいことから「美人銭湯絵師」として新聞、テレビなど多くのメディアで取り上げられていました。銭湯絵師という伝統的な職業に、若い美人の女性が挑んでいる様は、格好の話題となっていました。

 

ちなみに、勝海麻衣さんは、小学二年生のころに、家族で出かけた伊豆で入った銭湯のダイナミックな富士山の絵を見て銭湯絵師になりたいと思ったのだそうです。

 

勝海麻衣は藝大の大学院生

勝海麻衣さんは、武蔵野美術大学造形学部空間演出デザイン学科卒業後、東京藝術大学大学院美術研究科デザイン専攻描画・装飾研究室に進学しています。

 

勝海麻衣さんは、大学院生・モデル・銭湯絵師見習いという3足のわらじで、活動を展開し、個展を開くなど大注目の存在となりました。

銭湯絵師・勝海麻衣に盗作疑惑勃発!

それでは、勝海麻衣さんの盗作騒動で炎上した件について詳しく見ていこうと思います。

勝海麻衣の絵が猫将軍のパクリ?

パクリ騒動の発端は、勝海麻衣さんが、2019年に大正製薬「RAIZIN」商品PRイベントでライブペインティングで描いた二匹の虎の絵が、イラストレーター「猫将軍」さんが2012年に描いた虎の『阿吽』というイラストにそっくりだったことです。

 

比較しても、一致する部分が多数出てきて、勝海麻衣さんのイラストに対して、ネット上で盗作、トレース、パクリだと騒動になりました。

 

また、猫将軍さんも、自分の絵は、構図を優先させるため影や模様や骨格等をリアルでは不自然なレベルにむりやり捻じ曲げて描いているのでデッサンの狂った部分がある。その部分が偶然一致する事はまあなかなか無いと思うとツイッターで発言しました。

 

そして、勝海麻衣さんがライブペインティングの際、猫将軍さんの阿吽のイラストをプリントアウトしたものを持ちながら、描いていた画像が発見され、これは完全に盗作だと炎上しました。

勝海麻衣の謝罪に対する猫将軍のコメント

この騒動をうけ、勝海麻衣さんは、一応猫将軍さんに直接謝罪メールを送ったようです。しかし、「試行錯誤した結果、似てしまいました」という内容だったそうで、釈然としなかった、猫将軍さんが「納得できるわけがない」と複雑な心境をTwitter上にアップしていました。

 

そして、勝海麻衣さんは、騒ぎが起こり、迷惑をかけたと謝罪し、今後はこういった指摘を受けないように自分自身を常に律しながら精進していきたいと謝罪文をTwitter上に投稿しました。しかし盗作の有無については言及を避けたため、更に炎上することとなりました。

 

結局、翌月、勝海麻衣さんの所属事務所と勝海麻衣さんは、猫将軍さんの作品を許可なく、構図をそのままに無断使用して制作を行ったと認め、「著作権等の理解が足らず、悪意なく制作に至ってしまった」「アーティスト以前に1人の人間としても取り返しのつかない過ちを犯した」と謝罪する文章をホームページに掲載しました。

騒動後に師匠と師弟関係を解消

2017年から丸山清人さんに弟子入りしていた勝海麻衣さんでしたが、盗作騒動後に師弟関係の解消を申し入れたようです。

 

丸山清人さんの公式サイトで、弟子である勝海麻衣さんより師弟関係の解消の申し出がありその申し出を受諾して、2019年4月5日をもって師弟関係を解消致したと報告がありました。

以前から盗作疑惑があった?

猫将軍さんのイラストの盗作騒動で、有名となった勝海麻衣さんですが、以前からの作品にも多数盗作疑惑が浮上しました。

 

勝海麻衣さんが描いた犬のイラストに関しては、オーストラリアの写真家Kirsten Bowersさんの作品と酷似していると指摘され、パクリ元である作者からインスタグラムに削除要請が届き、削除したこともありました。

 

他にも多数、浮上しており、イラストだけでなく、ツイッターの文章の盗作も浮上しました。これに伴い検証サイトも立ち上がり、SNS上でも比較画像などが多数アップされました。

電通との関わりも噂に

実は、この勝海麻衣さんの盗作騒動を、メディアがそれほど取り上げませんでした。ネットでは、それはどうしてなのかと追及が始まります。

 

そして、東京都のアートプロジェクト「TOKYO SENTO Festival 2020」で勝海麻衣さんが活躍する予定だったという噂などから、日本最大手の広告代理店である電通が裏で勝海麻衣さんと繋がっていたのでないかと噂されました。

盗作騒動後の勝海麻衣は?

続いては、盗作騒動後の勝海麻衣さんについて見ていこうと思います。

2020年に活動再開を報告

2020年4月に、それまで非公開とされていた自身のTwitterを再開し、盗作騒動を謝罪し、創作活動を再開することを報告しました。

勝海麻衣が騒動について語ったこととは?

勝海麻衣さんは、2020年10月に「ABEMA Prime」に出演した際に盗作騒動について振り返りました。

 

「直接トレースはしていないが、こういうイメージだったら喜ばれるだろうなと構図を意識し、参考にして描いた。」「著作権の認識が薄かった」「大学でもオマージュやパロディの勉強はしていたと思うが、恐らく真剣に取り組めてなかったのだと思う」と明かしました。

 

また、勝海麻衣さんは、猫将軍さんに改めて直接謝罪に行っており、和解することもできたと語っていました。

 

猫将軍さんも「最初は怒っていたが、関西へ直接謝罪に来てくれ、絵描きへの情熱も感じ、再起を応援したいと思っている」とコメントを発表しました。

一時期改名していた?

一時期「勝美舞」に改名したインスタグラムのアカウントがあり、勝海麻衣さんがSNSを再開していると話題になりましたが、これはどうやら偽物だったのではないかと言われています。

シンガポールで写真家をしていた?

盗作騒動後、SNSはすべて非公開となり、勝海麻衣さんが何をしているのかわからない状況になっていました。しかし、2020年に活動再開を報告する前には、SNSへシンガポールで写真家に転身していると投稿があり、噂になっていました。

勝海麻衣は裕福な家庭育ちだった!

続いては、勝海麻衣さんの自宅、家族について見ていこうと思います。

名門の雙葉学園出身

勝海麻衣さんは、幼稚園から高校まで名門校として有名な雙葉学園に通っていました。

 

雙葉学園は、中高一貫教育の私立女子中学校・高等学校で、桜蔭中学校・高等学校、女子学院中学校・高等学校とともに、女子御三家と称される名門です。

 

実家がお金持ちだと有名な、芸人のいとうあさこさんや、高橋真麻さんも卒業生です。

父親が病院の院長

勝海麻衣さんの父親は埼玉県で病院の院長をしており、母親ももともと看護師だったのだそうです。

勝海麻衣は美人3姉妹の次女

勝海麻衣さんは3姉妹であり、姉と妹も美しく、姉は父親の跡を継ぐべく医者となり、妹は慶應義塾大学卒業とのことで、みなさん優秀です。

 

勝海麻衣さんは、姉や妹に対して、自分は勉強ができないからとコンプレックスを抱いていたようです。そんな中で、絵だけは褒められており、絵で頑張るしかないと思っていたんだそう。

 

そんな中で、銭湯絵師を目指すべく、芸大へ進んだようです。

盗作騒動の勝海麻衣は、活動を再開!

モデルであり美人銭湯絵師として話題になり、2019年に盗作疑惑で炎上した勝海麻衣さんについてご紹介してきました。

 

盗作騒動後は、表立った活動はなにもしていませんでしたが、今年、盗撮騒動を改めて謝罪し、活動を再開したことにより、再び注目されています。

 

今後の勝海麻衣さんから目が離せませんね。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ