世界的歌姫・アヴリルラビーンの現在は?死亡説や影武者説の真相は?

世界的に人気の歌手アヴリルラビーンさん。その彼女にまさかの死亡説が流れています。また、巷では影武者説まで流れています。そんな彼女の死亡説の真相や現在はどのようなものでしょうか!今回、そんなアヴリルラビーンさんのきになる噂や現在を徹底調査します!

アヴリルラビーンのプロフィール

アヴリルラビーンさんは1984年9月27日生まれで、カナダのオンタリオ州出身のシンガーソングライターです。

デビューは16歳

アヴリルラビーンさんは青春時代の大半をオンタリオ州ナパニーで過ごします。小さい頃から活発でサッカーや野球などをして過ごします。そんな中、12歳のときに、ギターに出会います。なんとギターを独学で始めたそうです!また、2歳の頃から母親と歌い始めたそうです。これが彼女の音楽のルーツだそうです!

その後メキメキと実力をつけ、14歳のときにカナダ人歌手のシャナイア・トゥエインのコンサートツアーに参加することになりました。このコンサートツアーでの彼女のパフォーマンスがフォークシンガーのスティーブメットに認められ、彼のコンサートに招待されました。

16歳の時、オンタリオ州キングストンの書店で歌っていたところ、音楽マネージャーのクリフ・ファブリ才能を見出されます。そしてアリスタ・レコードと契約を結びます。

過去には離婚も

アヴリルラビーンさんは2006年にカナダ出身のミュージシャン・デリック・ウィブリーさんと結婚しています。順風満帆そうに見える二人でしたが、およそ3年後、2009年に破局しています。

その後、2013年にはカナダのロックバンド『ニッケルバック』のチャドクルーガーさんと再婚しています。しかしこれも長くは続かず、2015年に離婚しました。

アヴリルラビーンの代表曲

アヴリルラビーンさんはこれまで数々の曲をリリースしています。そして、多くはヒットチャートにランクインするなど、功績を残しています。今回、特にアヴリルラビーンさんの代表曲と言われている曲を紹介します。

ファーストシングル: 『complicated』

アヴリルラビーンさんの代表曲の1つと言われているのがこの『complicated』です。この曲はアブリルラビーンさんのファーストシングルです。週間シングルリャートではカナダ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、イタリア、ノルウェーで一位を獲得しました。また、ファーストアルバム『Let go』にも収録されています。

言わずと知れた名曲:『Girlfriend』

『Girlfriend』はアヴリルラビーンさんの曲の中でも最も有名な曲ではないでしょうか。この曲はビルボード初登場で5位を獲得しています。そして8週目には1位を獲得しています。また2007年にはデジタルシング売り上げ第1位を獲得しています。多くの人がこの曲を口ずさんだ経験があるのではないでしょうか!

物議を醸した「迷曲」:『Hello Kitty』

『 Hello Kitty』はアヴリルラビーンさんの5枚目のアルバム『アブリルラービン』に収録されています。この曲はアヴリルラビーンさんが人気キャラクター・キティちゃんに影響を受け、作ったそうです。この曲のPVは渋谷・原宿などで撮影されています。

このPVにおける日本文化の描き方は差別的で不適切だとする声も挙がっています。また、ビルボード誌はこの曲に対し、辛辣なコメントで酷評しています。しかし、Billboard Hot 100では75位にランクインするなど、人気のある曲です。

アヴリルラビーン死亡説・影武者説の真相は?

数々のヒット曲で世界中から注目を集めるアヴリルラビーンさんですが、そんな彼女に死亡説と影武者説が流れているそうです。驚きですね!噂とは「アヴリルラビーンさんは2003年に祖父を亡くし、悲しみから自殺した。そしてレコード会社はメリッサ・ヴァンデラというよく似た女性を代役に立てた。」というものです。

そんなアヴリルラビーンさんですが、過去と現在を比較しながら現在流れている死亡説と影武者説を徹底的に検証していきましょう!

アヴリルラビーンの過去と現在を比較!

死亡説として挙がっている2003年の前後について比較してみたいと思います。2002年、2003年に比べて、2004年以降の写真は確かにふっくらしているように見えますね。また、かなり顕著に現れている違いはなんといっても目元ではないでしょうか。2003年をさかいに目が少し大きくなっている気がしますね。

筆跡や口調にも変化が!

見た目の変化だけでなく、口調や筆跡も以前とは違うそうです。アヴリルラビーンさんが昔書いたと思われる文章と、最近ツイッターにあげた直筆の文章を比べると少し違うということが話題になりました。また、インタビューなどでの受け答えの際、以前とは口調やトーンに少し変化があるそうです。

ライム病を患っていた

また、アヴリルラビーンさんの死亡説が流れた原因として考えられるのが、彼女が患っていたと言われているライム病ではないでしょうか。ライム病とは人獣共通感染症の1つで、マダニから観戦する病気です。この病気はインフルエンザと似た症状なので、よく間違えられることも多いそうです。進行すると、様々な炎症を引き起こすそうです。

アヴリルラビーンさんはこの病気に相当苦しんだそうです。そのため、2013年以降表舞台から姿を消していたそうです。したがって、この間に死亡説が流れたそうです。

結論:死亡説や影武者説はデマだった!!

アヴリルラビーンさんについて、これまで噂の発端となった事柄について述べてきました。ビジュアルの変化については、少しふっくらしたのは、食生活の変化や環境の変化のような外的要因として十分考えられます。また、その他の見た目の変化について、メイクが変わっただけなのではないでしょうか!

筆跡・口調についても年を取るにつれて変化することは十分に考えられます。メディアへの露出が減ったのは先にも述べたように、ライム病の闘病中だったことが考えられます。ちなみに現在はこの病状はよくなってきているとのこと。

このように、以上で述べたビジュアルや筆跡・口調の変化はアヴリルラビーンさんが死亡した、というにはあまりにも薄すぎる根拠です。したがって、アヴリルラビーンさんの死亡説・影武者説はデマであることが考えられます。また、人気者にとって死亡説が流れるということは一種の宿命のようなものなのではないでしょうか!

本人はこの死亡説についてどう思っているのか?

これまでアヴリルラビーンさんについて多くの死亡説・影武者説が囁かれてきました。ではアブリルラビーンさん地震はこの死亡説・影武者説をどのように思っているのでしょうか!

死亡説をはっきり否定!

先月31日にオーストラリアのラジオ番組に出演した際、「あなたがすでに死亡しているとかクローンがいるという噂についてどう思いますか?」という質問に対し、アヴリルラビーンさんは以下のようなコメントをしています。

”私が本物の私だと思わない人がいるの。それって本当に変なことだわ!どうしてそんなことを思うのかしら、って感じだわ”

アブリルラビーンの現在は?

死亡説が流れたり、苦しい闘病生活を送ったりと壮絶な人生のアヴリルラビーンさんですが、現在はどのような生活を送っているのでしょうか。

5年ぶりとなるシングルをリリース

アヴリルラビーンさんは今年9月に約5年ぶりのシングル『Head Above Water』をリリースしました。彼女の新曲を待ちわびていたファンも多いのではないでしょうか!この曲は壮絶なライム病の闘病生活について歌っているそうです。自らの逆境を歌で表現するという超一流ミュージシャンらしい発想ですね!

新恋人も

アヴリルラビーンさんはこれまで様々な熱愛の噂が囁かれていますが、現在テキサス州の実業家・フェイズ・サロフィムさんの息子・フィリップさんと交際している模様。フィリップさんは有名実業家の息子というだけでなく、大手企業のファンドマネージャー、NFLチームのオーナーの顔もあり、かなりの大物だそうです!かなりのビッグカップルですね!

アヴリルラビーンの今後

アヴリルラビーンさんはこれまで第一線で音楽シーンを引っ張ってきたました。そして今後もアヴリルラビーンさんは素敵な歌声で世界中のファンを魅了していくことは間違いないですね!これからの活躍に一層期待です!

関連記事はこちら

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ