記事ID37025のサムネイル画像

歌姫 松田聖子さんの娘って? 娘の父親は神田正輝なの???

恋多き女性として知られる松田聖子さん。松田聖子さんの元旦那は、神田正輝さん。神田正輝さんとの間に生まれたのが、一人娘、神田沙也加さん。松田聖子さんと神田沙也加さんの親子関係や、松田聖子さん・神田沙也加さんそれぞれの活躍ぶりをまとめてみました。

松田聖子 プロフィール

松田 聖子(まつだ せいこ、1962年3月10日 - )は、日本の歌手、女優、タレントである。

福岡県久留米市荒木町出身。サンミュージックプロダクション、ファンティック、グリーンパークミュージック、現在は ファンティックを個人事務所とし、制作全般をfelicia club(フェリシアクラブ)所属としている。[1]身長160cm。体重42kg。血液型A型(身長・体重は公式サイト08.12.25のデータより)。

出典:https://ja.wikipedia.org

松田聖子 娘 神田沙也加とは?

松田聖子 神田沙也加 プロフィール

神田 沙也加(かんだ さやか、1986年10月1日 - )は、日本の歌手、女優、声優、タレント。本名同じ[1]。東京都[1]出身。ファンティック所属。身長157cm[1]。血液型はA型。以前は芸名『SAYAKA』で活動をしていた。現在、音楽ユニット『TRUSTRICK』のボーカルも務めている。

出典:https://ja.wikipedia.org

俳優の神田正輝と歌手の松田聖子の長女[2]。父方の祖母は女優の旭輝子[3]。

小学4年の1月に両親が離婚。離婚後、母の聖子が親権を持ったため、彼女自身の姓が「蒲池」となる可能性もあった。しかし学業の途中で娘の姓が変わることを母の聖子が憂慮し、神田姓で新たな戸籍を作ったため、母子共に神田姓となる。

出典:https://ja.wikipedia.org

神田正輝さんと松田聖子さんの一人娘として誕生した、神田沙也加さん。ご両親の離婚により、段田さやかさんは母親の松田聖子さんに引き取られ育てられたのですね。
歌手活動などしていたらしいのですが、あまりぱっとしなかった神田沙也加さんが、注目されたものといえば・・・。

神田沙也加 葛藤を乗り越えて

2004年7月、約20倍のオーディションに勝ち残り[14]、宮本亜門演出のミュージカル『INTO THE WOODS』で赤頭巾役を演じる[15]。この時に宮本からもらった「ちゃんとあなたを見て選んだんだから、あなたはあなたのままで自信を持ってそこに立っていいんだよ」という言葉に救われ、舞台の仕事を中心に活動する今があるとのちのインタビューで明かしている

出典:http://ja.wikipedia.org

「親の七光り」血われ続けた神田沙也加さん。神田沙也加さんの中では「松田聖子の娘の、神田沙也加」という言葉がコンプレックスになっていたと思います。そんな中宮本亜門さんの言葉は神田沙也加さんを救ったでしょうね。
ここからが神田沙也加さんのスタートです。語力して「アナと雪の女王」の「アナ」役yを手にしたときはうれしかったでしょうね・・・。「松田聖子の娘の神田沙也加」としてではなく、「神田沙也加」一人の人間として、認めてもらえたことに喜びを感じたと思います。

神田沙也加と「アナと雪の女王」



2014年3月14日、日本で公開されたディズニー製作のミュージカル・アニメーション映画『アナと雪の女王』で王女・アナ役の日本語吹替えを好演、大ヒットに貢献し、歌唱・声・演技、あらゆる面で評価され一躍注目を浴びる[24][25][26]。また、この年には第65回NHK紅白歌合戦に3年ぶり2度目の出場を果たし、英語版でエルサを演じたイディナ・メンゼルとのデュエットで『生まれてはじめて』を披露した

出典:https://ja.wikipedia.org

「アナと雪の女王」で日本語版アナ役の吹き替えをした神田沙也加さん。この映画で一躍時の人となった、神田沙也加さん。神田沙也加さんのアナ役の声も素敵でしたが、歌声も素晴らしく、びっくりしました。神田沙也加さんのお母さん、松田聖子さんの歌声も素敵ですが、「松田聖子さんを超えるくらいの歌唱力があると思いました。神田沙也加さん、最高です。

神田沙也加さんの素顔

ふなっしーの大ファン。ふなっしーとは『笑神様は突然に…』(日本テレビ)などで何度か共演している他[7]、DVDのナレーションも務めている[8]。また、子供のころからアニメやゲームが好きで、幼い頃からの『美少女戦士セーラームーン』のファンである。今でも深夜アニメを見たりアニメ雑誌をチェックしたりフィギュアを集めたり休日には秋葉原で過ごすなど、アニメ好きであるという

出典:https://ja.wikipedia.org

ふなっしー好きでしられている神田沙也加さん。またアニメも好きということで、声優のお仕事をしているということもあり、好きなことが仕事にできるのはいいなと思います。

歌手 松田聖子

1980年代を代表するアイドル 松田聖子

松田聖子は1980年代を代表するアイドル歌手である。1980年に、「裸足の季節」でレコードデビュー(同時期「サンデーズ」としても活躍)。デビュー曲はCMタイアップで火が付き、すぐに続けざまにヒット曲を連発。トレードマークであったヘアスタイルの「聖子ちゃんカット」や、新しいアイドルとしての生き方に関しても多くの話題を集めた。大宅壮一文庫創設以来の人名索引総合ランキングでは「松田聖子」が1位(2013年3月)となっており、「日本の雑誌にもっとも頻繁に登場した著名人」とされている。

出典:https://ja.wikipedia.org

1980年代をだいにょうするアイドル歌手松田聖子さん。みな、眞弓田聖子sんにあこがれ、松田聖子さんの真似をしたものです。「聖子ちゃん」カットは有名ですね。確か、「あまちゃん」にも出てきていたような気がします。

松田聖子 最大のヒット曲といえば?

あなたに逢いたくて〜Missing You〜/明日へと駆け出してゆこう」(あなたにあいたくて ミッシング・ユー/あしたへとかけだしてゆこう)は、1996年4月にリリースされた松田聖子の38枚目(通算40枚目)のシングル。

出典:https://ja.wikipedia.org

松田聖子といえば、いろいろとヒット曲はありますが、中でもあなたに逢いたくて〜Missing You〜/明日へと駆け出してゆこう」は松田聖子さん自身の中でも最大のヒット曲となったのではないでしょうか?

松田聖子&神田沙也加 親子で紅白

2011年以来2度目となる紅白親子共演を果たした2人。企画コーナー「みんなで歌おう! アナと雪の女王」で、アナ役の吹き替え声優を務めた神田が米ニューヨークの特設会場から中継で出演し、挿入歌「生まれてはじめて」を披露した。その後、紅白出演歌手も参加して「Let It Go」を合唱し、松田も一緒に歌った。

松田は、娘を映す映像を見つめ、感極まって涙。その姿にツイッター上で「聖子ちゃんも母なのだなぁ…」「娘の映像に感激してる松田聖子に心打たれた」「神田沙也加さんを見守る松田聖子さんのお母さんっぷりに感動した」「親子の愛情に感動」「さーやの成長に泣いてる松田聖子がじーんってくるわ………もらい泣きしちゃうわ…」などと感動の声が上がっている。

出典:http://www.excite.co.jp

2014年紅白歌合戦で2度目の親子共演を果たした、松田聖子と神田沙也加。B所は離れて今氏が、母、松田聖子は娘、神田沙也加の成長した姿が本当にうれしかったのでしょうね。

神田沙也加 父 神田正輝

1985年 - 映画『カリブ・愛のシンフォニー』で共演した松田聖子と結婚。当時既に人気俳優だった神田とトップアイドルだった松田の華やかな結婚は、「世紀の結婚」をもじった「聖輝の結婚」と呼ばれた。翌年、聖子との間に娘・神田沙也加(歌手・女優)が生まれる。
1997年 - 松田聖子と離婚

出典:https://ja.wikipedia.org

神田沙也加の父、神田正輝は、母、松田聖子と同じくらいのトップスたあーだったのですね。

神田 正輝(かんだ まさき、1950年(昭和25年)12月21日 ‐ )は、日本の俳優、タレント。血液型はA型。身長178cm、体重70kg。

女優・旭輝子の長男。旧姓は杉、東京都港区出身。日本大学高等学校、日本大学芸術学部映画学科卒業。石原プロモーション所属、同社元取締役。娘は女優の神田沙也加。

出典:https://ja.wikipedia.org

松田聖子のいろいろ

松田聖子 エピソード1

久留米市立荒木中学校を卒業。テニス部に所属。実家と同校が隣接しているため、油断して遅刻の常習者となってしまう。同校創立50周年の1997年に正門を寄贈。高校時代(久留米信愛女学院)は、明るく快活な女の子だった。学年を代表する「女神」に選ばれている

出典:https://ja.wikipedia.org

学校が家の隣にあるというのは誰でもがあこがれたことかもしれませんね。遅刻の常習犯というのはちょっと痛いです・・・。

松田聖子 エピソード2

歌手志望を口にし両親を説得するにあたり、母親は最初は半信半疑ながらも仕方なく同意。しかし公務員で厳格な父親は娘の芸能界入りには猛反対であり、父親の説得に約1年半を要した。そのため松田聖子のデビューは当時のアイドルとしてはやや遅い(女優デビューは高校3年時、歌手デビューは高校卒業後)。説得の過程では、聖子の声に惚れ込んだ、当時CBSソニーの若松宗雄の多大なる貢献がある。

出典:https://ja.wikipedia.org

松田聖子さんのデビューは想像k上に大変だったのですね。それだけに、歌手としてデビューが決まったときはうれしかったでしょうね。

松田聖子 エピソード3

「ママドル」という言葉は、最初に使われ始めたのは聖子が出産して以降のことであった。近年ではかつてアイドルであった子持ちの女性タレントを示す言葉として頻繁に使用されている。

出典:https://ja.wikipedia.org

「ママドル」という言葉の発祥の地が松田聖子さんだったということには驚きでした。今ではよく聞く言葉ですが、元をたどると意外な発見というのがまだまだありそうですね。

松田聖子・神田沙也加 母娘 まとめてみて

松田聖子さん、神田沙也加さんについて調べてみました。世間からはいろいろいわれているお2人ですが、それぞれに努力を惜しまず頑張っている姿が見受けられました。
神田沙也加さんには「二世」といわれるつらさ、松田聖子さんには母親としてのつらさがあったと思いますが、その苦悩を乗り越えてお2人は成功してきていると思います。
これからも、いろいろなことをいわれるかもしれませんが、周りの言葉に振り回されることが内容、頑張ってほしいと思います。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ