記事ID8792のサムネイル画像

オマケじゃない!神田沙也加 、脱松田聖子でどこまで羽ばたけるか

”アナ雪”でブレークの神田沙也加だが、ブレークで母松田聖子とライバルの関係に。更には確執の噂も浮上!実際にはどうなのか?
スーパースター母娘を追ってみた。

松田聖子の娘、神田沙也加のプロフィール

神田 沙也加(かんだ さやか
出生名 神田沙也加
別名 SAYAKA
出生 1986年10月1日(28歳)
出身地 日本 東京都世田谷区
学歴 東海大学付属望星高等学校卒業
ジャンル J-POP
職業 歌手・女優・タレント・声優
活動期間 1999年 -

出典:http://ja.wikipedia.org

俳優の神田正輝と歌手の松田聖子の長女
父方の祖母は女優の旭輝子。
小学4年の1月に両親が離婚。
2002年5月、ソニー・ミュージックエンタテインメントから、ドラマ主題歌「ever since」で歌手デビュー
2006年4月、「上原純」のペンネームで母・松田聖子のシングル曲「bless you」と「WE ARE.」(PawPaw名義)で作詞、作曲
2011年12月31日には母・松田聖子との共演で第62回NHK紅白歌合戦に初出場
2014年、『アナと雪の女王』で日本語版吹き替えを担当

出典:http://ja.wikipedia.org

今や押しも押されぬ人気者!

神田沙也加の母親、松田聖子のプロフィール

1980年代を代表するアイドル

松田 聖子(まつだ せいこ、1962年3月10日
出身地 福岡県久留米市
学歴 堀越高等学校卒業
ジャンル アイドル歌謡曲
ポップ・ミュージック
職業 シンガーソングライター
女優

出典:http://ja.wikipedia.org

1980年に、「裸足の季節」でレコードデビュー(同時期「サンデーズ」としても活躍)。
1980年の「風は秋色」から1988年の「旅立ちはフリージア」まで24曲連続でオリコンシングルチャート(週間)1位を獲得。

出典:http://ja.wikipedia.org

当時の人気の高さを端的に示す言葉としては「聖子ちゃんカット」と「ぶりっ子」が挙げられる。聖子ちゃんカットとはその名の通り、彼女の髪型を真似た髪型であり、当時の若い女性の間で大流行した。ちなみに「ぶりっ子」とは、当時の人気漫才コンビの春やすこ・けいこや山田邦子が、聖子が意識的に自分をかわいく見せようとしていることをからかった言葉であり、当時の流行語にまでなった。

出典:http://ja.wikipedia.org

1985年に俳優の神田正輝と結婚し、一時休業するが間もなく復帰。現在でも主に歌手としての活動を続けている。神田正輝との間に生まれた長女はSAYAKA名義で歌手デビューしており、現在は本名の神田沙也加名義でミュージカルや舞台女優として活動。

出典:http://ja.wikipedia.org

以外と松田聖子と神田沙也加が母娘だと知らない人もいる。

神田沙也加の母として、一人の”女”としての松田聖子の生き方

デビューから四半世紀を過ぎ、結婚、出産、二度に亘る離婚、数度の不倫スキャンダルを経てもなお、「アイドル」と呼ばれる稀有な存在である。

出典:http://ja.wikipedia.org

2007年4月9日、「松田聖子的生き方」とそれに共感する同世代の女性たちに焦点を当てたドキュメンタリー番組、NHKスペシャル『松田聖子 女性の時代の物語』が放送され、放送後も『朝日新聞』の天声人語(4月15日付)にも取り上げられるなど話題を呼んだ。同番組によれば、現在ファンの中心となっているのは「雇用機会均等法」世代の30代〜40代の女性

出典:http://ja.wikipedia.org

女性ファンが多いのは「松田聖子」の生き方に共感している人が多いからでしょう。

1985年1月、当時交際していた歌手、郷ひろみと破局したことを会見で発表した。その1カ月後に神田正輝と結婚を発表、世間をあっと驚かせた。

出典:http://matome.naver.jp

神田正輝との結婚

郷ひろみとの破局後、わずか一か月で結婚を発表!

二人の結婚は、世紀の結婚をもじって「聖輝の結婚」と呼ばれた。結婚式・披露宴の独占放送権を獲得したテレビ朝日は、約10時間に亘りこの模様を放送。ゴールデンタイムの平均視聴率は34.9%(ビデオリサーチ・関東地区)を記録した。

出典:http://ja.wikipedia.org

二人の結婚は「離婚ありき」の結婚だったようにも思えます。

◆離婚から再婚◆

▼1997年(平9)1月10日 神田正輝との電撃離婚を発表。

▼同15日 米ロサンゼルスの音楽関係者やマスコミに対し、離婚を伝える英文のメッセージを送った。

▼同下旬 離婚届を保管していた聖子側が区役所に提出。

▼4月5日 離婚後初の聖子の全国ツアーのチケットが発売され完売。

▼10月19日 長女(11)が通う小学校の運動会に出席、ママぶりをアピール。

▼11月11日 聖子の写真集「SEIKO MATSUDA IN PARIS」が通信販売された。

▼12月7日 聖子の父親で所属事務所社長だった蒲池孜さん(享年72)が死去。

▼12月16日 聖子の暴露本を出版した元バックダンサーのアラン・リード(29)が、聖子にセクハラされたとして、5000万円の損害賠償を求め提訴する意向を明らかに。

▼98年3月9日 聖子がアランに訴えられたセクハラ訴訟が東京地裁でスタート。

▼4月8日 かつて聖子と恋愛関係にあった歌手の郷ひろみ(42)二谷友里恵さん(33)が離婚を発表。

▼同15日 聖子がTOKYO FMのラジオ番組に生出演して、郷との結婚説について「絶対にありません」と発言する。

出典:http://www.nikkansports.com

流行語になった「ビビビ婚」

長女(11)が通院していた世田谷区内の歯科医院に勤務する30歳の医師。今年4月に聖子の治療に立ち会ったのをきっかけに知り合った。交際わずか2カ月足らず、会った瞬間「ビビビッときた」という一目ぼれだった。

出典:http://www.nikkansports.com

ちょと、ドロドロ感もありますね。

ちなみに郷ひろみは58歳で双子のパパに!

 歌手郷ひろみ(58)が4日、双子のパパになることを発表した。2012年3月に元タレント徳武利奈の梨奈さん(34)と再々婚。2人にとって待望の赤ちゃんが、今年7月下旬に誕生する予定といい、郷は所属事務所を通じて「このたび、妻と僕の間に二つの生命を授かりました。喜びの気持ちでいっぱいです」とコメントした。

出典:http://www.nikkansports.com

2014年1月の記事

偉大なアイドル松田聖子が母親がために、苦しんだ娘神田沙也加

15歳で歌手デビューをしたが、18歳で芸能活動を休止し、アルバイトを始めた神田。その後彼女は、憧れであった大地真央との共演のオファーがきっかけで活動を再開させた。そして、ミュージカル女優1本でやっていくことを心に決め20歳からレッスンを受け、オーディションを受ける日々だったという。

出典:http://mdpr.jp

飲食店の仲居の仕事なんかもしたらしい。

声で演技をする声優の仕事に興味を持ち勉強をしたいという気持ちが芽生えた。仕事をしながら学校に通い、あまり知られてはいないが25歳の頃テレビアニメ「貧乏神が!」の艶光路撫子役で声優デビューしていた過去を語った。

出典:http://mdpr.jp

それらの経験があったからこそ、「アナと雪の女王」のオーディションに応募し、勝ち取った「アナ」役。これは、今までの努力の結晶の賜物であろう。この役を演じ「映画を見て神田沙也加を知った人、エンドロールを見るまで神田沙也加だと気づかなかった」という観客の反応が嬉しかったという。

出典:http://mdpr.jp

歌うことは「もうやりたくなかった」とも・・・・・

「歌うことはとっても怖いことだからもうやりたくなかった」という驚きの過去の想いを口にした。それでも、「ミュージカルやユニットというかたちで、なにかの鎧を得ることで人前に平常心で立てて、強気で聞いてくれと思うことができた」という。葛藤を乗り越え、歌うことを続けた神田は「アナと雪の女王」の日本語吹き替えで大きな反響を得た。

出典:http://mdpr.jp

もう”親の七光り”ではない実力の持ち主

2014アカデミー賞で2冠!!

これまでに数多くの舞台を踏んでいる神田沙也加。のびやかかつ安定した高音ボイスが魅力で、「グリース」のサンディ、「レ・ミゼラブル」のコゼット、「ピーターパン」のウェンディなどを好演。劇団名だけで客席を満員にできる劇団☆新感線の「薔薇とサムライ」への客演で魅せたコケティッシュな魅力も本作のアナに通じるところがあります。

出典:http://girlschannel.net

 そう、神田沙也加の強みは、歌だけでなくお芝居もできること。つまり彼女は「七光り」などではなく、両親の「歌」と「芝居」の才能をどちらも受け継いだ稀な才能の持ち主なのです。

出典:http://girlschannel.net

♪アナを演じてみて
字幕版が全編日本語になった時に、どういう風に訳されるのか、もちろん歌詞も含めて、日本版キャストとしては楽しみでした。私が『アナと雪の女王』で魅力的だと思っているのは、台詞や歌詞の中で、心にドキッと響いてくるようなメッセージが隠れているところ。大人の人にキャッチして頂けるようなメッセージが、たくさん込められています。私ももちろん、年齢的にも大人なので、アナ=ただ可愛らしい少女というだけではなく、ちゃんと意志を持って自分の信じた道を突き進んでいく、彼女の中の“大人の女性像”を探しながら演じました。

出典:http://tenjinsite.jp

松田聖子と神田沙也加の関係は?

神田沙也加のデビュー当時

デビュー曲『ever since』は20万枚売れたが、プロモーションに10億円かかったといわれるわりにはあまり大成しなかった

出典:http://news.livedoor.com

松田聖子の”親の七光り”の恩恵に甘んじた神田沙也加

母である松田聖子は「天才型」だと言い、「いつでも正確に歌えて、発声せずに出ていってあれだけ歌えるのを見て、人間ってああいうふうにだれでも歌えると思ってた」とコメント。だが、14、15歳のころに「私はちゃんと訓練して努力しないとああいう風にはなれない」と感じ、「絶望した」という。続けて、「自分の声にコンプレックスもあるし、自分の歌にも自信がないので、人の何倍もやってそれでも人以下と思っているくらい。日々挫折です」と語った。

出典:http://news.mynavi.jp

母松田聖子は娘神田沙也加に仕切り直させようとするが

高校を卒業するとひとり暮らしを始め、12歳年上の離婚歴のあるギタリストと交際した。心配した聖子と大ゲンカし、近隣住民から警察を呼ばれた、との報道もあった。沙也加が出した結論は休養だった。’05年から1年半休んで、ニューヨークやロンドンで舞台を観て学んだ。

出典:http://news.livedoor.com

勝手な休養に聖子は激怒した。

「給料を凍結して月20万円の生活費を渡さず、沙也加は毎日カップ焼きそばで過ごした時期もあった。それでも、宮本亜門と出会った感激が、舞台の勉強を選ばせた」

出典:http://news.livedoor.com

(その後)主役を演じることは少なくなり、メディアに出る機会は減ったが、沙也加は実力を蓄えていた。

出典:http://news.livedoor.com

それらの経験があったからこそ、「アナと雪の女王」のオーディションに応募し、勝ち取った「アナ」役。これは、今までの努力の結晶の賜物であろう。

出典:http://mdpr.jp

『アナと雪の女王 MovieNEX』生まれてはじめて/アナ(神田沙也加)&エルサ(松たか子)

リー監督が涙する一幕も・・・

記者会見のために来日にしたアナ雪の監督が“神田さんの演技力を思い出して泣いた”なんていうハプニングも

出典:http://nekotopi.com

アナ雪でブレークの神田沙也加、一方母の松田聖子は

(家族経営の事務所を辞め、)11歳年下の元恋人・元マネージャーの男性と事務所を移籍・独立してしまった

出典:http://nekotopi.com

(沙也加は)辞めてしまった母親に対して「もうママにはついて行けない」と今の事務所に彼女は残ったといいます。

出典:http://nekotopi.com

母娘の確執が勃発?

ただこれを見る限りは仲良し親子

ウチくる!?でツーショット!

松田聖子と神田沙也加がライバルとなった

神田沙也加の紅白出場ももはや、母松田聖子のオマケではない!

神田さやか「生まれてはじめて」 イディナ・メンゼル「Let It Go」 第65回NHK紅白歌合戦 2014

「デビューしたころ、沙也加さんは聖子さんに似ていると言われていましたが、私は(父親)神田正輝さん(63)のお母さまで女優だった故・旭輝子さんにそっくりだと思います。沙也加さんには、舞台女優の血が受け継がれているんです。でも、沙也加さんの大ブレイクに内心、聖子さんは穏やかではないと思います。自分がプロデュースしてのことなら手放しで喜んでいるでしょうけど、娘が親離れしてつかんだ成功ですから。聖子さんの性格からすれば『私も負けられない』というライバル心があると思います」

出典:http://news.livedoor.com

 ”ライバル”となった母・聖子を超えたとき、沙也加は本当に大空を羽ばたく――

出典:http://news.livedoor.com

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ