記事ID144633のサムネイル画像

佐伯日菜子の現在(2019)は?奥大介との壮絶だった結婚生活と子供について

女優として数々のドラマや映画に出演してきた佐伯日菜子さん。現在はどうしているのでしょう?2002年人気サッカー選手の奥大介と結婚し祝福されましたが、結婚生活は壮絶なものでした。離婚に至った理由とは?佐伯日菜子の壮絶な結婚生活や子供についてご紹介します。

佐伯日菜子は今どうしてる?

独特の落ち着いた雰囲気を持つ女優さんで、数々のドラマや映画に出演してきた佐伯日菜子さん。現在はどうしているのでしょう?

 

また、2002年人気サッカー選手の奥大介さんと結婚しましたが、その結婚生活は壮絶なものでした。佐伯日菜子さんの壮絶な結婚生活や子供さんについてご紹介します。

 

最後までお付き合いくださいね。

佐伯日菜子のプロフィール

 

  • 本名(ふりがな):佐伯日菜子(さえき ひなこ)
  • 所属事務所:ヴィヴィアン
  • 生年月日:1977年2月16日
  • 現在年齢:42歳
  • 出身地:奈良県大和郡山市
  • 血液型:O型
  • 身長:160 cm
  • 活動内容:映画、テレビドラマ
  • 家族構成:配偶者 奥大介(2002年 - 2013年)/娘

 

 

若い頃は日本アカデミー賞を受賞

佐伯日菜子さんは、雑誌「Olive(オリーブ)」の専属モデルをしていました。他にも「CUTiE」や「ZIPPER」などでもモデルを務めていましたが、1994年に映画『毎日が夏休み』で女優デビューしました。

 

その年の日本アカデミー賞新人俳優賞、山路ふみこ賞新人賞などの各新人賞を受賞しました

双子という噂がある

佐伯日菜子さんに『双子である』という噂があります。調べてみましたが、佐伯日菜子さんが双子であるという情報は無く、ドラマ「トリック」で双子の役を演じたために噂になったようです。

佐伯日菜子の結婚生活が壮絶!

佐伯日菜子さんは、現在は独身で、二人の子供さんを育てるワーキングママですが、結婚していた際の結婚生活は壮絶なものでした。佐伯日菜子さんの壮絶な結婚生活について見ていこうと思います。

2002年に奥大介と結婚

佐伯日菜子さんは、2002年にプロサッカー選手だった奥大介さんと授かり婚をしました。望んだ妊娠、結婚で、夫婦でテレビ出演などもしており、ラブラブぶりが話題となりました。

奥大介のプロフィール

名前:奥大介

生年月日:1976年2月7日

出身地:兵庫県尼崎市

職業:プロサッカー選手(1994-2007)

 

奥大介さんは、Jリーグで活躍していたプロサッカー選手でした。1994年にはU-19およびU-20日本代表に選出され、アジアユースおよびワールドユースに出場し、1998年にはフル代表に選出されるほどの実力でした。

子供は?

佐伯日菜子さんと奥大介さんの間には、2002年10月に長女の可鈴(かりん)ちゃんが誕生し、2003年9月に次女の萌菜(もえな)ちゃんが誕生しています。

 

佐伯日菜子が奥大介と離婚

続いては、佐伯日菜子さんと奥大介さんが離婚した経緯について、順に見ていこうと思います。この二人の歯車はどこからずれてきてしまったのでしょうか。

奥大介からDVを受けていた

佐伯日菜子さんと奥大介さんの離婚原因は、奥大介さんのDVがひどかったためです。佐伯日菜子さんは、頭から水をかけられたこともあり、恐怖を感じながら生活していたそうです。

離婚を言い出すと脅される

佐伯日菜子さんは、奥大介さんに日常的に暴力を振るわれていました。離婚を切り出すと「お前と子供たちを殺す!」「死んでやる!」どと言われ、「俺が心配じゃないのか!」と暴力を振るわれる日々を耐えていたようです。

離婚を長女に懇願される

奥大介さんのあまりの酷いDVに、当時10歳だった長女の可鈴ちゃんから「離婚して」と懇願されたほどでした。母親が父親から暴力をふるわれている姿を見続けるのは、耐えられなかったのではないでしょうか。

離婚の決め手は奥大介からの脅迫

離婚の決め手は、奥大介さんからの脅迫だったと言われていますが、8年にも及ぶDVに耐えてきていた佐伯日菜子さんは心身共に限界に至ったからでしょう。

奥大介は脅迫で逮捕

2013年6月、実家に帰っていた奥大介さんから「今から殺しにいくから」と佐伯日菜子さんに電話をかけます。この件で、警察は脅迫のほかDVの疑いで奥大介さんを逮捕しました。

 

奥大介さんは否認しましたが、脅迫の電話があったと、佐伯日菜子さんは警察に相談、被害届を出しており、その際、DVを受けたことを証明する医師の診断書や、暴言などを録音したICレコーダーなどを提出していたそうです。

 

その後、二人の離婚が成立しました。

佐伯日菜子の現在や子供は?

奥大介さんとの壮絶な結婚生活に終止符を打ち、新しい生活を始めた佐伯日菜子さんや、娘さんについて見ていこうと思います。

佐伯日菜子とともに暮らす

佐伯日菜子さんは、離婚時に、夫婦で所有したマンションを売却し財産分与をし、奥大介さんと子供は一切会わないこととしました。

 

その為、子供たちは父親には離婚後、一切、会っていませんでした。

2014年より本格的に女優復帰

2013年に離婚が成立し、子供たちと3人の生活を始めた佐伯日菜子さんは、2014年から本格的に女優に復帰し、立て続けにドラマや映画に出演しました。

奥大介のDVがはじまったのはなぜ?いつから?

8年にも及んだという奥大介さんから佐伯日菜子さんへのDVですが、何がきっかけで起きたのでしょうか。詳しく見ていこうと思います。

結婚当初は仲良し

授かり婚をした二人は、二人でメディアに出演するなど、おしどり夫婦とも呼ばれていました。女優さんとサッカーのスター選手の結婚に、世間からは祝福の声がたくさながりました。

引退した頃から責められるように

二人の関係がおかしくなってきのは、2007年に奥大介さんが現役を引退した頃からだったそうです。『オレが引退したのは、おまえのせいだ』といわれるようになるなど、だんだんと暴言や暴力がエスカレートしていったそうです。

 

また、引退後の仕事も上手くいかず、昼間から飲酒することも増えていたそうです。

佐伯日菜子の仕事へのひがみ?

奥大介さんは、引退後、横浜FCサッカースクールのテクニカルアドバイザー、エスポラーダ北海道のテクニカルアドバイザー、多摩大学目黒高等学校のサッカー部監督、横浜FCの強化部長などを務めていますが、どれもあまり上手くいかなかったようです。

 

さらに、奥大介さんの中ではまだまだ現役を続けられたはずなのに、それが出来なかったのは佐伯日菜子さんのサポートが無かったからという思いがあったようです。

 

そんな状態の中で、女優の仕事をこなす佐伯日菜子さんに対してのひがみなども暴力につながっていたようです。

 

 

佐伯日菜子の元旦那・奥大介が死亡

佐伯日菜子さんと奥大介さんの離婚が成立した翌年、奥大介さんは自動車事故により亡くなってしまいます。どういった状況だったのでしょうか。

死因は交通事故?

奥大介さんは、2014年10月、沖縄県宮古島市で軽乗用車を運転中に交通事故を起こし、搬送先の病院で死亡が確認されました。対向車線にはみ出して電柱と衝突しており、ブレーキ痕は無かったそうです。

死亡当時はホテル従業員だった

奥大介さんはホテルのレストランで調理補助のアルバイトをしていたそうです。ホテルに向かう途中に事故が起こった用で、当初、事故については「ホテル従業員の事故死」と報道されました。

奥大介は飲食店を開くのが夢だった

奥大介さんは、当時「飲食店を開く」夢のため修業していて、知人に料理を作る約束をするなど、もう一度、人生をやり直そうと前向きに動き出されていた矢先の事故だったようです。

自殺説も

飲食店を開きたいと目標に向かって仕事を始めていた奥大介さんですが、「もう疲れた」と周囲に漏らしていた事もあったようで、前年にあった離婚や、子供に会えない事など、様々な要因で、自殺の可能性も示唆されました。

ホラークイーン

日本のホラー作品の代表作といえば、映画『らせん』があげられるのではないでしょうか。貞子役を演じた佐伯日菜子さんは、美しく独特なオーラを纏っており、とても印象的でした。

 

このほかにも、佐伯日菜子さんは、ドラマ『エコエコアザラク』の黒井ミサ役や、映画『うずまき』の関野恭子役など、ホラー作品に多数出演されています。そして、佐伯日菜子さんは『ホラー・クイーン』呼ばれるようになりました。

 
一時期は100本の仕事のオファー中、100本がホラーという事もあったんだそうです。しかし、佐伯日菜子さんは、それが嫌ったようです。『どうして怖い役しか来ないのだろうか?』『私の顔が怖いからホラーしか来ない』と悩み、自分の顔が嫌いになってしまった時期もあったんだそうです。
 
 
印象的なヒット作があると、どうしてもその役柄のイメージが固定されてしまい、そこから抜け出すのに苦労するという俳優・女優さんの話はよく耳にしますが、佐伯日菜子さんにもその時期があったようです。

佐伯日菜子は育児と仕事を両立!

ホラー・クイーンとも呼ばれた、佐伯日菜子さんについて見てきましたが、壮絶な結婚生活を送ってきていました。

 

離婚後の佐伯日菜子さんは、女優業を本格的に再会されており、2019年だけでも『僕はイエス様が嫌い』『エリカ38』『イソップの思うツボ』『葬式の名人』など、出演作が続々と公開されています。

 

精力的に女優活動をされており、仕事と子育てを両立させるワーキングママとして、佐伯日菜子さんは、活躍されていました。

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ