記事ID142759のサムネイル画像

NGT山口真帆の衝撃の告白から約1か月!暴行の真相は?現在の様子は?

2019年1月にNGT48に所属する山口真帆さんが自宅マンションにて男性2人から暴行を受けたと告白しました。しかもグループ内に内通者がいるという衝撃の内容に大きな話題となりました。事件から約1か月がたち真相は明らかになったのか調査しました。

山口真帆の暴行被害の真相は?山口真帆とNGT48の現在の様子は?

2018年の12月にアイドルグループNGT48に所属する山口真帆さんが男性2人から暴行被害を受けていたことがわかりました。しかも事件が発覚したのは山口真帆さん本人による告白で、その告発ともとれるような内容に大きな反響を呼びました。

現在メディアでの報道は沈静化しつつありますが、2019年1月の本人の告白から様々な情報が飛び交い、疑問点も多く上がりました。事件から1か月たった今、真相は明らかになったのでしょうか?

今回は山口真帆さんの暴行被害を改めて振り返りながら事件の真相に迫っていきたいと思います。また現在の山口真帆さんの様子やNGT48の今後に関しても調査していきます。

山口真帆ってどんな人?

今回の事件で山口真帆という名前をはじめて聞いたという人も多いと思いますので、まずは山口真帆さんがどんな人かをプロフィールと共にご紹介します。

プロフィール

名前     山口 真帆(やまぐち まほ)
愛称     まほほん
所属事務所  AKS
生年月日   1995年9月17日
年齢     23才(2019年2月13日時点)
出身地    青森
血液型    O型
身長・体重  161㎝・??㎏
デビュー   2015年

略歴

AKB48のドキュメンタリー映画を観たことでアイドルにハマり、2014年にNMB48のオーディションに応募。最終審査で惜しくも不合格になりますが、翌年の2015年に行われたNGT48の1期生オーディションで見事合格。当時19才でメンバー内でもお姉さん的存在でした。

またNGTに加入する前に「P.IDL」という地下アイドルグループとして短期間だけ活動していた時期があります。2016年には正規メンバーに昇格し、2017年のAKBグループ総選挙では53位、翌年2018年は70位と順位は下げますが巨大グループのAKB内で一定の存在感を見せています。

2016年11月にライブ動画配信アプリshowroom(ショールーム)にて卑猥な行為をしながら配信していたとネットなどで騒ぎになりますが、実際はベッドで寝転んで配信していた動画に男性の吐息を合成したイタズラ動画によるフェイクニュースでした。本人も公演中に事実無根と怒りの声を上げています。

山口真帆の暴行被害の概要は?事件発覚の経緯は?

悪質なイタズラ動画など不愉快な出来事がありつつもアイドルとして順調に活動していた山口真帆さんですが、2人の男性に暴行被害を受けていたことがわかりました。

事件の概要

2018年12月8日に新潟市内にある自宅マンションに帰宅し、鍵を開け部屋に入ろうする山口真帆さんに対して1人の男性がドアをこじ開け顔を掴み室内に侵入しようとします。そこに更にもう1人の男が声を上げようとする山口真帆さんの口を塞ぐなどの暴行をした容疑でこの男性2人は新潟県警に逮捕されます。

山口真帆さんに大きな怪我はありませんでしたが、この男性2人は同月末に不起訴処分となり釈放されています。犯人は共に25才の男性で「話がしたかっただけ」と語っているようですが、侵入したマンションは他にも多くのメンバーが住んでいて、これだけのことをして不起訴処分というのは違和感を感じます。

また事件が発覚したのは2019年1月8日と山口真帆さんが暴行被害を受けてから1か月もの時間が経過してからでした。場合によっては大変な事態になっていてもおかしくない程の事件がメディアで報じらなかったのはなぜなのでしょうか?また事件が発覚した経緯はどのようなものだったのでしょうか?

showroom、Twitterでの告白

山口真帆さんの暴行被害が発覚したのは本人によるshowroom、Twitterでの告発によるものでした。そこでは事件当時の状況が涙ながらにリアルに告白されていて、どれ程の恐怖であったかが伝わってきます。

この時のツイートは既に削除されていますが、事件直後に山口真帆さんはNGT48の運営に相談をし、そこできちんと対応することを約束してくれた為1か月黙ったまま待っていたこと、更には何と2人目の男性が出てきたのが他のメンバーが住んでいた部屋であり、NGT48内に内通者がいるという衝撃の内容でした。

この告白を受けて各メディアも一斉にこの事件を報道、世間の注目を集めました。告白から2日後に行われたNGT48劇場公演に出演した山口真帆さんは自ら「この度はお騒がせしてしまい誠に申し訳ありません」と深々と頭を下げて謝罪。この行動にファンたちは運営側の対応に非難を殺到させます。

山口真帆の暴行被害に対してNGT48運営側の対応は?

山口真帆さんが暴行被害を受けてから、公演で謝罪をするまでコメントや会見を一切行わなかったNGT48を運営するAKSですが、一体何をしていたのでしょうか?

山口真帆の謝罪後ついにコメントを発表

事件発覚から沈黙を守ったままだったNGT48運営のAKSですが、山口真帆さんが舞台上で謝罪をした公演終了後に公式サイトにてコメントを発表しました。そこでは事件の公表を山口真帆さん本人からさせてしまったことや、山口真帆さんやファンに対しての対応が不十分であったことの謝罪が書かれていました。

更には今後の対策として防犯ベルの支給と自宅の巡回を徹底するというものでしたが、これにはメディアやファン、そしてAKB48グループのメンバーやOGなども対応が不十分として運営側を批判するコメントを出しています。

これを受けて1月14日にAKS社長の松村匠氏が謝罪会見を開き、今村支配人の移動を発表。そして第3者委員会を立ち上げ真相解明に全力を尽くすとコメントしました。しかしながらこの第3者委員会に関しても、調査に関して報告を受けたAKSが結果を公表するなど公平性に疑問が残るものとなっています。

会見の内容に矛盾点も多数

社長の謝罪会見で事態の収拾をはかったAKSですが山口真帆さんの告白と矛盾点も多く見られます。山口真帆さんはグループ内に裏でファンと繋がっているメンバーがいて、ファンの男性に自宅や帰宅時間、更には山口真帆さんを襲うようにそそのかしたメンバーがいると語っています。

これに対してAKSはあくまで内通者はいなく、悪質なファンに帰宅時間が推測できるようなことを喋ってしまっただけとしています。しかしこれでは暴行を行った男性は何らかの方法で自宅を突き止め、マンションに不法侵入したことになるので不起訴処分と矛盾してしまいます。

これに関しては後にこの男性が山口真帆さんが住む部屋の向かいの部屋を借りていたことがわかっています。アイドルが多数住むマンションにファンが住むというのは運営側に問題があると思いますが、この事実を伏せていた運営側と山口真帆さんの間に大きな溝を感じざるを得ません。

暴行事件の真相は?山口真帆とNGT48のこれからは?

事件発覚から約1か月が経過し、真相は明らかになったのでしょうか?また大きな騒動になったNGT48と山口真帆さんの現在の様子と今後はどうなるのでしょうか?

未だ不明な部分が多いまま

残念なことに現在まで正確な真相は明らかになっていません。山口真帆さんはTwitterで裏でファンと繋がっているメンバーがいる事を示唆していますがこれは信憑性があるように感じます。AKB48も発足当初はかなり遊んでいた目撃情報がありますし、運営側はこの事実を隠そうとしているのではないでしょうか?

真相が明らかにならないことで、ネット上などでは内通者探しや暴行した男性を特定しようとする動きが過激になっています。不確かな情報からNGT48メンバーのSNSが炎上したり、攻撃性を持った誹謗中傷コメントが乱立するなど事態の収束が見えません。

1つわかったのは犯行に関わったのはアイドルとの交際を狙うアイドルハンターという集団だったようです。彼らはチケットの転売やアイドルの住所の売買、更にはストーカー行為で得たアイドルのスキャンダルを週刊誌に売って活動資金にしていたようです。

山口真帆は活動休止状態

騒動直後はNGT48が出演するCMの放映見合わせや公演の休止などがありましたが、1か月が経過し一部メンバーによる公演が再開されるなど徐々に元の姿に戻りつつあるNGT48ですが、山口真帆さんは未だ表に姿を見せられていません。

更に山口真帆さんのTwitterのプロフィールからNGT48の表記が削除されるなど、ファンの間ではグループの移籍やNGT48を辞めるのではと憶測が広がっています。このような形で辞めることになれば非常に残念ですが、運営側を信頼できなければ活動は続けることは出来ません。

運営側はしっかりと真相を究明し、再発の防止を徹底しメンバーにもファンに対しても信頼を取り戻さなければなりません。また山口真帆さん自身も精神的に大きなショックを受けたでしょうしから、簡単にはいかないと思いますが以前のような元気な姿を見せてもらいたいですね。

真相の究明と冷静な対応を

真相を明らかにして何が問題だったのかをはっきりさせなければ信頼を取り戻すのは難しいですね。またファンの人たちも不確かな情報に振り回されることなく冷静な行動をしてもらいたいです。

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ