記事ID141101のサムネイル画像

    ヒカル復帰!活動休止のきっかけとは?戻ってきた理由や世間の反応!

    ヒカルがVALU騒動「によって活動休止をしました。そもそもVALUとは何なのか、その騒動はどんなものだったのか、気になりますよね。そしてヒカルが復帰した理由、復帰後の周囲の反応や本人の気持ちなどを、徹底調査していきます。

    ヒカルとは?

    ヒカルは無駄遣い系のユーチューバーで大人気です。そんなヒカルが2017年の9月にVALU騒動についてラファエル、いっくんと共に謝罪動画をあげまし活動を休止していました。

    そんなヒカルが2ヶ月半後に復帰をしました。復帰した理由から復帰後の様子まで、気になることでたくさんですよね。今回はそんな気になる情報を徹底解明していきます!

    ヒカルってどんな人?

    生年月日:1991年5月29日
    現年齢:27歳
    出身:兵庫県姫路市
    趣味:漫画と海外ドラマ
    好きな食べ物:寿司

    チャンネル概要

    チャンネル名:ヒカル(Hikaru)
    チャンネル開設日:2016年3月18日
    視聴回数:1,687,463,062回
    チャンネル登録者数:2,860,507人

    ※2018年12月26日現在の数字です。
    ものすごい人気ですね。

    ユーチューバーになる前はアフィリエイトで成功

    最初の2ヶ月は2521円しか稼げなかったものの、諦めず続けたら月収15万、100万、5ヶ月目には200万と実績を積み上げました。そして8ヶ月目には月収1200万円も達成したそうです。

    この当時ヒカルは21歳でした。その後月収2000万円、歯科医を100万円でコンサルするなどユーチューバーになる前から大金を稼いでいたんですね。尊敬します。

    YouTube上での金持ちキャラは、ネタでもなんでもなく本物のお金持ちなんですね。努力家なところが、ユーチューバーとしても成功した秘訣なんでしょうか。

    ヒカルはなぜ活動休止したの?

    ヒカルが活動休止をした理由って知っていますか?なんとなくは知っていても、詳しくは知らないなんて人もいるのではないでしょうか。

    今回はヒカルが活動休止をした理由を、詳しくチェックしていきましょう。

    きっかけのVALUとは?

    VALUというのは、個人が株式上場ができるネットサービスです。自らのVALUを発行し優待を付けたり、買ったVALUをまた自分の言い値で売ることもできます。

    1VAを1万円で売り出すとすれば、その1万円が売り出した本人に入ります。本来の株と違うところは、議決権がないところと、お金ではなくビットコインを使うところです。

    未来があると思った人に支援をしてあげれば、いずれ自分に何かいいことがある、もしくは買った時よりも高く売れると思った場合にVALUを買ったりします。

    ヒカルがラファエルらと共にVALUを開始

    2017年の8月9日にラファエル、いっくんらと共にVALUを開始したそうです。人気ユーチューバーですから、連日上限の値段での買い注文が続きました。

    そして8月14日に、TwitterやVALUの掲示板で《明日から一気に動く》《VALU保有者限定のイベントをやる予定》などと告知をしました。ヒカルは約束していないと否定しています。

    このときに関係者である井川が、ファンの注文によって高騰したVAを上限の値段で売り出しました。ファンはイベントに参加したかったんですね。

    告知なくVAを売りに出す

    VAが高騰した次の日の8月15日に、告知もなくヒカル、ラファエル、いっくんがVAを売りに出しました。この行為によって一気にVAは暴落したんだそうです。

    買ってしまったファンは、売ったとしても赤字です。かと言って約束はしていないとヒカルが発言しているので、VALU保有者限定のイベントも期待できそうにないですよね。

    この行為に起こったファンが、詐欺なのではないかと騒いだため炎上騒ぎになりました。

    VALU騒動について謝罪動画をあげ、活動休止

    この一連の騒動について、9月4日にやっと謝罪動画があがりました。全員髪を黒く染めスーツ姿で出てきて、ヒカルが手紙を読む形で行われました。

    動画の企画として軽い気持ちでやったこと、これがしてはいけない行為だとは知らなかったことなどを話しています。考えが少し足りなすぎたのかもしれませんね。

    この謝罪動画をあとに、ヒカル、ラファエル、いっくんが入っている禁断ボーイズは活動休止をしています。当初、期限は無制限と発表しています

    ヒカルが復帰した理由は?

    無制限と発表したのに、ヒカルはわずか2ヶ月半で復帰しました。テレビに出ている芸能人だったらありえないスピードですよね。復帰した理由をチェックしていきましょう。

    事務所側の回答

    ヒカルが所属する事務所は復帰の理由として、本人の意思、マネジメントの準備も整ったと話しています。復帰後は発信力を社会のために貢献していくとのことです。

    「面白ければいい」といった軽い考えがこの騒動を起こしてしまったということも言っています。面白ければいいのかもしれませんが、結局炎上するということは面白くなかったですよね。

    この見極めってとても難しいところです。ヒカルには今後も活躍してほしいので、本当にみんなが面白い企画を練っていってほしいですね。

    ヒカルは反応してもらうことに飢えていた

    ヒカルは復帰時にTwitterで「今まで反応してもらうことに飢えていたから、今はとにかく楽しい」と発言しています。その楽しさから毎日動画を出したいとも語っています。

    謝ることが嫌いだとヒカル本人も話していますが、このツイートには賛否両論だと思います。しかし、「楽しんでもらう動画を出すことが誠意」という言葉はファンにとっては嬉しいですよね。

    炎上はするものの、この前向きなキャラが人気の理由の一つです。普通の人は心が折れるので、さすが大物は人とは違いますよね。

    ヒカルの復帰はどんな感じだった?

    大炎上後に復帰をするってとても勇気がいりますよね。どんな顔をして出ればいいのか、そして普通の人ならそのままユーチューバーを卒業してしまいそうなものです。

    しかし、ヒカルは2か月半で復帰を果たしてくれました。どのような様子で復帰をしたのか見ていきましょう。

    ヒカルが失踪後の復帰動画

    ヒカルが失踪しているという話から始まり、そこからヒカルを探しにラファエルとまえすが沖縄、北海道、ハワイへと向かいます。

    ヒカル・ラファエルのハワイでの目撃情報が相次いでいましたが、この動画の撮影だったんですね。ヒカルが出てきたのは最後の一瞬でしたが、これで復帰を果たしました。

    ハワイでの撮影で順調に復帰

    復帰動画を撮るためにきたハワイでも、ヒカルは動画を撮影していたようです。ヒカルらしい企画を早速とっています。いつも通りで喜んだ人、不信感を抱いた人、様々だと思います。

    気まずいはずの復帰を面白く動画にし、また本調子に戻れるヒカルは本当にすごいですよね。色々な意見はあるとは思いますが、この精神力は見習いたいです。

    そして、動画もやっぱり面白いので見てしまいます。この動画の再生回数も200万回を超えていますし、やはり実力があるということですね。

    ヒカル復帰の世間の反応は?

    ヒカルの復帰は持ち前の性格で、明るいものとなりました。しかし、周りの反応はどうだったんでしょう。どのように迎えいれられたのかチェックしていきましょう。

    すこすこ祭り

    やはり世間の目は厳しい様ようで、「すこすこ祭り」が怒りました。低評価を押しまくるとうことです。復帰後第1弾の動画では、現在低評価7.2万になっています。

    低評価を付けるための、自動ツールなども開発されてしまう騒ぎです。そこまでやるのかとも思いますが、騙されたと思っている人の気持ちを考えれば何も言えませんね。

    チャンネル登録解除祭り

    チャンネル登録の解除をみんなでやろうという企画です。これは、活動休止前に始まったものですが、復帰後もやはりチャンネル登録の解除は続いていました。

    やはり世間の目は厳しいですね。しかし今では大分持ち直してきています。さすがヒカルですね。

    良く思っていない人が多い

    コレコレのあげた動画で、街中の人にヒカルの復帰について聞いて回っています。突っ込みどころ満載ですが、今回は控えておきましょう。

    やはり「復帰が早かったんじゃないか」という意見が多いですね。そしてヒカルに対してよく思わない人も多いです。これは避けて通れない道かもしれません。

    ヒカルの今後にも期待!

    ヒカルのVALU事件の内容、VALUとは何か、その後の復帰について、短期間ではありましたがものすごく濃い数か月になっていますね。こんな大きな騒動が起こったのに、今では持ち直して活躍しているヒカルは本当にすごいです。これからも面白い動画をあげてくれること、世間を賑わせてくれることに期待していきましょう。

    関連記事はこちら!

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ