記事ID143812のサムネイル画像

平泉成の死亡説の真相とは?ものまねのコツや家族構成もご紹介!

保険会社「メットライフ生命」のCMが印象的な俳優、平泉成さん。このCMのものまねを結婚式や余興の際に披露するためにコツを調べる方も多いみたいです!今回は平泉さんの家族構成や死亡説の真相、そしてものまねのコツについてご紹介します!

平泉成とは

保険会社「メットライフ生命」のCMが印象的な俳優といえば平泉成です。このCMのものまねを結婚式や余興の際に披露するためにコツを調べる方も多いようなのです。今回は平泉成の家族構成や死亡説の真相、そしてものまねのコツについてご紹介します。

平泉成のプロフィール

  • 本名(ふりがな/愛称):平泉征七郎(ひらいずみせいしちろう/)
  • 所属事務所:グリーンランド
  • 生年月日:1944年6月2日
  • 現在年齢:74歳
  • 出身地:愛知県
  • 血液型:O型
  • 身長:174cm
  • 活動内容:俳優
  • 所属グループ:
  • 家族構成:妻、長男、長女

ドラマ出演のきっかけは?①

平泉成は、父は炭焼き職人、母は助産婦の家庭で生まれました。幼い頃は愛知県の田舎町で育ちました。そこの村祭りの巡回映画が趣味で、いつしか映画俳優に憧れるようになったといいます。高校時代は、演劇部に所属していました。

高校卒業後は、名古屋の『都ホテル』でベルボーイとして働いていました。そこの先輩と同じ寮の相部屋になった人から、当時のスターだった、市川雷蔵を紹介してもらい、知り合います。

その、市川さんとの出会いがきっかけで、1964年、19歳の時に、「大映京都第4期ニューフェイス」27人の内の1人に選ばれ、芸能界に入りました。

ドラマ出演のきっかけは?②

京都の4年間は、3畳一間で暮らしでした。その時、芝居・乗馬・三味線・立ち回りなどを習い、後に平泉成は「楽しかったなぁ」と回顧していました。

その後、1966年に、映画[『酔いどれ博士』のトラ松役で、映画デビューしました。しかし、そこから大きな役にはめぐまれず、脇役ばかりが多かったそうです。そこに追い打ちをかけるように、1971年に大映が倒産してしまい、平泉成はフリー活動を始めました。

フリーになってからは、テレビドラマの刑事ものを中心に活躍します。悪役を中心に役を行いました。

そんな中で、同世代の仲間たちが、次々と俳優を辞めていくのを、目の当たりにした平泉成は自分は主役よりは脇役に徹しようと誓います。

芸名を改め出演作品の幅が広がる!

平泉成の以前の芸名は「平泉征」でした。しかし「征」が良くないと、占い師に言われてしまいます。

そこで、占い師の助言を受け入れ、「征」を「成」に変更しました。1年後に、元号が、昭和から平成に変わったことで、略して「平(泉)成」という馴染みやすい名前で注目を集めました。

ちょうど、脇役に徹して生きるという決意の時期と重なり、これが平泉成の転機になるのです。その後脇役としてコツコツとした積み重ねが実を結び、今や、誰もが知る人気俳優となりました。。

死亡説が浮上!真相は?

平泉成を検索しようとすると、「死去」というワードが上位に来ます。実際に亡くなっているのでしょうか。また、生存しているのであればなぜそのようなワードが上位にあがってくるのでしょうか。。その真相について見ていきましょう。

死亡説の原因とは?

では、本当に平泉成は亡くなられているのでしょうか。実際は生存していらっしゃいます。では、なぜこのようなワードが上位に来るのでしょうか。俳優ですので、ドラマの影響が多いと推測されます。

実際に『○○妻』に出演された平泉成はかなり重病な役柄でした。他にも、ドクターXでも重篤な患者役を演じられることがあったのです。

以上が原因と考えられます。

死亡説はデマ!

以上の結果から、死亡説はデマであるといえるでしょう。そもそもドラマをあまり見ない方が興味本位で生きていらっしゃるのかを調べているケースもあるのではないでしょうか。いずれにしろ、いまだに現役で俳優として活躍されているため、検索されている方が死亡していないことを確認できたのなら、プラスとなるのではないでしょうか。

平泉成の若い頃がイケメン!

平泉成の若い頃がイケメンであると話題になっています。実際どうなのでしょうか。現在の画像と昔の画像を比較しながら、詳しく見ていきましょう。

平泉成の若い頃の写真①

こちらは「憧れの大空/誓いの翼」というシングルCDのジャケットです。1968年3月、大映レコードで出されたものです。ヘルメットを被っていますが、表情がよくわかり、その笑顔からさわやかさが伝わってくるのではないでしょうか。

平泉成の若い頃の写真②

この画像はGメン75に出演したときの「テロリスト影山」を演じたときの画像です。ライフルを調整しているシーンです。253、254話の「白バイに乗った暗殺者たち(前編&後編)」のワンシーンです。サングラス姿でかなり渋いです。

平泉成の若い頃の写真③

こちらはYouTubeにまとめられている平泉成のスライドショーになります。年代ごとに写真がまとめられているのですが、どの年代もすごくイケメンです。いつまでも見ていられるのではないでしょうか。この動画は平泉成の過去の写真を見ていく上で、貴重なものといえます。

現在との比較!

こちらは現在の平泉成の画像です。若い頃の渋い雰囲気とはかなり変わった印象で、優しそうな雰囲気が出ています。しかし、よく見てみるともしかしたら面影は残っているのかもしれません。現在は優しい雰囲気で、ものまねも自らコツを伝授したりと、人柄の良さが顔に出てきているといえるのではないでしょうか。

平泉成といえばあのCM!

平泉成といえば保険会社「メットライフ生命」のCM「母さん~」が印象的です。もはや「母さん~」は芸能人を始めいろいろな方に真似されすぎて、代名詞といってもいいのではないでしょうか。そんなものまねについて見ていきます。

平泉成のものまねをする人が続出!

平泉さんのものまねがよく使用される場面が、結婚式の余興です。また、宴会芸としても利用されることが多いでしょう。また、テレビ番組でも多くのタレントがものまねを一芸として持っており、JOYや福山雅治もものまねをしています。特に福山雅治による平泉成のものまねは定評があるようです。

ものまねのコツは?

また、ものまねのコツも本人が説明しているようなのです。平泉成「喉締めて大きな声で母さん」と言えばものまねが出来ると発言していました。コツはとにかく「喉締めて母さん」ということだそうです。また、質問コーナーでコツを聞かれた平泉成は「そんなに真面目にやることでもないですよ」と言っていました。

たくさんの方がものまねされているように、本人も気軽に出来るものまねであると認識しているようでした。

平泉成は結婚している?

平泉成ですが、家族構成はどうなのでしょうか。結婚はされているのでしょうか。また、結婚されているならお子さんはいるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

奥さんは13歳年下!

平泉成は1980年の36歳の時に、13歳年下の女性と年の差婚をしています。奥さんの名前は里香さんといいます。2人が出会ったとき、奥さんは大学生でした。

ドラマ『熟年離婚』の第4話に、平泉成は熟年離婚の危機に立たされる徳山正夫役出演されていました。そこで、皮肉たっぷりに「熟年離婚。大変な問題ですね。うちは円満ですよ。だってこの歳から捨てられたら困るもん。」と仲の良さをアピールしていました。

奥さんとの馴れ初めは?

平泉成の友人がオープンしたレストランに、バイトとして奥さんが働いていました。そこで二人は知り合ったといわれています。平泉成の一目惚れだったそうで、平泉成からアプローチしたそうです。

結婚されてもう30年以上経ちますが、いまだに仲睦まじいそうです。

子供はいる?①

平泉成には、息子さんと娘さんがいます。息子の方は平泉陽太(ひらいずみようた)といい、1982年生まれです。陽太は2003年にあの有名なテレビドラマ『WATER BOYS』に出演され、お父さんの成さんと共演を果たしました。

しかし、俳優活動は2000年から2006年までという短い期間でした。その後、ソニーに入社されたといわれています。芸能活動に見切りをつけ、会社員になったということです。

子供はいる?②

娘さんは、平泉季里子(ひらいずみ きりこ)といい、1988年生まれです。現在、テレビ朝日でドラマ等の宣伝を担当しているようです。広報ということでしょうか。そしてお父さんとの関係で、時々テレビ番組にも出演されています。また、ビジュアルもタレントとと間違うほど綺麗な方です。

テレビ朝日の『徹子の部屋』で「ホテルマン時代の市川雷蔵との出会いから始まり、俳優として活躍し、いい家族が居ることは幸せで有難いこと。」と平泉成は発言していました。

とても家族思いであることが平泉成の発言からわかります。

平泉成のものまね芸人は誰?

様々な業界の人からものまねをされている平泉成ですが、実際に本業としてやられている方はいるのでしょうか。また、どのようなものまね芸人なのでしょうか。それぞれのレパートリーについても詳しく見ていきましょう。

末吉俊規

末吉俊規は現在ローカルに活躍されている芸能人です。とんねるずの「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」では常連となっているものまね芸人です。詳しく見ていきましょう。

プロフィール

  • 本名:末吉俊規(すえよし としのり)
  • 生年月日:1968年8月10
  • 出身地:千葉県
  • 血液型:O型
  • 身長:160㎝
  • 体重:52kg
  • 趣味:節約、読書、散歩、バイク

経歴①

元々は端役俳優として活動し、30歳の時に立川談志の弟子となってお笑いの世界に入りました。当初の芸名は末吉(すえきち)だったのですが、元ザ・ハンダースのメンバー鈴木末吉(すずきすえきち)の末吉との混同を避けるため、くんをつけて芸名にしました。

ピン芸人としては「やる気マンマン!」を売りに活動しています。それと並行してテレビ番組のリポーターも担当しています。

2004年4月に先輩芸人のノンキー山崎(元・ノンキーズ)と漫才コンビ「山崎末吉」(やまざきすえきち)というお笑いコンビを結成し、太田プロライブなどで活動します。また、「山崎末吉」の活動と並行して、再現ドラマやCMへの出演、リポーターという今までの活動も怠りません。

経歴②

しかし、相方・山崎の病気などにより「山崎末吉」としては活発な活動ができなくなったことから、末吉くんは2006年頃からものまねタレントとしても活動するようになり、「山崎末吉」は2007年2月末に解散してしまいます。そのため、現在はピン芸人として活動しているのです。

フジテレビで放送していた人気番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』の2007年3月29日放送の「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」第8回大会から俳優平泉成が演じる「犯人を追い詰める刑事」役のモノマネで出場します。そしてついに第10回大会において、初優勝を果たしました。

経歴③

また、結婚もしており、ブログにもたびたび妻(女優の萩原利映)が登場します。現在は長野放送で現在放送中の『土曜はこれダネッ!』にレギュラー出演しており、長野県内での知名度は高く、私生活においては長野に家を建て移住しているのです。

また、フジテレビ系列で放送中している『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』内の「ものまね大好きさん!大集合」や「秒殺ものまねNo.1決定戦」といったコーナーに常連で出演しています。

ものまねレパートリー

古館伊知郎、吉田鋼太郎、平泉成、北村総一朗、柳葉敏郎、みのもんた、中尾彬、 ビートたけし、いかりや長介、志村けん、野村昭子、小林旭、 田中信夫(TVチャンピオンナレーション)などがあります。その中の1つとして平泉成のネタがあるのですが、とてもよく似ています。

こちらの動画は「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」の中で犯人に嫌な追いつめ方をするベテラン刑事役の平泉成というネタを行っています。本当にありそうなシチュエーションでユニークです。

堀裕人

堀裕人はホリという芸名で活躍されているものまね芸人です。彼の特徴はレパートリーの多さにあります。キムタクのものまねを始め、様々な有名人のものまねをされています。

プロフィール

  • 本名:堀 裕人(ほり ひろひと)
  • 生年月日:1977年2月11日
  • 出身:千葉県
  • 身長:173cm
  • 体重:62kg
  • 血液型:B型
  • 趣味:料理・水泳・マッチ集め
  • ハンドボール(高校時県大会出場)
  • 所属事務所:ホリプロコム

経歴①

高校時代はハンドボール部に所属していました。大学時代は広告学研究会に所属し、3年の時には会長を務めました。大学卒業してからは、SP(セールスプロモーション)会社で10か月あまりのサラリーマン生活をしていましたが、突如芸能界入りします。

テレビ初出演は素人時代に経験した『笑っていいとも!』の素人ものまねコーナーでした。また、アニメ声優としても出演経験があるのです。初出演は2005年7月に放送された金曜ロードショーの『ルパン三世 天使の策略 〜夢のカケラは殺しの香り〜』での観光客 役でした。

経歴②

その後、タイムボカンシリーズの「悪の親玉」役を多く演じていた滝口順平(2011年逝去)の声色を真似た形で、幾つかのシリーズ作に出演しています。

2005年4月16日、レギュラー出演していたTVおじゃマンボウの生放送終了間際に結婚を発表しています。

2006年2月20日から4月20日まで、MSNの企画で「ホリの爆笑ものまね100連発」が行われました。

白井市ふるさと大使としても活躍されており、印西署の一日警察署長に就任し、印西市の商業施設で開催された「印西地区防犯フェスタ2015」に集まった人に防犯を呼び掛けています。

また、法務省から「矯正支援官」を委嘱されています。

ものまねレパートリー

木村拓哉、ユースケ・サンタマリア、テリー伊藤、えなりかずき、城島茂、山崎邦正、いつもここから、出川哲郎、はなわ、前田吟、武田鉄矢、爆笑問題、薬丸裕英、ウド鈴木、野村昭子、藤井隆、ビビル大木、みのもんた、金子賢、さまぁ~ず、寺門ジモン、ネプチューン、清水ミチコ、中尾彬、雨上がり決死隊、藤岡琢也、滝口順平、アンタチャブル山崎、アンガールズ田中、南海キャンディーズ山里、他多数あります。

動画は平泉成のものまねです。平泉成さんの青春を勝手にホリが披露という、オリジナルネタでものまねを行っており、個性的といえます。

平泉成の最近の活躍

平泉成は最近でも精力的に活躍しています。どのような作品に出演されて、どんな役柄を演じられたのかをみていきましょう。ドラマなど様々な作品で現在も幅広く活躍されていることがわかります。1つ1つみていきましょう。

2019年『スパイラル〜町工場の奇跡〜』

2019年4月期に『スパイラル〜町工場の奇跡〜』のタイトルでテレビ東京系「ドラマBiz」でテレビドラマ化されました。原作は真山仁の経済小説です。『ハゲタカ』シリーズ初のスピンオフ作品という位置づけになります。

『ハゲタカ』シリーズの第3作『レッドゾーン』および第4作『ハゲタカIV グリード』に登場する東大阪の中小メーカー「マジテック」関連の記述をサイドストーリーとして大幅に加筆修正した、『ハゲタカ』シリーズ初のスピンオフ作品といえます。

この中で平泉成は物語発展のきっかけとなる「なにわのエジソン社」および「マジテック」創業者である藤村登喜男(ふじむら ときお)役を演じました。彼の死の物語りが発端といっても良い重要な役でした。

2017年『この声をきみに』

『この声をきみに』(このこえをきみに)は、NHK総合「ドラマ10」枠で2017年9月8日から11月17日まで放送されたドラらです。大森美香作です。

主人公の偏屈な数学講師が人生を変えたいと訪れた朗読教室で、謎多き女性講師のレッスンを通じて個性豊かなクラスメイトとともに成長していく姿をコミカルに描く作品となっています。

この中で平泉成は主人公である穂波孝の父親である穂波定男を演じきりました。

2017年『中年スーパーマン左江内氏』

『中年スーパーマン左江内氏』(ちゅうねんスーパーマンさえないし)は、藤子・F・不二雄のSF漫画が原作です。『漫画アクション』(双葉社)に1977年9月15日号から1978年10月26日号に掲載されており、 2017年1月に日本テレビ系でテレビドラマ化されました。原作の基本設定を踏襲しつつもオリジナルのストーリーを取り入れて、脚本・演出を担当した福田雄一独特の世界観と言えるコメディ仕立てのドラマとして制作されました。

この中で第八話に主人公である左江内の父の左江内茂雄を演じきりました。

2019年『初めて恋をした日に読む話』

『初めて恋をした日に読む話』は、持田あきによる漫画が原作です。中学と高校時代は優等生だったのですが、東大受験に失敗したことから転落人生を歩む予備校講師の女性が、不良男子高校生の東大合格への指導をきっかけに自分の人生のリベンジを図り、奮闘していく物語です。漫画は現在も連載中です。

この中で平泉成は吉川恒彦という官房副長官の役を演じきりました。かなり貫禄のある役柄でした。

アニメ『花とアリス』

平泉成は『花とアリス』で声優も務めています。

『花とアリス』は、岩井俊二監督の日本映画で長編と短編の2つが存在します。また、岩井俊二本人によるコミカライズ作品が角川書店より出版さています。前日譚となる関連作品『花とアリス殺人事件』が2015年2月長編アニメーション映画化されたのです。2015年アヌシー国際アニメーション映画祭の長編コンペティション部門正式出品、第19回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞受賞作品です。

この中で平泉成は黒柳健次、初老の社員という役を見事に演じきりました。初老の雰囲気のある声でした。

BS朝日『世界の文学がわかる!あらすじ名作劇場』

この番組でストーリーテラーも務められています。いわば、番組の案内役というとても重要なポジションなのです。こちらはパイロット版とレギュラー版があり、レギュラー版のほうに平泉成は出演しています。とても臨場感ある案内役で、聞き入ってしまう台詞回しでした。

これは世界的な文学作品の「あらすじ」に着目した番組です。一度パイロット版『今だから、知りたい世界文学の名作〜シェークスピアから太宰治まで2時間でわかる!〜』を放送した後、翌年4月にレギュラー放送を開始しました。

番組は、作品を知らない視聴者でも15分もあればおおよその内容を理解できるよう、文学作品2編のあらすじをアニメーション、あるいは現代日本風の設定でドラマ化されています。さらに、作品に込められているメッセージや隠された事実も解き明かしていきます。また、番組の原案となった『あらすじで読む名著』の著者・小川義男による作品解説や、文学ゆかりの地を小川たちが巡る企画もあるのです。

平泉成は名脇役

平泉成は現在、いろんな方がものまねをすることでよく知られています。とくに「母さん~」は耳に残っており、平泉成といえばこの台詞、という代名詞なのではないでしょうか。また、現在も名脇役というべきポジションを確立しており、個性的なしゃべり方、声はみんなから愛されてなじみ深い俳優になっているといえます。

これからも名脇役として活躍されることでしょう。

関連記事もチェック!

関連する記事

この記事に関する記事

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ