記事ID144295のサムネイル画像

    デヴィ夫人の若い頃の画像は?職業や資産は?子供や夫はいるの?

    日本生まれでインドネシア国籍を持つ、セレブタレントのデヴィ夫人。現在、バラエティでも大活躍の彼女が、若い頃にかなりの美人だったと話題になっています。美しい顔立ちからハーフやクォーターなどとも噂されていますが、真相は?彼女の資産や家族についても解説します。

    デヴィ夫人のドラマティックな人生とは?

    常に余裕と気品を纏った芸能界のご意見番の1人であるデヴィ夫人は、テレビに出演するようになった頃は熟女として、これまでに無い強烈なキャラクターで瞬く間に人気を博しました。

    デヴィ夫人の若い頃のエピソードをご存知でしょうか。かつては、多くの苦労をした上で美しい貴婦人として社交界に名乗り上げています。

    かつての大統領夫人としてのドラマチックな生活や、子供についてご存知ない方もおられるのではないでしょうか。

    若い頃のデヴィ夫人の生活から、現在の斬新な芸能活動内容まで詳しくご紹介します。

    デヴィ婦人について

    デヴィ夫人の若い頃は、セレブには程遠い生活を送っていたと言われています。また、顔立ちがハッキリした美人であることから、外国人とのハーフやクォーター説もあります。

    生まれ育った環境、家族、そして意外な職業に就いていたデヴィ夫人の過去とはどのような秘密があるのでしょうか。

    デヴィ婦人プロフィール

    • 本名(ふりがな/愛称): 根本七保子(ねもとなおこ/不明)
    • 所属事務所:オフィス・デヴィ・スカルノ
    • 生年月日:1940年2月6日
    • 現在年齢:79歳
    • 出身地:東京都港区
    • 血液型:A型
    • 身長:非公開
    • 体重:非公開
    • 活動内容:タレント
    • 所属グループ:無し
    • 家族構成:スカルノ(1970年没)、娘

    生い立ち

    デヴィ夫人は、東京都港区西麻布で生まれています。父親は、麻生界隈で大工の職業に就いいました。地名を見ると、あたかもゴージャスな生活を送っていたのではと、誤解されることがあります。

    デヴィ夫人の実家である家庭が裕福ではありませんでした。父親は、大工の棟梁でしたが、とある理由により貧乏だったのです。

    大工として、家を建てて生計が立てられるはずですが、デヴィ夫人の父親は、お金の無い人に対して大工料金を請求するということをしない人だったそうです。狭義に溢れると言うと言葉の響きは良いのですが、家族としては食うに困る日々を送っていたそうです。

    母親は、内職として裁縫を行い、生活の足しにと働きました。それでも生活費が足りず、道端に生えている草を摘んで夕食の材料としていたそうです。

    季節感を感じるのは募金の羽だった

    運の悪いことに父親は、戦後に視力を失ったことで大工の仕事を継続できなくなり、母親の内職の賃金のみが生活費の全てと言う、極貧状態になりました。

    デヴィ夫人は、過去を振り返り、自宅にはカレンダーを飾る金銭的な余裕がなかったことで、夏、冬以外では季節感を感じにくく、赤い羽根募金の「羽」を見て色から秋の紅葉を連想して季節感を感じていたそうです。

    デヴィ夫人は、15歳の頃に東宝映画「青ヶ島の子供たち 女教師の記録」という作品にエキストラとして出演し、アルバイトをして生活費を稼ぎ、家族を助けていたそうです。

    高校中退!職業はコールガール?

    デヴィ夫人は、やがて高校生になりました。東京都立三田高校に入学しました。ただし、定時制であったため、日中に労働し、夜間に勉学をするという日々を送っていました。

    幼い頃と変わらず家計が火の車でしたので、アルバイトをして生活費を稼ぐ必要があったのです。アルバイト先は、千代田生命損保で現在のジブラルタ生命保険にあたります。

    入社するのに150倍という難関を突破したそうです。業務内容は、不明ですが当時の賃金では家計を賄い切れずに、休みの日にカフェでバイトをするなど、休む暇がなかったそうです。

    デヴィ夫人は16歳で父親を失う

    定時制高校に入学したものの、デヴィ夫人が16歳の時に、大工をしていた父親が他界しました。残された母親は、元から脚が悪く弟は病弱で誰も頼ることができませんでした。

    当時勤務していた生命保険会社は、昇給制度もありましたが家族を養えるほどの給与を、貰えていなかったそうです。

    定時制高校を中退し、生命保険会社のアルバイトも辞めて、赤坂にある高級クラブに年齢を18歳であると偽って働き始めました。

    19歳の時にインドネシアへ!

    赤坂の高級クラブ「コパガバーナ」は、海外のVIPや政治家、有名な実業家など名だたる男性が訪れるクラブでした。

    アルバイトをしながら、デヴィ夫人は、生きるための術を身に付けるべく努力を始めました。目指したことは、まず英語をしっかりと使いこなせるようになり、日舞などの教養を身に付けて人脈を築くことでした。

    やがて、「東日貿易」という会社を営む久保正雄さんという男性と知り合い懇意になりました。その後、19歳の時にインドネシアに、東日貿易の秘書としてインドネシアへ渡ります。

    実際にはスカルノ大統領への元へ遣わされました。秘書という名目ではありましたが、デヴィ夫人は、実質的に「献上品」だったそうです。

    日本経済の発展の役目も担った

    1950年頃のインドネシアは、当時の日本と比較するとかなりの先進国で経済的に発展していました。一方日本は戦後で、外交分野においては後手であったことから、日本の経済発展のための橋渡しという役目も担っていました。

    第三夫人の地位を得る

    デヴィ夫人は、インドネシアのスカルノ大統領に気に入られて愛人となりました。周囲には、ホステスとして献上された女性は、他にもいたのです。

    ライバルを蹴落として、22歳の時に第三夫人としての地位を得ています。この時点でスカルノ大統領は61歳でした。インドネシアは複数人の妻を娶る事が許容されています。

    デヴィ夫人の辛い別れ

    シンデレラストーリーのように夫人の座を射止めたことで「スカルノ・デヴィ」の誕生になるのですが、辛い別れもありました。

    祖国では、母親が病死してしまい、その数日後に実弟が詐欺師に騙されて財産の全てを失い、自宅でガス自殺をしてしまいました。

    デヴィ夫人は「いつまで経っても忘れる事ができない辛いトラウマ」と語っています。後年、ジャカルタに建築した宮殿の1つに、自ら命を絶った弟の名前を付けたそうです。

    ハーフ?クォーター?

    デヴィ夫人は、当時の日本人女性にしてはエキゾチックな顔立ちをしていることからよくハーフやクォーターと間違えられるそうです。両親もその先祖も純粋な日本人です。

    デヴィ婦人の本名

    デヴィ夫人は、東京都出身の純日本人ですが、スカルノ大統領夫人なった時点でインドネシア国籍に変更されています。本名は、「ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ」という名前です。

    若い頃が美人すぎる!

    デヴィ夫人は、80歳目前になろうとしていますが、目鼻立ち際立った美しさから、さぞかし若い頃は奇麗であったと想像に難くありません。その美人すぎると噂になった若い頃の画像とエピソードをご紹介します。

    昔の画像が女優並みの美しさ

    デヴィ夫人は、バラエティ番組で頻繁に若い頃の写真を披露する機会が多く、その画像の美しさについては、息を飲む反応をする人が続出することで有名です。若い頃のデヴィ夫人は、女優のように美しいと称されています。

    デヴィ婦人の昔の写真

    デヴィ夫人の若かりし頃の写真をご紹介します。顔だけではなくスタイルも抜群で日本人離れしており、「社交界の華」という異名を付けられるほど抜きんでた美貌であったことが垣間見得ます。

    ①写真1

    横顔も美しい人を指してEラインという名称があります。これは、アメリカにおいて美人の基準として横顔の鼻と顎を結ぶラインの判定は、エステティックを表現する頭文字Eから取って付けられました。

    日本の芸能界において、Eラインの美しさを持っているのは、佐々木希さんが代表的です。デヴィ夫人は、日本人とは思えない顔の骨格と鼻の高さ、そして顎までの奇麗なラインは、現代に生きる女性でも稀有な存在です。

    ②写真2

    学生時代のデヴィ夫人です。まだ妖艶な美しさを醸し出してはいませんが、クッキリとした目鼻立ちで、現代の日本でも美少女として通りそうです。溌溂とした健康美の雰囲気が充分に伝わってきます。

    この頃は、生活が苦しい学生時代でしたが、一度も貧しさで他人からバカにされたことが無かったのだそうです。デヴィ夫人は、自身の持つ美しさと、どこからともなく漂う品の良さから、実は良家の子女と間違われたこともあったと語っています。

    ③写真3

    デヴィ夫人がインドネシアに渡った後の写真です。スカルノ大統領には多くの愛人女性が取り巻いていました。インドネシアに渡る前にデヴィ夫人は、2つの条件を提示しています。

    1つ目は、愛人扱いではなく正式な夫人として地位の要求です。2つめ目、日本との貿易などで外交する際には、必ずデヴィ夫人が窓口として間に入ることです。

    かなり強気な条件ですが、デヴィ夫人には自信があったようです。スカルノ大統領の、その他の夫人と並んでも、引けを取りません。

    それどころか、吸い込まれるような大きな瞳で微笑む写真には、「東洋の真珠」と呼ばれたデヴィ夫人への寵愛ぶりが伺えます。

    デヴィ婦人の夫や子供

    デヴィ夫人の夫であるスカルノ大統領は、どのような人生を歩んだのでしょうか。2人の間に生まれた子供について、現在の消息も含めて詳しく調査しました。

    夫は元インドネシア大統領

    デヴィ夫人の夫はインドネシアの元大統領です。かつてインドネシアはオランダの領地として殖民地という立ち位置にありました。

    若かりし頃のスカルノ大統領は、まだ一介の政治家だった頃に、インドネシアを独立国家にした立役者の政治家でした。

    圧倒的なカリスマ性を持って、国民から支持されていました。デヴィ夫人との結婚後も、日本との良好な関係を構築するなど、辣腕を振るいましたが1965年にクーデターが起こり、失脚しています。

    失脚したスカルノ元大統領が他界するまで、デヴィ夫人は、離婚せずに最後まで夫婦関係にありました。

    1人娘のカリナ

    デヴィ夫人とスカルノ元大統領の間には1人娘がいます。名前をカリナさんと言います。1967年に東京都内の病院で出産しています。

    その後デヴィ夫人は娘のカリナさんを連れて、ニューヨークに渡りました。フランスに在住していた期間もあり、生まれは日本で出身地はフランスとニューヨークとなります。

    2005年にシティバンクのCEOであるフレデリック・F・シーガスさんという男性と結婚しています。2人の間には数人の子供がいます。デヴィ夫人は、祖母という戸籍上の肩書を持っていたのです。

    孫のキラン君がイケメンすぎる

    1人娘のカリナさんの息子であるキラン君が、非常に頭脳明晰かつイケメン男子として話題になっています。目に入れても痛くないという言葉がピタリと来るほど可愛がっています。

    度々デヴィ夫人のブログには、キラン君が登場しています。2018年には来日して、デヴィ夫人の元を訪れたようです。着ぐるみを着て、楽しそうな笑顔を見せるキラン君の画像がブログにアップロードされています。

    デヴィ婦人の資産

    デヴィ夫人は、ビジネスの才覚も持っています。スカルノ元大統領が残した遺産を切り崩して生活するのではなく、元手にビジネスをしています。莫大とも言われている資産について調査しました。

    第三婦人として遺産を相続

    デヴィ夫人は、インドネシアと日本の外交の窓口として重要なポストを担っていることから、婦人の中でも地位が高かったそうです。

    クーデターが起きてスカルノ元大統領は、政府に全てを没収されたことで、デヴィ夫人も失った物は、大きかったものの最終的には、遺産を相続しています。その金額は、少なく見積もっても20億円と言われています。

    石油関連ビジネスの資産

    スカルノ元大統領が他界した後は、一度インドネシアを離れてアメリカやフランスに滞在していましたが、40歳になった時にインドネシアに戻って石油に関係したビジネスを始めています。

    顔の広いデヴィ夫人は、各企業の重鎮を繋げる仲介役を職業として成立させました。現在保有する財産の大半は、この時代に稼いだと言われています。

    世界中に豪邸や別荘がある

    デヴィ夫人は、東京を拠点として活動しています。都内でもセレブな生活を送っていますが、ニューヨーク、パリ、バリ島などの世界各国に豪華な別荘を保有しているそうです。

    現在のデヴィ婦人

    デヴィ夫人は莫大な遺産を受取り、ビジネスで財産を作り、現在は東京でタレントとして活動しています。美貌と、巧みな話術、独特の雰囲気を纏い、主にテレビで活動していました。

    最近のデヴィ夫人は、youtubeやインスタグラムなどソーシャルネットを活用しているそうですが、デヴィ夫人は何を発信しているのでしょうか。

    youtubeで活動

    デヴィ夫人は2019年7月にyoutuberとしてデビューしました。テレビよりも発言内容やパフォーマンスに対して規制が緩く、チャンネル内では、社交界の裏話やデヴィ夫人のセレブな生活に関してトークを展開しています。

    インフルエンサーとしての活動を、始めたばかりであるにも関わらず2019年7月末の段階で6万人ものチャンネル登録者がいます。

    インスタ

    インスタグラムも始めており、youtubeと同様にデヴィ夫人のセレブな生活の日常について写真をアップロードしています。フォロワーは30万人を超えています。

    入れ歯って本当?

    デヴィ夫人は、若い頃に全て総入れ歯にしたという噂が流れています。若い頃の写真には歯を見せて微笑む写真がありますが美しい歯並びは、モデルのようです。

    女の闘いを勝ち抜くために自前の歯を、全て入れ替えしたと言われていますが、確証はありません。

    デヴィ夫人の若い頃は大統領を虜にする美貌だった

    デヴィ夫人の若い頃は、東京都で生まれ育ちましたが、常に生活苦を強いられてきました。ハーフやクォーターに間違えられる程に美人でした。19歳でインドネシアに渡っています。

    夫は当時のインドネシア大統領をしていたスカルノです。2人の間に子供が1人生れましたが、夫には先立たれてしまいました。

    20億円とも言われている夫の遺産を相続後に、元にビジネスを始めて莫大な遺産を築き上げた時代もありました。

    2019年現在、youtubeやインスタグラムなどのSNSを介した情報発信を行ない新たなステージに挑戦しています。日々の様子はアップロードされる画像からセレブな生活を送っていることが伺えます。

    関連記事をチェック!

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ