記事ID143989のサムネイル画像

神の杖の威力は核爆弾並?宇宙条約に違反するアメリカの兵器とは?

神の杖はアメリカが保有していると言われている兵器です。その兵器は核爆弾並の威力を持っているという情報が拡散しているため、多くの人はこの神の杖に恐怖感を抱いているようです。しかしながら、本当に神の杖が存在するのかは疑問が多く残っているようです。

神の杖について徹底調査!

『神の杖』別名『神からの杖』と呼ばれているものがあるそうです。これは、日本ではなくアメリカで開発されている宇宙兵器(軍事衛星)と呼ばれているものだそうです。

分かっていることは、少ないかもしれませんが、開発中のアメリカの宇宙兵器と言われている『神の杖』別名『神からの杖』について調べてみましたので紹介をしていきます。

神の杖とは?

ここでは、『神の杖』別名『神からの杖』について詳しく説明をしていきますので見ていきましょう!

実際に『神の杖』別名『神からの杖』が存在しているのかどうか?開発中ということですが、どこまで開発されているのか?など詳しく調べてみました。

それでは見ていきましょう!ご覧ください。

アメリカの宇宙兵器

神の杖(かみのつえ)または神からの杖(かみからのつえ、英:Rods from God)は、アメリカ空軍が開発中とされている宇宙兵器(軍事衛星)。Kinetic bombardment(運動エネルギー爆撃)とも呼ばれる。

核兵器に代わる戦略兵器として計画されている兵器のことをさす。

出典:https://ja.wikipedia.org

『神の杖』を検索すると、このような説明が登場します。『神の杖』(かみのつえ)または『神からの杖』(かみからのつえ)と呼ばれているものが本当にあれば一大事なことにです。

核兵器に変わる大きな武器になりかねないということになります。実際にあるのかなどこれより下で紹介をしていきますので見ていきましょう!

軍事衛星から発射

『神の杖』別名『神からの杖』は、タングステンやチタン、ウランからなる全長6.1m、直径30cm、重量100kgの金属棒に小型推進ロケットを取り付け、高度1,000kmの低軌道上に配備された宇宙プラットホームから発射し、地上へ投下するというもの。

極めて大規模であるが、一種の運動エネルギー弾であると言える。落下中の速度は11,587km/h(約マッハ9.5)に達し、激突による破壊力は核爆弾に匹敵するだけではなく、地下数百メートルにある目標を破壊可能だとされている。

出典:https://ja.wikipedia.org

ウィキペディアによるとこのようなことが描かれていました。これに関しては説明するのは難しいので直接書いてあることを見ていただくのが一番いいでしょう。まずは、核兵器に変わるものというのはお判りいただけたでしょうか?

『神の杖』別名『神からの杖』は、宇宙のプラットホームから発射する近未来的な兵器であるということが分かりましたね!

放射能の心配がない

『神の杖』別名『神からの杖』に関しては、放射能の心配がないと言われています。一つは、核兵器ではないということが挙げられるようですね。

確かに『神の杖』別名『神からの杖』に関しては、核兵器という扱いにはなりませんので放射能の心配はなさそうですが、核兵器と同じくらいもしくはそれ以上の力があるという説もありますので、この世に存在してはいけない兵器ということになるのは間違いなさそうです。

破壊力は核爆弾並?

『神の杖』別名『神からの杖』では、上記で少し述べたように威力は核爆弾並みだと言います。重さが100㎏相当だとすると宇宙の高さから地上に向けて発射した場合は、かなりの力がかかるという風に言われています!

これが本当に実現したとなると地球が滅亡してしまいそうな予感もありますね!果たしてそのような力が本当にあるのでしょうか?気になってくるところです!

破壊力は核爆弾並を否定する意見も?

仮に100kgの物体が落下しても、かつて広島に落とされた原爆の12万分の1にしかならないのだといいます。一種の都市伝説の位置づけとして認知されているようです。

出典:https://career-find.jp

『空想科学読本』という有名な本を書いた柳田理科雄さんは、”核爆弾並みの破壊力”があるということを否定しているのです。

そもそもの話として『神の杖』別名『神からの杖』に関して否定的な意見を持っているようです。『神の杖』別名『神からの杖』が存在すること自体がおかしいという風に言われているようです!

『神の杖』別名『神からの杖』に関する威力に対しては、多くの人々が核兵器と同じではないという意見があるということが分かりました!

神の杖は実在しない?

『神の杖』別名『神からの杖』は実在しないのかもしれないという事実に直面しました!これはいったいどういうことなのでしょうか?

実際に開発をしていると言っているのですが、『神の杖』別名『神からの杖』が開発されていることに対しても事実かどうかという意見が寄せられていることもわかりました!

調べてみると、『神の杖』別名『神からの杖』について、ここからいろいろなことが見えてきましたので見ていきましょう。

神の杖の存在に否定的

現実的な兵器ではない

上記で述べたように『神の杖』別名『神からの杖』に対して否定的な意見も多くある中ですが、一番に言えることは、現実的な兵器でないということになります!核兵器と同じくらいの威力にはならないという見方もあるようです。核兵器は、飛行機で目的地まで行き、落とすというのが一般的です。

しかし『神の杖』別名『神からの杖』に関しては、宇宙から飛ばすものになるので落としたいところに持っていくのは難しいとされているようです。非常に困難であると言われているようですね。『神の杖』別名『神からの杖』が、衛星軌道にあることも一つの要因だと言えるようです。地球に落下させたいと思っても中々落ちてこないから時間が掛かるという風な考えもあるようです。いつまで経っても地表に落ちないのであれば兵器として意味がないと考えるようです。

例えば「ある地点に落としたい」→「神の杖を使おう!」→「目的地到着までに時間が掛かりすぎる!」となってしまうと意味がないことが分かりますね。地表に近づいたとしても風を受けてしまい別のところに着地するかもしれないという考えもあるようです。

以上のことにより『神の杖』別名『神からの杖』を使うということは、現実的ではないと言えるのでしょう。あってはいけないことですが、ミサイルなどのほうがよっぽど効率が良いという答えになりますね。

宇宙条約に違反している

宇宙条約には、第4条「大量破壊兵器を地球を回る軌道に乗せないこと、宇宙空間に配備しないこと」という取り決めがあります。

出典:https://career-find.jp

そもそもとして、『神の杖』別名『神からの杖』を持つということは、宇宙条約に違反しているということになるようです。宇宙条約には、ちゃんとこのように記されているのですね!

大量と書いてあるので少しグレーゾーンなところもあるかもしれませんが、大量破壊兵器に『神の杖』別名『神からの杖』が値するかとなってくると違うかもしれませんね。大量に作れるものではないので、これに関しては難しい問題と言っていいでしょう。

ハッタリで抑止力にする

アメリカは、『神の杖』別名『神からの杖』を開発しているという話があるのは事実のようです。これまでに『神の杖』別名『神からの杖』という言葉を聞いたことがある人がいるのですから本当のことなのでしょう。

「危機感を私たちに与えるためのハッタリ説」も浮上しているようですね。アメリカは、『神の杖』別名『神からの杖』を使う理由がないということが一つの要因のようです。あと一つは、「宇宙兵器が現実的なものではないということ」が理由になっているようです。

完成までに膨大な時間が掛かってしまい、お金も大量に掛かってしまうものを開発するより、効率の良いものを作成したほうがいいという話もあるようですね。

『神の杖』別名『神からの杖』の話が出ているのかというと、これは「ハッタリにして抑止力」にするという考え方を当てはめるのがよさそうです。“アメリカは強いんだぞ!”と態度で示し、“脅威に感じる軍事的な武器を持っているんだぞ”という威嚇の意味を込めているのかもしれませんね。

神の杖を使うアメリカの目的は?

『神の杖』別名『神からの杖』を開発して使うかもしれないアメリカの目的とは何なのでしょうか?人類にとっての脅威になりかねない『神の杖』別名『神からの杖』は、恐ろしいものだということが分かりました。

この恐ろしい凶器になりかねないものを使う目的について調べてみましたので見ていきましょう!使う日が来ることがないことを祈るばかりですね。

戦争での使用

戦争で使用するために『神の杖』別名『神からの杖』を使う可能性が高いというのは間違いなさそうです。科学の実験にしてはあまりにも大きすぎます。

表向きの使用方法なども明かされているわけではありませんが、隕石や自然災害から人々を守るための装置という風に言われても信じるのは難しいでしょう。この『神の杖』別名『神からの杖』に関しては、何のために作られているのかもわかっていません。

完成年月なども明かされていません。現在、”開発中”となっているのが『神の杖』別名『神からの杖』です。これは、ブッシュ大統領時代から開発されていたともいわれているようです。ブッシュ大統領時代だとかなり前から開発していますが、完成まではしてないので難しいものなのでしょうね。

平和のための抑止力

『神の杖』別名『神からの杖』を持っていると公言すれば、おそらくですが戦争になることはないでしょう。という考え方が一つできます!これにより戦争のない平和な世界に一歩近づくことになるでしょう。

今でも戦争が行われている地域などもあります。亡くなる人がたくさんいます。戦争はしてはいけないことだと分かっていますが、現実では中々うまくいっていません。『神の杖』別名『神からの杖』という強そうな名前の兵器を持っていると言えば、安心できる世界が作れるのかもしれませんね。

北朝鮮や中国対策

アメリカに対して、北朝鮮や中国が過激なことを考えると思われていたことにより『神の杖』別名『神からの杖』を開発していると公言したのでしょうか?そもそもの開発の目的が気になってくるところです!

結果として他の国々が持っている武力を無効化するために『神の杖』別名『神からの杖』を開発していると言ったのではないでしょうか?しかしながら、本当に『神の杖』別名『神からの杖』を開発してこれが成功するとなると、原子爆弾の比ではなくなってしまいます。

投下され成功すれば、戦争がいつ起きてもおかしくない状況だと言えるでしょう。そんなことが絶対に起きてはいけません。この『神の杖』別名『神からの杖』を開発している理由については明かされていませんので一つの要因として”他の国に示す”ためにある程度だと思っておくといいのかもしれません。

神の杖に関する意見とは?

『神の杖』別名『神からの杖』に関しての様々な意見がSNSなどに寄せられているのをご存知ですか?

今回は、このアメリカの兵器ともなりかねない『神の杖』別名『神からの杖』についての人々の反応について紹介をしていきますので見ていきましょう!それではご覧ください。

神の杖(アメリカ)
開発中とされる、衛星からクソ硬い金属の棒を地上に落っことす運動エネルギー弾。ただの金属棒が核兵器並みの破壊力になるとか凄いコスパですね…。
ところで神の名のもとに戦争を正当化とか、それどこの過激派イスラム。

出典:https://twitter.com

という意見がTwitterにありました!開発中のものだと言われていますが、コスパもかなりかかるということでお金がいくらあっても足りなさそうという意見もあるようです、過激派組織が考えそうなことだというような意見も見られています!

鬼畜アメwww
スゴイもん開発するねwwww

宇宙空間から鋼鉄の槍を投下、核兵器と同等の破壊力を持つ「神の杖」 アメリカ政府が開発中 https://hosyusokuhou.jp/archives/48811052.html

出典:https://twitter.com

凄いものを開発中ということでネットの記事により判明しています。これがいろんな国で読むことができるということで話題になっていたようです!宇宙空間から鉄の槍を降らせるということは、中々のものだということでSNSではとても話題になっていました!

今後の展開にも注目されているようです。

神の杖は現実的な兵器でないことが判明!

『神の杖』別名『神からの杖』を検索してみると、現実的には難しい平気だということが判明してホッとしている人もいるのではないでしょうか?この兵器が仮に実現してしまうと、世界が滅亡してしまう恐れがあります。

天空からの攻撃を行うことになりますので、私たち人間はひとたまりもありません。どこかに命中させるにしても、命中相手に照準を合わせることの難しさなどがあるようですね!宇宙空間から特定のものに命中させる技術があるのであればもっと別のことに利用してほしいと考える人もいるでしょう。

『神の杖』別名『神からの杖』を現実的な武器にしないためにも平和である世界が続いてほしいと願うばかりです。

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ