記事ID141855のサムネイル画像

BABYMETALを脱退した水野由結の現在は?引退の可能性もある?

小中学生のアイドルグループさくら学院出身で、BABYMETALのダンス&スクリームを担当し、2018年10月にグループ脱退を発表した水野由結。そんな水野由結の現在はどうなっているのでしょうか。水野由結のこれまでの活動とともにご紹介します。

元BABYMETALの水野由結の現在は?

BABYMETALのダンス&スクリーム担当で、2018年10月にグループ脱退を発表した水野由結。そんな水野由結の現在はどうなっているのでしょうか。水野由結のこれまでの活動とともにご紹介します。

水野由結の経歴は?

水野由結は1999年6月20日生まれ、神奈川県出身のアイドルです。

読者モデルを経て、芸能界に入りました。

さくら学院に加入

さくら学院は、2010年4月にアミューズ所属の女子小中学生で結成されたアイドルグループです。中元すず香もその一員でした。さくら学院は同年12月にファーストシングル「夢に向かって」でCDデビューしました。

水野由結は、菊地最愛とともに同年8月にさくら学院小等部に加入しました。さくら学院には部活をモチーフとした派生ユニットがありました。水野由結はバトン部「Twinklestars」とともに重音部に参加しました。

BABYMETALとしてデビューへ

重音部は中元すず香、水野由結、菊地最愛からなり、2011年2月にユニット名を「BABYMETAL」と発表しました。同年7月には「イジメ、ダメ、ゼッタイ」を披露し、注目を集めました。

楽曲はキャリアからは想像できないほどの完成度の高さを誇っています。誰もが驚いたことでしょう。歌詞にはすでにキツネも出てきます。

さくら学院のメンバーは中学卒業をもってグループも卒業する決まりでした。水野由結も2015年3月中学卒業のため、グループを卒業しました。しかしBABYMETALの活動は継続しました。

水野由結の出演ドラマは?

水野由結は子役としてドラマに出演した経験もあります。2009年には佐藤健主演、手塚治虫生誕80周年記念映画『MW-ムウ-』のスペシャルドラマ『MW-ムウ- 第0章 〜悪魔のゲーム〜』に孤児役として出演しました。

探そう!ニッポン人の忘れもの

『探そう!ニッポン人の忘れもの』は、2009年11月にフジテレビ開局50周年を記念して3日にかけて放送されました。2日目は「ハッピーバースデー」というタイトルのスペシャルドラマでした。主演は大橋のぞみで、母親から虐待を受ける主人公を演じました。水野由結は主人公の母親の幼少期を演じています。

記憶の海

『記憶の海』は、2010年3月に放送されたテレビドラマです。TBSおよび講談社主催の「ドラマ原作大賞」の大賞受賞作品です。全4話の作品で、水野由結は、岩佐真悠子演じる山内京子の幼少期を演じました。

BABYMETALとは?

BABYMETALはアイドルとメタルの融合をテーマに結成された、ユニットです。2013年1月、ファーストシングル「イジメ、ダメ、ゼッタイ」でメジャーデビューしました。

ボーカル担当の中元すず香(SU-METAL)、ダンス&スクリーム担当の菊地最愛(MOREMETAL)および水野由結(YUIMETAL)の三人からなりました。

プロデューサーは、KOBAMETAL(小林啓)です。アイドルグループ「可憐Girl's」の解散コンサートで中元すず香のパフォーマンスを見て、彼女を中心とするユニットの立ち上げを思いつきました。

バックバンドの「神バンド」も注目

BABYMETALに欠かせないのが、バックバンドの「神バンド」です。神バンドはキツネ神によって召喚されたとされ、白衣装にコープスペイントをしています。神バンドは、恐ろしく技術が高いともっぱらの評判で、一目置かれています。神バンドの存在は、BABYMETALが成功した一因であるでしょう。

世界的なアーティストに

BABYMETALは早くから海外に進出していきました。2012年11月にはシンガポールで初めての国外公演を行いました。2014年にはiTunes Storeファーストアルバム『BABYMETAL』がアメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、台湾、インドネシアなど海外チャートで首位となり、話題となりました。

同年にはフランス、ドイツ、イギリス、アメリカ、カナダ、日本を巡るワールドツアーが始まりました。BABYMETALはまさに瞬く間に世界的なアーティストとなったのです。2015年のワールドツアーでは前年の国にメキシコ、イタリア、スイス、オーストリアが加わりました。

BABYMETALはMETALLICAやSLAYER、YOSHIKIなど大物アーティストに認められる形でますます地位を確固たるものとしていきました。

BABYMETALの代表曲は?

「メギツネ」は、2013年6月19日リリースのBABYMETALメジャー・セカンドシングルです。メタルサウンドに和楽器がミックされた、BABYMETAL流祭りメタルと評されています。オリコンデイリーランキングで2位となりました。

2016年4月から9月にかけて放送された『ハッキリ5〜そんなに好かれていない5人が世界を救う〜』(朝日放送)のオープニングテーマに採用されました。

キツネ神の憑依をテーマとするBABYMETALのコンセプトを体現したような一曲で、祭りのような掛け声、合いの手が印象的です。

ギミチョコ!!

BABYMETALは、「メギツネ」以降、シングルはCDではなく、配信でリリースされるようになりました。「ギミチョコ!!」は2015年5月31日、イギリスのインディーズレーベルを通じて配信されています。ビルボードの「World Digital Songs」ランキングで5位に入りました。

チョコレートの食べ過ぎを心配したり、自分へのご褒美にチョコレートを食べたい女の子の心情が歌われています。メタルサウンドにかわいいルックスで繰り広げられるダンス、のびやかなボーカルと、BABYMETALの魅力がギュッとつまった一曲です。

KARATE

「KARATE」は、2016年2月26日に配信されたシングルです。プロレス団体WWEのファーム団体であるNXTの大会のテーマソングとして使用されました。

空手のようなダンスの振り付けと、ハードなメタルサウンドが見事に融合された一曲です。サビは切なささえ感じる不思議な楽曲です。

水野由結、BABYMETAL脱退の理由は?

2017年12月、SU-METALの20歳を記念して彼女の故郷である広島で、公演「LEGEND - S - 洗礼の儀 -」が開催されました。しかし、そこにはYUI-METALの姿はありませんでした。体調不良のため、欠席したためです。

ツアー欠席が続いた水野由結

2018年、BABYMETALの活動は新たな章に入りました。同年5月にはアメリカで「BABYMETAL WORLD TOUR 2018」が開催され、6月にはヨーロッパツアーが開始されました。いずれのツアーにもYUI-METALは欠席しました。

「夢に向かって進みたい」と述べた水野由結

ライブへの欠席が続いていたYUI-METALに対して、世間ではこのまま脱退してしまうのではないかと囁かれるようになりました。そして実際に2018年10月、アミューズ公式サイトでYUI-METALの脱退が発表され、噂が現実のものとなったのです。

水野由結は自身のサイトで、体調が万全でないことと自分の夢に向かって進みたいことを脱退理由に挙げています。そこからはBABYMETALの活動路線が、彼女の目指すものと次第に乖離していったことが窺えます。これまでのところ、水野由結は目立った動きはみせていません。

水野由結の今後は?

以上、元BABYMETALの水野由結についてご紹介してきました。BABYMETALは瞬く間に世界的アーティストになっていきました。BABYMETALはアイドルという枠組みからはすでに脱していったと言っていいでしょう。

10代の女の子にとっては、どんどん存在が大きくなっていくユニットに、気持ちがついていかなかったのかもしれません。ともかく、まだ若い水野由結にはたくさんの可能性があります。今後どのような活動をみせてくれるのか、楽しみです。

関連記事もチェック!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ