記事ID144780のサムネイル画像

元SKEの秦佐和子が可愛い!現在は声優として活躍中!出身大学は?

2013年にSKE48を卒業した秦佐和子さん。もともと声優を目指していたようで、現在はその夢を叶えて声優として活躍しているようです。今回は、そんな秦佐和子さんの現在の活動状況を紹介します。秦佐和子さんが声優として出演した作品などをチェックしてみましょう。

秦佐和子のプロフィール

  • 本名(ふりがな/愛称):秦佐和子(はたさわこ/しゃわこ、しゃわ姉、魚卵(ゴラン))
  • 所属事務所:マウスプロモーション
  • 生年月日:1988年9月14日
  • 現在年齢:31歳
  • 出身地:大阪府
  • 血液型:A型
  • 身長:161cm
  • 体重:非公開
  • 活動内容:声優・タレント

秦佐和子はSKE48の元メンバー

秦佐和子は、女子高を卒業後に大学に進学しました。声優やプログラマーも目指していたようですが、2009年11月1日にSKE48第三期メンバーオーディションに合格します。12月には正規メンバーになり、チームKIIへの所属が決まりました。

 

「AKB48 22ndシングル選抜総選挙「今年もガチです」」で、33位に入りアンダーガールズ入りを果たします。2011年7月27日には、選抜メンバー入りしSKE48の最年長記録を作ります。

 

2012年の「AKB48 27thシングル選抜総選挙」で25位に入り、アンダーガールズに入ります。 2013年3月7日にSKE48を卒業して、声優学校に入ることが発表されます。3月29日に、SKE48劇場で卒業公演が行われ、4月から声優学校に入学しました。

SKE48に入ったきっかけ

秦佐和子さんは、子供の頃から声優に憧れていたといいます。また、プログラマーかシステムエンジニアを目指して理系の大学に通いながら、SKE48のオーディションを受けたこともわかっています。

 

秦佐和子さんがオーディションを受けたきっかけは、SKE48に所属しながら声優を目指す松下唯さんがいたからだそうです。最初から声優を目指して、SKE48に入ったようです。

システムエンジニア(SE)目指しているかという質問には、「そうです。SEとSKEに全力投球」と笑顔で答えたといわれています。

秦佐和子は宝塚歌劇団のファン

秦佐和子さんは、宝塚歌劇団の大ファンだということも有名です。宝塚の写真を常にカバンに入れて持ち歩いているほどで、普段は大人しい性格なのに宝塚の話になると熱くなるといいます。

 

特に花組で男役のトップスターだった蘭寿とむさんのことが大好きだそうです。蘭寿とむの声や走り方、ダンスなど全てが好きだと「週刊AKB」で答えていました。

秦佐和子の現在は?

秦佐和子さんは、2013年5月6日二SKE48を卒業しました。引退してからすぐに声優として活動するようになりましたが、現在は何をしているのでしょうか?秦佐和子の現在についてまとめました。

現在の年齢は?

秦佐和子さんは、SKE48のメンバーの中でも年齢が上の方だったことで知られています。オーディションに合格すると、保護者の承諾のサインが必要になります。しかし、当時18歳を超えていた秦佐和子さんは、1人だけサインが必要なかったというエピソードも残っています。

 

加入した時点で21歳だった秦佐和子さんは、大学に通っていたそうです。生年月日は1988年9月14日なので、現在の年齢は31歳になります。年齢的に秦佐和子さんの結婚の話が気になるファンの人は多いようで、「秦佐和子 結婚」というキーワードで検索する人もいるようです。

 

しかし、結婚の話はもちろん、彼氏がいるという話もありません。仕事は順調のようなので、結婚は当分先のことになるかもしれません。

現在声優として活動中!

元々、秦佐和子さんは声優志望でSKE48に入ったことが分かっています。引退してから数か月後には、声優情報を扱ったムック「声優パラダイス」で、「行け!声パラプロダクション!!」というコーナーを連載しました。

 

その後、インターネットラジオの曜日別パーソナリティを務め、アニメのモブキャラで出演するようになります。2015年に放送されたテレビアニメ「VENUS PROJECT -CLIMAX-」では、原エリコ役で初主演を果たしました。

 

2015年10月には、声優事務所のマウスプロモーションに所属が決まります。その後も声優として精力的に活躍しています。

バンドリの若宮イヴを熱演!

秦佐和子さんは、2017年からバンドリの若宮イヴを演じています。バンドリは、ガールズバンドを題材にしたメディアミックスプロジェクトでスマホゲームやライブ、アニメなど様々な展開がなされています。

 

若宮イヴは、芸能事務所に所属するメンバーで結成されたアイドルバンド「Pastel*Palett」でキーボードを担当しているキャラクターです。イヴは日本人とフィンランド人のハーフで、元モデルですが武士道に憧れていて「ブシドー」が口癖です。

 

そのため、「北欧から来たサムライ」と呼ばれています。高校では剣道部に入っていますが、華道部と茶道部も掛け持ちするなど日本的な強い興味を持っています。微妙にずれたことわざなどを使う天然キャラです。

FF14の実況プレイも話題

秦佐和子は、ファイナルファンタジーXIVプレゼンツ「ファイナルファンタジータクティクス」実況プレイにゲスト声優として登場したこともあります。実況プレイは、2018年の5月12日と19日にニコニコ生放送で行われた企画です。

 

5月下旬に配信予定の最新コンテンツの紹介をするための企画で、FF14の開発スタッフが登場し有名声優がリレー形式で「ファイナルファンタジータクティクス」をプレイしていきました。秦佐和子さんは、19日の放送に立花慎之介さん、最上嗣生さんとともに出演しました。

秦佐和子のSNS画像がかわいい!

秦佐和子さんは、声優としてキャラソンJAPANやサイン会などのイベントの最新情報をTwitterで紹介しています。画像も積極的にアップしていますが、声も画像も可愛いと反響があります。 SKE48を卒業した秦佐和子さんですが、声優として確実に人気を獲得しています。

秦佐和子のバンドリ以外の声優出演作品は?

秦佐和子さんは声優として活動を続け、出演作を増やしています。バンドリ以外の秦佐和子さんの出演作の1部をまとめてみました。

出演作品①このはな綺譚

「このはな綺譚」は、この世とあの世の境にある高級温泉旅館を「此花亭」舞台にした漫画です。此花亭は少女の姿をした狐が仲居として働いています。此花亭で起こる摩訶不思議な出来事を通して、新人仲居・柚(ゆず)の成長を描いています。

 

テレビアニメは2017年に放送されました。秦佐和子さんは、柚の教育係を務める皐(さつき)を演じました。皐は真面目な性格で、柚の憧れの先輩です。巫女になった姉の代わりに此花亭の奉公に来ていますが、皐本人は巫女に憧れています。

出演作品②バトルスピリッツ ダブルドライブ

「バトルスピリッツ ダブルドライブ」は、トレーディングカードゲームを基にしたテレビアニメです。2016年4月から2017年3月まで放送されました。秦佐和子さんは、エト・エトシンモリ8世の声優をしました。

 

エトはメインヒロインで、十二神皇を祀る司祭を務める一族の末裔の少女です。復活した邪神皇を封印するため、十二神皇に選ばれた主人公達を勇者としてスピリッツワールドに召喚しました。

 

エトは基本的におっとりしていますが、異世界から連れてきた人物を本人の気持ちも考えずに戦わせようとするなど強引な面もあります。

出演作品③魔法少女大戦 ZANBATSU

「魔法少女大戦」は47都道府県のご当地魔法少女とマガツヒとの戦いを描いたメディアミックス作品で漫画やアニメ、ゲームなどが作られました。「魔法少女大戦 ZANBATSU」は、そのゲーム版です。

 

秦佐和子さんは、「魔法少女大戦 ZANBATSU」に登場するSHOPの店長「戎子紫兎」の声優をしました。アニメでは15話まで謎のキャラクターとして、次回予告を担当していました。予告の尺が10秒しかないということで、早口でまくし立てる予告も話題になりました。

出演作品④とある飛空士への恋歌

「とある飛空士への恋歌」は航空機が発達した異世界を舞台にした作品です。敵対する勢力に属する男女がお互いの正体を知らずに恋に落ちる物語で、ロミオとジュリエットをイメージした作品になっています。

 

秦佐和子さんが演じたのは、ノエル・アルバスというキャラクターでした。ノエルは、主人公・カルエル・アルバスの義理の姉です。

 

血のつながらないカルエルを暖かく受け入れますが、甘やかして育てせいでカルエルが「ヘタレマザコンナルシスト」と呼ばれる原因を作っています。

出演作品⑤Bonjour 恋味パティスリー

「Bonjour 恋味パティスリー」は、2014年12月から提供されているスマートフォン向けのゲームです。恋愛が禁止されている名門製菓学校を舞台に、主人公が菓子作りも学びながらイケメンの講師や生徒と恋をする女性向けの恋愛ゲームになっています。

 

2014年10月から2015年3月までWEBアニメも放送されました。秦佐和子さんは、ましゅマロという可愛いモンスターを演じました。ましゅマロは製菓学校のマシュマロに命が宿った動き出したもので、アニメではマロという名前に改変されていました。

秦佐和子の出身大学は?学歴を調査!

SKE48を卒業後声優になった秦佐和子さんですが、大学に在学中にSKE48のオーディションを受けています。実はかなり優秀な大学出身で、高校時代にはものすごい夢を語ったこともあるといいます。

 

秦佐和子さんの出身高校や大学などの学歴、高校時代に語った夢などについてまとめました。

出身高校は京都女子高校

秦佐和子さんは、京都女子高校を卒業したことがわかっています。地元大阪の高校ではありませんが、京都女子高校は中高一貫で偏差値では京都でトップクラスに入る進学校だということがわかっています。

 

秦佐和子さんは子供の頃から声優に憧れていたそうですが、高校2年の進路相談で宇宙飛行士になるといったことあるそうです。 東大に入学した後、マサチューセッツ工科大学に留学してNASAの宇宙飛行士になるといったそうで、進路相談の教師は唖然としていたといいます。

 

その後、教師には理解されたそうですが、東大に入学する単位をとっていなかったそうで諦めたといいます。

出身大学は京都府立大学

秦佐和子さんは、その後京都府立大学に進学しています。東大には入れませんでしたが、京都府立大学も簡単に入れる大学ではありません。学部は生命環境学部で、システムエンジニアかプログラマーを目指して勉強していたようです。

 

大学3年時にSKE48のメンバーになっていますが、大学の勉強とSKE48の活動を両立させて無事に卒業したことが分かっています。秦佐和子さんは一般常識もあり、「週刊AKB」の抜打ちテストでも参加者15人中1位になっていました。

 

SKE48の活動をしながら、大学を卒業したことを考えても相当優秀なのは間違いないでしょう。

2013年からは声優学校へ

SKE48に所属しながら声優を目指していた秦佐和子さんですが、アニメ「AKB0048」などで実際に声優をしたことで本格的に声優の勉強をする必要があると考えるようになります。

 

SKE48と声優の両立も考えたようですが、SKE48を卒業して声優学校に通う決心をしたようです。秦佐和子さんが入ったのは、プロフィット付属の養成所でした。

 

その後、所属事務所が明らかにしないまま声優として活動していた秦佐和子さんですが、2015年にマウスプロモーションに正式所属することになりました。

声優として活躍の場を広げる秦佐和子

秦佐和子さんは、SKE48を卒業してから確実に声優として活躍の場を広げています。本格的に声優として活動するようになってからしばらくはモブキャラが多かったですが、確実に重要なキャラを演じることが増えています。秦佐和子さんの今後のますますの活躍に期待しましょう。

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ