記事ID143829のサムネイル画像

スプリットタンっていったい何!?高良健吾もやってるって本当?

皆さん、スプリットタンをご存知でしょうか?スプリットタンは人体改造の一つなのですが、日本では映画『蛇にピアス』で取り上げられて話題になりました。そこで今回はスプリットタンが一体どういうものなのか、やり方、治療の仕方まで踏まえて徹底解説していきます!!

スプリットタンとは?

スプリットタンとは、英語のsplit(裂ける)、tongue(舌)を組合わせた単語で、「裂けた舌」という意味です。舌が蛇の舌のように縦に裂けていることを指し、一部の愛好家からは略してスプタンと言われています。

スプリットタンは映画『蛇にピアス』の中に登場したことで一躍人気を呼び、身体改造の中でも比較的簡単にできるといわれているものの内の1つです。一見変わったそのルックスからスプリットタンを真似しようとする方が急増しました。

舌を二股に裂く人体改造

身体改造とはファッションなどの一環として、自分の体の一部を半永久的に変えることによって起こる改造のことを指します。

身体改造というといかにも恐いイメージがあるかと思いますが、実際はピアスや刺青なども人体改造の内の1つであり、この舌を二つに裂くスプリットタンも一部の愛好家によって利用されており、日本でも多くの人が既に経験しております。

身体改造というのも、テレビ番組「クレイジージャーニー」にて身体改造のギネス世界記録をもつ、ドイツのロルフ・ブッフホルツさんの特集が組まれたことで有名になりました。

ロルフさんはかなり多くの身体改造をしており、タテゥーやピアスをはじめとする簡単なものから,身体を立体的に見せるインプラント、体内に穴を入れ、つけたワイヤーで体をつす、ボディサスペンションなど、衝撃的なものもあります。

スプリットタンのやり方は?

そもそもスプリットタンはアメリカ発症になります。スプリットタンは1997年ごろに始まったということですから、比較的新しい人体改造になります。

スプリットタンのやり方は主に2つありますが、後で記述しますが、施術ができるスタジオも存在するため、参照すると良いです。また、セルフの場合は大いに危険を伴うためお勧めはしません。

レーザー施術

口腔外科による手術であり、アメリカでも行われていた一般的な施術方法になります。これはレーザーによって舌を2つに裂き、その後熱によって裂いた部分を止血するというものです。

実際、日本でレーザー手術を受け持っている病院は少ないのが現実なのですが、こちらは専門の医師のもと、専門的にスプリットタンの手術を行います。確かに手術費といったお金などの問題もありますが、舌は多くの神経が通っており、体内の中でもかなり敏感な器官です。安全性について言えば確かなので、心配な方はこちらを試すと良いです。

タイオフ

こちらは映画『蛇にピアス』でも行われていたスプリットタンの方法であり、こちらの方が皆さんにとっては主流であり、なじみのある方法です。

やり方は、まず、舌にピアスで穴をあけ、その穴を段々拡張していきます。最後にデンタルフロスで舌を切り、完成しますが、この方法はかなりの痛みを伴います。前述の通り、舌の手術は慎重に行われるべきであり、専門の方が施術しない分危険性もあります。

最近は施術してくれるスタジオが存在している

確かに、セルフでスプリットタンにしようとすると誤って感染症を招いてしまったりと、かなり危険が伴うため、おすすめしません。かといって一番安全である病院での手術も、病院自体少ないため中々難しいのも事実です。

そこで、現在では施術をしてくれるスタジオが存在しています。渋谷に拠点を置いた、「Noon」という店がスプリットタンの施術をしています。電気メスを用いており、切断と止血を同時に行うため負担も少なく、かつ短時間で終了します。

スプリットタンはめちゃくちゃ痛い!?

ピアスなどもそうですが、スプリットタンといった身体改造は最初は満足をするのですが、半永久的に残るためその後の将来、大きな代償を伴う可能性があるのも事実です。それはまず第一に、人によってはかなりの痛みを感じるということです。

スプリットタンは比較的痛みが少ないと言われていますが、体の一部に穴をあける作業なので痛いことに違いはありません。またスプリットタンをしたことにより多くの方が後悔したという意見がネット上で寄せられています。。

頭がおかしくなりそうなくらい痛いという人もいる

スプリットタンは人によってかなりの痛みを味わった方も中には普通にいらっしゃるのです。スプリットタンにより激痛を経験している方の多くは、興味本位などにより自分で舌を切ったケースが多いです。

病院などでの施術は比較的痛みは少ないですが、セルフでやる場合はかなり痛みが強くなると言われており、舌が元に戻るときに起こる拒絶反応により発熱が起こったり、菌が口の中に入ってしまう場合もあります。そうなると後遺症といった、深刻な副作用に苦しまなければいけないということがあります。

後悔する人も多い

スプリットタンをすることによって後悔する方は多いです。痛みによるものは当然なのですが、それ以外にもいくつかのデメリットがあります。

まず、スプリットタンをすると第一印象が悪くなります。会社などでも上司などに対しては確実に距離が近づきにくいです。新しい取引先の方と話すとあっては大変です。会社内でなくても、ある組織のグループの中に中々溶け込めないということもあります。相手が外見により一歩引いてしまうからです。

また、スプリットタンをすると周りから変わった人だと思われがちです。場合によってはメンタルに問題があるのではないかと疑われたりと、実際はそうでなくてもスプリットタンというだけで一般の方からはマイナスイメージが広がってしまいがちです。

スプリットタンは治せる?

スプリットタンをすることで他人との関係などの問題で後悔してしまい、スプリットタンを元に戻したいと思う人が多いそうです。では実際、一度切断してしまった舌を元に戻すことはできるのでしょうか?

程度にもよりますが、端的に言えば、切断前の状態に戻すのはほぼ不可能と言われています。さらに、一度切ってしまうと自然治癒は中々難しいため、自分で手段を講じる必要があります。処置としては以下の方法をとることをおすすめします。

とりあえず医者に相談(口腔外科・形成外科)

まずは医者に相談することです。スピリットタンの治癒は切断してからの期間や切断した深さによっても処置が異なりますので、かなり細かい作業となります。そのため、専門の医者に診てもらうのが一番安全でしょう。

治癒の方法としては、スプリットタンの切断された部分の内側を、切開し、消毒します。そののち、縫合をしてもとにもどします。

ただ、この方法も完全に元に戻るというわけではなく、一度切断したものをまた切開するということから器官の運動障害に陥る場合もあります。そのため、たとえ医者に相談したとしても、完治するとは限らないと覚悟はする必要があります。

術後すぐなら可能性あり

先ほど、自然治癒は可能性がほぼないと言及しましたが、術後間もない場合は例外になります。人間の体はもともと傷の治癒能力が備わっているため、完全に治る保障はないものの、ある程度の回復は見込めるでしょう。

スプリットタンをする方の多くは、やってすぐに公開するか、満足してずっと続けるかの二極に分かれる場合が多いです。そのため、スプリットタンをして後悔したと思ったらその時点で早く決断をした方がその後の自分にとって良い方向に進みます。

スプリットタンのメリット・デメリット

スプリットタンには確かに行うことによるメリットもあります。多くの愛好者がこぞってスプリットタンに興味をもつのはやはりスプリットタンに魅力があるからです。その一方で、払わなければいけない代償として、デメリットも存在するのも確かです。

以下はスプリットタンをすることによる利点と欠点の紹介になります。

メリット:欲求を満たせる

やはり、スプリットタンもそうですが、人体改造による一番の利点を自分の欲求を満たせるという自己満足によるものが大きいと考えられます。

スプリットタンをやっている人は世界の中で見れば少数派ではあります。そのため、普通の人がやっていないということから独自のアイデンティティを形成することができます。そこに自分の存在意義を確立したりと、自身の満足感を得ることができます。

デメリット:活舌が悪くなる

ピアスも同様なのですが、スプリットタンをした際、舌の中にある舌小帯という筋を傷つけてしまうことがあります。そうなった場合、活舌が悪くなるという問題が発生します。最悪の場合、悪くなった活舌は戻らないといった展開にまでなってしまう恐れがあります。

スプリットタンをしていない方でも活舌にコンプレックスを抱えている方はいらっしゃいますが、スプリットタンをすることによってそのようなコンプレックスを持つことになってしまうかもしれないということを念頭に置いておかなければなりません。

生まれつきスプリットタンの人もいる

中には生まれつき、先天的にスプリットタンが備わっている方もいるそうです。これはスプリットタンとは呼ばず、正式には「割舌」といい、かなり珍しいものとされています。

身体的にはさほど影響はにものの、生まれてすぐに手術によって治してしまうケースが多いです。スプリットタン、いわゆる割舌を治す理由の一部については、昔は割舌をもつ赤ちゃんは癇癪がひどいといわれていたことも背景にあるからです。

高良健吾はスプリットタン?

スプリットタンといえば、高良健吾さんがある映画で演じた際、スプリットタンでした。ピアス15個、刺繍などもしていたため、高良健吾さんのスプリットタンは本物ではないかという噂が広まりました。

当時、初めてスプリットタンを目にした人にとってはそれはとても特別なものであり、『蛇にピアス』でスプリットタンをしていた高良健吾さんにはかなり反響が大きかったのです。

映画『蛇にピアス』で話題に!

2008年に公開された映画『蛇にピアス』が、日本でのスプリットタンのブームを巻き起こしたと言えます。こちらは高良健吾さんと吉高由里子さん主演によるものです。高良健吾さんのそのスピリットタンにより視聴者に衝撃を与えました。

ネットで検索すると、「吉高由里子 スプリットタン」という風に出てきます。確かに映画の際、吉高由里子さんのスプリットタンはかなりリアルです。しかし、吉高由里子さんはスプリットタンをしていません。あくまでも、スプリットタンは「CG加工」によるものです。

高良健吾のスプリットタンは偽物!

高良健吾さんですが、彼自身もスプリットタンは本物ではありません。それも特殊メイクによるものではなく、こちらも「CG加工」により撮影したものです。当時のスプリットタンはCGが本物に見えることから、「スプリットタン芸能人」と騒がれました。

【閲覧注意】スプリットタンの画像・動画

実際にスプリットタンをしている方々の画像や動画です。初めて見る方には少し印象が強すぎるため、少しグロテスクだと感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

スプリットタンの画像①

こちらの画像はスプリットタンがかなりはっきりわかる画像になります。切断もかなり奥深く入っており、本当に舌がが2つあるかのような、人間離れした印象を受けます。

スプリットタンの画像②

ご覧のように、スプリットタンをした上にさらに舌に穴をあけ、ピアスのように鉄を通しています。画像もかなり近距離なためとてもリアルで、見るのに慣れないと痛々しささえ伝わってきます。

スプリットタンの画像③

こちらは実際に舌を切っているときの画像です。舌の中も写っていて、顔を想わず手で隠してしまいそうです。実際はこんな風に行われるのかと、恐ろしさを覚えます。

スプリットタンの動画①

Tongue split done by Mike Carter. (Caesar and Marissa Part 1)

動画になるとかなりグロテスクさが画像よりも増します。実際に受けている方の顔の表情からして、この施術のすごさを物語っています。

スプリットタンの動画②

Split Tongues tricks compilation

こちらの動画は多くのスプリットタンを持つ方の小動画を組み合わせた形の動画になります。それぞれが微妙に異なるスプリットタンを持っており、舌をうまく使ってブドウを食べるなど、特技に使う方もいらっしゃいます。

スプリットタンの動画③

【閲覧注意】スプリットタン(スプタン)したい人【必見】実践動画♪痛み少なめです。

こちらは日本の方が紹介する、スプリットタンのやり方紹介のコーナーです。一応痛くないとタイトルには書いておりますので、自己責任ではありますが、興味のある方は覗いてみてもいいかもしれません。

スプリットタンは自己責任で

スプリットタンは少し痛みはともないますが、比較的簡易にできる身体改造のひとつです。そのため、興味があれば誰でも試すことができます。アートとしても利用している方もいるため、最初はスプリットタンを羨ましく感じる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、施術した後に後悔をする方が多いのも事実です。そのため、一度の甘い決断で痛い目を見てしまう危険性があります。ですから、スプリットタンをするのは個人の自由ですが、スプリットタンをする前にしっかりと今後のことを考えておかなければいけないのです。

例えばですが、スプリットタンにすれば、会社の就職の時にかなり印象が悪くなってしまいます。他人との関係もうまくいかないことも時にはあるでしょう。そういったすべてのデメリットも含めて、スプリットタンをするのかどうかを自己責任で行いましょう。

関連記事もチェック!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ