記事ID14260のサムネイル画像

【赤井英和伝説】大阪のヤンキー・赤井英和の恐ろしい伝説をの全貌とは

現在では、アリさんマークの引越社のCMなどで優しい笑顔を見せている赤井英和。しかしその過去には、伝説とも言われる壮絶なヤンキー時代がありました。今回は、赤井英和のプロフィールや結婚歴、ボクサー時代のエピソードや引退理由と共に、伝説と呼ばれる理由をまとめました。

なぜ赤井英和には、伝説エピソードが囁かれるのか?

赤井英和の伝説エピソードとは?

赤井英和を検索すると"伝説"というワードが出てきます。元プロボクサーの彼には、どうして"伝説"ワードがでてくるのでしょうか。

それは、赤井英和がまだ若く大阪で現役ヤンキーとして生活していた頃の話までさかのぼります。ヤンキー時代の数々の武勇伝が、今や【赤井英和の伝説エピソード】として語り継がれているようです。

まずは、赤井英和のプロフィールをみていきましょう。

伝説の男・赤井英和の基本プロフィール

赤井英和のプロフィール

生年月日:1959年8月17日
出身地:大阪府大阪市西成区
血液型:A型
身長:178cm
体重:82kg
学歴:近畿大学商経学部卒業
職業:元ボクサー 現在はタレント

赤井英和さんひゃ、大阪府にある西成区で漬け物屋を営むご両親の間に生まれました。

赤井英和さんの幼少期は、喧嘩負け無し?

赤井英和の高校時代は、最強だった!

中学〜高校時代は喧嘩に負けたことがなく、大阪一帯で赤井英和の名前を知らない人はいなかったほど。自分より弱い者には絶対に手は出さず、常に「ここで一番強いの誰や!勝負せい!」と、道場破りのような喧嘩を繰り返していた。

しかし自伝などによれば、両手の指に数えられるくらいしかしたことがないと主張をしている。同世代に同じく喧嘩が強いとされていた前田日明がいて、この2人のエピソードを元に『喧嘩の花道』という作品が作られました。当時は近隣で有名な不良であった亀田三兄弟が「高校に進学したら赤井を倒す」と吹聴しているのを聞きつけ「学校をサボって亀田長兄の通う中学に乗り込み、どつきに行った。史郎君はまだ小学生だった」と語っています。

高校時代にボクシングの楽しさに目覚めた赤井英和

1980年、学生プロボクサーになった赤井英和

大学進学後は、ボクサーとして世間に名を轟かせた赤井英和

浪速高校入学と同時にボクシング部で活躍し、3年生時には『ライトウェルター級』でインターハイに出場。

アジアジュニアアマチュアボクシング選手権を優勝した実績を引っさげて、近畿大学に進学しました。

その後は、東京オリンピック日本代表の浜田吉治郎の指導を受けた。

モスクワオリンピックでも日本代表は確実視されたが、補欠に。その後、東西冷戦のあおりを受けての日本代表の出場辞退により、モスクワオリンピック出場への道を完全に断たれたため、学生プロボクサーに転向しました。

プロ転向後の赤井英和は、【浪速のロッキー】と呼ばれた

1983年、WBC世界スーパーライト級タイトルマッチに挑戦した赤井英和

プロ転向後は、浪速のロッキーとしてボクシング界の頂点へ

プロ4戦目の全日本新人王決定戦で、尾崎富士雄に3RKO勝ちしジュニアウェルター級全日本新人王を獲得した赤井英和。

その後も攻撃型ボクサーとして、当時の日本記録であるデビュー以来12試合連続ノックアウト勝ちという快挙を成し遂げました。その試合スタイルから「浪速のロッキー」という愛称がつけられたほど。

1983年、WBC世界スーパーライト級タイトルマッチで、アメリカのブルース・カリーに挑戦。試合前日の記者会見で「7月7日やから7回に倒してパチンコのフィーバーにしたる」と宣言していたが、皮肉にも第7ラウンドでTKO負けし、世界タイトルを逃してしまう。まもなく敗戦のショックにより、引退をほのめかすような一筆を残して失踪してしまいます。

プロ続行を決意するも、 KO負けと病気で引退した赤井英和

世界を目指すも、病気の影響が大きく引退せざるをえなかった赤井英和

プロ続行を決意した矢先に、赤井英和を襲った病とは?

世界タイトルの敗戦によるショックで、一度は引退を決意した赤井英和。しかし、プロ続行をあらためて表明し、世界に挑む姿勢を見せた。その前哨戦となった1985年の大和田正との試合で、奇しくも再び第7ラウンドでKO負けしてしまう。

さらに、赤井英和はそのまま立ち上がることができず、意識を失い救急車で搬送された。『急性硬膜下血腫』と診断された当時、生存確率は20%程だったそう。さらに術後の生存率も50%と診断されたが、浪速のロッキーは無事に一命を取り留めたのだ。

こうして、三度目となる世界への決意を固めた赤井英和だったが、脳への影響が大きく石から引退勧告を受ける。赤井英和は、世界への夢を絶たれ引退しました。

引退後は、俳優として活躍を始めた赤井英和

俳優業だけでなく、司会やパーソナリティも務めた赤井英和

ドラマへのゲスト出演をきっかけに、俳優業を始めた赤井英和

引退後、母校・近畿大学のボクシング部コーチなど後継者育成を行っていたが、1988年に映画『またまたあぶない刑事』にゲスト出演し、俳優デビュー。1989年に上映された『どついたるねん』で主役デビュー。この映画は赤井自身のボクサーとしての半生を絡ませた自伝的作品で、現役最終戦の対戦相手となった大和田も特別友情出演として登場した。主な出演映画『どついたるねん』『幻の光』(1995年)『十五才 学校IV』(2000年)など。ドラマ『高校教師』ドラマ『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』ドラマ『セカンド・チャンス』ドラマ『略奪愛・アブない女』ドラマ『半沢直樹』

赤井英和結婚!1人目の奥さんは、ジムのトレーナー

ボクシングジムのトレーナーと結婚した赤井英和

赤井英和の最初の奥さんについては、あまり情報がありませんでした。最初の奥さんは、ボクシングジムのトレーナーをしていた人だそうですが、赤井英和がボクサーを引退した後は、俳優業が多忙になり、生活の食い違いから離婚に至ったそうです。

前妻との間には、2人のお子さんが生まれ、一人はグラビアアイドル「赤井 沙希」として芸能活動をしています。

伝説の男赤井英和の娘沙希さんとは・・

赤井英和さんの娘さん

赤井 沙希(あかい さき、本名同じ、1987年1月24日 - )は、大阪府生まれ[1]京都府出身のモデル、女優、タレント、グラビアアイドル、プロレスラー。父は俳優の赤井英和[2]。以前はノイエに所属しており、当時の芸名は沙希(苗字なし)であった。その後オスカープロモーションに移籍し、活動の拠点を関西から東京に移す。
愛称は「ちゃきたん」、「さっちん」、「お嬢[3]」、「ジャンボ」、「環七(かんなな)」、「通天閣」、「さき姉(ねえ)[4]」、「浪速のサッキー」。

出典:http://ja.wikipedia.org

伝説の男赤井英和さんの娘さんである沙希さん
とても美しい女性ですね!
プロレスもされていたなんて想像もつきません・・

元プロボクサーの赤井英和の前妻との娘であり、2,3歳の頃、両親が離婚したため幼少時以来英和と会うことはなかった(但し名字は赤井のまま)。
京都市立梅津小学校卒業。2004年の写真集発売の際に当時所属していた事務所が英和の娘だと知る。、14年ぶりに再会を果たした。なお、それまで英和は沙希が芸能活動をしていることを一切知らなかった。一人称は『うち』。
デビューのきっかけは、京都に住んでいた時に四条大宮でスカウトされたことから。その後、関西でモデルとして活動していたが、事務所に勧められて上京した

出典:http://ja.wikipedia.org

娘さんもまた伝説の道筋をたどるのでしょうか(#^.^#)
今後も期待です!
それでは早速赤井英和さんの伝説を載せていきます!!

赤い和秀の二人目の奥さん"佳子"さん

奥さんと子供3人と幸せな生活を送る赤井英和さん

俳優業をはじめてしばらくして出会ったのが、現在の妻・佳子さん。佳子さんとの間には、3人の子供がおり、現在も幸せな生活を送っているようです。

赤井英和さんには、流産で亡くされた双子の子供がいた!

2人の子供の死を乗り越えた赤井英和さん

赤井英和さんと佳子さんの間には、現在の3人のお子さん以外にも子供がいたんです。しかもそのお子さんは双子だったそうですが、2人ともお腹の中で死んでしまったそう。

赤井英和ヤンキー伝説その1

通学電車の座席でふんぞり返るヤンキーを見かけると「風紀が乱れとるなぁ」と足を蹴って回ったという

出典:http://atmatome.jp

学生が多い時間帯での行動はかなり目立ちますね!
赤井英和さんの伝説まだまだあります。

赤井英和ヤンキー伝説その2

クラスメートが「天王寺のターミナルで○○高のやつらにやられた」と駆け込んでくれば、「よっしゃ行ったる」と出張り、かつあげの現場に遭遇すれば「何しよんねん!」とワルを殴り倒す。

出典:http://www.news-postseven.com

非常に情がある方で皆から人気ものだったとか(*^_^*)
ヒーロー伝説ですね!

赤井英和ヤンキー伝説その3

電車でお年寄りがいたら席を譲ったり、座っている奴をどかしてまで、
赤井英和は年寄りを座らせてあげたという話です。
そして他につっぱっている奴を見つけたら
『タイマンはってやるから次の駅で降りろ』と指示をして
扉が空いたら電車とホームの隙間に落として大爆笑していたようです。

出典:http://ameblo.jp

おー!!
良い話なのかどうなのか微妙なラインですが・・笑
程度の問題ですね(・。・;

赤井英和ヤンキー伝説その4(亀田三兄弟でお馴染み)

亀田三兄弟潰し!
現在でも亀田三兄弟はボクサーとして有名人です。
しかし数十年前も亀田三兄弟が大阪では有名な不良兄弟だったようです。
どういうことかといいますと。
現在の亀田三兄弟の父親の亀田史郎さんも学生時代3兄弟で
大阪でも不良として有名だったようです。
そして亀田史郎さんの兄が『高校に入ったら赤井英和をボコる』という事を吹聴
していたようで、それを先に聞きつけた赤井英和が亀田史郎さんの兄が通う中学に乗り込み、
逆にボコボコにしたということです。

出典:http://ameblo.jp

どこまで情報網が広いのか・・とにかくすごい伝説ですね!
赤井英和さんがここまで恐ろしいとは・・・

赤井英和、前田日明との伝説!?

前田日明と赤井英和が遭遇前田と同世代である元プロボクサーの赤井は1970年代に共に不良たちの間で最強と噂されていて、二人が出くわすと大阪が壊れてしまうということで会わせないようにしていたとか。しかし、あるとき電車内で二人は遭遇してしまった。

出典:http://laughy.jp

あのプロレス界大物の前田日明さんと赤井英和さんは一触即発だったとか・・・
他のヤンキーにも気を遣わせる二人って・・
恐ろしい伝説です(>_<)

その場を救った一人の男が・・!?

元阪神監督の岡田彰布!二人の眼が合い、あわや喧嘩が始まるかと思われた次の瞬間。
「お前らやめておけ」。
止めに入ったのはなんと岡田彰布氏。
そのとき二人は黙ってしまったそうだ。

出典:http://laughy.jp

凄い!凄すぎる!
あの伝説の二人を差し置いて黙らせるとは・・・
この方こそ伝説かもしれない!

赤井英和ボクサー時代の伝説

赤井英和はプロボクサーとして12連続KOを記録するなど「浪速のロッキー」として人気を得ていた赤井は世界戦でKO負け。再起をかけて臨んだ調整試合として1985年2月5日に開かれた大和田正春との戦いでKOされてしまう。赤井はそのまま危篤となる。急性硬膜下血腫、脳挫傷と診断され、生存率20%と言われる深刻だったが無地生還。この試合を最後にボクサーを引退する。

出典:http://sanjayafans.com

伝説過ぎるお話ですね(^o^)
ボクサー引退してからも芸能界で活躍できるようになり本当良かったです!

トミーズ雅さんによる赤井英和伝説

伝説の男赤井英和さんと交友関係にあるトミーズ雅さん

元プロボクサーの赤井英和さんに
負けず劣らず有名なトミーズ雅さん!
トミーズ雅さんも日本チャンピオンに輝いています!
赤井英和さんとトミーズ雅さんとは同級生で
お互い大阪の住吉高校を受験しています。
受験会場で赤井英和さんは
ただ一人不良丸出しの学ラン姿で受験会場にきており、
しかも机の上に足を投げ出して弁当を食べていたので
相当目立っていたそうです!

出典:http://yasuhiro1118.com

昔から繋がりのあるお二人なんですね!
トミーズ雅さんは当時ひたすら赤井英和さんの受験不合格を願っていたとか…笑

伝説を今でも生み出す男赤井英和

このまとめについて赤井さんの様々な伝説を調べましたがどれも本当凄い伝説ですね!
また今の住んでいる家も東京に豪邸があり、100人の人数でパーティーをしているとか・・
これからも数々の伝説を生みだして欲しいです!!
以上!大阪トップのヤンキー!!赤井英和の数々の恐ろしい伝説の全貌公開!
でした!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ