記事ID144751のサムネイル画像

池田有希子の元旦那は寺口竜太氏?今はモーリーと事実婚状態!?

女優の池田有希子さんとモーリー・ロバートソンが事実婚状態であることが話題になりました。さらに、元旦那とモーリー氏のマネージャーには何やら関係があるようです。それでは、池田有希子さんの元旦那と現在のパートナーについてご紹介します。

事実婚が話題になった池田有希子

舞台を中心に活躍している女優池田有希子さん。現在、モーリー・ロバートソン氏と暮らしていることで結婚しているの?と話題になりましたが、実は事実婚状態なのだそう。

 

その珍しい生活ぶりにも注目が集まりましたが、実は、元夫とモーリー・ロバートソン氏にもちょっとした繋がりがある可能性が出ています。

 

池田有希子さんとモーリー・ロバートソン氏の驚きの恋愛観とは?また、モーリー・ロバートソン氏と池田有希子さんの元夫との関係はどんなものなのでしょう。2人の関係についてご紹介します。

池田有希子のプロフィール

  • 本名(ふりがな/愛称):池田有希子(いけだ ゆきこ/)
  • 所属事務所:プランニングクレア所属
  • 生年月日:1970年6月23日
  • 現在年齢:49歳
  • 出身地:東京都
  • 血液型:B型
  • 身長:157cm
  • 体重:不明
  • 活動内容:女優
  • 家族構成:パートナー

ミュージカル女優して活躍

池田有希子さんは、舞台を中心に活躍する女優です。池田有希子さんの舞台デビューは1987年。「Grease」 でサンディーとアンサンブルの役を務めました。

 

その後も多くの舞台に出演してきた池田有希子さん。そのほかの出演作はこちらです。

「パワーパフガールズ」に出演

池田有希子さんは、テレビアニメの劇場版「パワーパフガールズ」に多く出演しています。

 

パワーパフズールズは、マクラッケンがアニメーターとなり、1994年に制作が開始されて1995年5月28日にカートゥーン ネットワークでショートアニメとして初めて放映されました。

 

池田有希子さんが出演したはじめの舞台は2001年。その後も2002年と2014年に出演し、バターカップ役を演じています。

音楽劇にも出演

池田有希子さんが2018年に出演したのは音楽劇「道(La Strada)」。音楽劇とは、ミュージカルと同じように劇中に音楽や歌唱を交えて演じるものです。

 

音楽劇はミュージカルとの線引きが曖昧な場合が多いといわれていますが、実際には、ミュージカルではセリフを歌唱で表現し、動きのあるシーンは踊りの要素を取り入れますが、音楽劇は、物語をセリフで進行し、その中で劇中歌や曲を挿入するというパターンとなっています。

池田有希子の旦那はモーリー・ロバートソン

池田有希子さんの旦那は、モーリー・ロバートソン氏といわれています。でも、実際には籍を入れておらずに事実婚状態ということが話題に。まずは、モーリー・ロバートソン氏がどんな人なのかをご紹介します。

モーリー・ロバートソンのプロフィール

  • 本名(ふりがな/愛称):モーリー・ロバートソン(モーリー・ロバートソン/モーリー)
  • 所属事務所:
  • 生年月日:1963年1月12日
  • 現在年齢:56歳
  • 出身地:アメリカ合衆国ニューヨーク州
  • 血液型:O型
  • 身長:175~180cm
  • 体重:不明
  • 活動内容:タレント、DJ、ラジオパーソナリティ、ミュージシャン、ジャーナリスト
  • 家族構成:パートナー

母親は日本初の女性外信記者

モーリー・ロバートソン氏の母親はロバートソン黎子さん。ジャーナリストとして活躍した女性で、早稲田大学第一政治経済学部を卒業後、毎日新聞に入社しています。

 

女性初の外信部記者だったロバートソン黎子さんは、入社翌年には奨学金を利用して日本人女性として初のヴァージニア大学への留学を果たし、1年2カ月後に帰国。入社3年目には、今度はアメリカに留学して海外の特派員と直接やり取りをするといった行動的な女性でした。

池田有希子の元夫は寺口竜太氏?

池田有希子さんは、モーリー・ロバートソン氏と事実婚状態になる前に一度結婚しています。続いて、池田有希子さんの元夫の人物像と結婚、モーリー・ロバートソン氏との意外な関係についてご紹介します。

元夫の弟が寺口竜太氏

池田有希子さんの元夫は、芸能界でマネージメントをしている寺口竜太氏だといわれています。でも、寺口竜太氏が元夫なのではなく、池田有希子さんの元夫が寺口竜太氏の兄だということです。

 

そのため、池田有希子さんの元夫は一般人であるため、名前は素性は明らかになっていません。

元夫とは結婚生活8年で離婚

池田有希子さんと寺口竜太さんの兄は、池田有希子さんが28歳のときに結婚しました。結婚当初は100坪平米あるマンションや高級車を所持し、豪華な生活をしていたようです。

 

その後、結婚生活は8年後に終わりを告げます。離婚時には、池田有希子さんは手切れ金変わりにマックブックを買ってもらったのだそう。

 

マックブックとはパソコンの一種。豪華な生活をしていた割には、質素な贈りものになったようです。

元夫の弟がモーリー・ロバートソンのマネージャー

池田有希子さんの元夫と、現在のバートナーであるモーリー・ロバートソン氏との関係が話題になっています。それは、現在、モーリー・ロバートソン氏のマネージャーを努めているのが、池田有希子さんの元夫の弟である寺口竜太氏というのです。

 

これは、モーリー・ロバートソン氏が、寺口竜太氏に対してすごく優秀でウマが合いそうだという理由から依頼したようで、寺口竜太氏とは面識があるようですが、モーリー・ロバートソン氏が池田有希子さんの元夫に会ったことがあるかは不明であるようです。

池田有希子のパートナー・モーリー・ロバートソンは自由人!

池田有希子さんと事実婚状態にあることで注目されたモーリー・ロバートソン氏。さらに、その考え方や生き方が自由人であることで話題になりました。モーリー・ロバートソン氏の生き様をご紹介します。

馴れ初めが衝撃的!

池田有希子さんとモーリー・ロバートソン氏の出会いが衝撃的です。出会いは、池田有希子さんが出演していた舞台現場に、モーリー・ロバートソン氏がインタビュアーとして訪れたとき。

 

そのモーリー・ロバートソン氏がはじめて観たお芝居で、池田有希子さんは「私、おしっこしたい!」というセリフの元、放尿するお芝居をしたいたそうです。そんな衝撃的な出会いを果たしたお二人でしたが、舞台は大成功し、祝杯ムードの中で池田有希子さんとモーリー・ロバートソン氏の交際がはじまったそうです。

 

 

2人は事実婚状態

池田有希子さんのモーリー・ロバートソン氏は一緒に暮らしている恋人同士ですが、籍を入れることにはこだわりはないといいます。

 

また、「恋愛は自由」とし、浮気してもOKというルールもあるようです。このことをフジテレビで放送されている『ダウンタウンなう』に2人揃って出演した際に話していましたが、結果的に池田有希子さんは浮気はしていないそうで、絆がわかった一幕となりました。

モーリー・ロバートソンは型にはまらない性格

モーリー・ロバートソン氏は、FMラジオ番組のナビゲーターとしても活躍しています。“型にはまらない自由人”といわれていて、積極的にリスナーを巻き込んだ企画が特徴的です。

 

モーリー・ロバートソン氏は常に新しいものを取り入れる性格で、音楽やインターネットにとどまらず、人権、国際情勢、格差問題、大麻と、非常に知識が幅広いことでも知られています。

池田有希子のパートナー・モーリー・ロバートソンが経歴詐欺?

モーリー・ロバートソン氏に経歴詐称疑惑が持ち上がっています。どうしてそのような疑惑が生まれたのでしょう。また、果たして、その真相は?

ハーバード大学卒業は本当?

さまざまな経緯を経て、報道番組「ユアタイム」のコメンテーターに落ち着いたモーリー・ロバートソン氏。放送開始の約半月前になり、レギュラーMCを務める予定になっていたショーンKの経歴詐称が判明したことで、モーリー・ロバートソン氏にも経歴詐称の疑いが向けられました。

 

そこで、モーリー・ロバートソン氏は卒業大学であるハーバード大学の卒業証書をTwitterに載せたことできちんと卒業していることを証明しています。

DJの腕前も凄い

モーリー・ロバートソン氏は、ハーバード大学在学中に電子音楽を研究するくらい、長い間音楽に携わってきました。

 

そのため、DJの腕前も相当なもので、ダブステップをDJした曲が、音楽配信サービス「ビートポート」で、3曲もランキングしたことがあります。

池田有希子は韓国人?

池田有希子さんに、実は韓国人ではないか?という疑惑が持ち上がりました。一体どうしてそのような疑惑が生まれたのでしょう。また、池田有希子さんは韓国人なのでしょうか。その真相をご紹介します。

モーリー・ロバートソンのTwitterから韓国人疑惑に

モーリー・ロバートソン氏は在日アメリカ人として様々な主張をしています。その中でも注目されたのが、「在日外国人には生活保護、健康保険、軽減税率などさまざまな優過措置を施さないと」と自身のTwitterで話したこと。

 

これを受けて、たくさんの批判を受けてしまい、現在のパートナーである池田有希子さんも在日韓国人なのでは?という疑惑の目がむけられました。

池田有希子の父親は日本人

池田有希子さんが在日韓国人ではないか?という疑惑が向けられましたが、父親は「池田道彦」さんと言う。芸能プロダクション「アトリエ・ダンカン(ATELIER DUNCAN)」の代表取締役を務めていた人です。

 

現在は代表を退いていますが、池田有希子さんの父親はれっきとした日本人であることがわかります。

池田有希子の祖父も日本人

池田有希子さんの祖父も日本人であることがわかっています。祖父は、1947年頃に結成された「ちゃっかりトリオ」、その後「シャンバロー」のメンバーでもあった初代・岡三郎(おかさぶろう)さんです。

池田有希子が韓国人だという情報はない

池田有希子さんについて調べてみても、韓国人であるという情報は一切ありません。そのため、これは、モーリー・ロバートソン氏のTwitterが元の、単なる噂である可能性が高いようです。

池田有希子の学歴は?

池田有希子さんの学歴がセレブだと話題になっています。一体どんな学校を卒業してきたのでしょう。池田有希子さんの学歴についてご紹介します。

高校は玉川学園

池田有希子さんは、東京都町田市にある幼稚園から大学まである私立の玉川学園に進学しました。玉川学園は、国際教育に力を入れている学校で知られていて世界中に提携校が多いことも特徴です。

アメリカの高校を卒業

池田有希子さんは、玉川学園学園に進学した後、1987年にアメリカのブラウンシティー高校に、1988年にはアメリカのインタロッケン芸術高校に留学して1989年に同校を卒業しています。

学習院大学に進学

池田有希子さんが大学に入学した当時は、まだまだ海外留学の経験がある人は少ない時代でした。そのため、池田有希子さんは帰国子女、バイリンガルの言葉の走りだったのかもしれません。

池田有希子が出演したドラマは?

現在は舞台を中心に活躍している池田有希子さんですが、多くのドラマにも出演しています。池田有希子さんが出演したドラマをいくつかご紹介します。

「外科医柊又三郎」

池田有希子さんが1995年に出演したのは、テレビ朝日系列で放送されていたドラマ『外科医柊又三郎』。

 

この作品は、萩原健一さん主演の医療ドラマで、池田有希子さんは、主役の柊又三郎が勤める病院の事務秘書役を演じました。箱入り娘の役で又三郎の言葉に感情的になるシーンが話題になりました。

「冠婚葬祭部長」

池田有希子さんが1996年に出演していたドラマはTBSで放送されていた『冠婚葬祭部長』。

このドラマは、阪神淡路大震災の復興プロジェクトにより東京の本社へUターンしてきた主人公の小山田竜平を中心に巻き起こるストーリーで、池田有希子さんは主人公の同僚役を務めました。

 

 

「東京湾景」

池田有希子さんは、2004年7月5日からフジテレビで放送されていた『東京湾景』にも出演しています。

 

このドラマは在日韓国人女性と日本人青年とのラブストーリーで、主演は仲間由紀恵さん。池田有希子さんは、舞台となる喫茶店の店長役を演じました。

「ごくせん」

池田有希子さんが出演したのは、日本テレビの人気ドラマ『ごぐせん』の第二シリーズにも出演しています。

このドラマは、任侠集団・大江戸一家で育った熱血高校教師・ヤンクミこと山口久美子が、不良ぞろいの学園で奮闘するストーリー。池田有希子さんは、ドラマの舞台となる黒銀学院高校の音楽教師を演じました。

愛があっても縛り合わない池田有希子とモーリー・ロバートソン氏

池田有希子さんはモーリー・ロバートソン氏は、結婚しているわけではなく事実婚状態です。籍が入っているわけではないので、2人の絆や信用が大切になってきますが、現在もラブラブな様子。お互いを尊重しあう関係で、いつまでもお幸せでいてほしいですね。

関連記事をチェック!

関連する記事

この記事に関する記事

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ