記事ID47360のサムネイル画像

    「カレーライスの女」から13年…三十路を迎えたソニンの体がすごい!

    カレーライスの女という曲が話題だったソニン。そんな彼女ももはや30代。カレーライスの女の頃のスタイルと今のソニンの体系が全然違うと話題です!今年元モー娘。後藤真希の出産も話題になりましたが、そのゴマキの弟とユニットを組んでいたソニンの現在を追ってみました

    【この記事は2019/12/16に更新されました。】

    「カレーライスの女」で有名なソニンのプロフィール

    名前:ソニン(本名:ソン・ソニム)
    生年月日:1983年3月10日生まれ(32歳)
    出身地:高知県国籍:韓国)
    出身高校;東京都立新宿山吹高等学校卒業

    1999年の大阪城ホールで観たSPEEDのコンサートの迫力に感銘して、友人後押しもありオーディションに応募します。

    そのオーデションでは、テレビ出演をするも落選してしまいますが、当時、モーニング娘。のマネージャーだった和田薫にスカウトされました。

    ちなみに、オーディションの優勝者は後藤真希さんです。

    結局、2000年1月頃に後藤真希の実弟であるユウキ・ケンと共にEE JUMP(イー・イー・ジャンプ)を結成することになりました。

    EE JUMPの3枚目のシングル「おっととっと夏だぜ!」がオリコンチャートで最高5位を記録するなど、世間に注目されていました。

    しかし、次のシングルである「イキナリズム」発売直前の2001年8月中旬に、ユウキが失踪事件を起こします。
    ソニン単独でプロモーションする形で継続します。

    2002年2月には、ユウキが復帰しEE JUMPとしての活動が再開できましたが、シングル「青春のSUNRISE」のリリースに続く、ファーストアルバムのリリースが予告されていた同年の4月に、ユウキが不祥事のため脱退してしまいます。

    EE JUMPは事実上解散となり、ジャケットやポスターの撮影なども完了していたアルバムが発売中止となってしまいました。

    そして、2002年8月に「カレーライスの女」のリリースし、本格的にソロ活動を開始しました。

    裸エプロン姿のジャケット写真やプロモーションビデオがかなりの話題になりました。
    のちに、代表曲「カレーライスの女」として知られることになります。

    2003年2月には、第40回ゴールデン・アロー賞音楽新人賞も受賞するなど、かなりの売れっ子でした。

    「カレーライスの女」のジャケット写真で、裸エプロンをしたことをきっかけに、セクシー路線に変わっていきました。

    ですが、ミュージカル「スウィーニー・トッド」で初出演をするなどの活躍を見せています。

    ソニンの代表曲「カレーライスの女」って?

    ソニンさんの「カレーライスの女」は、つんくさんが作詞作曲したものです。

    EE JUMP解散後、ソニンの再始動作としてリリースされた、ソニンの代表曲です。
    裸エプロンの衣装で世間からかなりの注目を集めました。

    カレーライスの女での裸にエプロン姿は当時話題になりましたが、その裏側はかなり大変だったようです。

    実際は、「裸エプロンをするようなタイプじゃない!」という女性の声も上がったようです。
    逆に男性ファンは、大絶賛の声が多く上がっていました。

    「カレーライスの女」から12年のソニンの現在

    バラエティ番組の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』に出演して、当時の過酷な状況をテレビで初めて語りました。

    無茶なダイエットを指令されたことがあり、所属事務所がソニンさんのことを苦しめていたようです。
    中学1年生だった時の体重まで減らすように言われたけれども、目標をクリアできずに給料を30%カットされるという、苦しいエピソードもあったようです。

    しかし問題はこの後で、過酷なダイエット生活が体調不良を引き起こしたそうで、何度も倒れたり、生理が止まったりしたそうです。

    そこで、事務所の社長が慌てて食事をさせ始めたらしいです。
    ものすごく酷い扱いですね。

    2012年にはニューヨークに留学

    そんな辛い過去があったソニンさんですが、2012年12月には、文化庁新進芸術家海外研修制度を使って、1年間ニューヨークに留学しています。

    その間の芸能活動は、もちろん休止でした。

    その後、2014年1月には、無事、芸能活動を再開させています。

    カレーライスの女から約12年後のソニンさんは、30代になりました。

    大人になったカレーライスの女、ソニンさん!
    アメリカ留学後の現在は、日本でミュージカルを中心に活動しています。

    カレーライスの女から12年後の現在のソニンさんは、綺麗で落ち着いた印象を受けます。
    すっぴんらしき画像もツイッターに公開することもしばしばあります。
    綺麗ですね。

    「カレーライスの女」ソニンが筋肉ムキムキの超マッチョに!

    カレーライスの女から10年後には、筋トレにハマったというソニンさんが、自身のコラムで幼い頃からふくらはぎの筋肉が発達していて、もともと、筋肉質で、体も大きく、骨組みもしっかりしすぎている、健康体だったと語っています。

    つま先でどこまでも歩けた幼少期は、ダンスなどを経験して、力の強い子になっていたわけです。

    カレーライスの女の時は、スレンダーで女性らしい体型だったソニンさんですが、近年は肉体改造をしたようです。

    3年ほど前に体をしぼるため、あるジムで、肉体改造を始めたとのこと。
    3週間の間、脂質・糖質一切なしのタンパク質食で、1週間最低3日ジムに通い、筋肉トレーニングを行ったそうです。

    真面目にやったら、脂肪はどこへ行ったと思えるぐらい、男子みたいな体になっていたのだとか。

    カレーライスの女とは思えない体型になってしまったソニンさんは、事務所から筋トレ禁止令を出されるほどになってしまったようです。

    筋肉がつきやすい体質なのですね。

    ムキムキになってしまったカレーライスの女、ソニンさんですが、その後ダイエットに成功しました。

    そして、ダイエット本も出版しています。

    たしかに鍛えすぎという感じですね。
    もともと筋肉がつきやすいというソニンさんが、カレーライスの女で魅せたスタイルに戻って、ほっとした男性ファンも多いでしょう。

    「カレーライスの女」ソニンは活躍している!

    いかがでしたでしょうか?
    完ぺき主義でなんでもやりすぎてしまう、元カレーライスの女のソニンさんでした。

    カレーライスの女が話題になった頃からまっすぐ突っ走ってきたイメージのソニンさん。
    現在もひたむきさは相変わらず、体に気を付けた食事をツイッターでも披露しています。

    ムキムキになるまでやってしまった筋トレについては反省しているみたいですが...。
    ストイックに生きるソニンさん、これからの活躍が期待できそうですね!

    関連記事はこちらから!

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ